ザポリージャ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザポリージャ州
Запорізька область
ザポリージャ州の旗ザポリージャ州の印
州旗州章
ザポリージャ州の位置
Flag of Ukraine.svg ウクライナ
州庁所在地ザポリージャ
面積
 - 総計
 - 陸地
 - 水域
全ウクライナ第9位
27,180 km²
? km²
? km² (?%)
人口2006年
 - 総計
 - 人口密度
全ウクライナ第9位
1,877,200
70.84人/km²
地区20
市町村総数
 - うち市の数
 - うち町の数
 - うち村の数
956
14
23
920
州知事オレクサンドル・スタルク
ISO 3166-2:UAUA-23
電話番号コード+380-61
公式サイト合同庁

ザポリージャ州(ザポリージャしゅう、ウクライナ語: Запорізька область ザポリーズィカ・オーブラスチ)は、ウクライナの一つ。ロシア語名ではザポロージエ州 (ロシア語: Запорожская область) となり、有名なザポロージエ・コサックもあるため、日本ではこちらの名称も馴染まれている。ザポロジエ州[1]ザポリッジャ州[2]との表記も見られる。州都ザポリージャ2022年9月30日ロシアが併合を宣言した[3]

地理[編集]

母語話者(ザポリージャ州) 2001
ウクライナ語
  
50.2%
ロシア語
  
48.2%

ウクライナの南東部に位置する。主要都市は州都ザポリージャのほか、ベルジャーンシクメリトポリなど。州内のエネルホダルにはザポリージャ原子力発電所がある。

歴史[編集]

1939年1月10日ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の州となる。

2015年現在では、ソビエト連邦の崩壊後に再独立したウクライナの主要工業都市として、国内有数の経済規模を持つ大都市圏を形成する。

2022年9月30日、ロシアが併合を宣言(2022年ロシアのウクライナ侵攻[3]

人口[編集]

2001年ウクライナ国勢調査によるデータ。

  • 総人口1,929,200人[4]
  • 都市人口1,458,200人(76%);農村人口:471,000人(24%)[5]
  • 性別人口:男性886,600人(46%);女性1,042,600人(54%)[6]
民族構成[7]
ウクライナ人
  
1,364,100人 (70.8%)
ロシア人
  
476,800人 (24.7%)
ブルガリア人
  
27,700人 (1.4%)
ベラルーシ人
  
12,600人 (0.7%)
アルメニア人
  
6,400人 (0.3%)
タタール人
  
5,100人 (0.3%)
ユダヤ人
  
4,300人 (0.2%)
グルジア人
  
3,800人 (0.2%)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 桑本太 (2022年2月25日). “キエフにミサイル攻撃か 迫るロシア軍、近郊の空港制圧”. 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB253B80V20C22A2000000/ 2022年2月25日閲覧。 
  2. ^ 9〜11日の宇南部ザポリッジャ市への露軍ミサイル攻撃による死者23名”. Ukrinform (2022年10月11日). 2022年11月3日閲覧。
  3. ^ a b “プーチン大統領 ウクライナ4州の併合 一方的に宣言か”. NHK NEWS WEB. (2022年9月30日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220930/k10013844061000.html 2022年10月1日閲覧。 
  4. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの総人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  5. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの都市人口・農村人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  6. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの性別人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  7. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。地域別民族構成” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]