アルメニア人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルメニア人
Հայեր Hayer
総人口
c. 7[1]10 百万人[2]
居住地域
アルメニアの旗 アルメニア     2,961,514[3][4]
ロシアの旗 ロシア1,182,388[5]–2,900,000[6]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ1,000,366[7]–1,500,000[8]
フランスの旗 フランス250,000[9]–750,000[10]
ジョージア (国)の旗 ジョージア
 • アブハジアの旗 アブハジア[note 1]
168,191[11]
41,864[12]
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
 • アルツァフ共和国の旗 アルツァフ共和国

146,573[13]
レバノンの旗 レバノン150,000[14]
イランの旗 イラン120,000[15]
ドイツの旗 ドイツ90,000–110,000[16]
シリアの旗 シリア[note 2]100,000[17]
ウクライナの旗 ウクライナ100,000[18]
ブラジルの旗 ブラジル100,000[19][20]
ギリシャの旗 ギリシャ80,000[21]
アルゼンチンの旗 アルゼンチン70,000[22]
トルコの旗 トルコ60,000[23]
カナダの旗 カナダ55,740[24]
ポーランドの旗 ポーランド50,000[25]
言語
アルメニア語
宗教
キリスト教
アルメニア使徒教会 · アルメニア典礼カトリック教会 · アルメニア福音教会

アルメニア土着信仰
関連する民族
ヘムシン人(アルメニア人の分派)
アルメニア人の分布 色が濃い国ほどアルメニア人居住者が多い

アルメニア人(アルメニアじん、アルメニア語: Հայե ր)は、アルメニアの主要民族インドヨーロッパ語族に属するアルメニア語を使用している。アルメニア人の6割はアルメニア共和国アルツァフ共和国の外に暮らすディアスポラである[26]。自称は「ハイ」(アルメニア語: Հայ)。

歴史[編集]

古代から国家を建設し、世界で初めてキリスト教を国家宗教とした。なお、アルメニア人は非カルケドン派であるアルメニア使徒教会の信者がほとんどである。

12世紀に東ローマ帝国によってアルメニア王国が滅ぼされると、世界中に拡散し[27]、商工業の担い手として各地にネットワークを広げて活躍した。この点はよくユダヤ人[28]と比較されることも多い。移住先に於いても独自のネットワークを築き、宗教をアイデンティティとすることなど、両者には共通している側面もある[29]オスマン帝国サファヴィー朝ムガル帝国の領内で独自のコミュニティを形成し、これらを結ぶ形でアルメニア商人の商業網が構築された。例えば、イラン17世紀にはアレッポ18世紀にはイズミル経由でヨーロッパ市場に供給した。

日本ではアルメニア人は商才がある民族として有名であるが、それは藤田田の著書の影響でもある[28]

また古代から兵士としての能力があり、プルターク東ローマ帝国皇帝ニケフォロス2世はアルメニア兵の能力を自らの著書で賞賛している。また、トゥールーン朝ファーティマ朝といったエジプトの王朝には亡命アルメニア人によって編成された部隊が存在していた。

東北大学大学院国際文化研究科の北川誠一教授は古代のアルメニア人の最初の職業は軍人であり、それがキャラバンと結びついた。古代のキャラバンは商人と武力は密接な関係があると指摘し、それがアルメニア人が兵士として名をはせた要因になったという説を提唱している。アルメニア人が多いフランスではアルメニア人といえば商人よりも兵士、傭兵の民というイメージが強い。 そういった気質を反映してか、ビック・ダルチニアンジョルジオ・ペトロシアンなど格闘技の世界で活躍するアルメニア人も多い。

現在、シリアイスラエル[30]及びイラン[31]には、比較的大規模なアルメニア人社会が存在する。ヨーロッパではフランスに40万から50万人といわれるアルメニア人が住み、政界・銀行・芸能など多方面に進出して、フランス社会に大きな影響力を持っている。アメリカにも80万人近いアルメニア系の住民がいる。

アルメニア人の姓[編集]

アルメニア人のには、ペトロシャン(Պետրոսյան)、ハチャトゥリアン(Խաչատրյան)やスペンディアリャン(Սպենդիարյան)、サローヤン(Սարոյան)、ミコヤン(Միկոյան)など、「-ian」や「-yan」(-յան)がつくものがみられるが、これは父称に由来する。

文化[編集]

伝統的にチェスが盛んでソ連時代にはチグラン・ペトロシアンなど世界王者も輩出している。

美術[編集]

アルメニア絨毯は古くから品質の高さで知られており、中世のアラブやヨーロッパに広く輸出されていた。著名な製造地はカリス(エルズルム)とヴァンであった。

[編集]

脚注
  1. ^ different sources:
    • Dennis J.D. Sandole (24 January 2007). Peace and Security in the Postmodern World: The OSCE and Conflict Resolution. Routledge. p. 182. ISBN 9781134145713. "The nearly 3 million Armenians in Armenia (and 3–4 million in the Armenian Diaspora worldwide) "perceive" the nearly 8 million Azerbaijanis in Azerbaijan as "Turks."" 
    • McGoldrick, Monica; Giordano, Joe; Garcia-Preto, Nydia, eds (18 August 2005). Ethnicity and Family Therapy, Third Edition (3 ed.). Guilford Press. p. 439. ISBN 9781606237946. "The impact of such a horror on a group who presently number approximately 6 million, worldwide, is incalculable." 
    • Sargsyan, Gevorg; Balabanyan, Ani; Hankinson, Denzel (1 January 2006). From Crisis to Stability in the Armenian Power Sector: Lessons Learned from Armenia's Energy Reform Experience (illustrated ed.). World Bank Publications. p. 18. ISBN 9780821365908. https://archive.org/details/fromcrisistostab00sarg/page/18. "The country's estimated 3–6 million diaspora represent a major source of foreign direct investment in the country." 
    • Arthur G. Sharp (15 September 2011). The Everything Guide to the Middle East: Understand the people, the politics, and the culture of this conflicted region. Adams Media. p. 137. ISBN 9781440529122. "Since the newly independent Republic of Armenia was declared in 1991, nearly 4 million of the world's 6 million Armenians have been living on the eastern edge of their Middle Eastern homeland." 
  2. ^ different sources:
    • Von Voss, Huberta (2007). Portraits of Hope: Armenians in the Contemporary World. New York: Berghahn Books. p. xxv. ISBN 9781845452575. "...there are some 8 million Armenians in the world..." 
    • Freedman, Jeri (2008). The Armenian genocide. New York: Rosen Publishing Group. p. 52. ISBN 9781404218253. "In contrast to its population of 3.2 million, approximately 8 million Armenians live in other countries of the world, including large communities in the America and Russia." 
    • Guntram H. Herb, David H. Kaplan (2008). Nations and Nationalism: A Global Historical Overview: A Global Historical Overview. Santa Barbara, California: ABC-CLIO. p. 1705. ISBN 9781851099085. "A nation of some 8 million people, about 3 million of whom live in the newly independent post-Soviet state, Armenians are constantly battling not to lose their distinct culture, identity and the newly established statehood." 
    • Robert A. Saunders, Vlad Struko (2010). Historical dictionary of the Russian Federation. Lanham, Maryland: Scarecrow Press. p. 50. ISBN 9780810854758 
    • Philander, S. George (2008). Encyclopedia of global warming and climate change. Los Angeles: SAGE. p. 77. ISBN 9781412958783. "An estimated 60 percent of the total 8 million Armenians worldwide live outside the country..." 
    • Robert A. Saunders, Vlad Strukov (2010). Historical dictionary of the Russian Federation. Lanham, Maryland: Scarecrow Press. p. 51. ISBN 9780810874602. "Worldwide, there are more than 8 million Armenians; 3.2 million reside in the Republic of Armenia." 
  3. ^ [1] հոկտեմբերի 12-21-ը Հայաստանի Հանրապետությունում անցկացված մարդահամարի արդյունքները (The results of the census conducted in October 2011 in the Republic of Armenia). pp 6-7. (アルメニア語)
  4. ^ Ministry of Culture of Armenia "The ethnic minorities in Armenia. Brief information" Archived 10 October 2017 at the Wayback Machine.. As per the most recent census in 2011. "National minority".
  5. ^ National makeup of the population of the Russian Federation (Национальный состав населения Российской Федерации)” (ロシア語). Russian Federal State Statistics Service. 2013年1月5日閲覧。
  6. ^ Robert A. Saunders, Vlad Struko (2010). Historical dictionary of the Russian Federation. Lanham, Maryland: Scarecrow Press. p. 50. ISBN 978-0-8108-5475-8 
  7. ^ Total ancestry categories tallied for people with one or more ancestry categories reported 2011 American Community Survey 1-Year Estimates. United States Census Bureau. https://archive.org/details/2011AmericanCommunitySurveyAncestry 2012年12月22日閲覧。 
  8. ^
  9. ^ Thon, Caroline (2012). Armenians in Hamburg: an ethnographic exploration into the relationship between diaspora and success. Berlin: LIT Verlag Münster. p. 25. ISBN 978-3-643-90226-9. https://archive.org/details/armeniansinhambu0000thon 
  10. ^ Taylor, Tony (2008). Denial: history betrayed. Carlton, Victoria: Melbourne University Pub.. p. 4. ISBN 978-0-522-85482-4 
  11. ^ National Statistics Office of Georgia”. 2016年5月24日閲覧。
  12. ^ (ロシア語)Delfi. (2011年12月29日). http://rus.delfi.lv/news/daily/abroad/v-abhazii-obyavili-dannye-perepisi-naseleniya.d?id=42015926+2013年8月20日閲覧。  (According to the 2011 census).
  13. ^ Republic of Artsakh. “Population estimates of NKR as of 01.01.2013”. 2014年2月20日閲覧。
  14. ^ Gibney, Matthew J. (2005). Immigration and asylum: from 1900 to the present. Santa Barbara, California: ABC-CLIO. p. 13. ISBN 978-1-57607-796-2. https://archive.org/details/immigrationasylu00matt/page/13 
  15. ^ Vardanyan, Tamara. “hy:Իրանահայ համայնք. ճամպրուկային տրամադրություններ” [The Iranian-Armenian community] (アルメニア語). Noravank Foundation. 2007年6月21日閲覧。
  16. ^ Sargsyan, Babken (2012年12月8日). “Գերմանիաիի հայ համայնքը [Armenian community of Germany”] (アルメニア語). http://www.armenialiberty.org/content/article/2279357.html 2015年1月10日閲覧。 
  17. ^ The Virtual Museum of Armenian Diaspora”. Ministry of Diaspora of the Republic of Armenia. 2014年2月19日閲覧。
  18. ^ The distribution of the population by nationality and mother tongue, Kiev: State Statistics Committee of Ukraine, (2001), http://www.ukrcensus.gov.ua/eng/results/nationality_population/nationality_1/s5/?botton=cens_db&box=5.1W&k_t=00&p=20&rz=1_1&rz_b=2_1%20&n_page=2 2013年1月5日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ Comunidade armênia prospera no Brasil, mas não abandona luta pela memória do massacre. By Breno Salvador. O Globo, 24 April 2015
  20. ^ “Federal Senate of Brazil Recognizes Armenian Genocide”. Armenian Weekly. (2015年6月3日). http://armenianweekly.com/2015/06/03/federal-senate-of-brazil-recognizes-armenian-genocide/ 
  21. ^ Bedevyan, Astghik (2011年1月18日). “Հունաստանի հայ համայնքը պատրաստվում է Հայաստանի նախագահի հետ հանդիպմանը [Armenian community of Greece preparing for the meeting with the Armenian president”] (アルメニア語). Radio Free Europe/Radio Liberty Armenian Service. http://www.armenialiberty.org/content/article/2279357.html 2015年1月10日閲覧。 
  22. ^ Ayvazyan 2003, p. 100.
  23. ^ “Foreign Ministry: 89,000 minorities live in Turkey”. Today's Zaman. (2008年12月15日). http://www.todayszaman.com/newsDetail_getNewsById.action?load=detay&link=161291 2013年1月5日閲覧。 
  24. ^ Canada National Household Survey, Statistics Canada, (2011), http://www12.statcan.gc.ca/nhs-enm/2011/dp-pd/dt-td/Rp-eng.cfm?LANG=E&APATH=3&DETAIL=0&DIM=0&FL=A&FREE=0&GC=0&GID=0&GK=0&GRP=0&PID=105396&PRID=0&PTYPE=105277&S=0&SHOWALL=0&SUB=0&Temporal=2013&THEME=95&VID=0&VNAMEE=&VNAMEF= 2013年8月20日閲覧。 . Of those, 31,075 reported single and 24,675 mixed Armenian ancestry.
  25. ^ “Narodowy Spis Powszechny 2011 (Polish Census of 2011)”. Główny Urząd Statystyczny (Polish Central Statistical Office). (2011年). http://mniejszosci.narodowe.mac.gov.pl/mne/mniejszosci/charakterystyka-mniejs/6480,Charakterystyka-mniejszosci-narodowych-i-etnicznych-w-Polsce.html 2015年10月31日閲覧。 
  26. ^ ロバート・コーエン『グローバル・ディアスポラ』駒井洋訳、明石書店〈明石ライブラリー 150〉、2012年(原著1997年)、新版、116頁。ISBN 978-4750335971
  27. ^ 一部は11世紀にトルコ南東部のキリキアに移住しキリキア・アルメニア王国を建国、14世紀末まで独立を保った。
  28. ^ a b ユダヤ人が三人いても、一人のアルメニア人に敵わない」という諺も存在すると藤田田は主張するが、実際はそのようなことわざは存在しない。[要出典]藤田田『ユダヤの商法』 )。
  29. ^ 但し、アルメニアという大規模な集住地域(土地)や言語を失ってはいない。
  30. ^ エルサレムにはキリスト教徒アラブ人とは別にアルメニア人地域が存在する。
  31. ^ イランのエスファハーンにあるジョルファ地区には、16世紀エスファハーン造営に従事したアルメニア人を起源とする大規模コミュニティーが存在する。
注釈
  1. ^ アブハジアアブハジア共和国ジョージアの間で領土問題となっている地域である。アブハジア共和国は1992年7月23日に一方的に独立を宣言したが、ジョージアは引き続き自国に主権のある領土であると主張し、ロシアによる占領地であるとしている。アブハジア共和国は国連加盟国193か国のうち7か国から独立国として国家承認を受けているが、うち1か国はその後承認を撤回している。
  2. ^ The number of Syrian Armenians is estimated to be far lower due to the Syrian Civil War, as these are pre-war figures. Many fled to Lebanon, Armenia, and the West respectively.

外部リンク[編集]