ザカルパッチャ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザカルパッチャ州
Закарпатська область
ザカルパッチャ州の旗 ザカルパッチャ州の印
州旗 州章
ザカルパッチャ州の位置
Flag of Ukraine.svg ウクライナ
州庁所在地 ウージュホロド
面積
 - 総計
 - 陸地
 - 水域
全ウクライナ第23位
12,777 km²
? km²
? km² (?%)
人口2006年
 - 総計
 - 人口密度
全ウクライナ第17位
1,241,887
98.02人/km²
地区 13
市町村総数
 - うち市の数
 - うち町の数
 - うち村の数

10
9
579
ISO 3166-2:UA UA-21
電話番号コード +380-31
公式サイト 合同庁

ザカルパッチャザカルパート州[1]ウクライナ語:Закарпатська областьザカルパーツィカ・オーブラスチ)は、ウクライナの最も西に位置するである。州庁所在地ウージュホロド。州名は、州の位置する地域の伝統的な名称からとられた。ロシア語名はザカルパチア州(Закарпатская область)。

歴史的にカルパティア・ルテニアと呼ばれた地方である。

母語話者(ザカルパッチャ州) 2001
ウクライナ語
  
81.0%
ロシア語
  
2.9%
ハンガリー語
  
12.7%
ルーマニア語
  
2.6%

概要[ソースを編集]

ザカルパッチャ州は、ウクライナ・カルパート山脈の南西部から越カルパート低地にかけての地域ザカルパッチャ(越カルパート地域)[2]に位置している。ウクライナ人が多く住む地方であり西ウクライナ英語版の一部でもあった。しかしカルパティア山脈という障壁により、オーストリア帝国ポーランド王国ハンガリー王国チェコスロバキア共和国などウクライナと異なる国家に統治され続けた。

9世紀頃にはモラヴィア王国10世紀以降にはブルガリア帝国12世紀にはウラジーミル2世モノマフによりキエフ大公国13世紀にはベーラ4世によってハンガリー王国の版図に組み込まれた。このためカルパティア・ルテニアは聖イシュトヴァーンの王冠の地の一つとして、ハンガリーの固有の領土であると認識されるようになった。

16世紀からはハンガリーはハプスブルク帝国の統治下となったが、まもなくオスマン帝国の支配下となった。18世紀以降はオーストリア帝国の一部として統治された。オーストリア=ハンガリー帝国の成立後は帝国内のハンガリー王国の一部として統治された。

1918年、第一次世界大戦でオーストリア=ハンガリー帝国が敗北し、ロシア帝国ロシア革命で崩壊したため、帝国支配下の民族が分離独立を始めた。フーストを拠点にするウクライナ人ルシン人の勢力は西ウクライナ人民共和国に合流し、ドニプロ地方に成立したウクライナ人民共和国との合同を企図した。しかし、ポーランド・ウクライナ戦争により西ウクライナ人民共和国はポーランドに敗れ、結局合同は実現しなかった。サン=ジェルマン条約トリアノン条約の結果、越カルパート地域はチェコスロバキアの領域になった。

チェコスロバキア時代には、資本主義経済が発達した。ミュンヘン会談後にカルパート・ウクライナはチェコスロバキア内での自治が認められた。そして、軍事組織「カルパート・シーチ」が設置されるなどこの地域のウクライナ化が進められた。

1939年3月15日には、選挙によって圧倒的な支持を得たセイム(議会)がカルパート・ウクライナの完全な国家的独立を宣言した。セイムは憲法を採択し、国号を「カルパート・ウクライナ」と定め、国家体制を「大統領共和国」とし、公用語を「ウクライナ語」に定めた。国旗と国章、国歌はウクライナの伝統的な青・黄旗トルィズーブウクライナは滅びず」とされた。大統領には、アウグスティーン・ヴォローシンが就任した。しかし、3日後の3月18日にはカルパート・ウクライナはハンガリー軍によってほとんどの領域を占拠され、国家首脳部はルーマニアへ亡命、国は亡びた。「カルパート・シーチ」は同年5月まで武力闘争を続けたが敗れた。

ハンガリー王国時代には、ベレグウングウゴチャマーラマロシュシャーロシュゼンプレーン県の各一部の地域となった。

1944年11月には赤軍がハンガリーを破り、かつてのカルパート・ウクライナの地域はザカルパート・ウクライナの国号の下、独立を宣言した。しかし、この国家はソヴィエト・ウクライナと合併することになり、1945年7月には消滅した。1946年には、ウクライナ・ソヴィエト社会主義共和国に併合された。

ソ連崩壊に伴い同地は新しく成立したウクライナの一部となった。当初はウクライナを離脱しチェコスロバキアへの再併合を求める声もあったが、チェコスロバキアがチェコ共和国スロバキアに分裂したため議論されなくなった。しかし2008年にはムカーチェヴェにて、ルシン人民族主義政党が「近カルパト・ルーシ共和国(ポトカルパーツカヤ・ルーシ共和国)」のウクライナからの独立を宣言するなど、現在でも「ウクライナ人」と異なる民族意識を持つ勢力が多く存在する特異な地域となっている。

主な都市[ソースを編集]

([1])

人口[ソースを編集]

2001年ウクライナ国勢調査によるデータ。

  • 総人口1,258,300人[3]
  • 都市人口466,000人(37%);農村人口:792,300人(63%)[4]
  • 性別人口:男性605,500人(48%);女性652,800人(52%)[5]
民族構成[6]
ウクライナ人
  
1010,100人 (80.5%)
ハンガリー人
  
151,500人 (12.1%)
ルーマニア人
  
32,100人 (2.6%)
ロシア人
  
31,000人 (2.5%)
ロマ人
  
14,000人 (1.1%)
スロバキア人
  
5,600人 (0.5%)
ドイツ人
  
3,500人 (0.3%)

ウクライナ人の他、ハンガリー人ルーマニア人ロシア人ロマスロヴァキア人ドイツ人ルシン人などが居住する。かつてはユダヤ人の人口も多かった。なお、ルシン人はウクライナ人と合わせてルテニア人とも呼ばれる多数民族である。このほか、同じく古来からのウクライナ人の一派であるフツル人ウクライナ語版ルーマニア語版英語版も山岳地域を中心に居住している。

出身者[ソースを編集]

ハンガリー人の一覧ウクライナ人の一覧も参照

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『世界地名大辞典2 ヨーロッパ・ソ連II』朝倉書店昭和49年による表記。
  2. ^ 伝統的に、時期によってハンガリー・ルーシ、カルパート・ルーシ(カルパティア・ルテニア)、ルーシ国、ポドカルパート・ルーシ、カルパート・ウクライナ、ザカルパート・ウクライナと呼ばれる。
  3. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの総人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  4. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの都市人口・農村人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  5. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの性別人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  6. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。地域別民族構成” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。

参考文献[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]