ラヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラヨンロシア語ウクライナ語райо́н, ベラルーシ語раён, アゼルバイジャン語rayon)は、主にソビエト連邦を構成していた国などに見られる行政区画。フランス語で「蜂の巣」や地域などを意味する「ラヨン」(rayon)に由来する[1]。(ロシア語では、ライオンと発音。)日本語では以下の様に訳される:

  • 国または州の下の行政区画。地区と訳される。
  • 市の下の行政区画。と訳される。

ソビエト連邦諸国のラヨン[編集]

ラヨンはアゼルバイジャンベラルーシグルジアラトビアモルドバロシア連邦ウクライナ、及びかつてのソ連の行政区画である。この行政区画は1923年から1929年にかけてのソ連の行政改革によって、帝政ロシアヴォロスチ)(во́лость)とウイェースト)(уе́зд)から変わったものである。

通常、ラヨンは国の2段階下の行政区画で以下の行政区画の下位に置かれている。

一般的には選挙により地区ソヴィエトрайсовет)の評議員と首長を決定する。

ロシア連邦におけるラヨン[編集]

ソ連崩壊の後もこの地区の枠組みは残ったが、いくつかの国ではその国での独特な呼び方に変わった:

ブルガリアにおけるラヨン[編集]

ブルガリアでも、都市部の行政区画はラヨンと呼ばれている。

ブルガリアの首都であるソフィアは、それだけで単一のオブラストобласт / oblast)であり、また単一の基礎自治体(オプシュティナобщина / obshtina)でもある。ソフィア自治体の下位には24の区(ラヨン)が置かれている。

また、人口30万人を超える2つの町(град / gradプロヴディフおよびヴァルナにもその下位に区が設置されている。

脚注[編集]

  1. ^ Merriam-Webster's Third New International Dictionary (1961, repr. 1981), s.v. raion.

関連項目[編集]