ヘルソン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘルソン州
Херсонська область
ヘルソン州の旗ヘルソン州の印
州旗州章
ヘルソン州の位置
Flag of Ukraine.svg ウクライナ
州庁所在地ヘルソン
面積
 - 総計
 - 陸地
 - 水域
全ウクライナ第7位
28,461 km²
? km²
? km² (?%)
人口2006年
 - 総計
 - 人口密度
全ウクライナ第21位
1,126,000
39.58人/km²
地区18
市町村総数
 - うち市の数
 - うち町の数
 - うち村の数

9
30
658
州知事ゲンナジー・ラグタムィコラーイウ州に避難)
ISO 3166-2:UAUA-65
電話番号コード+380-55
公式サイト合同庁

ヘルソン州(ヘルソンしゅう、ウクライナ語: Херсонська область ヘルソーンスィカ・オーブラスチ)はウクライナの一つ。ヘルソーン州とも。州都ヘルソン2022年9月30日にロシアが併合を宣言した。

地理[編集]

母語話者(ヘルソン州) 2001
ウクライナ語
  
67.5%
ロシア語
  
29.6%

ウクライナの南部に位置しており、黒海アゾフ海、アゾフ海の一部でクリミア半島との間に広がる腐海に面している。州内にはドニエプル川が流れている。かつてはヘルソン県が置かれていた。

歴史[編集]

2014年ロシア軍によるクリミア侵攻では、ヘルソン州にロシア軍が進軍した。3月15日、石油資源へのテロ攻撃の可能性を封じるためとして、ロシア軍兵士約60名、ヘリコプター6機、装甲車両3台を派遣、ストリルスコエ村に入った[1]

2022年ロシアのウクライナ侵攻ではロシアが同州の全域制圧を宣言した[2]。ロシア軍によって設立された暫定政権「ヘルソン州軍民政府」のトップは同年5月23日、ロシア・ルーブルウクライナ・フリブナと並行して流通させることを発表した[3]

2022年9月23日から27日にかけてヘルソン州などロシア占領地域においてロシアへの併合を問う住民投票が執行された。その結果、いずれの地域でも賛成が9割を超える圧倒的多数で併合が承認されたとする結果が発表され[4]、9月29日にロシアのウラジーミル・プーチン大統領はヘルソン州を国家として承認[5]、9月30日にはロシアへの併合を宣言し、即座に編入条約に調印した。これによりロシアはヘルソン州を自国の一部と見做すこととなったが、ウクライナ並びに西側諸国は住民投票や併合宣言の有効性を認めていない[6]

人口[編集]

2001年ウクライナ国勢調査によるデータ。

  • 総人口1,175,100人[7]
  • 都市人口706,200人(60%);農村人口:468,900人(40%)[8]
  • 性別人口:男性548,500人(47%);女性626,600人(53%)[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ (日本語) ロシア、クリミア隣接地域に「進軍」 ウクライナが撤収要求”. CNN.co.jp (2014年3月16日). 2014年3月16日閲覧。
  2. ^ 南部ヘルソン州巡り、親露派勢力はロシア編入要請…ウクライナ軍は「州を解放する」”. 読売新聞 (2022年5月12日). 2022年6月1日閲覧。
  3. ^ 南部ヘルソン州でルーブル流通 ウクライナ通貨と並行”. 共同通信 (2022年5月23日). 2022年6月1日閲覧。
  4. ^ “ロシア、ウクライナ4州の「住民投票」で勝利主張 西側は「茶番」と非難”. BBC News. BBC. (2022年9月28日). https://www.bbc.com/japanese/63056766 2022年10月1日閲覧。 
  5. ^ “ロシア大統領、ウクライナ南部2州の独立承認 きょう「編入条約」調印”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2022年9月30日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022093000212&g=int 2022年10月1日閲覧。 
  6. ^ “プーチン大統領、ウクライナ4州併合条約署名 演説で戦況触れず”. ロイター. (2022年9月30日). https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-referendums-putin-idJPKBN2QV1EX 2022年10月1日閲覧。 
  7. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの総人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  8. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの都市人口・農村人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  9. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの性別人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]