アレクサンドル・ボルトニコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクサンドル・ボルトニコフ
Александр Васильевич Бортников
Александр Бортников.jpg
アレクサンドル・ボルトニコフ(2010年4月1日撮影)
生年月日 (1951-11-15) 1951年11月15日(66歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ロシア共和国ペルミ
出身校 レニングラード鉄道運輸技術大学、KGB高級学校
前職 KGB職員、ロシア連邦保安庁副長官兼保安局長
所属政党 統一ロシア
称号 上級大将

在任期間 2008年5月12日 -
テンプレートを表示
メドヴェージェフ大統領(左)と面会するボルトニコフ

アレクサンドル・ヴァシリエヴィチ・ボルトニコフロシア語: Александр Васильевич Бортников、ラテン文字表記の例:Aleksandr Vasileevich Bortnikov1951年11月15日 - )は、ロシア政治家ソ連国家保安委員会(KGB)出身のシロヴィキ2008年5月12日からロシア連邦保安庁(FSB)長官。上級大将

経歴[編集]

1973年レニングラード鉄道運輸技術大学を卒業する。1975年モスクワのソ連国家保安委員会(KGB)高級学校を卒業し、同年KGBレニングラード(現在のサンクトペテルブルク)支部で勤務し、報道部門を担当する。[1] サンクトペテルブルク市およびレニングラード州のFSB次長を経て、2003年6月から同本部長。2004年2月24日から2008年5月12日までFSB副長官兼経済保安局長。2008年5月12日、ドミートリー・メドヴェージェフ大統領によってFSB長官に任命された。安全保障政策におけるメドヴェージェフの片腕と観測されている。[2] ボルトニコフは、また、船会社ソヴコムフロット社の取締役でもある。

脚注[編集]

  1. ^ Взят под опеку «Коммерсантъ (издательский дом)|Коммерсантъ Власть» № 19 (772) от 19 мая 2008 г.
  2. ^ FSB Shuffle Seen Helping Medvedev The Moscow Times May 13 2008.

外部リンク[編集]

先代:
セルゲイ・スミルノフ
サンクトペテルブルク市およびレニングラード州FSB本部長
2003年 - 2004年
次代:
ユーリー・イグナシチェンコフ
先代:
ユーリー・ザオストロフツェフ
FSB経済保安局長
2004年 - 2008年
次代:
ユーリー・ヤコヴレフ
先代:
ニコライ・パトルシェフ
ロシア連邦保安庁長官
2008年 -
次代:
(現職)