ベルクト (ウクライナ警察)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウクライナ騒乱まで使用されていたベルクトの紋章
ロシア内務省の下で編成されたベルクトの紋章
ベルクトの隊員

ベルクトウクライナ語: Бе́ркут)は、2014年まで存在していたウクライナ内務省管轄の民警(ミリーツィヤ)ウクライナ語版ロシア語版英語版[1]に属する特殊部隊2014年ウクライナ騒乱にてロシア寄りであったヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権の下で、親EUであった反政府派市民ユーロマイダン)の鎮圧に動員された[2]

2014年2月25日、ヤヌコーヴィチ政権が倒れた後の内務大臣により解体された。元ベルクト隊員の内、ウクライナ政府寄りの者はウクライナ国家親衛隊に再雇用された。

なお、ベルクト解体の5日前にクリミア半島はロシアに併合された(クリミア連邦管区南部連邦管区クリミア共和国)が、クリミア半島に配備されていたベルクト部隊はそのまま同地でロシア内務省の指揮下に編入され、警護および暴徒鎮圧、対テロリズムを任務としている。またクリミア以外に配備されていた元ベルクト隊員の内、親ロシア派のものはロシアに亡命し、クリミア半島に残ったベルクト部隊に編入された。なお、部隊名はウクライナ語で「イヌワシ」を意味する。

歴史[編集]

1992年、ソビエト連邦OMONを参考に設立された。

2014年2月26日、ウクライナ政権交代により解体される[3]

同年3月1日、元隊員らに対するロシア旅券の発行が開始され、元隊員の内、親ロシア派の者らがロシア側に亡命[2]

その後、ロシア内務省に編入され、ウクライナの親ロシア派区域における治安部隊となった[4]

2016年4月5日、ロシア内務省隷下の国内軍OMONSOBRなどの重装備部隊が国家親衛隊として再編されると、ベルクトも国家親衛隊の隷下に編入された。

主な活動[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]