ムィコラーイウの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ムィコラーイウの戦い
2022年ロシアのウクライナ侵攻におけるウクライナ南部攻勢
2022 Russian invasion of Ukraine.svg
2022年2月26日 – 2022年4月8日 
(1ヶ月1週6日間)
場所ウクライナの旗 ウクライナ
ムィコラーイウ州ムィコラーイウ
結果

ウクライナの勝利[1]

  • ロシア軍はムィコラーイウ市とその周辺地域のほとんどから撤退[2]
  • 爆撃は継続[3]
衝突した勢力
ロシアの旗 ロシア ウクライナの旗 ウクライナ
指揮官

ドミトリー・マルチェンコ[4]
オレクサンドル・ヴィノグラドフ[4]
スヴャトスラフ・ステツェンコ[4]
ヴィタリー・キム[4][5]

ルスラン・コーダ[6]
ヤロスラフ・チェプルノイ[7]
部隊

ロシア陸軍

  • 第20親衛諸兵科連合軍

ロシア空挺軍[4]

 ロシア海軍
ロシアの旗 ロシア航空宇宙軍
ロシア連邦軍参謀本部情報総局

ウクライナ陸軍

ウクライナ空中機動軍

 ウクライナ海軍

ウクライナ空軍

  • 第299戦術航空旅団

ウクライナ領土防衛隊

  • 第123領土防衛旅団
  • 第11歩兵大隊
被害者数
不明 不明
フリゲート「ヘーチマン・サハイダーチヌイ」が自沈[12]
ウクライナ人132人以上が死亡[6]、250人が負傷[13](3月16日時点)
民間人約80人が死亡、約450人が負傷(3月31日時点)
市民25万人が避難[14]

ムィコラーイウの戦い(ムィコラーイウのたたかい)は、2022年のロシアによるウクライナ侵攻におけるウクライナ南部攻勢の一環として、2022年2月26日夜に始まりの2022年3月24日に終了した、ウクライナ軍が勝利した軍事交戦である。

ムィコラーイウは黒海に面した戦略上重要な造船都市であり、3月4日に「ロシア軍にとってオデッサへの次の重要な足がかりになると見られていた」[15]。同市には南ブーフ川にかかる唯一の永久橋がある[16]

戦闘[編集]

ロシア軍の攻撃によりミコライウで起きた火災を消火するウクライナの消防士
ムィコラーイウの破壊された住宅

2022年2月26日午後、12台のロシア戦車がドニエプル川のカホフカを突破し、ムィコラーイウに向かい始めた[17]ムィコラーイウ州知事のヴィタリー・キムは、市は包囲に5時間で備えると表明し、市民にバリケードの準備と市の防衛に志願するよう促した[18][19]。大砲やその他の武器も準備されていた[20]

18時52分頃までに戦車が市の郊外に入り、市長は市民に自宅待機と窓からできるだけ離れるように指示した[21]。その直後に軍隊が街に入り、約10分後に南ブーフ川での戦いが勃発した[22]。一部報告によると、戦車は「市街地を通過した」という[23]。ロシア軍もムィコラーイウ動物園を占拠した[24]

約3時間の戦闘の後、ロシア軍はウクライナ軍に撃退された一方で、一部のロシア戦車は都市を迂回したとされており、戦闘は続いた[25]コラベルヌイ地区ウクライナ語版、第6スロビツカ・ストリートおよびセントラル・アベニューで大規模な戦闘が記録された[26]

2月27日の早朝までに、ウクライナ当局はロシア軍が都市から完全に追い出されたと主張し、キムはテレグラムに「ムィコラーイウは我々のものだ!ウクライナに栄光あれ!」 ( Миколаївнаш! СлаваУкраїні[!] )と投稿した[27]。一部のロシア兵は捕らえられ、街は甚大な被害を受けた[28][29][30]

2月28日、ロシア軍はヘルソンからムィコラーイウに向かって前進、市の郊外に到着し、現地時間の午前11時に攻撃を開始した[31][32]

3月1日、ウクライナ当局によると、ムィコラーイウのすぐ北にあるバシュタンカ市近くのロシア軍の隊列がウクライナ軍に撃破された[33][34]

3月2日、ムィコラーイウの北約80キロメートルにあるヴォズネセンスク市で、ウクライナの正規軍、領土防衛隊の隊員、地元の志願兵が別のロシア軍の隊列を撃破した[35]

ウクライナ海軍は、3月3日以前にムィコラーイウ港で、ウクライナ海軍の旗艦で同軍唯一のフリゲートヘーチマン・サハイダクニー自沈させた。その日、港でフリゲートの一部が沈んでいる写真が公開された[36]

3月4日、ウクライナ国防相は、ヘーチマン・サハイダクニーがロシア軍による鹵獲を防ぐために自沈したことを認めた[37][38]。キムは後に、ロシア軍は都市から追い出されたが反撃しているとし、ウクライナ軍がクルバキノ空軍基地を奪還したと発表した[39]。オレクサンドル・センケヴィチ市長は、ロシア軍が北、東、南から街を攻撃していると述べた。ウクライナ軍はロシア軍がオデッサ港に到達するための最も簡単なルートである南ブーフ川に架かる一本の旋回橋を押さえていた[40]。ロシア軍は後に市の境界を越えて撤退することを余儀なくされた[41]

3月7日の午前5時15分、ロシア軍が第79独立空中強襲旅団の兵舎を空爆し、ウクライナ兵10人が死亡、数十人が負傷した[42][6]。キムは後に、ウクライナ軍がムィコラーイウ国際空港を奪還し、民間人が市外へ退避することができるようになったと述べた[43]。午前5時0分にロシア軍による都市砲撃が始まり、カリブ巡航ミサイルが軍の兵舎を直撃し、兵士8人が死亡、19人が負傷し、さらに8人が行方不明になった。市の東側で激しい衝突が起こり、空港では戦車戦が勃発した。砲撃は夕方頃に止まり、ウクライナ軍はロシアの攻撃を撃退したと宣言した[41]

キムは3月11日、ウクライナ軍がロシア軍を15~20キロメートル東に押し戻したとし、そして降伏交渉を行っていた一部部隊も包囲したと主張した。彼は、同市を攻撃したロシア軍は比較的弱かったと述べたが、より強力な部隊であれば容易に同市を占領できると警告した。地元の病院の主治医であるアレクサンダー・ディミャノフは、戦闘で250人のウクライナ兵と民間人が負傷し、そのうち12人が死亡したと述べた[13]。ムィコラーイウの法医学研究所のオルガ・ディエルギナ所長は、戦闘中に彼らの遺体安置所が80人の兵士と30人の民間人を含む120人の遺体を受け取ったとAFP通信社に語った。死者の中にはロシアの兵士も含まれていた[44]

3月12日、がん病院と眼科クリニックが爆撃された。3月13日、キムはガスタービン工場がロシア軍に爆撃されたと述べた。その後、この攻撃で9人が死亡したと明らかにした[45]。ロシア軍は依然として20キロメートル離れた村々を支配しており、南ブーフ川だけが街の包囲を防いでいた。Senkevich市長は民間人はオデッサに通じる道路を通って避難しており、約25万人が避難したとガーディアンに語った[14]

防衛部隊は、ほぼ全ての街角に積み上げた古タイヤを火炎瓶で燃やすことにより濃い黒煙を発生させ、それにより敵の進行を遅らせようとしていた[46][47]。一方、ムィコラーイウ州知事のヴィタリー・キムは、防衛部隊を組織し、SNSに自身が投稿した動画を通じて人々を奮起させた。空港を防衛するウクライナ軍を指揮するRuslan Khoda軍曹は、ロシア軍が防衛の脆弱性を試すために調査攻撃をしかけているようであり、監視ドローンが先行していることが多かったと述べた。同市の防衛を指揮するドミトリー・マルチェンコ少将は、ウクライナ軍は砲撃を繰り返すことでロシア軍の士気を下げようとしていると述べた[6]

3月16日のニューヨーク・タイムズの報告によると、同市の遺体安置所には132人の遺体が収容されているという[6]

3月18日、ムィコラーイウの北郊外にあるウクライナ軍第36独立海軍歩兵旅団(本部ムィコラーイウ)の兵舎(地元兵士の訓練に使用されていた)にヘルソン近郊から発射されたロシア軍のクラブミサイルが2発直撃した[7]。当時は夜間で兵士は寝台で就寝中であったが、発射地点がヘルソン近郊と兵舎から近すぎたため警報を鳴らす時間がなかった[48]。当初、ウクライナ軍兵士45人が死亡したと報告され、死者数はさらに増えるとみられている[49][50]。ベルギー紙HLNは、市内の死体安置所とウクライナ陸軍は少なくとも80人のウクライナ兵が死亡し、彼らの遺体は回収されたと述べたと報じた[51]

3月29日、ウォロディミル・ゼレンスキーと地元当局者はロシアのミサイル攻撃がムィコラーイウの地方行政本部に直撃したと語った(ムィコラーイウ州庁舎への爆撃)。この攻撃で少なくとも35人が死亡[52]、33人が負傷した[53][54]

4月[編集]

4月8日、ヴィタリー・キムは、ムィコラーイウ地域に残っているロシア軍は「事実上存在しない」と主張したが[55]、4月16日時点でロシア軍は都市への砲撃を続けていた[56]

4月中旬、ドニプロからの新鮮な水を運ぶパイプラインが損傷を受けた結果、市内の主な給水がストップし、ムィコラーイウの住民は川や小川の水や、近隣の町や市からの寄付に頼らざるを得なくなった。ヴィタリー・キムは井戸や水浄化装置、淡水化プラントを利用して数日中に給水量を50%まで復活させることを約束した。砲撃と巡航ミサイル攻撃が続いたが、都市は依然としてウクライナが支配している[57]

5月[編集]

5月5日、ロシア国防省はロシア軍のミサイルがムィコラーイウの大規模な弾薬庫を破壊したと主張した[58]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Khurshudyan, Isabelle (2022年4月9日). “Mykolaiv region on edge amid fear of a new Russian offensive”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/world/2022/04/09/mykolaiv-nervous-russia-military-moves-south/ 2022年5月31日閲覧。 
  2. ^ Practically no invaders left in Mykolayiv region – head of administration” (英語). Ukrinform (2022年4月8日). 2022年4月8日閲覧。
  3. ^ Russian forces again shell Mykolaiv using Smerch MLRS”. Ukrinform (2022年4月26日). 2022年5月31日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Schwirtz, Michael (2022年3月6日). “Proud Band of Ukrainian Troops Holds Russian Assault at Bay — for Now”. The New York Times. 2022年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月9日閲覧。
  5. ^ a b “As result of morning shelling of Mykolaiv, eight servicemen killed, eight missing – local authorities”. interfax-Ukraine. (2022年3月7日). オリジナルの2022年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220309031140/https://interfax.com.ua/news/general/809109.html 2022年3月9日閲覧。 
  6. ^ a b c d e Michael Schwirtz (2022年3月16日). “'I'm Not Scared of Anything': Death and Defiance in a Besieged Ukrainian City”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2022/03/15/world/europe/ukraine-mykolaiv-russia-war.html 2022年3月16日閲覧。 
  7. ^ a b c Russian Rocket Attack Turns Ukrainian Marine Base to Rubble, Killing Dozens” (英語). MSN. 2022年3月20日閲覧。
  8. ^ 侵略22日目 – まとめ ミリタリー・ランド
  9. ^ Пам’ять про братів Котенків із Вінниччини, які загинули в боях проти рашистів, увіковічнили в назві вулиці та провулку ヴィーンヌィツャ市議会
  10. ^ 不屈の精神を示すドネツクの海兵隊員 ArmyInform
  11. ^ Кодимщина попрощалася з героїчним земляком. Він захищав Україну! コディマ市議会
  12. ^ The Ukrainian Navy's Flagship Appears To Have Been Scuttled”. The Drive (2022年3月3日). 2022年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月4日閲覧。
  13. ^ a b Andrew Harding (2022年3月12日). “Battle for Mykolaiv: 'We are winning this fight, but not this war'”. BBC. オリジナルの2022年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220314042754/https://www.bbc.com/news/world-europe-60711659 2022年3月12日閲覧。 
  14. ^ a b Nataliya Gumenyuk (2022年3月14日). “In Mykolaiv, a city awaiting a siege, it's clear that all Ukrainians are now people of war”. The Guardian. 2022年3月16日閲覧。
  15. ^ Walker, Shaun. “Russian forces push to take key port of Odesa as fighting near Kyiv rages”. The Guardian. オリジナルの2022年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220306044630/https://www.theguardian.com/world/2022/mar/04/russia-ukraine-mykolaiv-odesa-push-kyiv-fighting 2022年3月4日閲覧。 
  16. ^ Russian Offensive Campaign Assessment, March 4” (英語). Institute for the Study of War (2022年3月4日). 2022年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月5日閲覧。
  17. ^ Миколаїв готується до кругової оборони: до міста прориваються 12 танків” (ウクライナ語). 24tv. 24-Канал (2022年2月26日). 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  18. ^ Mazurenko (2022年2月26日). “Миколаїв готується до кругової оборони: пруть ворожі танки” (ウクライナ語). 24tv. 24-Канал. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  19. ^ Russian invasion update: Mykolaiv preparing for all-round defense, tanks break through from Kakhovka”. Ukrinform. Ukrinform (2022年2月26日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  20. ^ Kornilov (2022年2月26日). “Миколаїв готується до кругової оборони” (ウクライナ語). Telegraf. Telegraf. 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  21. ^ Миколаїв готується до оборони: розвели міст через річку, а людей просять не виходити” (ウクライナ語). TSN. Televiziyna Sluzhba Novyn (2022年2月26日). 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  22. ^ Kniazhik (2022年2月26日). “Бои за Николаев: в городе слышны выстрелы, объявлен сбор медиков” (ウクライナ語). 24tv. 24-Канал. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  23. ^ Poliakovska (2022年2月26日). “Танки пройшли через Миколаїв зі стріляниною – ОДА” (ウクライナ語). Unian. Ukrainian Independent Information Agency. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  24. ^ У передмісті Миколаєва йде танковий бій” (ウクライナ語). Niknews (2022年2月26日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  25. ^ Kushnerik (2022年2月26日). “У Миколаєві тероборона дала бій російським танкам” (ウクライナ語). Glavkom. ГЛАВКОМ. 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  26. ^ В Николаев заходили российские танки: что известно” (ウクライナ語). VN. Vechernyy Nikolaevウクライナ語版 (2022年2月26日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  27. ^ Миколаїв залишається під контролем України” (ウクライナ語). TSN. Televiziyna Sluzhba Novyn (2022年2月26日). 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  28. ^ @GoncharenkoUa. "Mykolaiv's center after the night battle. Welcome to hell" (ツイート). Twitterより2022年2月26日閲覧
  29. ^ Инсайдер Украина Новости Война” (ウクライナ語). Telegram (via Twitter link). Insider Ukraine (2022年2月27日). 2022年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月26日閲覧。
  30. ^ @MilitaryLandnet. "After fierce fighting, Ukrainian troops repulses the enemy attack on #Mykolaiv" (ツイート). Twitterより2022年2月26日閲覧
  31. ^ Several killed as Russian rockets pound Ukraine’s Kharkiv”. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  32. ^ RUSSIAN OFFENSIVE CAMPAIGN ASSESSMENT, FEBRUARY 28, 2022”. Institute for the Study of War (2022年2月28日). 2022年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月3日閲覧。
  33. ^ Mazurenko, Alona (2022年3月2日). “У Миколаєві висадився ворожий десант. Людей просять покинути вулиці” (ウクライナ語). Українська Правда (Ukrayinska Pravda). オリジナルの2022年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220306141155/https://www.pravda.com.ua/news/2022/03/2/7327383/ 2022年3月2日閲覧。 
  34. ^ Міський голова Миколаєва розповів про ситуацію в місті” (ウクライナ語). TSN. Televiziyna Sluzhba Novyn (2022年3月2日). 2022年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月2日閲覧。
  35. ^ Trofimov, Yaroslav (2022年3月16日). “A Ukrainian Town Deals Russia One of the War’s Most Decisive Routs” (English). VOZNESENSK, Ukraine: Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/ukraine-russia-voznesensk-town-battle-11647444734 2022年3月16日閲覧。 
  36. ^ Evans, Michael. “Ukraine scuttles its flagship frigate as the Russians close in” (英語). The Times. ISSN 0140-0460. オリジナルの2022年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220305160513/https://www.thetimes.co.uk/article/ukraine-scuttles-its-flagship-frigate-as-the-russians-close-in-wtd07bbqp 2022年3月4日閲覧。 
  37. ^ “Hetman Sahaidachny frigate, being under repair, flooded not to get to enemy – Reznikov”. Interfax Ukraine. オリジナルの2022年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220306141720/https://en.interfax.com.ua/news/general/806837.html 2022年3月4日閲覧。 
  38. ^ Evans, Michael (2022年3月4日). “Ukraine scuttles its flagship frigate as Russians close in”. The Times. The Times. ISSN 0140-0460. オリジナルの2022年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220305160513/https://www.thetimes.co.uk/article/ukraine-scuttles-its-flagship-frigate-as-the-russians-close-in-wtd07bbqp 2022年3月4日閲覧。 
  39. ^ “Ukrainian defenders repelled attack on Mykolaiv city, fighting continues on outskirts”. Ukrinform. (2022年3月4日). オリジナルの2022年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220304220004/https://www.ukrinform.net/rubric-ato/3420336-ukrainian-defenders-repelled-attack-on-mykolaiv-city-fighting-continues-on-outskirts.html 2022年3月4日閲覧。 
  40. ^ Schwirtz, Michael (2022年3月4日). “In a surrounded Ukrainian city, residents vow to fight to the end.” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2022年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220306014254/https://www.nytimes.com/live/2022/03/04/world/russia-ukraine 2022年3月4日閲覧。 
  41. ^ a b Michael Schwirtz (2022年3月7日). “Ukrainian forces have repelled another Russian assault on Mykolaiv, officials say.”. The New York Times. 2022年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月7日閲覧。
  42. ^ Stefanie Glinski (2022年3月14日). “Russia’s Road to Odesa Runs Through Mykolaiv”. Foreign Policy. 2022年3月16日閲覧。
  43. ^ “Ukrainian forces have retaken Mykolayiv regional airport, says governor”. Reuters. (2022年3月7日). オリジナルの2022年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220310014744/https://www.reuters.com/world/ukrainian-forces-have-retaken-mykolayiv-regional-airport-says-governor-2022-03-07/ 2022年3月7日閲覧。 
  44. ^ “In a Mykolaiv morgue, corpses pile up in the snow”. Agence France-Presse (Deccan Herald). (2022年3月11日). https://www.deccanherald.com/international/in-a-mykolaiv-morgue-corpses-pile-up-in-the-snow-1090423.html 2022年3月16日閲覧。 
  45. ^ “Nine Killed by Bombing in Southern City of Mykolaiv: Regional Governor”. Agence France-Presse (The Moscow Times). (2022年3月13日). オリジナルの2022年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220314154422/https://tag.leadplace.fr/wckr.php?ref=https%3A%2F%2Fwww.themoscowtimes.com%2F2022%2F03%2F13%2Frussia-strikes-military-base-outside-ukraines-lviv-a76895&id=MTIZ 2022年3月13日閲覧。 
  46. ^ Nick Martin (2022年3月15日). “Ukraine war: Buses hurtle along Mykolaiv's deserted streets on the only safe route out of the city”. Sky News. 2022年3月16日閲覧。
  47. ^ Carole Landry (2022年3月15日). “Scenes from the Resistance”. The New York Times. 2022年3月16日閲覧。
  48. ^ “Ukraine conflict: Scores feared dead after Russia attack on Mykolaiv barracks” (英語). BBC News. (2022年3月19日). https://www.bbc.com/news/world-europe-60807636 2022年3月19日閲覧。 
  49. ^ Russians hit army barracks in Mykolaiv in southern Ukraine, leaving dozens dead: reports”. Fox News (2022年3月19日). 2022年3月20日閲覧。
  50. ^ Ukraine war latest: Gun battles as Russian troops reach Mariupol city centre, says mayor” (英語). BBC News. 2022年3月18日閲覧。
  51. ^ Onze oorlogsjournalist Robin Ramaekers na bombardement in Mykolaiv: “Een van de zwaarste klappen voor het Oekraïense leger tot nu toe””. HLN Nieuws (2022年3月18日). 2022年3月20日閲覧。
  52. ^ Death toll rises to 35 from strike on government building in Ukraine's Mykolaiv, governor says”. Reuters (2022年4月2日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  53. ^ 12 people killed in Russian airstrike on government building in Mykolaiv” (英語). www.ukrinform.net. 2022年3月29日閲覧。
  54. ^ Thomas N. (2022年3月29日). “Twelve killed in Ukraine's Mykolaiv as rocket blasts hole in regional HQ”. Reuters. 2022年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  55. ^ Practically no invaders left in Mykolayiv region – head of administration” (英語). www.ukrinform.net. 2022年4月8日閲覧。
  56. ^ Ukraine says five killed in shelling in city of Mykolaiv”. reuters.com (2022年4月16日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  57. ^ People in Mykolaiv forced to use water from the river because of damaged pipeline”. CNN (2022年4月17日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  58. ^ Reuters (2022年5月5日). “Russia killed over 600 Ukrainian fighters in artillery strikes - defence ministry” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/world/europe/russia-killed-over-600-ukrainian-fighters-artillery-strikes-defence-ministry-2022-05-05/ 2022年6月10日閲覧。