ザポリージャ原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザポリージャ原子力発電所
Kernkraftwerk Saporischschja.JPG
6基の原発が存在する
ザポリージャ原子力発電所の位置(ウクライナ内)
ザポリージャ原子力発電所
ウクライナにおけるザポリージャ原子力発電所の位置
ザポリージャ原子力発電所の位置(ザポリージャ州内)
ザポリージャ原子力発電所
ザポリージャ原子力発電所 (ザポリージャ州)
正式名称 Запорізька АЕС
 ウクライナ
所在地 エネルホダル
座標 北緯47度30分44秒 東経34度35分09秒 / 北緯47.51222度 東経34.58583度 / 47.51222; 34.58583 (ザポリージャ原子力発電所)座標: 北緯47度30分44秒 東経34度35分09秒 / 北緯47.51222度 東経34.58583度 / 47.51222; 34.58583 (ザポリージャ原子力発電所)
現況 不明
着工 1981
運転開始 1985
事業主体 エネルゴアトム
原子炉
運転中 6 × 1,000 MWe
種類 VVER
原子炉製造元 Mintyazhmash
タービン製造元 Electrotyazhmash
発電量
定格出力 6,000 MWe
2010年11月21日現在
テンプレートを表示

ザポリージャ原子力発電所(ザポリージャげんしりょくはつでんしょ、ウクライナ語: Запорізька АЕС)はウクライナザポリージャ州エネルホダルに存在する原子力発電所。ヨーロッパ最大の原子力発電所であり、また、世界で3番目に大きな原子力発電所である。発電所はウクライナ中央部、ドニエプル川カホフカ貯水池の岸に存在する。近くにはザポリージャ火力発電所が存在する。

6基のVVER-1000を擁し、それぞれおおよそ総電気出力1,000MWeで合計6,000MWeが発電できる[1]。最初の5基は1985年から1989年の間に連続して稼働を開始し、6号機は1995年に追加された。同原発はウクライナ国内の原発の半分にあたる電力を生成している。ウクライナの全電力の5分の1を供給していると言われる[2]

原子炉[編集]

原子炉 原子炉形式 正味発電量
(MW)
総発電量
(MW)
建設開始 電力網同期 商用運転 設計寿命
1号機
(ZAPOROZHYE-1)[3]
VVER-1000/320 950 1,000 1980年
4月1日
1984年
12月10日
1985年
12月25日
2015年
12月23日
2号機
(ZAPOROZHYE-2)[4]
1981年
1月1日
1985年
7月22日
1986年
2月15日
2016年
2月19日
3号機
(ZAPOROZHYE-3)[5]
1982年
4月1日
1986年
12月10日
1987年
3月5日
2017年
3月5日
4号機
(ZAPOROZHYE-4)[6]
1983年
4月1日
1987年
12月18日
1988年
4月14日
2018年
4月4日
5号機
(ZAPOROZHYE-5)[7]
1985年
11月1日
1989年
8月14日
1989年
10月27日
2020年
5月27日
6号機
(ZAPOROZHYE-6)[8]
1986年
6月1日
1995年
10月19日
1996年
9月16日
2026年
10月21日

2022年ロシアのウクライナ侵攻[編集]

2022年2月24日、ロシアウクライナへの侵攻を開始[9]。同年3月4日午前2時頃(ウクライナ時間)、地元のエネルゴダールのオルロフ市長がフェイスブックへの投稿で「敵の容赦ない砲撃で、ザポリージャ原子力発電所が火事だ」と述べた。ドミトロ・クレーバ外相も砲撃により火災が発生しているとTwitterで述べた[10]国際原子力機関(IAEA)は、主要設備に影響はないとウクライナ当局から報告を受けたと述べた[11]。火災が発生したのは訓練用の建物とされる。4日午後、ウクライナ当局はザポリージャ原発がロシア連邦軍に制圧されたと発表した[12]

脚注[編集]

  1. ^ Nuclear Power Plants in Lithuania & Ukraine”. 2012年12月9日時点のNuclear Power Plants in Lithuania & Ukraine オリジナルよりアーカイブ。2020年8月閲覧。
  2. ^ ザポリージャ原発付近の戦闘停止、環境放射線は通常の水準 ウクライナ”. CNN (2022年3月4日). 2022年3月5日閲覧。
  3. ^ Nuclear Power Reactor Details - ZAPOROZHYE-1”. Power Reactor Information System. International Atomic Energy Agency (IAEA). 2020年8月30日閲覧。
  4. ^ Nuclear Power Reactor Details - ZAPOROZHYE-2”. Power Reactor Information System. International Atomic Energy Agency (IAEA). 2020年8月30日閲覧。
  5. ^ Nuclear Power Reactor Details - ZAPOROZHYE-1”. Power Reactor Information System. International Atomic Energy Agency (IAEA). 2020年8月30日閲覧。
  6. ^ Nuclear Power Reactor Details - ZAPOROZHYE-4”. Power Reactor Information System. International Atomic Energy Agency (IAEA). 2020年8月30日閲覧。
  7. ^ Nuclear Power Reactor Details - ZAPOROZHYE-5”. Power Reactor Information System. International Atomic Energy Agency (IAEA). 2020年8月30日閲覧。
  8. ^ Nuclear Power Reactor Details - ZAPOROZHYE-6”. Power Reactor Information System. International Atomic Energy Agency (IAEA). 2020年8月30日閲覧。
  9. ^ “プーチン大統領 軍事作戦実施表明 “ウクライナ東部住民保護””. NHK. (2022年2月24日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220224/k10013498841000.html 2022年2月27日閲覧。 
  10. ^ “【速報中】ロシア軍が欧州最大級の原発攻撃か ウクライナ外相が警告”. 朝日新聞. (2022年3月4日). https://www.asahi.com/articles/ASQ340HMPQ33UHBI063.html 2022年3月4日閲覧。  ““ザポリージャ原発 ロシア軍の攻撃受け火災” ウクライナ外相”. NHK. (2022年3月4日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220304/k10013513381000.html 2022年3月4日閲覧。  “ウクライナのザポリージャ原子力発電所で火災 町長「砲撃やめろ」”. CNN. (2022年3月4日). https://www.cnn.co.jp/world/35184424.html 2022年3月4日閲覧。 
  11. ^ “主要設備に影響はないとIAEA”. 共同通信. (2022年3月4日). https://nordot.app/872310887114883072 2022年3月4日閲覧。 
  12. ^ 【速報】ザポリージャ原発をロシア軍が制圧 ウクライナ原子力規制当局”. テレビ朝日 (2022年3月4日). 2022年3月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]