キロヴォフラード州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • キロボフラード州[1]
キロヴォフラード州
Кіровоградська область
キロヴォフラード州の旗キロヴォフラード州の印
州旗州章
キロヴォフラード州の位置
Flag of Ukraine.svg ウクライナ
州庁所在地クロピヴニツキー
面積
 - 総計
 - 陸地
 - 水域
全ウクライナ第15位
24,588 km²
? km²
? km² (?%)
人口2021年
 - 総計
 - 人口密度
全ウクライナ第25位
920,128
37.42人/km²
地区4

都市型集落
農村集落
12
27
991
州知事アンドリイ・ラジコヴィチウクライナ語版[2]
ISO 3166-2:UAUA-35
電話番号コード+380-52
公式サイト合同庁

キロヴォフラード州(キロヴォフラードしゅう、ウクライナ語: Кіровогра́дська о́бласть キロヴォフラーツィカ・オーブラスチ; キロヴォグラート州、ロシア語: Кировогра́дская о́бласть キロヴォグラーツカヤ・オーブラスチ)は、ウクライナ中央部に位置するである。1939年1月9日に設立された。人口は2021年の統計で920,128人であり[3]、ウクライナの州で2番目に少ない。

州都クロピヴニツキーは、もともとはエリザヴェトグラードとして設立された都市であるが、1924年に同市出身のグリゴリー・ジノヴィエフにちなんでジノヴィエフスクと改称された。ところが1934年にセルゲイ・キーロフの暗殺事件が発生し、ジノヴィエフはその黒幕とみなされ1936年に粛清された。1939年、州設立に際して同市はキーロフにちなんでキロヴォグラードと改称、州名もキロヴォグラード州とされた。

1991年のウクライナ独立に伴い、州名はキロヴォフラード州へ、州都はキロヴォフラードへと改称した。さらに2016年に州都はクロピヴニツキーへと改称した。2018年に州名変更の草案が議会を通過し[4]、憲法裁判所は合憲性を認めたが[5]、2022年7月時点で州名変更は実施されていない。

地理[編集]

母語話者(キロヴォフラード州) 2001
ウクライナ語
  
88.9%
ロシア語
  
10.0%

北にチェルカーシ州、南にミコライウ州とそれぞれ長く州境を接し、東はドニプロペトロウシク州ポルタヴァ州、西はオデーサ州およびヴィンニツァ州と接している。

ウクライナの国土の中央部分に位置しており、かつてウクライナの地理的中心は州西部のドブロヴェリチュキウカウクライナ語版郊外の地点(北緯48度32分6秒 東経31度10分53秒 / 北緯48.53500度 東経31.18139度 / 48.53500; 31.18139)にあるとされていた[6]。その後の研究により、重心という意味での中心はチェルカーシ州マリヤニフカウクライナ語版北緯49度1分39秒 東経31度28分58秒 / 北緯49.02750度 東経31.48278度 / 49.02750; 31.48278の地点とされ[7]、前述の地点は「幾何学的中心」と呼ばれるようになった[8]

横に長く、東西距離は300kmに及ぶ。

クロピヴニツキーの北に、約6,539万年前の隕石によるボルティシュ・クレーター英語版の存在が確認されている[9][10]

地形[編集]

ドニプロ高地の南東部分を占めている。ミコライウ州との州境の西半分は特に標高が高く、州の最高地点(約270m)はノヴォウクラインカウクライナ語版南東付近にある。

河川[編集]

州東部でドニエプル川に2か所で面する。北のチェルカーシ州との州境は一部ヴェリカ・ヴィス川ウクライナ語版、州西部のオデーサ州との州境は一部南ブーフ川に沿っている。

州都クロピヴニツキーの周囲にはいくつかの主要河川の水源がある。北西約30kmを源とするインフル川ウクライナ語版は、同市を貫いて南下し、ミコライウで南ブーフ川へ合流する。一方、北北東20kmに端を発するインフレツィ川オレクサンドリヤクリヴィー・リーフを通りドニエプル川に注ぐ。クロピヴニツキーの西30kmからはヴェリカ・ヴィス川が出て、北から西へと方向を変えてチェルカーシ州との州境となり、州最西部で州を縦断するシニュハ川ウクライナ語版と合流する。この川のすぐ南に源を発するチョルニ・タシリク川ウクライナ語版は西方向に流れてノヴォウクラインカを通り、断続的にミコライウ州との州境を形成したのちにやはりシニュハ川と合流する。

州最北部に端を発するティアスミン川ウクライナ語版は、オレクサンドリウカウクライナ語版を通りチェルカーシ州へ入った後、大きく迂回してドニエプル川へ注ぐ。

地下資源[編集]

地下資源に恵まれており、石炭、オイルシェールなどの燃料のほか、鉄鉱石、ウラン、ニッケル、タングステン、銅、モリブデン、アパタイト、金、銀、ビスマス、スズ、鉛、ベリリウム、アンチモン、タンタル、ニオブなどの鉱物が確認されている[11]

歴史[編集]

先史[編集]

キロヴォフラード州最西部にはククテニ・トリピリャ文化ネベリウカ遺跡ウクライナ語版英語版があり、紀元前4,000年ごろのものと推定されている[12][13]。州東部ドニエプル川沿いにあるデレイフカ遺跡からは馬、羊、牛ほか動物遺体が多く発見され、スレドニ・ストグ文化と関連するものと考えられている[14]

ウクライナにおける青銅器時代の後期は、州西部のオデーサ州境の町サバティニウカウクライナ語版にちなんでサバティニウカ文化と呼ばれ、年代は紀元前14–12世紀にさかのぼるとされる[15]

紀元前11世紀から8世紀にかけて発展したチェルノレス文化は、州北東部のチョルニー・リースウクライナ語版ロシア語版(黒い森、の意)に由来する[16]

紀元前1000年ごろ、スキタイがこの地を支配した[17]

3–4世紀ごろにはチェルニャコヴォ文化の人々がこの地に暮らした[17]

中世以降[編集]

10世紀、この地はキエフ・ルーシの版図となった。文献上にみえる州内最古の町はドニエプル川沿いのスヴィトロヴォドチクウクライナ語版であり、『キエフ年代記』において1190年に狩猟の場として記されている[18]

13世紀のモンゴルのルーシ侵攻により、この地は全域がモンゴル支配下となった。

1362年にリトアニア大公国とモンゴルとの間で勃発した青水の戦いは、州西部を縦断するシニュハ川沿いで行われたと考えられている[19][20]。戦いはリトアニアの勝利に終わり、現在の右岸ウクライナはリトアニアの支配下となった[11][20]

15世紀半ば以降、現在のキロヴォフラード州の地域はドニエプル川沿いに発展したザポロージャ・コサックの所領となり[11]、16世紀半ばにはザポロージャ・シーチウクライナ語版の一部を形成した。

1648年に始まったフメリニツキーの乱において、最初の戦闘ジョーウチ・ヴォーディの戦いはドニプロペトロウシク州との州境近辺で勃発した[18]。この蜂起は1649年のヘーチマン国家設立という成果を得たが、その後1654年にロシア・ツァーリの保護下となることを余儀なくされた。

1752年、第6代ロシア皇帝エリザヴェータは、ポーランドと国境を接する北部の防御のために、現在のキロヴォフラード州のほぼ北半分を占める軍事国境地帯ノヴァセルビアウクライナ語版を設置しセルビア人を入植させた[21]。首府は現在のノヴォミールホロドウクライナ語版に置かれた。

1754年、インフル川沿いに聖エリザヴェータ要塞(現・クロピヴニツキー)、インフレツィ川沿いにウシーウカ(現・アレクサンドリヤ)が建設された。南方のクリミアやオスマン帝国からの攻撃に備える目的があった。

1764年、ノヴァセルビアは周囲地域と統合され、ノヴォロシヤ・グベールニヤウクライナ語版が設置された。

1918年1月、ウクライナ人民共和国が独立を宣言。

1919年、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国が成立。

1939年、当時のミコライフ州から分割される形でキロヴォグラード州が設立された[22]

1941年から1944年にかけてはナチス・ドイツにより占領された[22]

1954年、新設されたチェルカーシ州にいくつかの地区が移され、またオデーサ州からいくつかの地区を得て現在の州の領域が画定した。

1991年、ウクライナの独立に伴いキロヴォフラード州と改称された。

行政区分[編集]

キロヴォフラード州の行政区画

2020年に行政区画が再編され、21あったラヨンは4つとなった[3][23]

12の市、27の都市型集落、991の村落が設定されている。

ラヨン[編集]

名称 ウクライナ語表記 中心都市 面積(km2 人口
ホロヴァニフスク地区ウクライナ語版 Голованівський ホロヴァニフスクウクライナ語版 4,244.5 121,150
クロピヴニツキー地区ウクライナ語版 Кропивницький クロピヴニツキー 9,709.8 437,018
ノヴォウクラインカ地区ウクライナ語版 Новоукраїнський ノヴォウクラインカウクライナ語版 5,196.4 138,509
オレクサンドリヤ地区ウクライナ語版 Олександрійський オレクサンドリヤ 5,405.5 223,451

主な都市[編集]

日本語 ウクライナ語 人口 区分 地区
クロピヴニツキー Кропивницький 222,695 クロピヴニツキー
オレクサンドリヤ Олександрія 77,303 オレクサンドリヤ
スヴィトロヴォドチクウクライナ語版 Світловодськ 43,931 オレクサンドリヤ
ズナミヤンカウクライナ語版 Знам'янка 21,749 クロピヴニツキー
ドリンスカウクライナ語版 Долинська 18,460 クロピヴニツキー
ノヴォウクラインカウクライナ語版 Новоукраїнка 16,338 ノヴォウクラインカ
ハイヴォロンウクライナ語版 Гайворон 14,214 ホロヴァニフスク
ノヴォミールホロドウクライナ語版 Новомиргород 10,910 ノヴォウクラインカ
ボブリネツウクライナ語版 Бобринець 10,559 クロピヴニツキー
マラ・ヴィスカウクライナ語版 Мала Виска 10,133 ノヴォウクラインカ
スモリネウクライナ語版 Смоліне 9,396 都市型集落 ノヴォウクラインカ
ポミチナウクライナ語版 Помічна 8,750 ノヴォウクラインカ
ノヴェウクライナ語版 Нове 8,467 都市型集落 クロピヴニツキー
オレクサンドリウカウクライナ語版 Олександрівка 8,199 都市型集落 クロピヴニツキー
ヴラシウカウクライナ語版 Власівка 7,377 都市型集落 オレクサンドリヤ
ペトロヴェウクライナ語版 Петрове 7,031 都市型集落 オレクサンドリヤ
ノヴァ・プラハウクライナ語版 Нова Прага 6,378 都市型集落 オレクサンドリヤ
ノヴォアルハンヘルシクウクライナ語版 Новоархангельськ 6,040 都市型集落 ホロヴァニフスク
ブラホヴィシェンシケウクライナ語版 Благовіщенське 5,943 ホロヴァニフスク
ホロヴァニフスクウクライナ語版 Голованівськ 5,759 都市型集落 ホロヴァニフスク
ポブズケウクライナ語版 Побузьке 5,746 都市型集落 ホロヴァニフスク
ノヴホロドカウクライナ語版 Новгородка 5,541 都市型集落 クロピヴニツキー
ドブロヴェリチュキウカウクライナ語版 Добровеличківка 5,473 都市型集落 ノヴォウクラインカ
ズナミヤンカ・ドルハウクライナ語版 Знам'янка Друга 5,083 都市型集落 クロピヴニツキー
オレクサンドリーシケウクライナ語版 Олександрійське 4,660 都市型集落 オレクサンドリヤ
ヴィリシャンカウクライナ語版 Вільшанка 4,570 都市型集落 ホロヴァニフスク
パヴリシュウクライナ語版 Павлиш 4,543 都市型集落 オレクサンドリヤ
ザヴァリャウクライナ語版 Завалля 4,518 都市型集落 ホロヴァニフスク
コンパニウカウクライナ語版 Компаніївка 4,365 都市型集落 クロピヴニツキー
オヌフリウカウクライナ語版 Онуфріївка 3,763 都市型集落 オレクサンドリヤ
ウスティニウカウクライナ語版 Устинівка 3,290 都市型集落 クロピヴニツキー
プリユティウカウクライナ語版 Приютівка 3,109 都市型集落 オレクサンドリヤ
パンタイウカウクライナ語版 Пантаївка 2,571 都市型集落 オレクサンドリヤ
カピタニウカウクライナ語版 Капітанівка 2,459 都市型集落 ノヴォウクラインカ
サリコヴェウクライナ語版 Салькове 1,592 都市型集落 ホロヴァニフスク
エリザベトフラドカウクライナ語版 Єлизаветградка 1,142 都市型集落 クロピヴニツキー
リソヴェウクライナ語版 Лісове 1,130 都市型集落 クロピヴニツキー
モロディジネウクライナ語版 Молодіжне 1,121 都市型集落 クロピヴニツキー
バラキウカウクライナ語版 Балахівка 748 都市型集落 オレクサンドリヤ

人口[編集]

  • 総人口(2021年):920,128人(都市人口585,056人、農村人口335,072人)
  • 性別人口(2021年):男性421,594人(46.1%)、女性492,119人(53.9%)[24]
  • 年齢層別人口(2021年):0–17歳 161,785人、18–64歳 582,344人、65歳以上 169,584人[24]
民族構成[25]
ウクライナ人
  
1,014,600人 (90.1%)
ロシア人
  
83,900人 (7.5%)
モルドヴァ人
  
8,200人 (0.7%)
ベラルーシ人
  
5,500人 (0.5%)
アルメニア人
  
2,900人 (0.3%)
ブルガリア人
  
2,200人 (0.2%)

経済[編集]

経済は農業が主体である[11][26]

農業[編集]

植物栽培が73%、畜産が27%を占める[11]

主な作物は冬小麦、大麦、トウモロコシ、豆科植物、ソバ、キビである。産業用作物では、ヒマワリとテンサイが主要な地位を占めている[17]

園芸分野では、リンゴ、ナシ、プラム、サクランボ、ベリー類が栽培されている。

畜産業は、羊の飼育、牛、鶏、豚の飼育が主なものである。

ウクライナの総生産量に占める主要農産物の割合は、ヒマワリ10%、穀物・豆類6.7%、テンサイ(工業用)5.2%、肉類3.0%、牛乳約2.8%である[11]

工業[編集]

食品産業が33.9%、機械製造・金属加工産業が22.7%、電力工学が17.7%、建築材料産業が5.3%、燃料産業が3.1%、非鉄金属が2.1%、軽工業が1.6%を占める[11]

食品加工業が盛んで、牛乳加工、製粉と穀物製造、砂糖精製、食肉加工。油脂産業で州の食品産業総生産量の35%を占める[11]

播種機、収穫機、電動リフティングクレーン、練炭、ニッケル、黒鉛、鉱物ワックスなどの生産で知られている。

既製服、メリヤス、家具、家電製品、園芸雑貨、医療品、陶磁器、ガラス製品、化学製品などの生産も行われている。

教育[編集]

公立大学[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロシア軍 部隊再編し大規模攻勢か 戦闘さらに激化の可能性も”. NHKニュース. 日本放送協会 (2022年7月10日). 2022年7月10日閲覧。
  2. ^ УКАЗ ПРЕЗИДЕНТА УКРАЇНИ №116/2022”. Офіс Президента України. 2022年7月22日閲覧。
  3. ^ a b Number of Present Population of Ukraine, as of January 2021”. State Statistics Service of Ukraine. 2022年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月22日閲覧。
  4. ^ Evening session’s over”. www.rada.gov.ua. 2022年7月23日閲覧。
  5. ^ Constitutional Court Declares Bill Renaming Kirovohrad Region As Kropyvnytskyi Region Constitutional”. Ukrainian News. 2022年7月23日閲覧。
  6. ^ Discover Ukraine” (英語). discover.ua. 2022年7月17日閲覧。
  7. ^ Щодо уточненого місцезнаходження географічного центру України” (ウクライナ語). Офіційний вебпортал парламенту України. 2022年7月18日閲覧。
  8. ^ Географічний центр України — Енциклопедія Сучасної України”. esu.com.ua. 2022年7月18日閲覧。
  9. ^ Boltysh”. www.passc.net. 2022年7月23日閲覧。
  10. ^ Pickersgill, Annemarie E.; Mark, Darren F.; Lee, Martin R.; Kelley, Simon P.; Jolley, David W. (2021-06-18). “The Boltysh impact structure: An early Danian impact event during recovery from the K-Pg mass extinction”. Science Advances 7 (25): eabe6530. doi:10.1126/sciadv.abe6530. ISSN 2375-2548. PMC 8213223. PMID 34144979. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8213223/. 
  11. ^ a b c d e f g h Kirovohrad region”. rada.com.ua. 2022年7月21日閲覧。
  12. ^ Trypillia mega-sites of the Ukraine”. Archaeology Data Service. 2022年7月20日閲覧。
  13. ^ 6,000-Year-Old Temple Unearthed in Ukraine | Archaeology | Sci-News.com” (英語). Breaking Science News | Sci-News.com. 2022年7月20日閲覧。
  14. ^ Levine, Marsha A. (1990-12). “Dereivka and the problem of horse domestication” (英語). Antiquity 64 (245): 727–740. doi:10.1017/S0003598X00078832. ISSN 0003-598X. https://www.cambridge.org/core/product/identifier/S0003598X00078832/type/journal_article. 
  15. ^ Sabatynivka culture”. www.encyclopediaofukraine.com. 2022年7月21日閲覧。
  16. ^ ЧОРНОЛІСЬКА КУЛЬТУРА”. ЕНЦИКЛОПЕДІЯ ІСТОРІЇ УКРАЇНИ. Інститут історії України НАН України. 2022年7月21日閲覧。
  17. ^ a b c ПАСПОРТ КІРОВОГРАДСЬКОЇ ОБЛАСТІ”. economika.kr-admin.gov.ua. 2019年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月23日閲覧。
  18. ^ a b Svetlovodsk (Svitlovodsk) city, Ukraine guide”. ukrainetrek.com. 2022年7月21日閲覧。
  19. ^ Битва на Синіх Водах. Як Україна звільнилася від Золотої Орди”. Історична правда. 2022年7月22日閲覧。
  20. ^ a b What should both Russia and Europe remember?”. The Day. 2022年7月22日閲覧。
  21. ^ How a Man Named Croat Ruled Serbs in Ukraine”. The Day. 2022年7月22日閲覧。
  22. ^ a b Ukraine Administrative divisions”. www.worldstatesmen.org. 2022年7月22日閲覧。
  23. ^ Нові райони: карти + склад”. Міністерство розвитку громад та територій України. 2022年7月22日閲覧。
  24. ^ a b Kirovohrad (Oblast, Ukraine) - Population Statistics, Charts, Map and Location”. www.citypopulation.de. 2022年7月23日閲覧。
  25. ^ State Statistics Committee of Ukraine. “About number and composition population of KIROVOHRAD REGION by data All-Ukrainian census of the population 2001” (英語). 2022年7月23日閲覧。
  26. ^ Kirovohrad Oblast - Description”. infoukes.com. 2022年7月23日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]