ロシア占領下のウクライナでの2022年の併合住民投票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ロシア占領下のウクライナでの2022年の併合住民投票とは、2022年のロシアのウクライナ侵攻中の同年9月23~27日、ロシア連邦や親ロシア派勢力が、ウクライナ東南部4州の占領・支配地域で実施した、ロシア編入への賛否を問う住民投票である[1]ロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチンは、編入賛成が多数だったとして、ウクライナ侵攻直前に「独立承認を一方的に宣言したドンバス地方のルハーンシク州ドネツィク州に続き、ウクライナ侵攻中にロシア連邦軍などが占領したザポリージャ州ヘルソン州についてウクライナからの分離独立を承認する大統領令に9月29日に署名[1]。翌30日、4州の併合を宣言した[2]。ウクライナ領の一方的な編入は、2014年のロシアによるクリミアの併合以来となる[2]

占領地域のロシア側当局はロシアへの併合に向けた住民投票を提案したが、その日程はウクライナ軍の反撃やレジスタンス活動によるロシア側占領地の縮小、治安の悪さおよび住民の支持の明確な欠如のために流動的であった。ロシアによる庇護などを望んで賛成票を投じた住民もいるものの、占領下にあるため、ロシア側兵士が同行して戸別訪問で投票を求めるなど圧力があり、自由・公平でないことが指摘されている[3]

9月20日、ドネツク人民共和国(DPR)、ルガンスク人民共和国(LPR)およびヘルソン州とザポリージャ州の占領当局は、9月23日から27日にロシアに加盟するための住民投票を実施すると発表[4][5][6]し、20日に投票が開始された[7]

ウクライナ政府やそれを支援する諸国、国際連合事務総長アントニオ・グテーレス[8]は、住民投票やそれを経てのロシア併合の動きに反対や懸念を示している(後述)。

「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」[編集]

住民投票の実施に関するドネツク人民共和国の政令

ロシア主導の武装勢力であるドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国は、2014年にウクライナからの「独立」を宣言した[要出典]。親ロシア分離主義者は2014年5月に独立住民投票を行った[9]。当初ロシアは両共和国とも、公式な国家の承認も併合もしなかったが、2022年2月21日になってプーチン大統領は独立を承認する大統領令に署名し[10]、同月24日に開始したウクライナ攻撃の策源地とした。ロシアはドネツクとルガンスクの占領地域で住民投票を行うことを計画し、2022年7月の時点で、ロシアはこれらの住民投票を9月に実施する準備をしていた[11]

9月19日、ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の公会議所は、ロシアへの加盟に関する住民投票を「直ちに」実施するよう彼らの「国家元首」に要請した[12][13][14]。その後まもなくして、ロシアの議会のうち国家院は、LPRのロシア加盟に関する住民投票が「近い将来」の秋に行われると発表した[15][16]

9月20日、ルガンスク人民共和国人民評議会は、共和国がロシアに連邦主体として加盟することに関する国民投票を9月23日から27日に実施することを決めた[17]

その後まもなく、ドネツク人民共和国人民評議会は、DPRのロシア連邦への加盟に関する国民投票がLPRと同じ9月23日から27日に実施されると発表した[18]

ヘルソン州[編集]

3月12日、ウクライナ当局は、ロシアがドネツク人民共和国やルガンスク人民共和国と同様に、ヘルソン人民共和国を樹立するためにヘルソンで国民投票を行うことを計画していると主張した。ヘルソン州評議会のSerhii Khlanウクライナ語版副議長は、ロシア軍が評議会の全メンバーに電話をかけ、協力を求めたと主張した[19]。ウクライナのオンブズマンであるリュドミラ・デニソワは、「ウクライナの法律の下では、領土を巡るあらゆる問題は全国的な国民投票によってのみ解決できる」ため、この住民投票は違法であると述べた[20]。同日午後、ヘルソン州評議会は、提案された住民投票は違法であるとの決議を可決した[21]

2022年5月11日、ヘルソン州軍民行政副長官のキリル・ストレモウソウは、プーチン露大統領にヘルソン州のロシア連邦加盟を要請する準備ができていると発表し、「ヘルソン人民共和国」の創設やこの問題に関する住民投票はないと述べた[22][23]。プーチン大統領の報道官ドミトリー・ペスコフは、これらの声明についてコメントし、この問題は地域の住民によって決定されるべきであり、「これらの重大な決定には、クリミアの場合と同様に、絶対的に明確な法的背景、法的正当性が必要であり、完全に合法的でなければならない」と述べた[24]

2022年6月、テレグラムチャンネルのビデオメッセージで、ストレモウソウは、ヘルソン地域のロシア加盟に関する住民投票の準備を開始したと述べた[25]。住民投票の準備は親プーチンの政党「統一ロシア」が行う予定だったが、そのメンバーは、ウクライナ軍がアントノフスキー橋を砲撃した後、7月末頃にヘルソン地域から退避した[26]。占領下のザポリージャ州地域の当局は、共同住民投票の可能性を排除していない[27][28]

9月5日、ストレモウソウは、ヘルソン州の国民投票が「安全上の理由」により延期されたと発表した[29]

9月7日、統一ロシア幹事長のアンドレイ・トゥルチャクは、11月4日のロシア統一記念日にロシア占領下のウクライナで住民投票を行うことは「正しく、象徴的」であると述べ、ストレモウソウは、「この住民投票を今すぐ実施する準備ができていたとしても」、この日に向けて準備が行われると述べた[30]

9月20日、ヘルソン州軍事民行政のウォロディミル・サルド長官は、ヘルソン州のロシアへの編入に関する住民投票が9月23日から27日まで行われると発表した[31]

ザポリージャ州[編集]

2022年7月、Yevgeny Balitskyは、ザポリージャの中央選挙管理委員会に対し、この地域がロシア連邦に加盟するための住民投票の可能性について調査を開始する命令に署名した[32]

2022年8月8日、ロシア軍占領下のザポリージャ州における軍民行政長官のYevhen Balytskyiは、住民投票の組織準備に関する命令に署名した。同日、メリトポリで開催された「私たちはロシアと共にある」運動のフォーラム(参加者700人以上)で、ロシア連邦に加盟させることについての住民投票を行うことを提案する決議を採択した[33][34]。地域行政の主要評議会のメンバーであるウラジミール・ロゴフは、ザポリージャ地域のロシア加盟に関する住民投票の日程は、「ザポリージャ地域の安全と表現の自由が保証され次第」決定されるとメディアに語った[35]

2022年8月11日、占領地域の当局は 2022年9月11日に住民投票を実施する意向を表明した[27]

2022年8月26日、ザポリージャ州の住民投票準備のための選挙管理委員会が作業を開始した[36]

その他の予定地域[編集]

ムィコラーイウ州[編集]

2022年8月8日、ヘルソン軍民行政副長官のエカテリーナ・グバレバは、ムィコラーイウ州の占領地の併合を発表した。彼女はまた、いくつかの占領町でロシアのモバイル通信が機能し始めたと主張した。彼女によると、「解放された」地域で住民に社会的支払いを提供し、モバイル通信とテレビ放送を確立するためにそのような決定がなされたという[37][38]

2022年8月13日、ムィコラーイウ軍民行政長官のYuriy Barbashovポーランド語版は、スニフリフカで、ロシアに加盟するための住民投票が行われると主張した。この住民投票は、ヘルソン州と同じように行われる。さらに、ヘルソン軍民行政副長官のエカテリーナ・グバレバは、ムィコラーイウ州の占領地域がヘルソン州に併合されると主張した。住民投票は9月に行われると伝えられている[39][40]

ハルキウ州[編集]

2022年7月8日、ロシアが任命したハルキウ州の軍民行政長官のビタリー・ガンチェフロシア語版は、ハルキウはロシア領土の「奪うことのできない」部分であり、同州をロシア連邦に併合させるつもりであると述べた[41]。しかし、8月11日にビタリーはテレビチャンネル「ロシア-24」に対し、この地域でロシアの支配下にあるのは「僅か20%で、それ以上ではない」ため、ハルキウ州のロシア軍支配地域の当局は、ロシアへの加盟に関する住民投票について議論する準備がまだ整っていないと語った[42]

ハルキウの戦い (2022年)で州都防衛に成功したウクライナ軍はその後の反攻作戦でハルキウ州東部からロシア軍の大半を駆逐し、ウクライナのゼレンスキー大統領は9月14日、州のほぼ全域を解放したと宣言した[43]

ウクライナ政府および国際社会の反応[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ウクライナ南部2州「独立承認」露大統領 一方的に署名/ウクライナは緊急国防会議読売新聞』夕刊2022年9月29日1面(2022年10月2日閲覧)
  2. ^ a b プーチン氏、ウクライナ4州を「併合」宣言 地元の親ロ派と署名 朝日新聞デジタル(2022年10月1日)2022年10月2日閲覧
  3. ^ 【焦点】ウクライナ「住民投票」疑義消えぬ「賛成多数」軍の圧力下 投票の指摘毎日新聞』朝刊2022年9月29日2面(2022年10月2日閲覧)
  4. ^ Russia moves to formally annex swathes of Ukraine”. Reuters (2022年9月20日). 2022年9月23日閲覧。
  5. ^ Война в Украине: ЛНР и ДНР объявили о "референдумах" о присоединении к России 23-27 сентября - Новости на русском языке” (ロシア語). BBC News Русская служба. 2022年9月20日閲覧。
  6. ^ На оккупированных территориях Украины 23–27 сентября проведут «референдумы о присоединении к России». Главное Тем временем в России вводят понятие «мобилизация» в Уголовный кодекс” (ロシア語). Meduza. 2022年9月20日閲覧。
  7. ^ 露 併合へ「住民投票」ウクライナ4州 賛成多数確実産経新聞』朝刊2022年9月24日1面(2022年9月27日閲覧)
  8. ^ 「世界首脳、ロシアに責任追求 ウクライナ戦争巡り ロ側は擁護」ロイター(2022年9月23日)2022年9月27日閲覧
  9. ^ “Regional legislators proclaim industrial center Donetsk People's Republic”. ITAR-TASS. (2014年4月7日). オリジナルの2014年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140408213918/http://en.itar-tass.com/world/726779 2014年4月7日閲覧。 
  10. ^ ロシアによる「ドネツク人民共和国」及び「ルハンスク人民共和国」の「独立」承認並びに両「共和国」との条約批准等を受けた制裁措置(外務大臣談話)日本国外務省(2022年年2月24日)2022年9月27日閲覧
  11. ^ Russia Moves to Annex Occupied Ukrainian Land by September”. www.bloomberg.com. 2022年8月28日閲覧。
  12. ^ Общественная палата ЛНР просит немедленно провести референдум о присоединении к России” (ロシア語). Life.ru (2022年9月19日). 2022年9月19日閲覧。
  13. ^ В ДНР и ЛНР предложили немедленно провести референдумы о присоединении к России” (ロシア語). Meduza. 2022年9月19日閲覧。
  14. ^ В ЛНР предложили провести референдум о присоединении к России немедленно” (ロシア語). РБК. 2022年9月19日閲覧。
  15. ^ В Госдуме сообщили, что референдум о присоединении ЛНР к России состоится осенью”. tass.ru. 2022年9月19日閲覧。
  16. ^ “Депутат Госдумы Водолацкий: референдум о вхождении ЛНР в РФ пройдет осенью”. Gazeta.ru. (2022年9月19日). https://www.gazeta.ru/politics/news/2022/09/19/18602167.shtml 2022年9月19日閲覧。 
  17. ^ Новости (2022年9月20日). “Референдум о вхождении ЛНР в состав России пройдет с 23 по 27 сентября” (ロシア語). РИА Новости. 2022年9月20日閲覧。
  18. ^ В ДНР заявили, что референдум о вхождении в состав России состоится с 23 по 27 сентября”. tass.ru. 2022年9月20日閲覧。
  19. ^ Russia plotting sham referendum to create 'Kherson People's Republic', says Ukrainian official” (英語). inews.co.uk (2022年3月12日). 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月23日閲覧。
  20. ^ AFP. “Ukraine says Russia plotting to create a pro-Moscow 'people's republic' in Kherson” (英語). www.timesofisrael.com. 2022年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月23日閲覧。
  21. ^ Ukraine: how Putin could try to split the country into regional puppet governments”. The Conversation (2022年3月14日). 2022年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月20日閲覧。
  22. ^ Оккупационные власти Херсона заявили о плане включить регион в состав России” (ロシア語). Радио Свобода. 2022年5月11日閲覧。
  23. ^ プーチン大統領に編入要請方針 ウクライナ南部の親ロ派:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2022年9月23日閲覧。
  24. ^ Ukraine's Occupied Kherson Seeks to Join Russia, Moscow-Installed Leader Says” (英語). WSJ. 2022年5月11日閲覧。
  25. ^ Власти Херсона сообщили о подготовке референдума о присоединении к России” (ロシア語). РБК. 2022年8月11日閲覧。
  26. ^ Putin's "United Russia" party fled from occupied Kherson”. Odessa Journal (2022年7月28日). 2022年9月23日閲覧。
  27. ^ a b Глава запорожской ВГА заявил о желании провести референдум 11 сентября” (ロシア語). РБК. 2022年8月11日閲覧。
  28. ^ Названа дата присоединения Луганска, Донецка, Херсона и Южной Осетии к РФ.” (英語). Новости Луганска и области Новости Украины сегодня Cxid.info. 2022年8月11日閲覧。
  29. ^ Ukraine war: Russia postpones 'referendum' in occupied region” (英語). BBC. 2022年9月6日閲覧。
  30. ^ Russia Ruling Party Proposes Nov. 4 Annexation Votes For Occupied Ukraine”. The Moscow Times (2022年9月9日). 2022年9月23日閲覧。
  31. ^ Референдум в Херсонской области пройдет с 23 по 27 сентября” (ロシア語). РИА Новости (2022年9月20日). 2022年9月20日閲覧。
  32. ^ Zaporizhzhia and Kherson regions of Ukraine to hold 'join' Russia votes first. Others will follow” (2022年8月8日). 2022年9月23日閲覧。
  33. ^ Власти Запорожья подписали распоряжение о проведении референдума” (ロシア語). РБК. 2022年8月11日閲覧。
  34. ^ В регионе началась подготовка к проведению референдума по воссоединению с Россией - Администрация Запорожской области”. 2022年9月23日閲覧。
  35. ^ Новости (2022年8月11日). “Власти Запорожской области рассказали, когда назовут дату референдума” (ロシア語). РИА Новости. 2022年8月11日閲覧。
  36. ^ Избирательная комиссия по подготовке референдума в Запорожской области начала работу” (ロシア語). Профиль. 2022年8月26日閲覧。
  37. ^ Освобожденные территории Николаевской области присоединят к Херсонской”. Российская газета. 2022年8月9日閲覧。
  38. ^ Новости (2022年8月8日). “ВКС уничтожили до ста националистов в Херсонской и Николаевской областях” (ロシア語). РИА Новости. 2022年8月9日閲覧。
  39. ^ В Снигиревке в Николаевской области пройдет референдум о воссоединении с РФ”. tass.ru. 2022年8月13日閲覧。
  40. ^ Новости (2022年8月8日). “ВКС уничтожили до ста националистов в Херсонской и Николаевской областях” (ロシア語). РИА Новости. 2022年8月13日閲覧。
  41. ^ N/A, N/A (2022年7月16日). “Russia wants to annex Kharkiv Oblast, unveils flag for region with imperial symbols – ISW”. Yahoo. https://www.yahoo.com/video/russia-wants-annex-kharkiv-oblast-082800632.html 2022年7月10日閲覧。 
  42. ^ В Харькове исключили обсуждение референдума о присоединении к России” (ロシア語). РБК. 2022年8月11日閲覧。
  43. ^ ゼレンスキー氏、奪還の要衝訪問 ハルキウ州「ほぼ解放」宣言 朝日新聞デジタル(2022年9月16日)2022年9月27日閲覧