2014年クリミア危機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2014年クリミア危機(2014ねんクリミアきき、ロシア語: Крымский кризисウクライナ語: Кримська криза英語: 2014 Crimean crisis)とは、クリミア半島の帰属を巡ってロシアウクライナの間に生じた政治危機である。この政治危機は、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権を崩壊させた2014年ウクライナ騒乱の後に生じたものでクリミア共和国とセヴァストポリ特別市の一方的な独立宣言(クリミア共和国の成立)、それらのロシアへの編入の宣言に至った。

2014年クリミア危機
2014年ウクライナ騒乱の後内で発生
Location UK-Crimea-RU.PNG
クリミア(濃緑)とウクライナ(薄緑)、ロシア(薄赤)
  ウクライナの他の国土
日時 2014年2月23日‐進行中
(3年9ヶ月2週6日間)
場所 クリミア半島ウクライナ
原因

ユーロマイダン運動の反対

手段
  • 抗議
  • クリミアで徽章のないロシア軍が作戦を実施[5]
  • ロシア軍の集中。
  • ウクライナでの総動員。
現況

進行中

参加集団
指導者
人数

抗議の市民

義勇軍[31]

  • 5,000 (セヴァストポリ)
  • 1,700 (シンフェロポリ)

ウクライナ軍の離反者

  • 6,000 (クリミア政府による)[20]

ロシア歩兵[要出典]

  • 6,000–28,000

反乱軍[要出典]

  • 300

抗議の市民

  • 4,000–10,000 (シンフェロポリ)[17][30]

ウクライナ軍

  • およそ5,000人[32]
志願兵および予備役兵
死傷者数
およそ100から200のウクライナ海兵隊がロシア軍によってその意志に反して拘留された[要出典][誰によって?]ウクライナ艦隊同様に。
複数の重傷者[30]
2–3人の民間人の死者[33][34][35]

背景[編集]

ロシア帝国とソ連のクリミア支配まで[編集]

1783年クリミア・ハン国ロシア帝国によって征服され、クリミア半島ロシア人ウクライナ人等のスラブ人が入植し始め、旧クリミア・ハン国の多数派だったクリミア・タタール人人口が徐々に減少した。この時代のクリミアはスラブ系民族やタタール人のほかにもギリシャ人アルメニア人ユダヤ人ドイツ人などが暮らすロシア帝国内の多民族地域であり、20世紀まではロシア人は多数派にならなかった[36]。 クリミアはロシア帝国の時代にロシア・ロマン主義英語版en:Romanticism#Russia)の中心となり、ソビエト時代も保養地として人々を惹きつけた[37]

クリミアは1921年にクリミア自治ソビエト社会主義共和国となり、第二次世界大戦中にヨシフ・スターリンによるクリミア・タタール人の強制移住が行われ、同共和国が廃止される1945年までロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の中で自治権を有した[38]

1954年、ニキータ・フルシチョフの指導下のソ連の主導でクリミア州のロシアからウクライナへの帰属替えが行われた(クリミア州のロシアからウクライナへの移管ロシア語版英語版)。当時はこれは取るに足らない「象徴的ジェスチャー」であった。なぜなら両国ともソ連を構成する共和国だったからである[39][40]

ソ連が存在した最後の年である1991年の住民投票英語版によって、1945年以前の自治が復活した[41]

ソ連崩壊からウクライナ独立以降[編集]

2008年、モスクワユーリ・ルシコフ市長が黒海艦隊建設225年の式典で「クリミアの帰属変更は違憲」「セヴァストポリには軍事都市として独自の地位があった」と主張。これにたいしウクライナ政府は「1997年のセヴァストポリ基地貸与契約のよって帰属は明らか」と反論しルシコフのウクライナ入国を禁止するとともに、基地貸与契約を2017年で打ち切ることを検討し始めた。ウクライナはグルジアとともに2008年のNATO首脳会議で「将来の加盟」を約束されたが、ロシア下院はウクライナがNATO加盟への道筋をつけた場合は同国との友好条約をすべて破棄すると圧力をかけていた[42]

キエフの革命[編集]

反応[編集]

ウクライナ[編集]

過去3人のウクライナ大統領が、クリミア問題への干渉でロシアを非難してきた[43]。抗議運動の始まりに際し、政変の最終的な受益者であるオレクサンドル・トゥルチノフウクライナの一部に、分離の「深刻なリスク」があると警告した[29][30]。2月27日、ウクライナ中央選挙委員会はそのような者に対して「法的な根拠の必要性が欠如しているので地域の住民投票は不可能だ」と主張した[44]。2月27日、ウクライナ最高議会議長オレクサンドル・トゥルチノフは「言語について」の新しい法律を発展させるよう指示した[45]。新しいウクライナ首相アルセニー・ヤツェニュクは2月27日のマイデンでの演説で「ウクライナはあらゆる法的、憲法上の方策を国家の領土の完全な状態を保全するために使うであろう。クリミアは過去も現在も将来もウクライナの一部である!」と述べた[46]。2月27日、ウクライナのMFAはMIDの声明の返答として、危機の覚書の合意の伴う不服従の責任はヤヌコヴィチ大統領にあると言明した[47]。「ウクライナでは、危機の覚書の合意の重要性は2月21日に法的な大統領と反対派の指導者によって示され、ドイツフランスポーランドの要人によって証明され確約された[47]。「これに関して、交渉にも参加したロシア代表がこの合意を試すことを拒否したことを失望と表現致します[47]。終わりに、その要素が合意の実現のために合法的に選ばれたウクライナの大統領を拒否する理由の一つとなる事こそ、ウクライナ国内の安定化を目指すものになるかも知れません。」と文書にはある[47]。2月28日、ウクライナ最高議会はクリミアでの出来事の決議を採択した[48]。すなわち「ウクライナ最高議会は、ロシアのウクライナの国家主権及び領土の一体性を侵害の兆候を有する段階的手続きの停止を要求する。これにはウクライナの如何なる場所の分離の支援の拒絶も含む」 [48][49]。ウクライナ最高議会議長オレクサンドル・トゥルチノフユーリイ・イルインウクライナ軍参謀総長から解任した。2014年のウクライナ騒乱の間に、イルインはキエフの抗議運動に反対する軍事作戦の準備をしたと報じられている。イルインはセバストポーリの市長と面会する約束をした後心臓麻痺で倒れた[50]。クリミアの出来事のせいで、ウクライナ外務省はロシアとの二国間協議に入り、もしロシア側から返答が無い場合はブダペスト覚書の枠組みの中での多国間協議の準備がある事を指摘した[51]ウクライナの検察当局はロシアに滞在しているヴィクトル・ヤヌコーヴィチの身柄引き渡しの事案を問題化するつもりであった[52]。 2月28日、外国のオブザーバーははロシアはヤヌコーヴィチの関係当局への身柄引き渡しをウクライナがクリミアに干渉しない事と引き換えにできなないかと呼びかけた。 [要出典] 2月28日、ウクライナ検察のオレフ・マフニツィキーは公式にロシアにヤヌコーヴィチの身柄引き渡しを求めた[53]。 2月28日、右派セクターの指導者、ドミトロー・ヤロシは、クリミアに派遣されるべき武装部隊を設置する報告を非難した。右派セクターはこの難しい状況の活路はもっぱら政治的分野において見出されるものであり、軍事的手法の使用の無いものである。右派セクターは、ウクライナの一体性の保全すべき時にはウクライナのどの政党と非政府組織も争いを忘れ、連合すべきである事を希望している。「私たちはこの紛争を平和裏に解決するために政治家を助けるべきである」[54]。3月1日、ヤロシがドク・ウマロフに求めた、最初の報告は、ウクライナのためにチェチェンの戦闘員がアルカーイダと協力した事を伝えた[55]。しかし、それは後に彼のハッキングされたアカウントからの偽情報だと発表された[56]。3月1日、ウクライナの暫定大統領は、セルゲイ・アクショーノフのクリミア最高会議議長任命はウクライナ共和国憲法とクリミア自治共和国のそれに違法であると指摘した、大統領令に署名した[57]。現職大統領と、2人の大統領経験者レオニード・クラフチュクレオニード・クチマヴィクトル・ユシチェンコは、ウクライナはハルキウ合意を放棄するように呼びかけた[58]。レオニード・クチマのプレスセンターは後にそのような声明を彼に代わり非難した[59]。3月1日、暫定大統領はウクライナ陸軍に総動員令をかけた[60]。3月1日、ルハンスク州の会議は、「ベルクトゥ戦士の迫害を止め」、マイデンの自警団を武装解除させて、全ウクライナ連合「自由」及びUNA-UNSOのような多数の極右団体の迫害を禁止して、ロシア語を第2公用語の地位に昇格させる議決を行った。 この件では当局が要求に応じる事に失敗し、州会議は自ら「ロシアの同胞からの助けを求める権利」を保持した[61] ウクライナ中央検察庁はヴィクトル・ヤヌコーヴィチに対して、他の告訴に加えてウクライナ共和国憲法の秩序を打倒しようとした要求を理由に、新しい告訴を提起した[62]。 3月4日、キエフの地区行政はクリミア会議の議員に信頼ある議決は無いと考え、同会議の決定をアクショノフの会議議長任命と同様に取り消した。そして組織の設立とクリミアの地位と自治権の拡大と住民投票の実行を違法と宣言した[63]

クリミア[編集]

2001年国勢調査による、ウクライナにおけるロシア語母語話者の割合。

クリム港での作戦は2月27日には宙ぶらりんであった[64]。クリミアのウクライナ人キエフに、治安の回復と分離主義者の態度に関してロシアに影響を与えるクリミア人およびヨーロッパ人の保護を要請した[65]。新しい閣僚会議の議長は、ヤヌコヴィチ大統領の支援と共にロシアの経済的援助を求めた[66]。電話会談において、ヴォロディーミル・コンスタンティノフはネストル・シュフリチ (MP)にクリミアは権利の維持ではなく拡大を求めると説明した[67]。前ウクライナ軍参謀総長のen:Yuriy Ilyinはセヴァストーポリのウクライナ海軍病院に発熱で入院したと報じられた[68]。 クリミア政府の要人はヤヌコヴィチをウクライナの合法的な大統領とを認める宣言をし、クリミア議会の使節コンスタンティン・バカレフは「今日、ヤヌコーヴィチは合法的な大統領である」と言った。だが、彼は自分の発言にも懸念を示し、「社会の前で、彼が一度は率いた政党の前で、そしてクリミアの前で私達は彼の道徳的責任に疑問がある。」と述べた[69]

ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ[編集]

2月27日の夜遅く、ヴィタリー・ザハルチェンコと共に大量殺人の容疑で指名手配されたままのウクライナ大統領ヴィクトル・ヤヌコーヴィチは[70] ロストフ・ナ・ドヌにジェット戦闘機の警護付きで到着した[71]。2月28日、彼は記者会見を開いた [71]。 この記者会見でヤヌコーヴィチは「クリミアは広範な自治権を保持してウクライナ国家の一部でなければならない。ウクライナの不安はキエフで起きた盗人の政変が引き起こした絶対的に中立の反応である。クリミアの人々はウクライナの民族主義者と盗人共には従わないだろう。」と述べた[72][72] 彼は軍事行動は「容認できない」と指摘し、更に彼はロシアに軍事介入を要求しなかった[73][74]。 3月4日、ロシアのヴィタリー・チュルキン国連終身代表は3月1日にヤヌコーヴィチが署名した証拠文書の写しを示した。そこには彼はロシアの軍事介入を要求する旨が記されていた[75]

ロシアの主張への反論[編集]

ウクライナは、様々な場面により、ロシアによるクリミア編入を正当化する論理に反論している。在日ウクライナ大使館が2014年8月から9月にかけて日本語FacebookTwitterの公式アカウントでウクライナの立場を主に以下のように表明している[76][77][78][79][80][81]

  • ロシア国史全体において(モスクワに関するはじめての記述は1147年)クリミア半島がロシア領だったのは171年間だけ(1783年 - 1954年)。
  • クリミア半島は、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国(ソ連時代)には33年間(1921年から1954年)しか入っていない。ウクライナ・ソビエト連邦社会主義共和国への編入が行われてから、2014年時点で既に60年間、クリミア半島はウクライナ領土。
  • 1954年のクリミア編入手続きは合法的に行われた(1954年6月2日のロシア・ソビエト連邦社会主義共和国議会で、ロシア共和国憲法とソ連憲法の間に齟齬のないことを満場一致で確認し、共和国構成主体について書かれたロシア共和国憲法第14条の変更に賛成、クリミア州の法的な離脱を確定)。
  • 国際連合欧州安全保障協力機構が行った様々な調査により、逆にロシア人の人権やロシア語話者の権利は守られていることが明らかになっている。
  • ウクライナの東・南部で実施された世論調査(2014年4月)によると、72%の市民が、ロシア語話者の権利が奪われているとの意見に賛成しないと回答している。
  • ロシア連邦大統領は、クリミア併合を決めたのは、「ウクライナの合法的なヤヌコーヴィチ大統領が追い出された(2014年2月22日)あと」とか「クリミアの住民がキエフのバンデラ政府に脅されたあと」、クリミアの住民への世論調査の結果を見て決めたと言っているが、アナリスト達は、クリミアの武力による占領の準備が数年前には始められていて、2013年秋から冬にかけての時期が、その準備の最終段階だったと説明している。証拠1:2013年12月28日、ロシア大統領が署名して、公の場でロシア領土の一体性を侵害するような言動の刑事責任を問えるようにする法律が作られたこと。証拠2:クリミア併合に直接関わった人物に授与されたロシア国防省のメダルに「2014年2月20日〜3月18日クリミア回帰」と書かれており、ヤヌコーヴィチ大統領が国外逃亡する以前の日付にクリミア編入計画が始まったことが示唆されていること。
  • ウクライナのクリミア自治共和国を含め一部の地域だけで住民投票を実施するのは、ウクライナ法に違反。ウクライナの「国民投票法」によると、一部の地域だけで行う住民投票は規定されていない。クリミアや他の地域が住民の意志でウクライナから離脱することが法的に認められても、その住民投票を行う場合、国際法の観点から、以下3つのルールを守る必要あり。1:非軍事化(軍事力は、実施地域から排除されねばならない)。2:民主化(自由で民主的に意思表示を行うための条件が整えられなければならない)。3:非過激化(過激な武装勢力の活動は禁止されねばならない)。プロセスは全て国連の管理の下で行われなければならず、外国軍が占領している状態で実施された住民投票に、法的効力はない。クリミア自治共和国では、どの条件も満たされていなかった。クリミアでは、閣僚会議が違法に解散され、自称「政府」や「議会」が「住民投票」を決定・準備・実施し、その間、ロシア軍がずっと監視をしていた。ロシアは、ずっと「軍はいない」と主張していたが、「住民投票」が終わってから、プーチン大統領はロシア軍が活動していたことを自白。
  • 「住民投票」の結果は、投票率がクリミア自治共和国で81.4%、セヴァストーポリで89.5%、そしてロシアへの編入賛成は96.77%と95.6%だったと発表されたが、この数値は、ロシア連邦大統領直轄の市民社会・人権発展会議のサイトに短期間公開された情報で否定された。そのサイトで発表された情報では、「住民投票」に参加したのは、30%以下で、その中の50%程度の人が編入に賛成。「住民投票」をボイコットしたクリミア・タタール人の代表機関メジュリスの調査では、投票したクリミア住民は30-40%ぐらいだった。International Republican Institute (IRI)が2011年11月と2013年5月に行った世論調査では、クリミアのロシア併合を望むのは23-33%、ウクライナに残ることに賛成するのは49-53%だった。

また、ウクライナの主権と領土保全を誓約した1991年のCIS創設に関する協定や1997年のロシア・ウクライナ友好協力条約などロシアが締結してきた諸協定に反していることも指摘された[82]

ロシア[編集]

ロシア下院のCIS問題担当委員会はレオニード・スルツキーを団長に、クリミア自治共和国の首都シンフェロポリを2月25日に訪問し、「もしクリミア自治共和国議会あるいは住民がロシアと一緒になるのを希望しているならば、ロシアはこのような要請を考える用意はある。私達は状況を調べて早急に手を打つ所だ」と述べた[83]。彼らはまたロシアが参加するクリミア地域の住民自治投票に、その結果は「性急である」と考えていると言明した [84][85]。のちにスルツキーはクリミアの報道陣によって、クリミアで住民のロシアとの連帯を獲得しようとしている過程を単純化した事に関して何の決断も無いと誤解された[86]。そして、「もしロシアの同胞が危険に曝されているなら、あなたは私達がそこを離れようとしない事を理解するでしょう」と加えた[87]。2月25日のクリミアの政治家らの会議で、彼はヤヌコーヴィチは今尚ウクライナの合法的な大統領であると声明を出した [88]。 同日、ロシア下院は、「ロシア世界から離脱したくないウクライナのロシア人」がロシア人の連帯を獲得するための方策を決定したと発表した[89]。2月26日、ロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチンロシア陸軍に「領空防衛、空挺団と長期輜重部隊に関与している中央軍管区のある第二陸軍司令同様に西部軍管区に警戒態勢に入るよう」命令を出した。報道の思惑にも関わらず、ウクライナでのこれに対する反応に対しロシアの国防大臣セルゲイ・ショイグはウクライナの不穏な状況から離れた考えを述べた[90]

2月27日、ロシアの外務大臣は、黒海艦隊の認識における基本的な合意によりロシア側の暴力についての嫌疑を退けた。「装甲車両の全ての活動は基本的合意に応じて行われており、如何なる承認も要しない」[91][92]。これはロシアの国防副大臣アナトリイ・アントノフによって支持された[93]。 同日ロシアの公官庁はロシア市民権を付与する事についての新しい法律案を出した[94]ロシア外務省西側、特にNATOに「挑発的な声明を出すのを止め、ウクライナの中立的地位を尊重するように」求めた[95]。 その声明でロシア外務省は、2月21日にドイツ・ポーランド・フランスの外務大臣が署名した「危機の解決の合意書」にはこの旨が記されているのに実行していないと主張した[95]。 ロシアのウラジーミル・ルキン はそれに署名しなかった [96])。 RIAノーボスチによれば公正ロシアがロシア下院においてロシア連邦加盟の手続きについて法改正に着手しているという[97]

2月28日のイタルタス通信によると、ロシア運輸省はウクライナとの間のケルチ海峡大橋建設計画の中止を話し合っているという[98]。しかしこれは3月3日には、ドミートリー・メドヴェージェフ首相ケルチ海峡に沿った未決定の場所に橋を建設するために、ロシア高速道路公団(アヴトドル) の子会社の設立を認可している[99][100]。 ロシアのSNSではウクライナ行きの志願兵を募集する運動が起きた[101]

2月28日、ロシアのプーチン大統領はEUの要人に電話で「著しい暴力の増大を許さない事の大変な重大性とウクライナの正常化の必要性」を伝えた[74]ロシア連邦院は、ロシアはロシア人と黒海艦隊の安全保障のためにクリミアで軍の限定的な分遣隊を派遣する事に賛成した [要説明][102]

3月1日にはウクライナへの侵略に対してロシア連邦院ビルの隣で同盟罷業の脱落者が出ないよう監視していた5人が逮捕された[103]

3月2日、モスクワで2.7万人と見積もられる人々がロシアのウクライナ介入の決定の支援をするために集まった[104]。 同様にサンクトペテルブルクでは1.5万人が集まり、クラスノダールでは1.2万人が集まった[104][105] 集会はロシア国営テレビに大きく注目されたが、これは政府公認のものであった[104]

ロシアウラジーミル・プーチン大統領(画面中央で椅子に座っている人物)は3月4日に報道陣に対し、キエフでの一連の出来事を「不法な政権転覆」と非難し、「モスクワはウクライナのロシア人を守る権利がある」事を指摘した[106]。記者からの「クリミアをロシアに併合するのか」という質問に「無い」と答えたが、2週間後にはクリミア併合を宣言する演説をクレムリンで行う。

同日およそ200人がモスクワのロシア国防省ビルでロシア軍の関与に反対し抗議集会を開いた[107]。 およそ500人がモスクワのマネージュ広場に抗議のために集まり、ほぼ同じ数の人々が同じ理由でサンクトペテルブルクの聖イサク広場に集まった[108]エカテリンブルクでも11人がロシアの関与に対する抗議デモをウクライナの国旗を持って行い[109]、 同様にチェリャビンスクでも行われた[110]。 軍事介入の反対はロックミュージシャンのアンドレイ・マカレヴィチによって表明された。彼は特に「あなたはウクライナとの戦争を望むのか?それはロシアのグルジア侵攻とは違う道をたどるだろう。広場(マイデン)の人々は強くなり、何のために戦うのかを知っている。祖国のため、祖国の独立のためだ。ロシアは静かな隣人、できれば友人として彼らと共に生きていかねばならない。しかしこの問題はウクライナがどう生きたいかにかかっている」 [111]モスクワ国際関係大学のアンドレイ・ズロフ教授は、「ヴェドモスチ」でロシアのウクライナ介入を批判する文章を寄稿したために世論の集中砲火を受けた[112]

3月4日、ロシア大統領府の記者団に対して、プーチン大統領は、もしウクライナで革命が起きたとすれば、それは「ロシアがあらゆる条約を締結していない新しい国」であるという、情勢に対する彼の見方を発表した[15]。 彼は1917年のロシア革命を引き合いに出し、革命の結果ロシア帝国が滅び、それとは断絶した新しい国家が創設されたと述べた [15]。しかし彼は、ウクライナは過去からの代償を支払わなければならないだろうとも言った。 ロシアの政治家は、すでに14.3万人のウクライナ人の難民がロシアにいると主張した[113]。 ウクライナ外務省はロシアで難民が増加しているという主張に反論した[114]。 同日の簡易説明で、ウクライナ外務省の情報制作部の担当官イェフヘン・ペレビィニスは、ロシアはクリミアでの自国の行動を正当化するために国際社会に対してしているように、自国民を欺こうとしていると主張した[115]。 2月19日には既にロシア外務省はユーロマイダン革命を「褐色の革命」と呼んでいた [116][117]。褐色は国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の突撃隊制服の色であり、ナチ党の権力掌握を意味している。

3月18日に、プーチンはクリミア自治共和国首相、クリミア自治共和国最高会議議長、セバストポリ特別市最高会議議長をモスクワ、クレムリンの議会に迎え、10か条からなる「クリミア及びセバストポリ特別市のロシア連邦加盟に関する条約」に調印した。ロシアの議員ら大勢の見守る中で4人が条約文書の調印を終えるとロシア連邦国歌が流れるという、ロシアの愛国心を煽る演出に、会場の興奮は絶頂に達した。その後プーチン大統領は「クリミアのロシアへの復帰」に関する演説をクレムリンで46分に及ぶ演説を行った。

クリミア併合直後に行われたプーチン大統領の演説。

プーチンは演説の中で「クリミアは古代ギリシャケルソネソスのあった地でありウラジーミル1世が洗礼を受けた土地であり、これはクリミアが正教徒としてのルーシの固有の地である」と述べた。さらに「英雄都市セヴァストポリおよびバラクラバケルチのようなロシアの歴史上の聖地がクリミアにあると同時に、ロシア人、ウクライナ人、クリミア・タタール人が共存してきた歴史を持つクリミアは多民族国家ロシアの縮図である」とクリミアとロシアの親和性を説明した[118]。そしてプーチンは「ロシア革命後、スターリンによるクリミア・タタール人の強制移住を不正義と断じた。その後の1954年のフルシチョフによるクリミアのウクライナへの帰属変更は、ウクライナのホロドモールへの賠償として高級官僚の内輪で決められ実行された事で、住民の意志を反映したものではない」と批判した。続いて「1991年ソ連崩壊で生まれた15の共和国は、独立国家共同体としてやがて収斂されると期待していたが、実現されないままクリミアは『一袋のジャガイモのように』ウクライナに渡されてしまった。その後ボリス・エリツィン政権下の経済的混乱の中でクリミアはロシアに復帰する話は立ち消えとなりウクライナに残留する事になった。1999年にプーチン政権が成立し、翌2000年に入りロシアはウクライナとクリミアと黒海の国境に関する交渉を行ったがはかばかしい結果は得られなかった。そのうちにウクライナの経済は悪化し、オレンジ革命が起こり、さらに2014年の騒乱で成立した新政府はロシア語を地方の公用語から外す『言語法』を出すという『排外主義的政策』に出た。これにクリミアのロシア系、クリミア・タタール系住民は決起し独立したのだ」と演説してウクライナの暫定政権を批判し、「クリミアの独立は正統であり、ロシアはこれを編入という形で受け入れたのは当然である」と言った。またプーチンは「ロシアのクリミア併合は西側によるコソボ独立のようなものであり、ユーゴスラビアアルバニア人に許されたことが、ウクライナのロシア人とクリミア・タタール人にはなぜ認められないのか?かつてドイツ再統一の時にイギリスマーガレット・サッチャーは反対しフランスフランソワ・ミッテランは危惧を示したが、ロシアは誠実な対応をした。従ってドイツはクリミア編入によるロシア人の統合に理解を示してくれる筈だ」と皮肉を交えた。このように「クリミア編入は民族自決の原則に基づいたものであり、国際法国連安保理が出した判例に則り行われたものである」と正統性を主張した。その一方で「コソボ問題ではNATOは空爆を行ったし、アラブの春ではリビア武力行使をした、西側はロシアを批判出来る程国際法を順守して平和的な紛争解決をしてきたのか?否。西側の元締めであり、『コソボとクリミアは違う』とロシアに反論するアメリカ合衆国は、力を信奉する『アメリカ合衆国のみ特別だ』という『一国例外主義』を止めるべきだ」と、アメリカ合衆国以下西側諸国の民族問題の対応を批判し「ロシア程国際法を順守している国は無い」と言い放った。「ウクライナに対してはロシアは隣人としてウクライナの一体性を尊重する。政治的野心のために国を分断するウクライナの政治家とは違う」とも主張。しかしウクライナではNATO加盟も議論されている事に触れ、「セヴァストポリにNATOの艦船が停泊することをロシアは容認出来ない」と述べた[119][120][121]

3月20日、編入に関する条約が下院で批准され、21日には連邦院(上院)で批准され、クリミアとセバストポリはロシア領となった。

国際社会の反応[編集]

ロシアによる編入を認めないとする国際連合総会決議68/262への投票結果
  賛成
  反対
  棄権
  欠席
  国連非加盟国・地域

2014年2月28日にウクライナは「ウクライナの領土保全を脅かすクリミア自治共和国における状況の悪化」を理由に国連安保理緊急会合の開催を求める訴状を提出した[122][123]。この訴状を受けて3月15日には安保理会合が開催され住民投票を認めないよう国連加盟国に求める安保理決議案が採決されたが、この決議案はロシアの拒否権行使により否決された[124]。そこで3月27日にこの安保理決議案とほぼ同趣旨の国連総会決議68/262が採決され[124]、賛成100、反対11、棄権58(欠席24)で採択された[124][125]。また、2014年のG8サミットの開催地はロシアのソチであったが、ロシア以外の7か国首脳は、同年3月のハーグの核安全保障サミットの合間にウクライナ情勢をめぐり緊急会議を開催し、7か国はソチのサミットに参加せず、代わりに6月にブリュッセルにおいてG7サミットを開催することを決定したと発表した[126]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Although the bill to repeal the language law passed with a majority of votes (232 deputies out of 450) in the Verkhovna Rada, Interim President Oleksandr Turchynov has since announced that he will not sign it until "there is a new proper legislation to replace it". "Although the language law was unbalanced, I will not sign into law the parliament's decision to repeal it until a new bill to protect all {minority} languages is passed," Turchynov said.[1]

出典[編集]

  1. ^ “Ukraine’s 2012 Language Law to Stay Until New Bill Ready – Turchynov”. RU: RIA Novosti. (2014年3月3日). http://en.ria.ru/world/20140303/188063675/Ukraines-2012-Language-Law-to-Stay-Until-New-Bill-Ready--Turchynov.html 2014年3月4日閲覧。 
  2. ^ “Ukraine’s Crimea: a hotbed of Russia-bound separatism”. Euronews. (2014年2月26日). http://www.euronews.com/2014/02/26/ukraine-s-crimea-a-hotbed-of-russia-bound-separatism/ 2014年2月27日閲覧。 
  3. ^ “In Crimea, citizens stand for self defense and Mother Russia”. Al-Jazeera America. (2014年3月1日). http://america.aljazeera.com/articles/2014/3/1/in-crimea-citizensstandforselfdefenseandmotherrussia.html 2014年3月1日閲覧。 
  4. ^ “Watch Your Tongue: Language Controversy One of Fundamental Conflicts In Ukraine”. International Business Times. (2014年3月3日). http://www.ibtimes.com/watch-your-tongue-language-controversy-one-fundamental-conflicts-ukraine-1559069 2014年3月4日閲覧。 
  5. ^ http://ukrstream.tv/videos/liudi_v_kamufliazhnii_formi_vsie_taki_viiavilis_rosiis_kimi_viis_kovimi_people_in_camouflage_uniform_turned_out_to_be_russian_troopers
  6. ^ Russia Stages a Coup in Crimea”. The Daily Beast (3.01.2014). 2014年3月2日閲覧。
  7. ^ a b Gumuchian, Marie-Louise; Smith-Spark, Laura; Formanek, Ingrid (2014年2月27日). “Gunmen seize government buildings in Ukraine's Crimea, raise Russian flag”. CNN. http://edition.cnn.com/2014/02/27/world/europe/ukraine-politics/ 2014年2月27日閲覧。 
  8. ^ a b “Avakov named seizure of airports in Crimea armed invasion and occupation”, Ukrinform英語版, (28 February 2014), http://www.ukrinform.ua/ukr/news/avakov_nazvav_zahoplennya_aeroportiv_v_krimu_ozbroe_nim_vtorgnennyam_i_okupatsie_yu_1912872 .
  9. ^ name=march6bbc
  10. ^ “Yanukovych reportedly declares he is Ukraine's president and plans press conference in Russia on Feb. 28”. KyivPost. (2014年2月27日). http://www.kyivpost.com/content/ukraine/yanukovych-says-he-is-still-president-of-ukraine-337743.html 2014年2月27日閲覧。 
  11. ^ name="rtmarch1"“Ukraine turmoil”. RT. (2014年3月1日). http://rt.com/news/kiev-clashes-rioters-police-571/ 2014年3月1日閲覧。 
  12. ^ “Ukraine Puts Troops on High Alert, Threatening War”, The New York Times, (2 March 2014), http://www.nytimes.com/2014/03/03/world/europe/ukraine.html .
  13. ^ Gordts, Eline (2014年2月26日). “Denis Berezovsky, Ukraine's Navy Chief, Defects To Crimea's Pro-Russian Authorities”. The Huffington Post. 2014年3月2日閲覧。
  14. ^ Ukraine's new government is not legitimate – Dmitry Medvedev”. The Guardian (2014年2月24日). 2014年3月2日閲覧。
  15. ^ a b c “Putin shares the view that if in Ukraine "revolution" – then on its territory is a new state”, Mirror Weekly英語版, (4 March 2014), http://dt.ua/POLITICS/putin-podilyaye-dumku-scho-yakscho-v-ukrayini-revolyuciya-to-na-yiyi-teritoriyi-vzhe-nova-derzhava-138899_.html .
  16. ^ “Ukraine: Kherson, Nikolaev and Odessa declare their desire to join Crimea”, InSerbia News, (Mar 2014), http://inserbia.info/news/2014/03/ukraine-kherson-nikolaev-and-odessa-declare-their-desire-to-join-crimea/ .
  17. ^ a b Crimean Tatars, pro-Russia supporters approach Crimean parliament building”. Interfax (2012年10月20日). 2014年3月1日閲覧。
  18. ^ Shuster, Simon (2014 Feb 8). “Ukraine: Russia Ups the Ante in Crimea”. Time. 2014年3月1日閲覧。
  19. ^ Москаль: админздания Крыма захватил озлобленный расформированием подразделения "Беркут" | Новости на”. Gazeta (2014年2月5日). 2014年3月1日閲覧。
  20. ^ a b “ARC Government: three anti-aircraft missile regiment of the Armed Forces of Ukraine join Crimean side”. The Voice of Russia. (2014年3月5日). http://voiceofrussia.com/news/2014_03_05/ARC-Government-three-anti-aircraft-missile-regiment-of-the-Armed-Forces-of-Ukraine-join-Crimean-side-8049/ 2014年3月5日閲覧。 
  21. ^ Ukraine crisis live: President Barack Obama warns of 'costs' for any violation of Ukraine”. The Telegraph. 2014年3月1日閲覧。
  22. ^ a b c d “Ukraina: Krimmis on Tšetšeeniast ja Uljanovskist pärit Vene sõdurid”, en:Postimees (EE), (5-03-2014), http://www.postimees.ee/2718018/ukraina-krimmis-on-tsetseeniast-ja-uljanovskist-parit-vene-sodurid .
  23. ^ “Ukraine Live”, The Daily Telegraph, (3 March 2014), http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/ukraine/10672417/Ukraine-live.html .
  24. ^ “Ukraine Crisis: On Crimea's new border the Russian Army waits”. The Daily Telegraph. (2014年3月3日). http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/ukraine/10674305/Ukraine-crisis-On-Crimeas-new-border-the-Russian-Army-waits.html 2014年3月4日閲覧。 
  25. ^ “Ukraine navy officers reject plea to defect to Russian-backed Crimea”, The Guardian, (3-03-2014), http://www.theguardian.com/world/2014/mar/03/ukraine-navy-officers-defect-russian-crimea-berezovsky .
  26. ^ “Ukrainian warships blocked from leaving port by Russian ships”, Daily Telegraph, (6-03-2014), http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/ukraine/10679433/Ukrainian-warships-blocked-from-leaving-port-by-Russian-ships.html 
  27. ^ Ukraine Crimea: Rival rallies confront one another”. BBC News. BBC (1970年1月1日). 2014年3月1日閲覧。
  28. ^ “Russian Citizen Elected Sevastopol Mayor Amid Pro-Moscow Protests in Crimea”. The Moscow Times. (2014年2月25日). http://www.themoscowtimes.com/news/article/russian-citizen-elected-sevastopol-mayor-amid-pro-moscow-protests-in-crimea/495113.html 2014年2月27日閲覧。 
  29. ^ a b “Ukraine leader Turchynov warns of ‘danger of separatism’”, en:Euronews, (25 February 2014), http://www.euronews.com/2014/02/25/ukraine-leader-turchynov-warns-of-danger-of-separatism/ .
  30. ^ a b c d “Russia puts military on high alert as Crimea protests leave one man dead”. The Guardian. (2014年2月26日). http://www.theguardian.com/world/2014/feb/26/ukraine-new-leader-disbands-riot-police-crimea-separatism 2014年2月27日閲覧。 
  31. ^ name=WPC25214
  32. ^ Ewen MacAskill, defence correspondent (2014 Feb 28). “Ukraine military still a formidable force despite being dwarfed by neighbour”. The Guardian. 2014年3月3日閲覧。
  33. ^ “Two die in rallies outside Crimean parliament, says ex-head of Mejlis”. en:Kyiv Post. (2014年2月26日). http://www.kyivpost.com/content/ukraine/two-die-in-rallies-outside-crimean-parliament-says-ex-head-of-mejlis-337708.html 2014年2月27日閲覧。 
  34. ^ ВЗГЛЯД / В давке на митинге в Симферополе погибли три человека (VZGLYAD / V davke na mitinge v Simferopole pogibli tri chelovek)” [View: In the crush at a rally in Simferopol, three people died] (Russian). Vz (2014 Feb 27). 2014年3月1日閲覧。
  35. ^ 94 ЛЮДИНИ ЗАГИНУЛО ЗА ЧАС ПРОТЕСТІВ В УКРАЇНІ – МОЗ (94 LYUDYNY ZAHYNULO ZA CHAS PROTESTIV V UKRAYINI – MOZ)” [94 people were killed during protest in Ukraine – Ministry of Health] (Ukrainian). Pravda (2014 Feb 28). 2014年3月1日閲覧。
  36. ^ Breakdown of population by mother tongue and districts in 50 Governorates of the European Russia, RU: Institute of Demography, http://demoscope.ru/weekly/ssp/rus_lan_97_uezd_eng.php .
  37. ^ Judah, Ben (2014年3月2日). “Why Russia No Longer Fears the West”. Politico. http://www.politico.com/magazine/story/2014/03/russia-vladimir-putin-the-west-104134_Page2.html 2014年3月5日閲覧。 
  38. ^ What is so dangerous about Crimea?, BBC, (27 February 2014), http://www.bbc.com/news/world-europe-26367786 
  39. ^ Calamur, Krishnadev (2014年2月27日). “Crimea: A Gift To Ukraine Becomes A Political Flash Point”. NPR. http://www.npr.org/blogs/parallels/2014/02/27/283481587/crimea-a-gift-to-ukraine-becomes-a-political-flash-point 2014年3月2日閲覧。 
  40. ^ Keating, Joshua (2014年2月25日). “Kruschev's Gift”. Slate. http://www.slate.com/blogs/the_world_/2014/02/25/separatism_in_ukraine_blame_nikita_khrushchev_for_ukraine_s_newest_crisis.html 2014年3月2日閲覧。 
  41. ^ Sasse, Gwendolyn (2014年3月3日). “Crimean autonomy: A viable alternative to war?”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/blogs/monkey-cage/wp/2014/03/03/crimean-autonomy-a-viable-alternative-to-war/ 2014年3月6日閲覧。 
  42. ^ 「クリミアの帰属めぐり露がウクライナ牽制」産経新聞2008年5月17日
  43. ^ “Three ex-Ukrainian presidents blame Russia for meddling in Crimean affairs”, Interfax (UA), (26 February 2014), http://en.interfax.com.ua/news/general/192876.html .
  44. ^ “The CEC assured that Crimean referendum cannot be held”, Ukrayinska Pravda英語版, (27 February 2014), http://www.pravda.com.ua/news/2014/02/27/7016542/ .
  45. ^ “Turchynov instructed to quickly develop a new language law”, en:Urkayinska Pravda, (27 February 2014), http://www.pravda.com.ua/news/2014/02/27/7016552/ .
  46. ^ “New Ukrainian government gets to work”, en:Euronews, (27 February 2014), http://www.euronews.com/2014/02/27/new-ukrainian-government-gets-to-work/ .
  47. ^ a b c d “Failure to comply with the Agreement on the crisis settlement lies on Yanukovych – Foreign Ministry”, Ukrayinska Pravda, (28 February 2014), http://www.pravda.com.ua/news/2014/02/28/7016571/ .
  48. ^ a b “Rada supported the resolution on Crimea against Russian intervention”, Ukrayinska Pravda, (28 February 2014), http://www.pravda.com.ua/news/2014/02/28/7016584/ .
  49. ^ “Rada urged Russia not to encroach on the territory of Ukraine”, Ukrinform, (28 February 2014), http://www.ukrinform.ua/ukr/news/rada_zaklikala_rosiyu_ne_zazihati_na_teritoriyu_ukraiini_1912961 .
  50. ^ Ukraine's acting President dismisses Chief of General Staff. Pravda. 28 February 2014.
  51. ^ Due to events in Crimea Ukraine Foreign Ministry asked for consultations with Russia. UNIAN 28 February 2014.
  52. ^ GPU is preparing petition for extradition of Yanukovych. en:UNIAN 28 February 2014.
  53. ^ Yanukovych Extradition: Ukraine Officially Asks Russia To Extradite Ukrainian President. The Huffington Post 28 February 2014.
  54. ^ Leader of Ukrainian radical organization Right Sector denies plans to send armed units to Crimea, en:Interfax-Ukraine (28 February 2014).
  55. ^ Лидер "Правого сектора" Ярош обратился за помощью к Доку Умарову”. Lifenews.ru. 2014年3月2日閲覧。
  56. ^ Пресс-секретарь "Правого сектора" заявил о взломе сообщества организации ВКонтакте”. Tvrain.ru. 2014年3月2日閲覧。
  57. ^ Turchynov signed a decree on illegal appointment of Aksenov. en:Ukrayinska Pravda. 1 March 2014.
  58. ^ Three presidents urged to discontinue the "Kharkiv Agreements". Ukrayinska Pravda. 1 March 2014
  59. ^ Leonid Kuchma's press-center refutes the statement. en:Interfax
  60. ^ Turchynov commanded to bring into full combat readiness the Armed Forces of Ukraine. en:Ukrinform. 1 March 2014
  61. ^ Облсовет Луганская угрожает разоружить Майдан руками "братской" России”. Gazeta.ua. 2014年3月2日閲覧。
  62. ^ Prosecutor General's Office filed another criminal case against Yanukovych. en:UNIAN. 2 March 2014
  63. ^ The Court reversed the decision of the puppets of the Kremlin in the Crimea. en:Ukrayinska Pravda. 4 March 2014
  64. ^ Kerch ferry is not being serviced, special order. Ukrayinska Pravda. 27 February 2014.
  65. ^ Ukrainians of Crimea asked the Ukrainian authorities to prevent a war on the peninsula. Interfax. 27 February 2014.
  66. ^ Crimea used Yanukovych to ask for money in Russia. en:Ukrayinska Pravda. 28 February 2014.
  67. ^ Konstantinov explained to Shufrych what they want in Crimea. Ukrinform. 28 February 2014.
  68. ^ Former chief of general staff Illin got to the Sevastopol hospital. Ukrinform. 28 February 2014.
  69. ^ Sneider, Noah. “Crimea’s Coward”. Slate. 2014年3月23日閲覧。
  70. ^ “Yanukovych and Zakharchenko are on the international wanted list”, Ukrayinska Pravda, (26 February 2014), http://www.pravda.com.ua/news/2014/02/26/7016394/ .
  71. ^ a b “Did Yanukovych indeed arrived to Rostov-na-Donu accompanied by fighters?”, en:Ukrayinska Pravda, (February 28, 2014), http://www.pravda.com.ua/news/2014/02/28/7016578/ .
  72. ^ a b “Crimea must remain part of Ukraine, enjoy broad autonomy rights – Yanukovych”, en:Interfax-Ukraine, (28 February 2014), http://en.interfax.com.ua/news/general/193467.html .
  73. ^ “Ukrainian ex-leader Viktor Yanukovych vows fightback”, en:BBC News, (28 February 2014), http://www.bbc.com/news/world-europe-26386946 .
  74. ^ a b “Ukraine crisis live: Russia admits its troops are moving in Crimea”. The Telegraph (UK). http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/ukraine/10666893/Ukraine-crisis-live-Russia-admits-its-troops-are-moving-in-Crimea.html 2014年2月28日閲覧。 
  75. ^ “Чуркин сообщил об обращении Януковича к Путину”. Lenta英語版 (RU). (2014年3月4日). http://lenta.ru/news/2014/03/04/yanukovich/ 
  76. ^ “クリミアについてのウクライナの立場第一回”. Посольство України в Японії/Embassy of Ukraine to Japan/在日ウクライナ大使館 (Посольство України в Японії/Embassy of Ukraine to Japan/在日ウクライナ大使館). (2014年8月2日). https://www.facebook.com/ukr.embassy.japan/posts/264793147055517 2014年7月25日閲覧。 
  77. ^ “クリミアについてのウクライナの立場第二回”. Посольство України в Японії/Embassy of Ukraine to Japan/在日ウクライナ大使館 (Посольство України в Японії/Embassy of Ukraine to Japan/在日ウクライナ大使館). (2014年8月9日). https://www.facebook.com/ukr.embassy.japan/posts/269799543221544 2014年7月25日閲覧。 
  78. ^ “クリミアについてのウクライナの立場第三回”. Посольство України в Японії/Embassy of Ukraine to Japan/在日ウクライナ大使館 (Посольство України в Японії/Embassy of Ukraine to Japan/在日ウクライナ大使館). (2014年8月16日). https://www.facebook.com/ukr.embassy.japan/posts/272961079572057 2014年7月25日閲覧。 
  79. ^ “クリミアについてのウクライナの立場第四回”. Посольство України в Японії/Embassy of Ukraine to Japan/在日ウクライナ大使館 (Посольство України в Японії/Embassy of Ukraine to Japan/在日ウクライナ大使館). (2014年8月16日). https://www.facebook.com/ukr.embassy.japan/posts/275903969277768 2014年7月25日閲覧。 
  80. ^ “クリミアについてのウクライナの立場第五回”. Посольство України в Японії/Embassy of Ukraine to Japan/在日ウクライナ大使館 (Посольство України в Японії/Embassy of Ukraine to Japan/在日ウクライナ大使館). (2014年8月16日). https://www.facebook.com/ukr.embassy.japan/posts/280861955448636 2014年7月25日閲覧。 
  81. ^ “クリミアについてのウクライナの立場最終回”. Посольство України в Японії/Embassy of Ukraine to Japan/在日ウクライナ大使館 (Посольство України в Японії/Embassy of Ukraine to Japan/在日ウクライナ大使館). (2014年8月16日). https://www.facebook.com/ukr.embassy.japan/posts/285396921661806 2014年7月25日閲覧。 
  82. ^ 解説 ロシアのクリミア併合はなぜ不法なのか 『月刊学習』2014年5月号
  83. ^ Rothkopf, David (2014 Feb 25). “All (Not) Quiet on Ukraine’s Eastern Front”. Foreign policy. 2014年3月1日閲覧。
  84. ^ Russia May Be Preparing to Annex Crimea Alex Jones' Infowars: There's a war on for your mind!”. Infowars.com. 2014年3月1日閲覧。
  85. ^ “Российские паспорта и присоединение к РФ: Депутаты Госдумы прибыли в Крым (Rossiyskiye pasporta i prisoyedineniye k RF: Deputaty Gosdumy pribyli v Krym) [Russian passports and joining Russia: State Duma deputies arrived in Crimea]” (Ukrainian). Gordonua. (2014年2月25日). http://gordonua.com/news/politics/Rossiyskie-pasporta-i-prisoedinenie-k-RF-Deputaty-Gosdumy-pribyli-v-Krym-11430.html 
  86. ^ “В Госдуме опровергли данные о выдаче паспортов РФ жителям Крыма (V Gosdume oprovergli dannyye o vydache pasportov RF zhitelyam Kryma) [The State Duma has denied information about issuing passports to residents of Crimea RF]” (Ukrainian). Argumenty i Fakty. (2014年2月25日). http://www.aif.ru/euromaidan/uanews/1112843 
  87. ^ Росія обіцяє втрутитися, якщо росіянам в Україні буде загроза (Rosiya obitsyaye vtrutytysya, yakshcho rosiyanam v Ukrayini bude zahroza)” [Russia promises to intervene if the Russians in Ukraine threatened] (Ukrainian). Українська правда (Ukrayinsʹka pravda) [Ukrainian Pravda] (2014年2月25日). 2014年3月1日閲覧。
  88. ^ У Росії Януковича все ще вважають президентом – Слуцький (U Rosiyi Yanukovycha vse shche vvazhayutʹ prezydentom – Slutsʹkyy)”. Українська правда (Ukrayinsʹka pravda) [Ukrainian Pravda] (2014年2月25日). 2014年3月1日閲覧。
  89. ^ Госдума России обсуждает меры по защите крымчан (Gosduma Rossii obsuzhdayet mery po zashchite krymchan)”. Интерфакс (Interfax). 2014年3月1日閲覧。
  90. ^ Alpert, Lukas I.. “Russia Orders Military Exercises Amid Ukraine Tension”. The Wall street journal. 2014年3月1日閲覧。
  91. ^ The media question about the movements of the Black Sea Fleet armored vehicles (comment), The Press and Information Department of the Ministry of Foreign Affairs of Russia, (27 February 2014), http://www.mid.ru/brp_4.nsf/newsline/B975BAFF6BC9B43F44257C8C004A3AFD .
  92. ^ “Russian Foreign Ministry commented on the movement of armored vehicles in Crimea”, en:Ukrayinska Pravda, (27 February 2014), http://www.pravda.com.ua/news/2014/02/27/7016538/ .
  93. ^ “Russian Defense Ministry: The Black Sea Fleet is not a threat to the situation in Ukraine”, RIA News, (27 February 2014), http://ria.ru/world/20140227/997402725.html ..
  94. ^ “Draft law of FMS and the Ministry of Economy of granting citizenship”, RIA News, (27 February 2014), http://ria.ru/trend/_citizenship_Russia_12022014/ .
  95. ^ a b “MID of Russia made another statement on Ukraine: militants, NATO, provocations”, Ukrayinska Pravda, (27 February 2014), http://www.pravda.com.ua/news/2014/02/27/7016548/ .
  96. ^ “Tensions high at Kiev protest camp despite ground-breaking deal”. CTV News英語版. (2014年2月21日). オリジナル2014年2月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081201194141/http://www.ctvnews.ca/world/tensions-high-at-kyiv-protest-camp-despite-ground-breaking-deal-1.1697154 
  97. ^ “Does the State Duma want to simplify annexation of Crimea?”, Ukrayinska Pravda, (28 February 2014), http://www.pravda.com.ua/news/2014/02/28/7016588/ .
  98. ^ “Russia has suspended negotiations with Ukraine on the project of Kerch bridge”, Ukrinform, (28 February 2014), http://www.ukrinform.ua/ukr/news/rosiya_pripinila_peregovori_z_ukraiinoyu_za_proektom_kerchenskogo_mostu_1912965 .
  99. ^ The Moscow Times, (2014-03-04) .
  100. ^ “Медведев распорядился создать компанию для строительства моста через керченский пролив” (Russian), Dozhd英語版 (RU: TV Rain), (3 March 2014), http://tvrain.ru/articles/medvedev_rasporjadilsja_sozdat_kompaniju_dlja_stroitelstva_mosta_cherez_kerchenskij_proliv-364255/ .
  101. ^ “In Russia there are gathering "tourists" to Ukraine who served in the military”, Ukrayinska Pravda, (28 February 2014), http://www.pravda.com.ua/news/2014/02/28/7016603/ .
  102. ^ Council of the Federation: Russia may introduce troops into Crimea. Ukrainska Pravda英語版. 1 March 2014.
  103. ^ “In Russia were detained activists who protested against the war with Ukraine”, UNIAN, (1 March 2014), http://www.unian.ua/politics/891669-u-rosiji-zatrimali-aktivistiv-yaki-protestuvali-proti-viyni-z-ukrajinoyu.html .
  104. ^ a b c “Vladimir Putin sees small protests, mass support for troops in Ukraine (+video)”. The Christian Science Monitor. (2014年3月2日). http://www.csmonitor.com/World/Europe/2014/0302/Vladimir-Putin-sees-small-protests-mass-support-for-troops-in-Ukraine-video 2013年3月3日閲覧。 
  105. ^ “Mass marches held to support Ukrainian compatriots in big Russian cities”. Voice of Russia. (2014年3月2日). http://voiceofrussia.com/2014_03_02/12-000-Krasnodar-people-hold-a-march-to-support-Ukrainian-compatriots-1374/ 2014年3月3日閲覧。 
  106. ^ “Putin defends Ukraine stance, cites lawlessness”. The Washington Post. (2014年3月4日). http://www.washingtonpost.com/world/putin-reserves-the-right-to-use-force-in-ukraine/2014/03/04/92d4ca70-a389-11e3-a5fa-55f0c77bf39c_story.html 2014年3月5日閲覧。 
  107. ^ На антивоенных акциях в Москве задержаны 300 человек (Na antivoyennykh aktsiyakh v Moskve zaderzhany 300 chelovek)” [At the anti-war actions in Moscow detained 300 people] (Russian). Utro. 2014年3月2日閲覧。
  108. ^ В Москве и Перебурге проходят митинги против российской оккупации Крыма. Уже есть задержанные (V Moskve i Peterburge prokhodyat mitingi protiv rossiyskoy okkupatsii Kryma. Uzhe yest' zaderzhannyye)” [In Moscow and St. Petersburg rallies against the Russian occupation of the Crimea. Already have detained] (Russian). Центр журналистских расследований (Tsentr zhurnalistskikh rassledovaniy) [Center for Investigative Journalism]. 2014年3月2日閲覧。
  109. ^ Жители Екатеринбурга провели пикеты против ввода российских войск в Крым (Zhiteli Yekaterinburga proveli pikety protiv vvoda rossiyskikh voysk v Krym)” [Inhabitants of Ekaterinburg picketed against Russian troops in the Crimea] (Russian). Komsomolskaya Pravda. 2014年3月2日閲覧。
  110. ^ "Сколько детей ты готов похоронить, чтобы Крым стал частью России?" Первые антивоенные пикеты прошли на Урале ("Skol'ko detey ty gotov pokhoronit', chtoby Krym stal chast'yu Rossii?" Pervyye antivoyennyye pikety proshli na Urale)” ["How many children are you willing to bury to Crimea became part of Russia?" First anti-war pickets were held in the Urals] (Russian). Ura. 2014年3月2日閲覧。
  111. ^ Не стреляй! Шевчук, Гребенщиков, Макаревич. Антивоенная риторика (Ne strelyay! Shevchuk, Grebenshchikov, Makarevich. Antivoyennaya ritorika)” [Do not shoot! Shevchuk, Grebenshikov Makarevich. antiwar rhetoric] (Russian). en:Novaya Gazeta. 2014年3月4日閲覧。
  112. ^ Профессора МГИМО увольняют после критики операции в Крыму (Professora MGIMO uvol'nyayut posle kritiki operatsii v Krymu)” [MGIMO professor fired after criticizing operations in Crimea] (Russian). en:BBC Russian Service. 2014年3月4日閲覧。
  113. ^ Russia claims thousands fleeing Ukraine” (2014 Mar 2). 2014年3月23日閲覧。
  114. ^ “мзс україні спростувало зростання кількості бігентсив до росії (MZS Ukrayini sprostuvalo zrostannya kilʹkosti bihent·syv do rosiyi)”, Ukrinform, (4 March 2014), http://www.ukrinform.ua/ukr/news/mzs_ukraiini_sprostuvalo_zrostannya_kilkosti_bigentsiv_do_rosiii_1914722 .
  115. ^ “мзс путін продовґуе дезінформувати весь світ заради виправдання своїх дії (MZS Putin prodovgue dezinformuvaty vesʹ svit zarady vypravdannya svoyikh diyi)”, en:Ukrinform (UA), (4 March 2014), http://www.ukrinform.ua/ukr/news/mzs_putin_prodovgue__dezinformuvati_uves_svit_zaradi_vipravdannya_svoiih_diy_1914726 .
  116. ^ “Russian Foreign Ministry called the Ukrainian revolution "brown"”, Lenta (RU), (February 19, 2014), http://lenta.ru/news/2014/02/19/brown/ .
  117. ^ “Russian Foreign Ministry: In Ukraine the "brown" revolution, we will apply all the influence”, Ukrayinska Pravda (UA), (February 19, 2014), http://www.pravda.com.ua/rus/news/2014/02/19/7014748/ .
  118. ^ プーチン大統領による宗教上起源論を持ち出したクリミア編入の正当化は、西欧をはじめとする各国で批判を受けた。例えば、ドイツ首相府のザイベルト報道官は「宗教的地位の言及はロシアが行った国際法の侵害とクリミアの違法併合の正当化として受け入れられるものではない。プーチン大統領は、クリミアが何世紀にもわたって異なる宗教を持ついろいろな民族の故郷であったことに気付いていないはずがない」として、プーチン大統領の演説を批判した(英語)"UKRAINE CRISIS Respecting the principles of Europe's order of peace 2014年12月5日
  119. ^ Address by President of the Russian Federationクレムリン公式サイト
  120. ^ クリミア編入を表明したプーチンの演説せきねかずひろ朝日新聞モスクワ支局員
  121. ^ Putin: Crimea similar to Kosovo, West is rewriting its own rule bookRT2014/03/18
  122. ^ “Security Council holds ‘urgent’ meeting on situation in Ukraine”. UN Daily News (the News and Media Division, Department of Public Information, United Nations): pp.1-2. (28 February 2014). http://www.un.org/news/dh/pdf/english/2014/28022014.pdf. 
  123. ^ (ウクライナが提出した訴状)S/2014/136.
  124. ^ a b c “Backing Ukraine’s territorial integrity, UN Assembly declares Crimea referendum invalid”. UN Daily News (the News and Media Division, Department of Public Information, United Nations): pp.1-2. (27 March 2014). http://www.un.org/News/dh/pdf/english/2014/27032014.pdf. 
  125. ^ “国連総会、クリミア住民投票は無効との決議を採択”. bloomberg.co.jp (ブルームバーグ). (2014年3月28日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N3440Y6JTSFB01.html 2014年3月28日閲覧。 
  126. ^ “G7首脳がソチG8不参加を決定、「対ロシア制裁強化の用意」”. http://jp.reuters.com/ (ロイター). (2014年3月25日). http://jp.reuters.com/article/2014/03/24/l4n0ml453-g7-sochi-summit-idJPTYEA2N09120140324 2015年7月26日閲覧。 
  127. ^ “ウクライナ、CIS脱退の方針 クリミア駐屯兵撤退へ”. AFPBB News (フランス通信社). (2014年3月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/3010637 2014年3月22日閲覧。 
  128. ^ “ウクライナ、クリミア半島の非武装地帯化を国連に提案”. ロイター (ロイター). (2014年3月20日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0MG5A120140319 2014年3月22日閲覧。 
  129. ^ “米国がクリミアのロシア編入を批判、追加制裁を準備”. ロイター (ロイター). (2014年3月19日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTJEA2H02L20140319 2014年3月22日閲覧。 
  130. ^ “米、クリミア併合めぐり新たな制裁 露も報復”. AFPBB News (フランス通信社). (2014年3月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/3010687 2014年3月22日閲覧。 
  131. ^ “米国、ウクライナで軍事行動に関与せず=オバマ大統領”. ロイター (ロイター). (2014年3月21日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA2I09P20140319/ 2014年3月22日閲覧。 
  132. ^ a b “英独首脳、対ロシア制裁強化の方針で一致”. ロイター (ロイター). (2014年3月20日). http://jp.reuters.com/article/idJPL3N0MG5H120140320 2014年3月22日閲覧。 
  133. ^ “「露のG8永久除名」英首相が警告 ウクライナ、CIS脱退も”. 産経新聞. (2014年3月19日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140319/erp14031923570024-n1.htm 2014年3月22日閲覧。 
  134. ^ a b “中国は仲介積極的、インドは中立 プーチン氏がくさび狙う2カ国”. 産経新聞. (2014年3月19日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140319/chn14031922280004-n1.htm 2014年3月22日閲覧。 
  135. ^ “Turkey refuses to recognize 'unacceptable' Crimea referendum”. Hurriyet (Hurriyet). (2014年3月17日). http://www.hurriyetdailynews.com/turkey-refuses-to-recognize-unacceptable-crimea-referendum.aspx?pageID=238&nID=63674&NewsCatID=338 2015年7月25日閲覧。 
  136. ^ “Turkish foreign policy fails in Crimea”. Today's Zaman (Today's Zaman). (2015年1月31日). http://www.todayszaman.com/anasayfa_turkish-foreign-policy-fails-in-crimea_371305.html 2015年7月25日閲覧。 
  137. ^ “潘基文・国連事務総長、20日モスクワでプーチンと会談”. 中央日報. (2014年3月20日). http://japanese.joins.com/article/172/183172.html 2014年3月22日閲覧。 
  138. ^ “ロシアのクリミア編入非難、G7各国と連携しさらなる措置検討=首相”. ロイター (ロイター). (2014年3月19日). http://jp.reuters.com/article/domesticJPNews/idJPTYEA2I00R20140319 2014年3月22日閲覧。 
  139. ^ “日本、ビザ緩和協議を停止 対ロ初制裁 協定交渉凍結も”. 共同通信社. (2014年3月18日). http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014031801001711.html 2014年3月22日閲覧。 
  140. ^ “日本 ビザ手続き簡素化に関する対ロ交渉を停止”. ロシアの声. (2014年3月18日). http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_18/269752488/ 2014年3月22日閲覧。 
  141. ^ “「だらしない」共産・社民、首相の対露姿勢を批判”. 産経新聞. (2014年3月20日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140320/stt14032008520001-n1.htm 2014年3月22日閲覧。 
  142. ^ “ウクライナ女性中尉は「英雄」=解放で日本などに謝意-大統領”. 時事ドットコム. (2016年5月26日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052600049&g=pol 2016年5月29日閲覧。 

関連文献[編集]

  • Bremmer, Ian (1994). “The Politics of Ethnicity: Russians in the New Ukraine”. Europe-Asia Studies 46 (2): 261–283. doi:10.1080/09668139408412161. 
  • Hagendoorn, A.; Linssen, H.; Tumanov, S. V. (2001). Intergroup Relations in States of the former Soviet Union: The Perception of Russians. New York: Taylor & Francis. ISBN 1-84169-231-X. 
  • Legvold, Robert (2013). Russian Foreign Policy in the Twenty-first Century and the Shadow of the Past. New York: Columbia University Press. ISBN 978-0-231-51217-6. 

外部リンク[編集]