2020年ナゴルノ・カラバフ紛争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年ナゴルノ・カラバフ紛争
ナゴルノ・カラバフ戦争
September 2020 Nagorno-Karabakh clashes.png
QarabaghWarMap(2020).svg
アルメニア、ナゴルノ・カラバフ、アゼルバイジャンの位置関係図
  ラチン回廊 ロシアが通行権を管理
  アルメニア共和国
  アルツァフ共和国が支配する旧ナゴルノ・カラバフ自治州
  アルツァフ共和国が領有権を主張してしたアゼルバイジャン実効支配地域
  アルツァフ共和国からアゼルバイジャンへ返還される地域
  アゼルバイジャン共和国
  アゼルバイジャンが制圧した地域
2020年9月27日 - 2020年11月10日
場所ナゴルノ・カラバフ境界、アルメニア・アゼルバイジャン国境
結果 アゼルバイジャン優勢のまま停戦
アルツァフ共和国による占領地の順次返還
ナゴルノ・カラバフ地域の当面のアルメニア人居住の保障
アルメニア人によるラチン回廊通行権保障
アゼルバイジャン本土からナヒチェヴァンへの回廊建設
ナゴルノ・カラバフ地域の帰属については現状維持
衝突した勢力
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
Flag of Syria 2011, observed.svg シリア国民軍英語版シリア人権監視団およびアルメニアによる。アゼルバイジャンは否定)
トルコの旗 トルコ[1]
アルメニアの旗 アルメニア
アルツァフ共和国の旗 アルツァフ共和国
シリアの旗 アルメニア系シリア人傭兵
Flag of Kurdistan Workers' Party.svg PKK
People's Protection Units Flag.svg YPG
ロシアの旗 ロシア

武器供与
イスラエルの旗 イスラエル[2][3]

支援

武器供与
ロシアの旗 ロシア
指揮官

アゼルバイジャンの旗 イルハム・アリエフアゼルバイジャン大統領
アゼルバイジャンの旗 アリ・アサドフアゼルバイジャン語版アゼルバイジャン首相
アゼルバイジャンの旗 ザキール・ハサノフ英語版(国防相)
アゼルバイジャンの旗 ナジャメディン・サジゴフ英語版参謀長英語版

アゼルバイジャンの旗 マイス・バルクダロフ英語版(少将)[4]

アルメニアの旗 アルメン・サルキシャン アルメニア大統領
アルメニアの旗 ニコル・パシニャンアルメニア首相
アルメニアの旗 ダビド・トノヤン英語版(国防相)
アルメニアの旗 オニーク・ガスパリアン参謀総長英語版
アルツァフ共和国の旗 アライク・ハルチュニャンアルツァフ大統領

アルツァフ共和国の旗 ジャラル・ハルチュニャン英語版(国防相)
戦力
不明 不明
被害者数

アゼルバイジャンの旗アゼルバイジャン発表:
兵2783人死亡[5]
攻撃ヘリコプター1機損傷[6]
アルメニアの旗アルメニア発表[7]:
兵790人死亡、1,900人負傷
戦車・歩兵戦闘車137両撃破
UAV72機撃墜
ヘリコプター1機撃墜
航空機1機撃墜

Flag of Syria 2011, observed.svgシリア国民軍発表:
戦闘員30人死亡

アルメニアの旗アルメニア発表:
兵2718人死亡[5]、120人以上負傷[8]
Su-25攻撃機1機撃墜[1]

アゼルバイジャンの旗アゼルバイジャン発表[9][10]:
兵2,300人以上死亡または負傷
戦車歩兵戦闘車200両撃破
軍用車両110両撃破
榴弾砲多連装ロケット砲228門撃破
対戦車火器50基撃破
防空システム300基撃破
UAV18機撃墜
弾薬庫5か所破壊
指揮所・監視所6か所破壊
民間人の犠牲:
アゼルバイジャン人19人、アルメニア人7人死亡[11]
アゼルバイジャン55人、アルメニア人30人以上負傷[8]
フランス人ジャーナリスト2人負傷[12]

2020年のナゴルノ・カラバフ紛争(ナゴルノ・カラバフふんそう、アルメニア語: Հայ-ադրբեջանական պատերազմアゼルバイジャン語: İkinci Qarabağ müharibəsi)は、コーカサス地方アゼルバイジャンアルメニア係争地となっているアルツァフ共和国(ナゴルノ・カラバフ共和国)を巡る軍事衝突である。1カ月半の戦闘行為と数回にわたる停戦合意を経て、アゼルバイジャンが事実上勝利した。アルツァフ共和国は領土の大部分をアゼルバイジャンに返還し、実効支配地域は旧ナゴルノ・カラバフ自治州の領域のみとなったが、帰属の決定については将来に棚上げされた[13]

概要[編集]

2020年9月27日の朝、ナゴルノ・カラバフ境界沿いで勃発した。双方とも相手が先に攻撃したと主張しているが[14]、衝突はアゼルバイジャンによって戦端を開かれた可能性が高く[15][16]、主要攻撃目標は山岳地帯の少ないナゴルノ・カラバフ南部とされた。

国連や多数の国々が軍事衝突を強く非難し、停戦交渉を再開するよう双方に求めた一方[17]アフガニスタンパキスタンイスラエルトルコはアゼルバイジャンへの支持を表明した[15]。また、フランスがアルメニアへの支持を表明し、イランもアルメニアを支持したが、地域の安定化を求める声を無視しての支持だとして非難されている[18][19]。なお、サウジアラビアアラブ首長国連邦は、アルメニアを支援したと考えられている[19]。また、アゼルバイジャンの大統領補佐官は停戦に向けた解決案の策定に日本も関与するよう求めている[20]

アルメニアとアゼルバイジャンは10月10日正午からの停戦と、欧州安全協力機構ミンスクグループ英語版の仲介による実質的な協議を開始することに合意した[21]。停戦合意後も戦闘が続き、10月17日に軍事衝突の鎮静化を図るため、10月18日0時からの停戦に合意した[22]。しかしこの停戦も履行される気配はなく、10月25日にはアメリカ合衆国の仲介によって10月26日8時からの停戦に合意した[23]。この三度目の合意後も戦闘が続き、11月10日にはロシアとともに四度目の停戦合意を行った[24]

背景[編集]

2020年に紛争が再燃した要因については以下の説がある。

  • アゼルバイジャンは、アルメニアのパシニャン政権がナゴルノ・カラバフでの影響力を強めようとしていることに反発[25]
  • アゼルバイジャンは、アリエフ親子2代にわたる政権の長期化に対する国民の不満及び石油価格下落による経済圧迫と新型コロナウイルスによる社会不安からの国民の不満を解消しようとした[25]
  • アゼルバイジャンは、アルメニアのパシニャン政権が旧体制の一掃を図ったことで、アルメニアが同盟国のロシア及びナゴルノ・カラバフ勢力との不和が生じた展開を好機ととらえた可能性[26][27]

戦闘の経過[編集]

9月27日[編集]

アルツァフ共和国大統領府の発表によると、9月27日朝にアゼルバイジャン軍が首都ステパナケルトを含む共和国内で、軍事施設を標的に爆撃を開始した[28]。アルツァフ共和国では動員令と戒厳令が発令された[29]

アルメニア国防省は、現地時間8時10分にアルツァフ共和国首都ステパナケルトを狙ったアゼルバイジャンの攻撃が開始され[30]、アゼルバイジャン軍は兵員、戦車ロケット砲、航空機、無人航空機(UAV、ドローン)を投入していると発表した[31]

アゼルバイジャンは、現地時間6時頃、アルメニア軍が国境付近のアゼルバイジャン軍陣地と周辺の集落に対して砲撃を開始し[32]、アルメニア軍への反撃を開始したと発表した[33]。アゼルバイジャン大統領上級顧問のヒクメト・ハジエフは、アルメニア軍が国境線への攻撃を開始したとして非難した[34]イルハム・アリエフ大統領は、軍事衝突について国民へテレビ演説を行った[35][36]。午後には、アゼルバイジャンで戒厳令と夜間外出禁止令が発令され、戒厳令は9月28日深夜から、夜間外出禁止令は首都バクーや主要都市および一部の地域で21時から9月28日6時まで敷かれると発表された。

アゼルバイジャン軍は戦車、榴弾砲多連装ロケット砲、航空機を前線付近に配置し、ナゴルノ・カラバフの奥深くまで進攻[37]、アルメニア国防省によると、アゼルバイジャン軍はアルメニアのヴァルデニス英語版方面への攻撃も開始した[38]

アゼルバイジャン国防省は、ナゴルノ・カラバフの村7か所(ガラカンバイリ、ガルヴァンド、ホラディズ、ユクサリ、アシャグイ、ボユクマルジャンリ、ヌズガル)を占領したと発表した[39][40]。一方、アルツァフ国防省はアゼルバイジャン軍のプロパガンダとしてこれらの発表を否定した[41]。16時29分、アゼルバイジャン国防省は、アグダラへの攻撃を回避し、死傷者を減らすためにこの地域のアルメニア軍に降伏を勧告したと発表した。民間人と捕虜は国際人道法およびジュネーブ条約に従って扱われることを確認した[42]。また、アゼルバイジャン国防省はムロヴ山山脈の山頂を占領したと発表[43]、また、ナゴルノ・カラバフとアルメニアを結ぶヴァルデニス-マルタケルト/アグダラ高速道路をアゼルバイジャン軍が管理下に置いたと発表した[44]。さらに、アゼルバイジャン軍のUAVがアルメニア軍の弾薬庫を破壊したと発表した[45]

イラン東アーザルバーイジャーン州副知事は、軍事衝突によってコダアファリン郡英語版Khalaf Beygluy-e Soflaにロケット弾が着弾したと発表した[46]

9月28日[編集]

9月28日1時頃、アゼルバイジャン国防省はアゼルバイジャン軍への襲撃を図る3両のアルメニア軍車両の映像を公開、死傷者に関するものを含め、アルメニア側の発表を否定し、非難した[47]。また、6時45分頃には、アルメニア軍の物資と車両を破壊する映像を公開した[48]。8時頃にアゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍が早朝にタタール英語版を攻撃したため、警報を発令したと発表した[49]。一方、アゼルバイジャン外務省はアルメニア軍が意図的に民間人を標的にしたと発表した[50]。アゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍戦車T-72T-80など2両を攻撃した映像を公開した[51]。アルツァフ共和国のアライク・ハルチュニャン大統領は、早朝の衝突時にアルメニア軍が以前の境界線まで戦線を押し戻したと発表した[52]。10時にアゼルバイジャン国防省は交戦時の映像を公開し、アルメニア軍が大きな損害を被り、アゼルバイジャン軍がタルシュ英語版周辺において、戦略的有利となる高地を確保したと発表[53]、また、アルメニア人の死傷者の中にシリアなど中東諸国のアルメニア系傭兵が含まれていたとも発表した[54]

13時10分頃、アゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍戦車T-72やT-80など2両がアゼルバイジャン軍のUAVによって破壊された映像を公開した[55]。14時頃、アルメニアのメディアは、アゼルバイジャン軍のUAVがヴァルデニス付近で撃墜されたと報道した[56]。ハルチュニャン大統領は、アゼルバイジャン軍が多方面の戦線でアルメニア軍の攻撃を受けていると発表した.[57]。15時30分頃、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍が補給問題に直面していると発表し[58]、その直後、アゼルバイジャン軍が制圧した集落を砲撃していた、アグダラ英語版付近のアルメニア軍砲兵部隊を攻撃、アルメニア軍は損失を被り、撤退したと発表した[59]

17時頃、アゼルバイジャン国防省は破壊されたアルメニア軍車両の映像を公開し、前線で破壊されたものと発表した[60]。19時頃、アゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍がゴランボイ県英語版ユハル・アグジャケンドカラムサルを攻撃したと発表した[61]。20時頃、アルツァフ国防軍副司令官アルトゥル・サルキシャンは、アルメニア軍が数か所の領土を奪還したと発表した[62]アルツァフ国民議会議長Arthur Tovmasyanは、アルメニア軍がアゼルバイジャン軍を撃退し、アゼルバイジャン領土へ進攻したと発表した[63]。21時頃、アルメニア国防省のArtsrun Hovhannisyanワスゲン・サルキシャン軍事大学英語版司令部教官兼人事部長は、アゼルバイジャン軍が新たに、アラス川マタギス - タルシュ英語版方面で大規模攻勢を開始したと発表した[64]。約1時間後、ホジャベンド英語版付近でアゼルバイジャン軍航空機を撃墜したと発表したが[65]、アゼルバイジャンはこれを否定した[66]。さらにアゼルバイジャン国防省は、アゼルバイジャンが戦闘にF-16戦闘機を使用したというアルメニアの主張を否定し、アゼルバイジャン空軍はF-16を保有していないと述べた[67]

イランのメディアは、2発のロケット弾がコダアファリン郡の民家付近に着弾したと報じた[68]

9月29日[編集]

9月29日8時頃、アゼルバイジャン国防省は夜間に前線で激しい衝突が続き、アルメニア軍が反撃を繰り返し試みたが、アゼルバイジャン軍が撃退したと発表した。また、アゼルバイジャン空軍と陸軍がマダギスからアグダラ方面へ移動するアルメニア軍の車列と、砲兵部隊を破壊したと発表した[69]。9時頃、アゼルバイジャン国防省はダシュキャサン県英語版が7時30分から、アルメニアのヴァルデニスからの砲撃を受けていると発表したが[70]、アルメニア外務省が否定し、アルメニアに対する攻撃も含め、戦域の拡大の正当化を意図した捏造であると発表した[71]。アゼルバイジャン大統領上級顧問のヒクメト・ハジエフは、「アゼルバイジャンに対する攻撃が主権国家であるアルメニアから行われた。アゼルバイジャンに対するアルメニアの攻撃は進行中である」と述べた[72]。アゼルバイジャン国防省は、フュズリ英語版に対するアゼルバイジャン軍の攻撃が早朝から行われ、7時から8時頃にフュズリ - ジェブライルに展開するアルメニア軍戦車4両を破壊したと発表した[73]。この約30分後、アゼルバイジャン国防省は領土が占領されたことを否定した[74]。アルメニア国防省は、アルツァフ国防軍部隊がアゼルバイジャン軍の補給物資を破壊したと発表した[75]。10時15分、アゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍戦車2両を破壊する映像を公開した[76]。アルメニア国防省のArtsrun Hovhannisyanワスゲン・サルキシャン軍事大学司令部教官兼人事部長は、2機目のアゼルバイジャン軍UAVを撃墜したと発表した[77]。11時頃、アルメニア国防省はアゼルバイジャン軍がアルメニア国境を越えてヴァルデニスのアルメニア軍基地を攻撃し、空軍も投入されたと発表[78]、同時にアゼルバイジャン国防省は、ホジャヴェンド県英語版に駐留するアルメニア軍第3マルトゥニ自動車化狙撃兵連隊がアゼルバイジャン軍に撃破されたと発表したが[79]、アルツァフ国防省が否定した[80]。アゼルバイジャン国防省は、ジャブライル県でアルメニア軍大佐を殺害し[81]、ホジャヴェンド県でアルメニア軍のBM-27自走多連装ロケット弾発射機を破壊したと発表した[82]。また、アルメニア国防省のArtsrun Hovhannisyanワスゲン・サルキシャン軍事大学司令部教官兼人事部長は、アゼルバイジャン軍が南方および北方からさらなる攻撃を試みたが、アルメニア軍に撃退されたと発表した[83]。アゼルバイジャン国防省は、アルメニアが国内の士気を向上させるために映像を捏造したとして非難した[84]

12時頃、アルメニア国防省のArtsrun Hovhannisyanワスゲン・サルキシャン軍事大学司令部教官兼人事部長は、アゼルバイジャン軍の攻撃ヘリコプター1機を撃墜したと発表したが[85]、アゼルバイジャン国防省はこの日、ヘリコプターを展開させていなかったとして否定した[86]。また、キョヤルフ英語版でアルメニア軍戦車を撃破したと発表した[87]。12時40分頃、アルメニア国防省のArtsrun Hovhannisyanワスゲン・サルキシャン軍事大学司令部教官兼人事部長は、アルツァフ国防軍部隊が9K38携帯式地対空ミサイルヘリコプター2機を撃墜したと発表し、アルツァフ国防省は撃墜時の映像を公開した[88]。その後、アルメニア国防省のArtsrun Hovhannisyanワスゲン・サルキシャン軍事大学司令部教官兼人事部長は、アゼルバイジャン軍がヴァルデニス周辺を砲撃していると発表した[89]。アゼルバイジャン国防省は、ホジャヴェンド県のハドルトに駐留するアルメニア軍第1連隊の指揮監視所を破壊したと発表したが[90]、アルメニア国防省は、アルメニア軍が重火器を配備し、アゼルバイジャン軍の攻撃を撃退していると発表した[91]。アゼルバイジャン国防省は、アゼルバイジャン軍が制圧したフィズリ県のアサギ・ヴェサリ英語版を奪還しようとしたアルメニア軍を撃退したと発表した[92]。13時20分頃、アルメニア国防省はアゼルバイジャン軍が榴弾砲、UAV、戦車、装甲車両を使用して攻撃を開始したと発表した[93]。15時30分頃、アゼルバイジャン国防省は、アルメニアの首都エレバンの防空に配備されていたアルメニア軍のS-300地対空ミサイルシステムが、ナゴルノ・カラバフ方面に配備されているとし、それらは破壊されることになると発表した[94]。その直後、アルメニア国防省は、アルメニア軍がアゼルバイジャン軍の攻撃ヘリコプターを撃墜する映像を公開し[95]、アルメニア国防省のArtsrun Hovhannisyanワスゲン・サルキシャン軍事大学司令部教官兼人事部長は、アルメニア軍がアゼルバイジャン軍戦車を撃破したと発表した[96]。16時30分頃、アゼルバイジャン国防省はアゼルバイジャン軍砲兵部隊がアルメニア軍へ砲撃している映像を公開した[97]

18時頃、アルツァフ国防省はアゼルバイジャン軍が前線の北方および北東方向から戦車で攻撃したのに対し、アルメニア軍の反撃によって損害を与えたと発表した[98]。また、アルメニア国防省は、ギャンジャ国際空港から離陸したトルコ空軍のF-16戦闘機がアルメニア空軍Su-25攻撃機を撃墜し、乗員を殺害したと発表したが[1]、アゼルバイジャン[99]とトルコ[100]によって否定された。その後、アルメニア国防省はSu-25の残骸の写真を公開した[101]。アゼルバイジャンによると、Su-25攻撃機2機がアルメニア領土から離陸後、山岳に衝突して爆発した[102]。19時30分頃、アルメニア国防省は、アゼルバイジャン軍部隊が破壊された映像を公開した[103]。22時頃、アルメニア国防省は弾薬を輸送していたアゼルバイジャン軍補給部隊の車列を破壊したと発表した[104]。約1時間後、アゼルバイジャン国防省は、アゼルバイジャン軍が砲撃によって、タタール県のハサンガヤ英語版付近のアルメニア軍第5自動車化歩兵連隊第1大隊と、タルシュ英語版方面の第6自動車化歩兵連隊第1大隊の陣地を破壊したと発表した[105]

イランは、東アーザルバーイジャーン州で外国のドローンを撃墜したと発表した[106]

9月30日[編集]

アゼルバイジャン軍がアルメニアの陣地を砲撃

アルメニア国防省よると、小規模の衝突が一晩中続いているとした[107]。9月30日1時10分頃、アゼルバイジャン国防省はジャブライル県で、アルメニア軍の戦車を含む軍用車両を破壊する映像を公開した[108]。8時30分頃、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がタタール県のタタールを30分間に渡り砲撃したと発表した[109]。アルメニア国防省は、アゼルバイジャン軍のハロップUAVを撃墜したと発表した[110]。10時20分頃、アゼルバイジャン国防省は、マルタケルト - タタール地域においてアゼルバイジャン軍部隊が砲兵支援の下、アルメニア軍を包囲したと発表した[111]。また、10時20分頃には、アルメニア軍がゴランボイ県のアシャギ・アグジャケンド英語版に砲撃を開始したと発表した[112]。11時10分頃、アルメニア国防省はアゼルバイジャン空軍機が前線北側のアルメニア軍陣地を爆撃したと発表した[113]。アゼルバイジャン国防省は、アゼルバイジャン軍がアルメニア軍陣地を砲撃する映像を公開した[114]。また、12時25分頃にアゼルバイジャン国防省は、タタール県のトナシェン英語版を占領していた、アルメニア軍第10山岳師団第7山岳狙撃兵連隊第2大隊が大損害を被り撤退したと発表[115]、攻撃時の映像も公開した[116]。アゼルバイジャン軍は、アルメニア軍第18自動車化師団第41特殊連隊の指揮所を攻撃し、死傷者を出したと発表した[117]。13時頃、アゼルバイジャン国防省は同日午前中にアルメニア軍の歩兵戦闘車やミサイル発射機を含む装備を破壊する映像を公開し[118]、アゼルバイジャン軍を砲撃していたアルメニア軍榴弾砲を破壊する追加映像も公開した[119]。アルメニア国防省は、アルメニア軍がTOS-1A自走多連装ロケット弾発射機を含む大量のアゼルバイジャン軍装備品を破壊したと発表した[120]。15時頃、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍戦車2両を破壊する映像を公開した[121]。また、アゼルバイジャン軍がフィズリ県に展開するアルメニア軍4個大隊[122]、アグダラのアルメニア軍第10山岳師団第5山岳狙撃兵連隊指揮所を攻撃したと発表した[123]。アルメニア国防省は、アゼルバイジャン軍前哨基地と補給物資を破壊したと発表した[124]。アゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍補給物資を破壊する3本の映像を公開した[125][126][127]。アルメニア国防省は、アルメニア軍がアゼルバイジャン方面へ進攻する映像を公開した[128]

10月1日[編集]

アゼルバイジャン国防省によると衝突は一晩続き、アゼルバイジャン軍はアルメニア軍陣地を砲撃したとしたが[129]、アルツァフ国防省は状況は比較的安定していると発表した[130]。10月1日1時10分頃、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍の補給物資を破壊したとする映像を公開した[131][132]。10時頃には、アルメニア軍が午前中、タタール県のタタールを砲撃したと発表し[133]、さらに11時頃にはアルメニア軍の榴弾砲を破壊する映像を公開した[134]。アルメニア国防省は、アルメニア軍がアスケラン英語版付近でアゼルバイジャン軍のUAVを撃墜したと発表[135]。アルツァフ国防省は、アルメニア軍がアゼルバイジャン軍の進攻を阻止していると発表し[136]、約30分後にはアルメニア軍がララタパ英語版付近でアゼルバイジャン軍の攻撃ヘリコプターを撃墜し、残骸がイラン領に落ちたと発表したが[137]、アゼルバイジャン側は否定した[138]。13時頃、アゼルバイジャン国防省はジャブライル県とフィズリ県が、アルメニアのゴリスからロケット弾攻撃を受けたと発表し[139]、ほどなくしてチョジュクマルジャンリ英語版ホラディズ英語版とゴランボイ県、タタール県、アグダム県の最前線付近の村が攻撃されたと発表した[140]。14時40分頃、アルツァフ国防省は、アルメニア軍がアゼルバイジャン軍機2機とヘリコプター1機を撃墜したと発表したが[141]、アゼルバイジャン側はこの日、航空機を展開させていなかったとして否定した[142]。アゼルバイジャン国防省は、数基のアルメニア軍防空兵器と多連装ロケットシステムを破壊したと発表した[143]。また、19時には、17時50分からホラディズに対してアルメニア軍の砲撃が行われていると発表した[144]。23時頃、アルメニア国防省は、ゲガルクニク地方シャトヴァン英語版メッツマスリク英語版がアゼルバイジャン軍の砲撃を受けていると発表した[145]。その約30分後にはアゼルバイジャン国防省が、アルメニアのコタイク地方でアゼルバイジャン軍のUAVがアルメニア軍に撃墜されたと発表した[146]

イランのメディアは、アゼルバイジャン軍のロケット弾がコダアファリン郡のパルビズカンローに着弾したと報じた[147]

10月2日[編集]

アゼルバイジャン国防省によると、深夜から早朝にかけて前線各地で衝突が続き、アゼルバイジャン軍はマタギス周辺の高地を占領したが[148]、アルツァフ国防省は緊張状態が続いているが、状況は比較的安定しているとした[149]。10月2日9時30分頃、アゼルバイジャン国防省はアグダム県ヒンドリスタン英語版アルブイリ英語版アフメダガリ英語版サファルリ英語版がアルメニア軍の激しい砲撃を受けたと発表した[150]。11時頃にアゼルバイジャン国防省はアルメニア軍の車両と人員への攻撃時の映像を公開した[151]。12時40分にアゼルバイジャン国防省はアグダム県のクザンリ英語版がナゴルノ・カラバフからロケット弾攻撃を受けたほか、シャムキル県サビルケンド英語版に対してアルメニア軍が10発のOTR-21 トーチカ戦術弾道ミサイルを発射したと発表したが[152][153]、アルメニア側は否定した[154]。アゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍がバルダ県イミリ英語版トヴズ県アグダム英語版、アグダム県のクザンリをロケット弾攻撃したと発表した[155]。14時頃、アルメニア国防省はアゼルバイジャン軍がステパナケルトを砲撃していると発表した[156]。約1時間後にアゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍の補給物資を破壊した映像を公開した[157][158]。また、16時40頃には、タタール県のタタール、シハルク英語版、バルダ県のソガンベルディラ英語版がアルメニア軍の砲撃を受けたと発表し[159]、さらに約1時間後には、アゼルバイジャン軍がアルメニア軍の野戦陣地を破壊したとして、映像を公開した[160][161]

10月3日[編集]

アゼルバイジャン国防省によると前線は引き続き緊張状態であり[162]、アルメニア国防省は前線の北側と南側で激しい戦闘が継続中であると発表した[163]。10月3日10時40分頃、アゼルバイジャン国防省はタタール県英語版のタタール、サラバド英語版カズヤン英語版カパンリル英語版カイナク英語版アスキパラ英語版フセインリ英語版とアグダム県のアヤク・カルベンド英語版イマムカルベリ英語版カラダグリ英語版テゼケンド英語版アグジャバディ県ムガンリ英語版キヤマダニ英語版ランズバラ英語版、ゴランボイ県のタプ・カラコユンル英語版が、アルメニア軍の集中的な砲撃を受けたと発表した[164]。19時40分頃、アゼルバイジャンのアリエフ大統領は、アゼルバイジャン軍がスゴブシャンを制圧したと発表[165]、また、アゼルバイジャン軍がタタール県のタルシュ、ジャブライル県英語版メディリ英語版シャシリ英語版アサギ・マラヤン英語版シャベイ英語版クチャク英語版フィズリ県アサギ・アブドラフマンリ英語版を制圧したと発表した[166]

10月4日[編集]

アルメニア国防省は、深夜における前線の状況は比較的安定しているが、緊張状態が続いているとした[167]。10月4日9時頃、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がタタールとホラディズ英語版付近でロケット弾を発射していると発表した[168]。10時30分頃、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がアグダム県とタタール県からフィズリ県を砲撃したと発表[169]、アルツァフ国防省はアゼルバイジャン軍がステパナケルトを砲撃したと発表した[170]。約30分後、アゼルバイジャン国防省はギャンジャがアルメニア軍の攻撃を受けていると発表[171][172]、アルツァフ国防省はこの攻撃によって、アルメニア軍がギャンジャ国際空港を破壊したと発表したが[173]、アゼルバイジャンはこれを否定した[174]。14時頃、アゼルバイジャンは、10月4日午前中に前線を視察していたアルツァフ共和国のハルチュニヤン大統領が重傷を負ったと発表したが[175][176]、アルツァフ側は否定した[177]。約1時間後、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍砲兵部隊、装甲車両および補給部隊を破壊する映像を公開した[178]。また、16時頃にアゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍がアグジャバディ県のサリカル英語版、アグダム県のバハール英語版チュラクリ英語版、バルダ県のウチョグラン英語版サベレル英語版を砲撃したと発表した[179]。約40分後にはアゼルバイジャンのアリエフ大統領が、アゼルバイジャン軍がジャブライル県のジャブライル英語版のほか[180]カルクル英語版シュクルベリ英語版ユハルマラヤン英語版カラカン英語版ダケサン英語版ホロブル英語版マフムドル英語版ジャファラバド英語版、デカルを制圧したと発表した[181]。アルメニア国防省は、アゼルバイジャン軍がマタギスから撤退する映像を公開した[182]。22時40分頃、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がタタールとミンゲチェヴィルをロケット弾攻撃し[183]ミンゲチェヴィル貯水池英語版[184]を軍事目標とみなしたと発表したが[185][186][187][188]、アルメニアとアルツァフ側は否定した[189]。約1時間後にアゼルバイジャン大統領府は、アルメニア軍がフズィ県英語版アブシェロン県に中距離ミサイル2発を発射したと発表した[190]

10月5日[編集]

アルメニア国防省によると衝突は一晩中続き[191]、アゼルバイジャン軍は南方から攻撃を開始した[192]。10月5日10時にアゼルバイジャン国防省はアルメニアのジェルムク英語版カパンベルド英語版からロケット弾が発射されたことを示すレーダー記録映像を公開した[193]。アルメニア国防省は、アゼルバイジャン軍がステパナケルトをロケット弾攻撃していると発表した[194]。約1時間後、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がベイラガン英語版、バルダ、タタールを砲撃したと発表した[195]。また、正午にアゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がホラディズとタタールのほか、タタール県、アグジャバディ県、ゴランボイ県、ギョイギョル県英語版の村を砲撃していると発表した[196]。アゼルバイジャン大統領府は、アルメニア軍がギャンジャ、バルダ、ベイラガンおよびその他の都市をミサイルとロケット弾で攻撃していると発表し[197]、アゼルバイジャン国防省はギャンジャがアルメニアのベルダから攻撃を受けたと発表した[198]。16時50分頃、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がアグジャバディ県[199]とベイラガン県の都市を砲撃していると発表した[200]。18時頃、アゼルバイジャン国防省はハドルトに駐留しているアルメニア軍第1自動車化狙撃兵連隊第3大隊が撤退したと発表した[201]。20時20分頃、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍が再びギャンジャを砲撃したと発表[202]。アゼルバイジャンのアリエフ大統領は、アゼルバイジャン軍がジャブライル県のシャハリアガル英語版サルザリ英語版マズラ英語版を制圧し[203]、アルメニア軍が局地的な戦術的撤退を行ったと発表した[204]

10月6日[編集]

衝突は一晩続き、アゼルバイジャン国防省は前線全体で「作戦上および軍事上の優位性」を確保したと発表した[205]。アルツァフ共和国政府は、緊張状態だが状況は安定していると発表した[206]。アゼルバイジャン国防省はまた、アゼルバイジャン軍がバルジャ英語版のアルメニア軍弾薬庫を破壊したと発表し[207]、アルメニア軍の補給物資を破壊する映像を公開した[208]。アゼルバイジャンの情報筋によると、アグダム県がアルメニア軍のロケット弾攻撃を受け、学校と消防車が被害を受けた[209]。16時30分頃、アルメニア国防省はアゼルバイジャン軍が南部戦線で新たな攻勢を開始したと発表し[210]、約30分後にはアゼルバイジャン軍がステパナケルトを砲撃していると発表した[211]。19時頃、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がイェヴラフ県、ゴランボイ県、ベイラガン県英語版を砲撃したと発表した[212]。22時30分頃、アゼルバイジャン検察庁はアルメニア軍のバクー・トビリシ・ジェイハンパイプラインへのミサイル攻撃をアゼルバイジャン軍が阻止したと発表した[213]。直後にアルメニア国防省は、「石油、ガス等のインフラを標的」にしていないと繰り返し否定[214]、アルメニア軍がタタールを砲撃したことを発表した[215]

10月7日[編集]

アゼルバイジャン国防省によると、衝突は前線全体で一晩中続いた[216]。10時頃、アゼルバイジャン国防省はアゼルバイジャン軍がジャブライル県を制圧したと発表[217]、また、シュクルベリで行動するアゼルバイジャン軍の映像を公開した[218]。約30分後には、アルメニア軍がタタール県、バルダ県、アグダム県、アグジャバディ県、フズィ県、ジャブライル県を砲撃していると発表した[219]。正午には、アゼルバイジャン軍がアルメニア軍基地を占領したと発表し[220]、アルメニア国防省はアゼルバイジャン軍がステパナケルトを砲撃していると発表した[221]。15時、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がタタール県とフズィ県を砲撃したと発表[222]。19時30分頃、アルツァフ共和国のハルチュニャン大統領はアルメニア軍が数か所の地域を奪還したと発表した[223]

10月8日[編集]

アゼルバイジャン軍が砲撃したとされる、アルツァフ共和国のガザンチェツォツ大聖堂

衝突は一晩中続き、アルツァフ国防省によると前線は緊張状態が継続し、膠着していた[224]。アゼルバイジャン国防省の発表では、アルメニア軍は早朝からゴランボイ県、タタール県、アグダム県[225]、バルダ県、アグジャバディ県[226]、およびバルダの村を砲撃した[227]。正午頃、アゼルバイジャン大統領府はアルメニア軍がギャンジャ、バルダ、タタールおよびその他の都市をBM-30自走多連装ロケット砲で攻撃したと発表した[228]。アルメニアがシュシャ英語版ガザンチェツォツ大聖堂英語版がアゼルバイジャン軍の砲撃により、被害を受けたと発表したが[229]、アゼルバイジャン側は否定した[230]。13時頃、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がバルダにOTR-21戦術弾道ミサイルを発射したと発表した[231]。15時頃にアルメニア国防省はアルメニア軍がアゼルバイジャン軍の攻撃を撃退したと発表[232]。その後、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がゴランボイ県、タタール県、アグダム県の村を砲撃したと発表し[233]、アルメニア軍の補給物資とインフラを破壊する映像を公開した[234][235][236]

10月9日[編集]

アルメニア軍がミサイル攻撃したとされる、ギャンジャのイマームザーデ廟

アゼルバイジャン国防省によると、午前中にアルメニア軍がゴランボイ県、タタール県、バルダ県、アグダム県[237]、アグジャバディ県とミンゲチェヴィルを砲撃したと発表[238]、また、アゼルバイジャン軍が制圧したジャブライル県の村の映像を公開した[239][240]。アルメニア国防省は、アゼルバイジャン軍がステパナケルトを砲撃していると発表した[241]。14時頃、アゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍がベイラガン県とギャンジャのイマームザーデ廟英語版にミサイルを発射したと発表した[242]。16時30頃、アゼルバイジャン軍がアルメニア本土からミンゲチェヴィルへ飛翔中の弾道ミサイルを撃墜したと発表した[243]。17時頃、アゼルバイジャンのアリエフ大統領は、アゼルバイジャン軍がハドルト[244]、チャイル、ユハリグズリャク英語版ゴラズリ英語版グシュラク英語版カラカラ英語版エフェンディヤル英語版ソル英語版スレイマンリ英語版を制圧したと発表したが[245]、アルツァフ側はハドルトの制圧を否定した[246]。アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍の補給物資を破壊する映像を公開し[247][248][249]スゴブシャンタリシュ英語版を制圧したと発表した[250][251]

10月10日[編集]

アゼルバイジャンとアルメニアの両国外相は9日から10日未明にかけ、モスクワでロシア外相を交えて会談し、アゼルバイジャン領のナゴルノ・カラバフ地域周辺で続く両国軍の戦闘を10日正午から停止させると宣言した。停戦は戦死者の遺体の返還や捕虜の交換を目的とし、具体的な条件はさらに協議するという[252]

一度目の停戦合意とその死文化[編集]

10月10日正午の停戦発効後、アルメニアとアゼルバイジャンは相手国に停戦違反行為があったとして非難し[253]、アルメニア国防省は停戦発効5分後にアゼルバイジャン軍が前線へ攻撃を行ったと発表、アゼルバイジャン国防省もアルメニア軍が人口密集地を攻撃したと発表した[254]

10月11日2時30分頃、アゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍がベルドOTR-21戦術弾道ミサイルでギャンジャを攻撃し[255]、9人が死亡し、34人が負傷したと発表したが[253]、アルメニアとアルツァフ側は否定した[256]。また、アゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍がミンゲチェヴィル水力発電所をミサイル攻撃したと発表した[257]。18時頃、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がアグダム県、タタール県、アグジャバディ県、フィズリ県の村を砲撃したと発表した[258]

小規模の衝突が10月12日まで続き、アゼルバイジャン国防省は、前線上でアゼルバイジャン軍が「優位性」を確保していると発表し[259]、アゼルバイジャンのアリエフ大統領は、アルメニア軍がハドルト奪還を数度にわたって試みたと発表した[260]。その後、アゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍が午前中にアグダム県[261]、タタール県、ゴランボイ県を砲撃したと発表した[262]

二度目の停戦合意とその死文化[編集]

10月17日、アルメニアとアゼルバイジャンは10月18日0時からの「人道的停戦」で合意した[22]。アゼルバイジャン外務省は今回の停戦合意について、アメリカ、フランス、ロシア首脳の声明に基づくものだとした[263]

10月18日、アルメニア国防省はアゼルバイジャン軍が0時4分から2時45分の間に北方へ数発の砲撃と、2時20分から2時45分の間に南方へ数発のロケット弾攻撃をしたと発表した[263]。アゼルバイジャン国防省は、ギャダベイ県英語版トヴズ県に対する、アルメニア軍のチャムバラク英語版ベルド英語版からの越境攻撃を撃退したと発表した[264][265]。12時30分にアゼルバイジャン国防省は、ジャブライルでアルメニア軍のSu-25攻撃機を撃墜したと発表したが、アルメニア側は撃墜を否定した[266]。夕方になってアゼルバイジャンは、トヴズ県とアルメニアのタヴシュ地方の回廊から戦死者を搬送する用意があると述べ[267]、アゼルバイジャンのアリエフ大統領はアゼルバイジャン軍がコダアファリン橋英語版ダム英語版を占領したと発表[268]。19時頃、アゼルバイジャン軍はフィズリを制圧した[269]

10月19日、アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍がゴランボイ県、タタール県、アグダム県、アグジャバディ県を砲撃したと発表[270]。8時頃、アゼルバイジャンのアリエフ大統領は、アゼルバイジャン軍がジャブライル県の村数か所を制圧したと発表した[271]。アルメニア国務省は、アゼルバイジャン軍が砲撃と前進を開始したと発表した[272][273]。12時にアゼルバイジャンは、アルメニア軍がバクー・ノヴォロシースクパイプラインへミサイルを発射したものの標的を外したと発表したが[274]、アルメニア側は攻撃を否定した[275]

10月20日12時頃、アゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍がアグダム県とタタール県を砲撃したと発表[276]。約2時間後にアゼルバイジャンのアリエフ大統領は、アゼルバイジャン軍がザンギラン県英語版ザンギラン英語版、フィズリ県、ジャブライル県、ホジャヴェンド県周辺の村を制圧したと発表[277][278]キャルバジャル県ヴェン英語版をチナリに改名した[279]。アゼルバイジャン国防省はその後まもなく、ザンギランの制圧を示す映像を公開し[280]BBCロシアンサービス英語版がアゼルバイジャン側の発言の裏付けを確認した[281]。アルメニア国防省は、アゼルバイジャン軍がアラス川沿いに後退していると発表したが[282]、アゼルバイジャン側は否定した[283]

10月21日午前中、アゼルバイジャンはアルメニア軍がタタールを砲撃したとして非難し[284]、アルメニアはアゼルバイジャン軍がアグダラを砲撃したとして非難した[285]。20時30分頃、アゼルバイジャンのアリエフ大統領は、アゼルバイジャン軍がフィズリ県、ジャブライル県、ザンギラン県の集落22か所を制圧したと発表した[286]

10月22日、アルメニア国防省はホジャヴェンドがアゼルバイジャン軍によって一晩中砲撃されたと発表した[287]。9時頃、アゼルバイジャン国防省は弾道ミサイルがアルメニア本土からカバラキュルダミル英語版に向けて発射されたと発表したが[288]、アルメニア側は否定した[289]。12時頃、アゼルバイジャン国防省は、アゼルバイジャン軍がナヒチェヴァン自治共和国内でアルメニア軍のUAVを撃墜したと発表した[290]。17時30頃、アゼルバイジャンのアリエフ大統領は、アゼルバイジャン軍がフィズリ県、ジャブライル県の村数か所を制圧したと発表[291]、さらに、アゼルバイジャン軍がザンギラン県アグベンド英語版を制圧し、映像を公開したと述べた[292]。アルメニア側はこの発表を否定した[293]

三度目の停戦合意とその死文化[編集]

10月25日、アルメニアとアゼルバイジャンはアメリカ合衆国の仲介によって、10月26日8時からの「人道的停戦」で合意したが[23]、停戦発効後一時間以内で両サイドより停戦違反の告発があり、戦闘が再開された[294]

10月27日、アゼルバイジャンはアルメニア軍がバルダ英語版付近の村をミサイル攻撃し、民間人4人が死亡、13人が負傷したと発表、アルメニア国防省は攻撃を否定した[295]。また、ナゴルノ・カラバフ人権オンブズマンはアゼルバイジャン軍がゲガルクニク地方マルトゥニ英語版付近の村をクラスター弾を搭載したロケット弾で攻撃し、民間人3人が負傷したと発表した[295]

四度目の停戦合意[編集]

11月9日、アゼルバイジャンは、シュシャを制圧したと発表[296][注 1]

11月10日、アゼルバイジャンはロシア軍のヘリコプターを撃墜したことを謝罪すると発表した[297]。ついでアルメニア、アゼルバイジャン両国はロシアとともに完全な停戦で合意し、ロシアのウラジミール・プーチン大統領、アルメニアのパシニャン首相、アゼルバイジャンのアリエフ大統領がモスクワ時間午前0時より完全な停戦を宣言する文書に署名したと発表。アルメニアは紛争以前の支配地域のうち旧来のナゴルノ・カラバフ地域とラチン回廊を除く、ナゴルノ・カラバフ地域の周辺部分をアゼルバイジャンに返還し、アルツァフ共和国として残る部分にもロシア軍が駐留するほか、ロシアとトルコによる今後5年の平和維持が盛り込まれた[24][298][299]

同日、アルメニアの停戦反対派は首都エレバンにあるアルメニアの国会などの政府庁舎を占拠[24][300]。事実上敗北の協定を結んだ政府に対する抗議運動は収まらず、11月16日にはゾラブ・ムナチャカニャン英語版外相が辞任に追い込まれた[301]

停戦後[編集]

2021年1月11日、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は首都モスクワにアゼルバイジャンのアリエフ大統領、アルメニアのパシニャン首相を招いて首脳会談を行った。戦場となった地域の復興に向けた副首相級による作業部会の設置で合意。戦後復興でロシアが主導権を発揮する狙いがあると報道された[302]が、パシニャン首相は捕虜交換などが未解決だと指摘した[303]

2021年5月27日、アゼルバイジャン国防省は、アルメニア軍兵士が国境を越えて地雷を設置しようとしたとして6人の拘束を発表した。アルメニア国防省は6人が「拉致された」と反論し、5月25日には国境地帯でアルメニア軍兵士1人が死亡したと明らかにした[304]

主要な戦闘[編集]

北部

南部

戦術[編集]

観察[編集]

軍人

ロシア軍機関紙は両軍の人的損耗の統計から、アルメニア軍に比してアゼルバイジャン軍の方がより経験豊富な軍人によって構成されていたと推察している[305]。また、 アルメニアは現地のアルツァフで集めた兵士を最前線に送る一方で、本国からは部隊を出さなかった[305]

CNAロシア研究プログラム責任者でケナン研究所特別研究員のマイケル・コフマンは、アゼルバイジャンが自国兵士の損耗を限定するためにシリアからの傭兵を展開させ、「アゼルバイジャンは当初かなりの損害を出したが、この際、傭兵は第一波の攻撃部隊として消耗品のように使われた。」と主張している[306]

兵器

アゼルバイジャンは石油収入の富[307]などを元手に2010年からの10年間でアルメニアの3倍以上もの軍事予算を編成し[308]イスラエルロシアトルコから最新兵器を購入していた[309]。両国の軍隊はほぼ同規模であったが、アゼルバイジャンは高性能な戦車装甲兵員輸送車及び歩兵戦闘車を保有し[310]、大量のドローンを導入していた。アゼルバイジャンは砲兵(特に自走砲及び長射程の多連装ロケット砲)に強みがあり、一方でアルメニアは戦術弾道ミサイルにわずかな強みがあった[311]

以前のナゴルノ・カラバフ紛争でアルメニア軍に対して劣勢だったアゼルバイジャン軍は、トルコ製攻撃ドローン「バイラクタル TB2」やイスラエル製自爆ドローン「ハーピー」を輸入して、それら兵器での想定される戦域、状況における戦術を研究していた。アゼルバイジャン軍は旧ソ連時代に開発された複葉機An-2)を大量に用意し、これを無人で飛ばしてアルメニアの陣地に突っ込ませ、アルメニアの防空網に迎撃を行わせて布陣された防空兵器の所在をあぶり出し、位置を露呈された地対空ミサイル(SAM)ならびそのレーダーシステムに対してドローンやミサイルで撃破するなど新旧の兵器を組み合わせて活用した[312][313]。当初、アゼルバイジャン軍はAn-2を無人機に改造して囮として使用したと考えられていたが、どの機体も旋回を行わず真っ直ぐに敵陣へ突っ込んで来ており、改造は行われておらずパイロットが操縦して離陸し、進行方向を定めた後にパイロットはパラシュートで脱出するという使い捨て方式だったことが判明している。アゼルバイジャンは囮役のAn-2を突っ込ませてアルメニア防空網のレーダーを起動させたら、次にレーダー波を感知して自爆突入する、イスラエルIAI社製「ハーピー」「ハーピーNG」「ハロップ(ハーピー2)」という徘徊型兵器で攻撃した。 こうしてアルメニア側の防空網が機能しなくなったら、アルメニアの戦車、火砲、ミサイル発射機、塹壕内の兵舎や、後方から前線に向かう増援、補給部隊へ攻撃目標を移し、これらを撃破して戦場で優位に立った。

両国とも防空システムを有していたため、戦争間に有人航空機が使用されることは少なかった[310]

アルメニア軍が導入していた、S-300地対空ミサイルなどロシア製防空網が対抗できなかったことや、ロシア軍が偵察ドローンに偏重して攻撃ドローンの開発・配備が遅れていることが浮き彫りになり、ロシアを含む各国の軍事関係者にも注目されている[313]

作戦

アゼルバイジャン軍は、ナゴルノ・カラバフ中部から北部にかけて構築されたアルメニア軍の要塞地帯「オハニャン線」を迂回し、南部の比較的平坦な地域から攻撃した[314]

分析・教訓[編集]

欧州外交関係委員会のグスタフ・グレッセル博士による分析は以下の通りである[315]

アルメニアの敗因は対ドローン防空システム及び電子戦装置の欠如である。アルメニアで最も「近代的な」防空システムであるS-300 (ミサイル)のPT及びPSシリーズと9K37ブークのレーダーは小さくて遅いドローンを無視するように設計されており、それを再設定するためにはシステム全体の大規模改修が必要だった。また、アルメニアに配備されているロシア製兵器は、輸出用のモンキーモデルであり、小さなドローンの検出に必要な、複数のレーダの機影を一つに集約するプロットフュージョン機能を有していなかった。また、アルメニアはドローンと誘導装置の通信を遮断するための電子戦装置を有していなかった。戦争の最後の数日間のみ、アルメニアの都市ギュムリに駐屯するロシア軍がクラスハ電子戦システムを運用してアゼルバイジャンのバイラクタル TB2の活動を妨害した[316]。それでもアゼルバイジャンは、ドローンの自律機能により運用を続けた。この教訓は、米国、ロシア、中国だけでなくトルコ、イスラエル、南アフリカなどの地域大国においても自律型致死兵器の研究を促すだろう。

アゼルバイジャンの勝因はドローンと火砲を連携させ、敵予備隊を阻止し、局地的に戦闘力を優越させて各個撃破したことである。アゼルバイジャンは、①偵察ドローンにより敵の主戦闘地域の陣地の位置及び予備部隊の位置を標定、②クラスター爆弾多連装ロケット砲LOLA戦域弾道ミサイルにより予備部隊を打撃するとともに主戦闘地域と予備部隊を結ぶ橋・道路を破壊。(この際コマンド部隊による遊撃行動を併用 [317])③予備隊が増援できず孤立した地域に戦力を集中して各個撃破した。この戦術は、一般的に防御が容易であると考えられている山岳地帯で有効であった。なぜならば山岳地帯では主戦闘地域と後方地域を結ぶ道路が少ないため、ドローンは容易に目標を発見できるからである。アゼルバイジャンのドローンの運用が洗練されている一因にはトルコの軍事顧問の存在がある。

ヨーロッパのほとんどの防空部隊はアルメニア軍と同様にドローンに対処できない。冷戦以降、ヨーロッパの軍隊は機関砲タイプの自走式対空砲を段階的に廃止してきた。主に配備している携帯式防空ミサイルシステムスティンガーミサイル9K38 イグラなどは小さなドローンを標定することが難しい。ヨーロッパの軍隊は、ドローンを標定するための高解像度のセンサーフュージョン又はプロットフュージョン機能を持つ装甲化された防空システムを有していない。フランスとドイツだけが短距離のドローン妨害装置及び基地防空アセットを有している。

英国王立防衛安全保障研究所(RUSI)のジャック・ワトリング博士とシドハース・カウシャル博士は戦術弾道ミサイル及びドローンの普及により、中小国は長射程精密射撃が可能となり、大国と同じ戦術が行えるようになったと分析する[注 2][318]。アゼルバイジャンが運用したドローンはそれ自体で精密攻撃が行え、さらに旧来の野戦砲及び多連装ロケット砲の観測手段として使うことによって安価に長射程精密射撃を可能とした。これにより、かつては大国の領分であった、縦深地域の集結地、指揮所、兵站地域、予備部隊、重要な橋・道路、重要なインフラ施設を攻撃できた[注 3]。この際、ドローンと戦術弾道ミサイルは一般的な軍隊の防護の「隙間」を縫って機能するため対処が難しいという[注 4]。対処手段は多層的な防空システム及び電子戦装置を導入することであるが、これらは高価であることが問題となる。さらに防空システムや電子戦装置は電波を発射することによって敵に位置を暴露する弱点がある。そのため、デコイ、偽電波発射、陽動といった欺騙を積極的に行ってその弱点を補う必要がある[319]

フォーリン・ポリシー誌は、両国が公開する映像から両軍の部隊運用の稚拙さを指摘する。航空優勢が失われているにもかかわらず、戦車等は偽装もせずに密集したり、また遮蔽物のない広く開けた地域を諸職種協同の掩護もなく前進して撃破されているからである。両軍の戦車等の大量損耗の原因は、最新装備の有無よりも訓練不足であると総括する[注 5][320]

アルメニアとアゼルバイジャンの非軍事的行動[編集]

アルメニア[編集]

アルメニアのエレバンに掲げられた、アルツァフ共和国を支援するスローガン

9月28日、予備役動員リストに登録されている18歳以上の全ての男性の出国を禁止した[321]

9月29日、2008年の大統領選挙後の騒乱事件で起訴されたロベルト・コチャリャン前大統領とその他関係者の裁判を延期した。被告の一人、セラン・オハニアン英語版元国防相がアゼルバイジャンが攻撃中のアルツァフ共和国に行ったためとしている[322]

10月1日、TikTokへのアクセスが遮断された[323]アルメニア国家保安庁英語版が、アゼルバイジャンのスパイ容疑で元アルメニア軍高官を逮捕、起訴したと発表し[324]、10月4日にはスパイ容疑で複数の外国人が逮捕された[325]

また、10月1日にアゼルバイジャンへの武器売却に抗議して、駐イスラエル大使を召還した[326]

アゼルバイジャン[編集]

アゼルバイジャン国旗を手にバクー市内を行進する市民

9月27日、アゼルバイジャン当局は軍事衝突直後にインターネット接続を制限した。公式声明では、アルメニアの挑発を防ぐためとされた[327]アゼルバイジャン国民議会は、9月28日深夜からバクーギャンジャギョイギョル英語版イェヴラフ英語版をはじめとする多くの地域で夜間外出禁止令を宣言した[328][329]アゼルバイジャン航空は、9月30日まで国内全ての空港が閉鎖され、国内線が運休すると発表した[330]。アゼルバイジャン軍事検察庁は、フィズリ英語版タタール、カラバフ、ギャンジャでの戦争犯罪およびその他犯罪の捜査を開始した[331]

9月28日、アリエフ大統領は部分的動員を承認する法令を発行した[332]

12月10日、アゼルバイジャンは首都バクーで戦勝パレードを開催した。同国を支援したトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が主賓格で招かれて「栄誉ある勝利」と祝辞を述べ、トルコ軍兵士も行進に参加した[333]

死傷者と両軍の損害[編集]

民間人および両軍兵士の死傷者数は公式には数百人から数千人と幅があり、両政府当局から発表された死傷者数の検証はされていない[334]アゼルバイジャン第2の都市のギャンジャや、アルツァフ共和国首都であるステパナケルトを含む主要都市が被害を受け、多くの住居が破壊された[335][336]

民間人[編集]

アルメニアの発表によれば、9月27日にアルツァフ共和国のマルトゥニ地区英語版でアゼルバイジャン軍の砲撃により民間人2人が死亡、ステパナケルトで約12人が負傷した[337][338]。しかし、アゼルバイジャン国防省はアルメニアの発表を否定した[339]。10月10日、アルメニアのメディアは、ハドルトで障害を持つ母親と息子の2人がアゼルバイジャンの侵入者によって殺害されたと報じた[340][341]。アルメニアは10月17日までに、民間人40人が軍事衝突で死亡と発表した[342]

アゼルバイジャンの発表によると、アルメニア軍は人口密集地域を標的にしており[343]アゼルバイジャン検察庁英語版は10月17日の時点で、民間人60人が死亡、270人が入院したとしている[344]

アルメニアの情報筋によると、軍事衝突によってアルツァフ共和国の人口の半分にあたる約70,000人が避難した[345]

報道関係者にも被害が出ており、10月1日、マルトゥニでの軍事衝突を報道したル・モンドのフランス人ジャーナリスト2人が、アゼルバイジャン軍の砲撃により負傷した[346]。1週間後には、シュシャ英語版で報道していたロシア人ジャーナリスト3人がアゼルバイジャン軍の攻撃で重傷を負った[347][348]。10月19日、AzTV英語版のアゼルバイジャン人ジャーナリストがアグダム県で中継中、アルメニア軍の砲撃によって負傷した[349]

軍人[編集]

負傷したアゼルバイジャン軍兵士を見舞う、アリエフ大統領と夫人のメフリバン第一副大統領

軍事衝突後、アゼルバイジャン政府は戦死者数を公表していないが[350]、アルメニアおよびアルツァフは、6,109人のアゼルバイジャン軍兵士とシリア人傭兵が戦死したと発表している[351]。10月17日時点で、アルメニアのカラバフレコードのウェブサイトでは、戦死した819人のアゼルバイジャン軍人の氏名と階級を公表している[352]。10月6日、アゼルバイジャン国防省は、アゼルバイジャン軍部隊が敗走し、200人の戦死者[353][354]を出したとするアルメニア国防省の発表を否定した[355]シリア人権監視団は、アゼルバイジャン軍とともに戦闘に参加していたシリア人戦闘員または傭兵が、少なくとも134人戦死したとしている[356]

10月20日時点でアルツァフ当局は772人の兵士の戦死を発表し[357]、アゼルバイジャン当局は9月30日時点で2,300人以上のアルメニア軍兵士が戦死または負傷したと発表した[9]。アルメニア人の死傷者の年齢層は20歳代と推定されている[358]

10月15日、アゼルバイジャン軍兵士によって拘束されたアルメニア人2人が処刑される映像が浮上した[359]。アルツァフ当局は1人を民間人として特定した[360]欧州人権裁判所のアルメニア代表は、公式の苦情申し立てを裁判所へ行う調査をしていると述べた[361]。調査報道ウェブサイトのベリングキャットは映像を分析した結果、映像は本物であり、処刑された2人は10月9日から15日の間にアゼルバイジャン軍の捕虜となり、その後処刑されたアルメニア軍兵士であると結論付けた[359]

インフラ[編集]

10月8日、シュシャ英語版にあるガザンチェツォツ大聖堂英語版がアゼルバイジャン軍の砲撃によって損傷した[362]。10月19日には、アルメニア軍の砲撃によって、タタール県英語版アザド・カラコユンル英語版にある綿花工場で火災が発生し、工場施設が全焼した[363]。アルメニアが支援するナゴルノ・カラバフ人権オンブズマンの報告では、5,800の私有財産、自家用車520台が破壊され、960箇所の民間インフラ、産業および公共物が損傷した。また、アゼルバイジャン検察庁は民家1,941棟、民間施設382箇所、高層住宅90棟が被害を受けたと報告している[344][364]

兵器[編集]

10月7日までにアゼルバイジャン軍は、アルメニア軍の戦車および装甲車両約250両を破壊したほか、軍用車両150両、前線指揮所および監視所11箇所、BM-27を含む自走多連装ロケット砲と榴弾砲270門、S-300地対空ミサイルシステム4基、9K33自走地対空ミサイルを含む防空システム60基、UAV(無人航空機)18機、弾薬庫8箇所を破壊した[9][10][365][366]。10月12日、アゼルバイジャン軍はOTR-21自走戦術弾道ミサイル1両を破壊したと発表、10月14日には、T-72戦車5両、BM-21自走多連装ロケット砲3両、9K33自走地対空ミサイル1両、BMP-2歩兵戦闘車1両、KS-19高射砲1門、D-30榴弾砲2門などを破壊したと発表した[367]。また、ギャンジャととミンゲチェヴィルを攻撃していた9K72戦域弾道ミサイル発射機3両を破壊したと発表した[368]。アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領は、10月16日時点でアルメニア軍の損失は20億米ドルに上ると述べた[369]

アルメニアとアルツァフは当初、アゼルバイジャン軍のヘリコプター4機撃墜、戦車および歩兵戦闘車10両、UAV15機を破壊したと発表していた[370]。その後、戦車および装甲兵員輸送車36両、装甲戦闘工兵車2両、ヘリコプター4機、UAV27機を開戦初日に破壊したと発表し[371]、アゼルバイジャン軍戦車5両が撃破または損傷した映像を公開した[372]。10月2日、アルツァフ国防軍は、アゼルバイジャン軍のT-90戦車を含む軍用車両39両、Su-25攻撃機4機、Mi-24攻撃ヘリコプター3機、UAV17機を破壊したと発表した[373]

国際社会の反応[編集]

ロシアの旗 ロシア - 欧州安全協力機構ミンスクグループ英語版の共同議長国であるロシアは中立を保ち、仲介役に徹している。10月2日、共同議長国であるフランスアメリカ合衆国とともに、ナゴルノ・カラバフでの敵対行動の即時停止を求め、アルメニアとアゼルバイジャンに前提条件なしでの停戦交渉を継続するよう要請した[374]。10月6日、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相とイランのカウンターパートであるモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外相は、トルコのアゼルバイジャン支援の可能性とともに、今回の軍事衝突へのシリアとリビアの戦闘員関与について懸念を表明した[375][376]。ロシアとアルメニアは集団安全保障条約に加盟しているが、10月8日にロシアのプーチン大統領は、軍事衝突はアルメニア領土では発生していないため、ロシアは軍事介入しないだろうと述べ[377]、ロシアはアルメニアとアゼルバイジャン双方と良好な関係であることを確認した。10月9日、ラブロフ外相はモスクワでアルメニアとアゼルバイジャン外相との10時間におよぶ会談後、停戦を仲介したがすぐに破られた[378]。10月22日、プーチン大統領は、1980年代に発生したアルメニアとアゼルバイジャンの民族衝突が紛争の根源であるとの考えを示し、特にアゼルバイジャンのスムガイトで発生した民族暴動に言及した[379][380]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 - 9月27日、アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領は、軍事衝突を「強い関心をもって注視している。事態を止めることができるか検討する」と述べた[381]2020年アメリカ合衆国大統領選挙候補のジョー・バイデン元副大統領は、トルコが今回の紛争に「立ち入らない」よう要求した[382]。多くのアメリカ合衆国議会議員は、アゼルバイジャンに対する批判を声高に発言し、10月22日にはフランク・パロン英語版下院議員は、「アルツァフ共和国を支持し、民族自決の権利を認め、アゼルバイジャンとトルコの侵略を非難する」として、数十人の同僚議員の支持を得て超党派の決議を導入すると述べた[383]。10月23日、マイク・ポンペオ国務長官がアルメニアおよびアゼルバイジャンの外相と停戦に向けて個別に会談、トランプ大統領は軍事衝突の終結に向けて「良好な進展」が見られるとしつつも、詳細は語らなかった[384]。10月25日、ロバート・オブライエン国家安全保障問題担当大統領補佐官は、「大統領の指示の下、我々は週末中ずっとアルメニアとアゼルバイジャン間の停戦仲介の努力をしてきた。アルメニアは停戦を受け入れたが、アゼルバイジャンはまだだ。我々は彼らに合意するように促している」と語った[385]。10月25日、アメリカ合衆国国務省はアルメニアとアゼルバイジャンとの共同声明を発表し、10月26日8時からの人道的停戦で合意したことを明らかにした[386]

トルコの旗 トルコ パキスタン - トルコとパキスタン政府はアゼルバイジャンへの支持を表明しており、停戦違反したとしてアルメニアを非難した[387][388][389]。トルコのエルドアン大統領は当初、アゼルバイジャンにナゴルノ・カラバフ戦争で失われた全ての領土を奪還するまで軍事行動を続けるよう促した[390]。また、過去25年間にわたる欧州安全協力機構ミンスクグループの活動を失敗だとし、外交的解決を妨げる「行き詰まった戦術」と批判した[391]。さらに10月1日には、フランス、ロシア、アメリカからの停戦の共同要求を却下する声明を発表した[392][393]。なお、トルコのみが国家承認する北キプロス・トルコ共和国もアゼルバイジャンへの支持を表明している[394]

キプロスの旗 キプロス - キプロスは、アゼルバイジャンの停戦違反とエスカレートする行動を非難し、平和的交渉への復帰を求めた[395]

シリアの旗 シリア - シリアのバッシャール・アル=アサド大統領は、軍事衝突へのトルコの介入を非難した[396]

ギリシャの旗 ギリシャ - ギリシャのニコス・デンディアス英語版外相は10月16日にアルメニアの首都エレバンを訪問し、トルコの介入が深刻な国際的懸念を引き起こしているとし、他国の干渉を終わらせることが重要であるとの認識を示した[397]

イスラエルの旗 イスラエル - イスラエルのルーベン・リブリン大統領は、暴力の再開と人命の損失に遺憾の意を表明し、長年のアゼルバイジャンとの協力関係は攻撃的な目的ではないと述べ、イスラエルはアルメニアとの関係促進に関心があり、人道的援助の提供準備ができていると付け加えた[398]ベニー・ガンツ国防相は、トルコがこの地域の和平努力を妨害したとして非難し、「直接的なテロ行為」を中止するよう、トルコに国際的な圧力をかけるよう求めた[399]。イスラエルは、アゼルバイジャンへの支援停止の可能性についてのコメントを拒否した[400]

イランの旗 イラン - イランは、今回の軍事衝突に対する軍事的解決策は存在しないと述べ、停戦と政治対話の必要性を強調し、軍事衝突への懸念を表明、また、アゼルバイジャンの領土奪還への支持を表明した[401][402]

アフガニスタン・イスラム共和国の旗 アフガニスタン - アフガニスタンは、アルメニアによるナゴルノ・カラバフの占領終結を求め、停戦を呼びかけるとともに平和的解決を促した[403]

日本の旗 日本 - 10月1日、日本の加藤勝信内閣官房長官は軍事衝突によって民間人を含む人的被害が出ていることに対して「深刻な懸念」を表明し、全ての当事者に軍事行動の即時停止と最大限の自制、対話の実施を求めた[404]

 ハンガリー - ハンガリーは、アゼルバイジャンの領土奪還を支持し、欧州安全協力機構ミンスクグループによる紛争解決策を支持すると述べた[405][406]

 ウクライナ - ウクライナは、アゼルバイジャンの領土奪還を支持するものの、アルメニアとアゼルバイジャン双方に軍事援助を提供しないと述べ[407][408][409]、国内のアルメニア人英語版アゼルバイジャン人英語版コミュニティ間の民族衝突を回避したいと述べた[410]

アルバニアの旗 アルバニア - アルバニアは、アゼルバイジャンの領土奪還を支持すると述べ、紛争解決のための平和的交渉を双方に呼びかけた[411]

ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ - ボスニア・ヘルツェゴビナのシェフィク・ジャフェロヴィチ英語版大統領評議会議長とバキル・イゼトベゴヴィッチ大統領評議会ボシュニャク人代表は、1992年から1995年まで続いたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争と比較しつつ、アゼルバイジャン支持を表明し、アルメニアを非難した[412][413]

アルゼンチン[414]カナダ[415]チリ[416]中国[417]クロアチア[418]エストニア[419][420]フランス[421][422][423]ジョージア[424]ドイツ[387]インド[425][426]インドネシア[427]カザフスタン[428]ラトビア[429][430]リトアニア[431][430]モルドバ[432]ポーランド[433]ルーマニア[434][435]サウジアラビア[436]イギリス[437]ウルグアイ[438]バチカン[387]は、軍事衝突の平和的解決を求めた。

承認または一部国が国家承認している沿ドニエストル共和国アブハジア共和国南オセチア共和国・アラニヤ国は、アルツァフ共和国の独立と支持を表明した[439][440][441][442][443][444]

評価[編集]

政治学者広瀬陽子らによると、諸当事国はこの戦争の停戦後に以下のような損得がある。

アゼルバイジャン

ナゴルノ・カラバフ地域の約4割を奪回するとともに、分断されていた飛び地ナヒチェヴァン自治共和国とアゼルバイジャン本土を結ぶ輸送路を獲得した。ナゴルノ・カラバフ首都ステパナケルトを見下ろすシュシャ及びロケット砲が届くアグダム地区を占領し、いつでも砲撃できる態勢を構築するとともに[445]、アルメニア本土とステパナケルトを結ぶ輸送路を支配下に置くといった軍事的利益を得た。一方でナゴルノカラバフ問題は未解決のままであり、憲法上禁止されているアゼルバイジャン国内へのロシア軍の駐留を許す不利益を被ることとなった[446]

アルメニア

ナゴルノ・カラバフ地域の約4割を失い、同地に居住していたアルメニア系住民約8万人の生活基盤が失われた[445]。ナゴルノ・カラバフの全ての緩衝地帯を失い、特にナゴルノ・カラバフ首都ステパナケルトは軍事的脅威に晒されることとなった[445]。またナゴルノ・カラバフにロシア軍の駐留を許す不利益を被ることとなった。

ロシア

ソ連の未承認国家では唯一影響力を及ぼせていなかったナゴルノ・カラバフにロシア軍を駐留させ、アゼルバイジャン、アルメニアの双方に対する存在感を高めた[27]。また最終的に停戦を主導し、欧米に紛争の仲介役をさせず、南コーカサスにおける欧米の影響力を著しく低下させた。一方で、アルメニア軍のロシア製防空システムが機能していなかったこと、またアルメニアを事実上見放したことは、ロシアの軍事的地位を低下させた。さらに紛争の結果、トルコの影響力拡大が現実の脅威として大きくなった。以上のことから、ロシアにとって利益もあったが、損失も大きかった[447]

トルコ

アゼルバイジャンがナヒチェヴァン自治共和国との輸送路を確保したことにより、カスピ海へのアクセスが容易となり、中央アジアへの影響力を拡大させる上で有益な手段を獲得した[446]。軍事的にはトルコ製のUAVの評価が高まった[注 6]。今後、トルコの旧ソ連地域における影響力拡大は極めて大きくなる[447]

米仏

米仏は仲介役を果たせず、コーカサスに影響力を及ぼしうる大国としての立場を失った[447]

イラン

アゼルバイジャン本土とナヒチェヴァンを結ぶ回廊が建設されることにより、アゼルバイジャンにとってのイランの重要性が低下した[447]

復興と開発[編集]

アゼルバイジャンは2021年度予算で、復興事業費22億マナト(約1300億円、歳出全体の8%)を計上[448]

トルコとアゼルバイジャン本土へはナヒチェバン経由で陸続きとなり、物流、電力供給・天然ガス供給などのエネルギールートが開かれる見通し[448]

奪還したフズリで3000メートル級の滑走路を有する空港を2021年内に開港予定。併せてシュシャと空港を直結する幹線道路も2022年に完成予定。アゼルバイジャンは空港を拠点に復興を加速させる考え。また、同空港はアルメニアや周辺ににらみを利かせる戦略上の拠点となる見通し[449]

鉱物資源開発公社アゼルゴールドのイブラヒモフ総裁は、解放地域にある亜鉛モリブデンタングステン鉱床の開発計画を2021年8月に政府へ提出予定であると述べた[450]

注釈[編集]

  1. ^ シュシャはナゴルノ・カラバフ最大都市ステパナケルトとアルメニア本国を結ぶ後方連絡線上の要衝。
  2. ^ ハーピーの単価は約700万円と安価であるため、防衛予算が2000億円以下のアゼルバイジャンでも導入できた。
  3. ^ アゼルバイジャンはGPS及びTV終末誘導で平均誤差半径(CEP)が約10mのLOLA戦術弾道ミサイルにより、敵の後方連絡線であるアカリ川に架かる橋を破壊し、アルメニア軍の増援を困難にした。一方でアルメニアが保有する トーチカU(CEP150m)やスカッドB(CEP450m)はアゼルバイジャンの都市ガンジャミンゲチェヴィルの発電所や貯水池を攻撃した。中小国は兵站施設にも重要なインフラ施設のどちらも攻撃できるようになった。
  4. ^ 既存の高・中距離防空システムは高速度のジェット機等を目標とすることに最適化されているため、ドローンの標定は難しい。さらに攻撃ドローンに搭載されるMAM-L小型精密誘導弾などは射程約8~10kmであり、ほとんどの短距離防空(SHORAD)システムの射程外から攻撃できる。また戦術弾道ミサイルは、終末高高度防衛と高・中高度防空の隙間となる高度約40㎞で弾道飛行する。
  5. ^ ソーシャルメディア等公開映像には、植生がない場所で逆に過剰な偽装がされた車両、轍が目立つ車両の陣地、上空から暴露した塹壕、道路上で密集して待機する数十名の人員などが映し出されている。記事の筆者は戦史家、元米陸軍将校。
  6. ^ ロシアと緊張関係にあるウクライナがトルコとの軍事協力を深化させるようになった。

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c "URGENT: Turkish F-16 shoots down Armenia jet in Armenian airspace". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  2. ^ Ravid, Barak (30 September 2020). "Azerbaijan using Israeli "kamikaze drones" in Nagorno-Karabakh clashes". Axios. 2020年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  3. ^ "Azerbaijani official says military using Israeli-made drones in war with Armenia". i24 News. 30 September 2020. 2020年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  4. ^ Major General Mayis Barkhudarov: "We will fight to destroy the enemy completely"
  5. ^ a b アゼルバイジャン軍の死者2700人超 ナゴルノ紛争
  6. ^ "Tərtərdə zədələnən döyüş helikopteri peşəkarlıqla öz ərazimizə endirilib". report.az (アゼルバイジャン語). Report Information Agency. 27 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  7. ^ "A total of 790 Azerbaijani servicemen eliminated". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  8. ^ a b "9-year old child, elderly mother of fallen war veteran among 4 civilian casualties in Artsakh". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  9. ^ a b c "Up to 2,300 enemy soldiers were killed". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  10. ^ a b "Azerbaijan's MoD: Up to 200 tanks, 228 artillery cannons, 300 units of air defense systems of Armenia destroyed". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  11. ^ "Armenia-Azerbaijan conflict: Macron warns Turkey on 'warlike' rhetoric". BBC News. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  12. ^ Staff, Reuters (1 October 2020). "Two French journalists seriously wounded after shelling in Nagorno-Karabakh". www.reuters.comより2020年10月1日閲覧
  13. ^ “「将来の指導者が解決」 ナゴルノ帰属でロシア大統領”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2020年11月18日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020111800179&g=int 2020年11月18日閲覧。 
  14. ^ "【地球コラム】ナゴルノカラバフ、紛争再燃". 時事ドットコム.
  15. ^ a b Kofman, Michael (2 October 2020). "Armenia–Azerbaijan War: Military Dimensions of the Conflict". Russia Matters. Belfer Center for Science and International Affairs. 2020年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月3日閲覧Turkey has publicly, and militarily, backed Azerbaijan in this conflict....
  16. ^ Kucera, Joshua (29 September 2020). "As fighting rages, what is Azerbaijan's goal?". EurasiaNet (英語). 2020年9月29日閲覧
  17. ^ "UN Security Council calls for immediate end to fighting in Nagorno-Karabakh". France 24 (英語). Associated Press. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  18. ^ Sofuoglo, Murat (28 September 2020). "What's Iran's role in the Armenia–Azerbaijan clash?". TRT World. 2020年10月7日閲覧
  19. ^ a b Fenton-Harvey, Jonathan (6 October 2020). "How the Armenia–Azerbaijan conflict could spiral into a proxy war". The New Arab. 2020年10月7日閲覧
  20. ^ "紛争再燃のアゼルバイジャン 日本に関与求める". テレビ朝日. 3 October 2020. 2020年10月10日閲覧
  21. ^ "アゼルバイジャンとアルメニア、停戦と協議開始で合意". AFP BB NEWS. 10 October 2020. 2020年10月10日閲覧
  22. ^ a b "アゼルバイジャンとアルメニアが2度目の停戦". AFP BB NEWS. 18 October 2020. 2020年10月18日閲覧
  23. ^ a b "アルメニアとアゼルバイジャン、米仲介で今月3度目の停戦合意". BBC NEWS JAPAN. 26 October 2020. 2020年10月26日閲覧
  24. ^ a b c ナゴルノ紛争「完全停戦」で合意、アゼル「アルメニアの降伏」と主張” (日本語). www.afpbb.com (2020年11月10日). 2020年11月10日閲覧。
  25. ^ a b 廣瀬陽子 (2020年10月19日). “国際報道2020特集ワールドアイズ「なぜ再燃? ナゴルノカラバフ紛争」”. NHK. 2021年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月3日閲覧。
  26. ^ 立花優 (2020年10月23日). “アップデートされた紛争~ナゴルノ・カラバフ紛争再燃”. imidas. 2021年1月3日閲覧。
  27. ^ a b ナゴルノカラバフ紛争再燃 緩む国際秩序にほくそ笑むロシア”. WEDGE Infinity(ウェッジ) (2020年12月22日). 2021年3月21日閲覧。
  28. ^ "アルメニアとアゼルバイジャン、係争地で軍戦闘". AFP BB NEWS. 27 September 2020. 2020年10月2日閲覧
  29. ^ "Nagorno-Karabakh announces martial law and total mobilization". Reuters. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  30. ^ "Azerbaijan and Armenia clash over disputed Nagorno-Karabakh region". BBC. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  31. ^ "Bütün cəbhə boyu qoşunlarımız əks-hücum əməliyyatına başlayıb" (Azerbaijani). Ministry of Defense of Azerbaijan. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  32. ^ "President of European Council appeals for military action to stop within Nagorno Karabakh conflict". Trend News Agency. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  33. ^ "Armenia says it shot down two Azerbaijani copters in dispute". Stars and Stripes. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  34. ^ "Tensions flare between Armenia and Azerbaijan over new clashes". Gulf Times. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  35. ^ "アルメニアとアゼルバイジャンが戦闘、多数死傷 係争地めぐり". BBC NEWS JAPAN. 28 September 2020. 2020年10月1日閲覧
  36. ^ "President Ilham Aliyev: Azerbaijani Army is currently firing on and dealing blows to the enemy's military positions". Azerbaijan State News Agency. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  37. ^ "Fighting Erupts Between Azeris and Armenians Over Disputed Land". Bloomberg. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  38. ^ "Առավոտյան նաև եղել են Վարդենիսի ուղղությամբ հարվածներ Հայաստանի տարածքին. Հովհաննիսյան". «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2020年9月27日閲覧
  39. ^ "Azərbaycan Ordusu 6 kəndi erməni işğalından azad edib". Report.az. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  40. ^ "Azərbaycan Ordusu daha bir kəndi erməni işğalından azad edib". report.az (アゼルバイジャン語). Report Information Agency. 27 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  41. ^ LLC, Academy Of Development. "Հաղորդագրություն | ԼՂՀ պաշտպանության նախարարության պաշտոնական կայք". nkrmil.am. 2020年9月27日閲覧
  42. ^ "Ermənistan hərbi birləşməsinin komandanlığına təslim olmaq barədə təklif edilib". mod.gov.az (アゼルバイジャン語). 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  43. ^ "Murov dağı silsiləsindəki əhəmiyyətli yüksəklik azad olunub" (Azerbaijani). Ministry of Defence of Azerbaijan. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  44. ^ "MN: Murov dağı silsiləsindəki Murov zirvəsi işğaldan azad olunub". report.az (アゼルバイジャン語). Report Information Agency. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  45. ^ "Azerbaijan's Defense Ministry: Armenian army ammunition depot was destroyed". azertag.az (英語). Azerbaijan State News Agency. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  46. ^ Hashemzadeh, Mehri (27 September 2020), Teymouri, Robab (ed.), اصابت راکت به روستای خلف بیگلو خسارت مالی و جانی نداشت (ペルシア語), Iranian Students News Agency, 2020年9月28日閲覧
  47. ^ "MN: Düşmənin 3 silah-sursat anbarı, onlarla texnikası məhv edilib, 550-dən artıq canlı qüvvə itkisi var" (アゼルバイジャン語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  48. ^ "Azerbaijani army continue to destroy enemy equipment". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  49. ^ "Defense Ministry: The enemy is warned for the last time". azertag.az (英語). Azerbaijan State News Agency. 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  50. ^ "MFA: Azerbaijan's Tartar city intensively fired by the Armenian side". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  51. ^ "Two more enemy tanks were destroyed – VIDEO". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  52. ^ "Президент Арцаха: Армия обороны осуществила несколько блестящих военных действий". news.am (ロシア語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  53. ^ "Azerbaijani MoD: Advantageous high grounds around Talysh village cleared of enemy". azvision.az (英語). AzVision. 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  54. ^ "Vagif Dargahli: "There are mercenaries of Armenian origin from Syria and different countries of the Middle East among the losses of the enemy"". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  55. ^ "Azerbaijani MoD: The two more enemy tanks were destroyed – VIDEO". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  56. ^ "На территории Вардениса армянская сторона сбила азербайджанский БПЛА". armenpress.am (ロシア語). Armenpress. 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  57. ^ "Армия обороны НКР наносит сокрушительные контрудары азербайджанским войскам". armenpress.am (ロシア語). Armenpress. 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  58. ^ "Vagif Dargahli: "The Armenian Army is facing a shortage of food and medicines"". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  59. ^ "MoD: Enemy artillery units in the Aghdara direction were hit – VIDEO". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  60. ^ "Azerbaijani MoD: Several more enemy military vehicles were destroyed – VIDEO". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  61. ^ "Vagif Dargahli: "The enemy fired at the territory of the Goranboy region"". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  62. ^ "Армянская сторона улучшила свои позиции на некоторых участках: АО Арцаха". armenpress.am (ロシア語). Armenpress. 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  63. ^ "АО Арцаха уже пресекла атаку врага и способна продвинуться на ее территорию: Товмасян". armenpress.am (ロシア語). Armenpress. 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  64. ^ "Azerbaijan suffers serious manpower losses – 370 servicemen killed within few hours". armenpress.am (英語). Armenpress. 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  65. ^ "Artsakh downs hostile airplane". armenpress.am (英語). Armenpress. 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  66. ^ "MoD: "Information spread about shooting down of aircraft of Azerbaijani Air Force is false"". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  67. ^ "MoD: Information spread by the Armenian side on firing F-16 fighters of Azerbaijan Air Forces is false, Azerbaijan does not have F-16". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  68. ^ "Iran tells Armenia, Azerbaijan region cannot afford another war". presstv.com (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  69. ^ "Intense fighting continued during the all night - VIDEO". mod.gov.az (英語). Azerbaijani Ministry of Defence. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  70. ^ "Territory of Dashkesan region is shelling from the territory of Armenia". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  71. ^ "Foreign Ministry denies Azerbaijani accusations against Armenia". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  72. ^ "Hikmat Hajiyev: "Armenia's aggression against Azerbaijan is also conducted from its own territory"". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  73. ^ "Azerbaijan Army's offensive operation to liberate Fizuli city continues". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  74. ^ "Vagif Dargahli: "Not an inch of liberated territories has been lost"". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  75. ^ "Artsakh destroys group of attacking Azerbaijani armored equipment". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  76. ^ "Azerbaijani MoD: Another two more enemy tanks were destroyed - VIDEO". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  77. ^ "Artsakh shoots down another Azeri attacking drone". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  78. ^ "Azerbaijan shells Armenia military base across state border amid ongoing attack on Karabakh". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  79. ^ "Azerbaijani MoD: Azerbaijani armed forces destroy Armenia's regiment". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  80. ^ "Artsakh denies Azeri report on losing base in Martuni". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  81. ^ "Vagif DargahIi: "Colonel of Armenian Army destroyed"". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  82. ^ "Azerbaijan's MoD: Enemy's Uragan multiple rocket launcher destroyed". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  83. ^ "Azerbaijan suffered nearly 60 manpower losses overnight during aggression against Artsakh". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  84. ^ "Azerbaijani MoD: "Armenian side presents old videos to the population as new"". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  85. ^ "Artsakh shoots down at least one more Azerbaijani attacking gunship as battles continue". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  86. ^ "Vagif Dargahli: "Helicopters are not used in today's battles"". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  87. ^ "MoD: Enemy's tank destroyed in the direction of Aghdere". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  88. ^ "Artsakh releases footage of downing two Azeri gunships". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  89. ^ "Azerbaijan bombards Armenian villages across state border". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  90. ^ "Azerbaijan's MoD: Enemy's command-and-observation post on site of Hadrut completely destroyed". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  91. ^ "Armenian troops forced to deploy heavy weapon systems as Azerbaijan fires TOS-1A, Smerch launchers". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  92. ^ "Azerbaijan's MoD: Enemy's counterattack attempt repulsed, corpses of Armenian soldiers left on battle ground". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  93. ^ "Azerbaijani attacking forces continue suffering heavy losses – 5 tanks, 11 UAVs destroyed by Artsakh". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  94. ^ "Vagif Dargahli: The S-300 ADMS put forward from Armenia for use in battles will be destroyed as soon as they enter our occupied territories". APA.az (アゼルバイジャン語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  95. ^ "WATCH: Artsakh troops shoot down Azeri gunship". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  96. ^ "Artsakh gunners destroy Azeri tanks with MORTARS". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  97. ^ "Azerbaijani MoD: Artillery units inflict crushing blow on the enemy - VIDEO". APA.az (英語). 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  98. ^ "Azerbaijani attacking forces suffer more losses – 12 more tanks destroyed by Artsakh". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  99. ^ "CANLI Cəbhə bölgəsində döyüşlər - "Füzulinun azad edilməsi uğrunda hücumlar davam edir" - Müdafiə Nazirliyi". BBC Azerbaijani (英語). BBC. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  100. ^ "Altun: Türkiye Ermenistan uçağını vurmadı". bloomberght.com (トルコ語). Bloomberg HT. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  101. ^ "Armenia releases images of SU-25 shot down by Turkish F-16". armenpress.am (英語). 2020年9月30日閲覧
  102. ^ "Hikmet Hajiyev: Two Armenian Su-25 Fighter Aircraft Crashed into Mountain". turan.az (英語). Turan Information Agency. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  103. ^ "Armenian Defense Ministry releases footage showing destruction of entire Azerbaijani unit". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  104. ^ "Artsakh destroys Azerbaijani convoy with full ammunition". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  105. ^ "Müdafiə Nazirliyi: "Ermənistan ordusunun mövqeləri darmadağın edilib"". Report.az (英語). Report Information Agency. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  106. ^ Desk, News (29 September 2020). "Iran confirms its air defenses shot down foreign drone in East Azerbaijan". AMN - Al-Masdar News | المصدر نيوز (英語). 2020年9月30日閲覧
  107. ^ "Battles resumed overnight at lesser intensity than yesterday – spox". armenpress.am (英語). Armenpress. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  108. ^ "The enemy's military equipment was destroyed in the direction of Jabrayil region - VIDEO". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  109. ^ "The enemy subjected to artillery fire the city of Terter". mod.gov.az (英語). Ministry of Defence of Republic of Azerbaijan. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  110. ^ "Artsakh downs Azeri Harop loitering munitions above Stepanakert". armenpress.am (英語). Armenpress. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  111. ^ "Ministry of Defense: "Enemy group is surrounded"". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  112. ^ "Enemy fires Goranboy district using artillery". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  113. ^ "Azerbaijani Air Force bombs Artsakh positions". armenpress.am (英語). Armenpress. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  114. ^ "Azerbaijan Army Units deliver artillery strikes on the enemy's positions - VIDEO". mod.gov.az (英語). Ministry of Defence of Republic of Azerbaijan. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  115. ^ "MoD: Personnel of the Armenian battalion in Tonashen is fleeing, leaving defensive positions". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  116. ^ "Enemy reserve forces were destroyed - VIDEO". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  117. ^ "MoD: Fire attack was inflicted on the command post of the regiment". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  118. ^ "Video recording of enemy military equipment destroyed in the morning - VIDEO". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  119. ^ "MoD: Enemy guns shelling the positions of Azerbaijani units were destroyed by a precise fire - VIDEO". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  120. ^ "Azerbaijan suffers heavy losses, including TOS-1A launcher". armenpress.am (英語). Armenpress. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  121. ^ "The two tanks of the enemy were destroyed in Tonashen - VIDEO". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  122. ^ "Ministry of Defense of Azerbaijan: The 4th battalion of the enemy stationed in the Fuzuli direction was shelled". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  123. ^ "MoD: The enemy's headquarters in Aghdara was hit". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  124. ^ "WATCH: Artsakh's countermeasures destroy Azeri combat equipment, outposts". armenpress.am (英語). Armenpress. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  125. ^ "Enemy's eight "Grad" multiple launch rocket systems were destroyed - VIDEO". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  126. ^ "Eight more units of enemy military equipment were destroyed in the last hours - VIDEO". APA.az (英語). 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  127. ^ "Enemy's military equipment destroyed before 17:30 today - VIDEO". mod.gov.az (英語). Ministry of Defence of the Republic of Azerbaijan. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  128. ^ "MoD releases footage of Artsakh forces occupying Azerbaijani military position". armenpress.am (英語). Armenpress. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  129. ^ "Azerbaijani MoD: During the night battles, artillery strikes were inflicted on the enemy - VIDEO". APA.az (英語). 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧During the night battles, the Azerbaijan Army Units inflicted crushing artillery strikes on the positions of the Armenian armed forces stationed in occupied territories, Ministry of Defense told APA.
  130. ^ ""Relative stable tension" in all directions of frontline remains, says Artsakhi military". armenpress.am (英語). Armenpress. 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧Amid the ongoing Azeri attacks, the Artsakh Defense Ministry said that “relatively stable tensions” maintained overnight September 30-October 1 at the Artsakh-Azerbaijan conflict zone.
  131. ^ "The enemy military columns were destroyed - VIDEO". APA.az (英語). 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧The enemy military columns moving in different directions were destroyed by our military units, APA reports citing the Ministry of Defence.
  132. ^ Azərbaycan Respublikası Müdafiə Nazirliyi (1 October 2020). "Düşmənin hərbi kolonları məhv edilib". YouTube. 2020年10月1日閲覧
  133. ^ "Defense Ministry: Armenians again shelling Tartar city". Report.az (英語). Report Information Agency. 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧Armenian armed forces have been shelling the city of Tartar since the morning of October 1.
  134. ^ "Enemy artillery pieces have been destructed - VIDEO". APA.az (英語). 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧Enemy artillery pieces have been destructed, Ministry of Defense told APA.
  135. ^ "Azerbaijani combat drone shot down above civilian settlement in Artsakh". armenpress.am (英語). Armenpress. 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧
  136. ^ "Artsakh Defense Army suppresses movements of Azerbaijani troops in Line of Contact". armenpress.am (英語). Armenpress. 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧
  137. ^ "Defense Army shoots down Azeri gunship in Artsakh LoC, wreckage falls into Iranian territory". armenpress.am (英語). Armenpress. 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧
  138. ^ "Azerbaijan's Defense Ministry refutes reports on shooting down plane and helicopter Azerbaijani Air Force". APA.az (英語). 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧The shooting down of a plane belonging to the Azerbaijani Air Force is a lie, APA reports that the Defense Ministry's press service.
  139. ^ "Azerbaijani territory came under rocket fire from the Gorus region of Armenia". APA.az (英語). 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧According to the Ministry, Azerbaijani territory came under fire from the Gorus region of Armenia in the morning on October 1. Missiles fired from Armenia hit the front line in the Jabrayil-Fuzuli area.
  140. ^ "Enemy is again shelling our human settlements". APA.az (英語). 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧Jojug Marjanli village of Jabrayil region, Horadiz city of Fizuli region, frontline villages of Goranboy, Tartar and Aghdam regions are under artillery fire by the Armenian armed forces, Ministry of Defense told APA.
  141. ^ "DEVELOPING: Artsakh reports downing 2 Azeri warplanes and 1 helicopter in recent hour". armenpress.am (英語). Armenpress. 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧
  142. ^ "Vagif Dargahli: "No combat aircraft and helicopter applied at today's battles"". APA.az (英語). 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧
  143. ^ "Military Units of the Azerbaijan Army destroyed several more enemy combat equipment - VIDEO". APA.az (英語). 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧
  144. ^ "Horadiz city subjected fire from Armenia". APA.az (英語). 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧
  145. ^ "Azerbaijani drone strikes village in Armenia, killing a civilian". armenpress.am (英語). Armenpress. 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧
  146. ^ "Hostile UAV downed by air defense near Yerevan". armenpress.am (英語). Armenpress. 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧
  147. ^ "Rocket attack on northwest of Iran border – IWN" (英語). 2020年10月1日閲覧
  148. ^ "Operational information of the Ministry of Defense". mod.gov.az (英語). Ministry of Defence of Republic of Azerbaijan. 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  149. ^ "Military operations resume in all directions of frontline in Artsakh". armenpress.am (英語). Armenpress. 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  150. ^ "MoD: Aghdam's villages subjected to fire from Armenian armed units, some killed and injured". APA.az (英語). 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  151. ^ "Enemy forces and equipment destroyed - VIDEO". APA.az (英語). 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  152. ^ "MoD: Sabirkend village of Azerbaijan's Shamkir subjected to rockets shelling from Armenian territory". APA.az (英語). 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  153. ^ "Missiles fired from Armenia to Shamkir's Sabirkend launched from the Tochka-U". APA.az (英語). 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  154. ^ "Defense Ministry denies Azeri claim on Armenia firing tactical missile on Azerbaijan". armenpress.am (英語). Armenpress. 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  155. ^ "Armenians are shelling Barda's Amirli, Tovuz's Aghdam and Guzanli residential settlements using rockets". APA.az (英語). 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  156. ^ "BREAKING: Azerbaijan bombs capital city of Artsakh - DEVELOPING". armenpress.am (英語). Armenpress. 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  157. ^ "Enemy's forces and combat equipment were destroyed - VIDEO". APA.az (英語). 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  158. ^ Ministry of Defence of Republic of Azerbaijan (2 October 2020). "Düşmənin qüvvə və vasitələrinin məhv edilməsi növbəti videogörüntüləri". YouTube (アゼルバイジャン語). 2020年10月2日閲覧
  159. ^ "MoD: Tartar city, Shikharkh settlement and Sogan-Verdiler village of Barda subjected to intensive artillery fire from Armenia". APA.az (英語). 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  160. ^ "MoD: Enemy's field control point blown up - VIDEO". APA.az (英語). 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧The Azerbaijani Defense Ministry has released footage of the enemy's field control post, the Armenian flag on it and the old part of the so-called regime hanging in the air, as well as the destruction of tanks.
  161. ^ Ministry of Defence of Republic of Azerbaijan (2 October 2020). "Düşmənin səhra idarəetmə məntəqəsi və tanklarının məhv edilməsinin videogörüntüləri – VİDEO". YouTube (アゼルバイジャン語). 2020年10月2日閲覧
  162. ^ "Azerbaijani MoD: Fierce battles continue along the entire front - VIDEO". APA.az (英語). 3 October 2020. 2020年10月3日閲覧During the night, the enemy’s combat activity in various directions of the front has been suppressed, Ministry of Defence told APA.
  163. ^ "Karabakh President leaving to fight in the frontline" (英語). PanARMENIAN.Net. 2020年10月3日閲覧Nagorno-Karabakh (Artsakh) President Arayik Harutyunyan is leaving for the frontlintline "to do [his] part in the battle"
  164. ^ "Azerbaijani MoD: Armenians shelled Tartar, Aghdam, Aghcabadi and Goranboy regions of Azerbaijan". APA.az (英語). 3 October 2020. 2020年10月3日閲覧Currently, the enemy is firing at our villages, and decisive response measures are being taken, Ministry of Defence of Azerbaijan told APA. On October 3, during night, Tartar city, Sahlaabad, Gazyan, Gapanli, Gaynaq, Askipara, Husanli, Ayag Garvand, Imamgulubeyli, Garadagli, Tazakend, Muganli, Qiyameddinli, Ranjbarlar and Tapgaragoyunlu villages of Agjabadi region were subjected to intensive artillery fire by Armenian Armed Forces.
  165. ^ "Azerbaijani President: Azerbaijani Army raised Azerbaijani flag in Madagiz". APA.az (英語). 3 October 2020. 2020年10月3日閲覧“Azerbaijani Army has today raised the Azerbaijani flag in Madagiz. Madagiz is ours. Karabakh is Azerbaijan! , Azerbaijani President Ilham Aliyev posted on Twitter, APA reports.
  166. ^ "President Ilham Aliyev: "Azerbaijani army liberates a number of villages today"". APA.az (英語). 3 October 2020. 2020年10月3日閲覧Today, the Azerbaijani Army liberated Talysh village of Tartar region, Mehdili, Chakhirli, Ashagi Maralyan, Shaybey and Guyjag villages of Jabrayil region, Ashagi Abdurrahmanli village of Fizuli region, President of Azerbaijan Ilham Aliyev shared this information on his Twitter page, APA reports.
  167. ^ "Azerbaijani forces prepare new offensive, says Artsakh". armenpress.am (英語). Armenpress. 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧
  168. ^ "MoD: Currently, the enemy is subjecting to fire our villages". APA.az (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧Currently, the Armenian armed forces are inflicting rocket strikes on the Terter city and Horadiz city of the Fizuli region from the territory of Khankendi, Ministry of Defense told APA.
  169. ^ "MoD: Fuzuli region is subjected to rocket fire, while Aghdam and Terter to artillery fire by enemy". APA.az (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧Territory of Fuzuli region is subjected to rocket fire from Armenian territory, while Aghdam and Terter are subjected to artillery fire from occupied Azerbaijani territories by the enemy, Ministry of Defense told APA.
  170. ^ "Stepanakert City again under bombardment". armenpress.am (英語). Armenpress. 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧
  171. ^ "Azerbaijani MoD: Ganja subjected to fire from enemy's territory". APA.az (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧Ganja has been subjected to fire the enemy from Armenia's territory, Ministry of Defense told APA.
  172. ^ "Nagorno-Karabakh conflict: Major cities hit as heavy fighting continues". BBC News (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧
  173. ^ "Ganja military airbase is 'no more' - Artsakh says". armenpress.am (英語). Armenpress. 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧
  174. ^ "Azerbaijan's MOD: Information spread by Armenians about alleged shelling of military facilities in Ganja city is false". APA.az (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧The information spread by the Armenian side about the alleged shelling of military facilities in Ganja city is provocative and false, Ministry of Defense told APA. As a result of enemy fire, civilians, civilian infrastructure, and ancient historical buildings were harmed.
  175. ^ "President of Artsakh returns from frontline, praises "inspiration, feats and heroism" of troops". armenpress.am (英語). Armenpress. 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧
  176. ^ "Presidential aide: "As a result of our army's accurate strike, Araik Arutunyan was severely wounded"". APA.az (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧H. Hajiyev said the cluster bombs are launched on the Azerbaijani cities: “Armenia is a terrorist state. Azerbaijan doesn’t leave any of these attacks without response. As of now, it is stated that this fire was inflicted from the occupied territories by order of head of the so-called Nagorno Garabagh Republic Araik Arutunyan. I would like to appeal from here to Araik Arutunyan. Araik Artunyan, you were hiding in bunker, the Azerbaijani army found you even there. As a result of accurate strike of our army, Araik Arutunyan was severely wounded. The same fate awaits other separatists as well”.
  177. ^ "Artsakh denies Azeri reports claiming president is wounded". armenpress.am (英語). Armenpress. 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧
  178. ^ "MoD: Fire support, armored and logistic units of enemy were destroyed - VIDEO". APA.az (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧Azerbaijan Armed Forces destroys Armenian armed force's fire support, armored and logistic units, Ministry of Defense told APA.
  179. ^ "Azerbaijani MoD: Residential settlements of Aghjabadi, Aghdam, and Barda subjected to intensive artillery fire, there are injured ones". APA.az (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧Sarijali residential settlement of Aghjabadi, Baharli, Chiragli, Uchoghlan residential settlements of Aghdam, and Shahveller residential settlement of Barda district have been subjected to intensive artillery fire by the enemy side, there are currently injured, Ministry of Defense told APA.
  180. ^ "President Ilham Aliyev: "Azerbaijani Army liberates Jabrayil city and several villages of the region"". APA.az (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧"Today, the Azerbaijani army liberated the city of Jabrayil and several villages in the region. Love to the Azerbaijani army! Karabakh is Azerbaijan!", President of Azerbaijan Ilham Aliyev wrote this on his Twitter page today, APA reports.
  181. ^ "President Ilham Aliyev: Jabrayil city and 9 villages of the region liberated from occupation". APA.az (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧President İlham Aliyev said the city of Jabrayil and 9 villages of the region were liberated from the occupation: Today, Karkhulu, Shukurbayli, Chereken, Dashkasan, Horovlu, Mahmudlu, Jafarabad, Yukhari Maralyan, Decal villages of Jabrayil region have been liberated from occupation. Love to the Azerbaijani army! Karabakh is Azerbaijan!"
  182. ^ "Karabakh army unveils footage of Azerbaijani soldiers fleeing Mataghis" (英語). PanARMENIAN.Net. 2020年10月4日閲覧
  183. ^ "Armenia fired on Azerbaijan's Mingachevir and Tartar". APA.az (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧The Mingachevir and Terter cities of Azerbaijan have come under rocket fires from the Armenian armed forces has, there are wounded, the Ministry of Defence told APA.
  184. ^ "Assistant to Azerbaijani President: Armenia launched a missile attack against Mingachevir city". APA.az (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧Armenia's state terror against Azerbaijani civilians continues. Minutes ago Armenia's armed forces launched a missile attack against Mingachevir industrial city of Azerbaijan. Mingachevir hosts a water reservoir and a key electricity plant. Barbaric expression of desperation.
  185. ^ "Մի համազարկ' եւ կենտրոնական Ադրբեջանը ծով կդառնա". Hetq (アルメニア語). 16 August 2010.
  186. ^ "Тельман Зейналов: "Если армяне взорвут Мингечаур, то Карабах останется под водой"". haqqin.az (ロシア語). 7 August 2014.
  187. ^ "Մեր հարվածային ուժերը կարող են ոչնչացնել Ադրբեջանում բոլոր թիրախները, այդ երկրի 2/3 կմնա ջրի տակ․ Վաղարշակ Հարությունյան". factor.am (アルメニア語). 2 July 2020. 2020年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  188. ^ "Armenia Threatens To Strike Azerbaijan's Largest Dam, Paving Way For Catastrophic Disasters". caspiannews.com (英語). Caspian News. 22 July 2020.
  189. ^ "Artsakh and Armenia deny Azerbaijani false information of striking Mingachevir". armenpress.am (英語). Armenpress. 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧
  190. ^ "Hikmet Hajiyev: Armenians launched two 300 km mid range missile in Khizi and Absheron regions". APA.az (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧Today, Aide to the President Hikmet Hajiyev tweeted about Armenia's missile attacks on Azerbaijani civilians and civilian infrastructure, APA reports. Mr. Hajiyev noted that 4+cassette type Smerch missiles were fired at Ganja, the second largest city of the country. Two 300-km medium-range missiles were fired at Khizi and Absheron regions. Two rockets were fired at Mingachevir, where the reservoir and power plant are located.
  191. ^ "Battles continue in NK conflict zone at various intensity – Armenia defense ministry". armenpress.am (英語). Armenpress. 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧
  192. ^ "Azerbaijani forces launched intense attack from early morning – updates". armenpress.am (英語). Armenpress. 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧
  193. ^ "The territory of Azerbaijan came under rocket fire from Armenia" (Video). APA.az (英語). 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧On October 5 in the morning, the technical means of the radar systems of the Air Defense Forces of Azerbaijan recorded the launch of rockets fired at Azerbaijan from the starting positions in the Jermuk, Gafan and Berd regions of Armenia, APA reports citing the Defence Ministry.
  194. ^ "Stepanakert under Azerbaijan's intensive rocket fire" (英語). PanArmenian.Net. 2020年10月5日閲覧
  195. ^ "Azerbaijan's Beylagan, Barda and Tartar came under fire from Armenia". APA.az (英語). 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧At present, Armenian armed forces are shelling the Beylagan, Barda, and Terter cities, the Defence Ministry told APA. Adequate actions are being taken.
  196. ^ "MoD: Azerbaijan's human settlements are under fire". APA.az (英語). 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧At present, Horadiz city the Fizuli region, the villages of the Agjabedi region, the Terter city and the villages of this region, the Goranboy and Goygol regions are being shelled by the Armenian armed forces, the Ministry of Defence told APA.
  197. ^ "Hikmat Hajiyev: "Armenian armed forces attacks densely populated civilian areas in Ganja, Barda, Beylagan of Azerbaijan with missiles and rockets"". APA.az (英語). 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧"Armenian armed forces are attacking densely populated civilian areas in Ganja, Barda, Beylagan and some other cities of Azerbaijan with missiles and rockets," Assistant to Azerbaijani President, Head of Foreign Policy Affairs Department of the Presidential Administration Hikmat Hajiyev twitted, APA reports. "Barbarism and vandalism. Sign of weakness and panic of Armenia's political-military leadership," Hikmat Hajiyev said.
  198. ^ "Ganja city comes under fire from the territory of Armenia". APA.az (英語). 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧The Ganja city comes under fire from the territory of the Berd region of Armenia, APA reports citing the Ministry of Defense.
  199. ^ "MoD: Enemy is shelling Aghjabadi city, there are injured people". APA.az (英語). 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧Armenian armed forces are subjecting Aghjabadi city to fire, there are injured people, APA reports.citing Ministry of Defense.
  200. ^ "Azerbaijan's Beylagan is also came under Armenian fire". APA.az (英語). 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧Currently, the Armenian armed forces are also shelling the Beylagan city, APA reports citing Ministry of Defence.
  201. ^ "Azerbaijan's Ministry of Defense: Armenia cannot supply its troops at the front". azertag.az (英語). Azerbaijan State News Agency. 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧There is a shortage of food and fuel in the area of defense responsibility of the 1st motorized rifle regiment of the Armenian armed forces in Hadrut. Leaving their combat positions, the military personnel of the 3rd battalion of the regiment fled without permission. The drivers of the military unit, also leaving their military equipment and vehicles, fled from the combat zone.
  202. ^ "MD: The Ganja city once again comes under fire". APA.az (英語). 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧Armenian armed forces are once again shelling the Ganja city, APA reports quoting the Ministry of Defense.
  203. ^ "President: "Several villages of Jabrayil were liberated from occupation"". APA.az (英語). 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧Today, the Azerbaijani army liberated Shikhali Agali, Sarijali, Mazra villages of Jabrayil region and several strategic heights in different directions. The successful operation of our heroic army continues. Karabakh is Azerbaijan!
  204. ^ "Armenian forces announce withdrawal from some areas". AMN. 2020年10月5日閲覧
  205. ^ "Vagif Dargahli: "The operational and military superiority along the entire front is on the side of Azerbaijani army"". APA.az (英語). 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧The information spread by the official representative of the Armenian Defense Ministry about the alleged loss of more than 200 people by the Azerbaijani Army is false, baseless and another misinformation. Our occupied lands are being liberated. This is an undeniable fact. At present, our operational and military superiority continues along the entire front, including in the direction of Jabrayil-Fuzuli. The only way to save the Armenian army from disaster is to withdraw immediately from the occupied territories.
  206. ^ "Situation remains "stable-tense", says Artsakh". armenpress.am (英語). Armenpress. 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧
  207. ^ "Ministry of Defense: The weapons and ammunition depot in Ballija was destroyed". APA.az (英語). 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧As a result of an accurate fire strike by the Azerbaijan Army, the central ammunition depot in Ballija was destroyed, APA reports citing Ministry of Defense. It should be noted that a large number of various types of ammunition were had been in this military depot belonging to the Armenian army, located in the occupied territories of Azerbaijan.
  208. ^ "Ministry of Defense: 2 MLRS "Grad" and enemy guns were disabled". APA.az (英語). 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧During the day, 2 BM-21 "Grad" MLRS of the Armenian army have been destroyed in the course of the battles conducted in various directions of the front, Ministry of Defense told APA. BM-21 "Grad" multiple launch rocket systems, arranged at the firing positions of the 41st artillery regiment, were destroyed by a fire strike by the Azerbaijan Army. Additionally, the D-20 gun-howitzers and their combat crews, arranged at the firing position of the 42nd artillery regiment, were also destroyed by precise fire opened by our units.
  209. ^ "Ermənilərin atdığı mərmi nəticəsində FHN əməkdaşı xəsarət alıb". apa.az (アゼルバイジャン語). 6 October 2020.
  210. ^ "Azerbaijani forces launch new massive attack on Artsakh from southern direction". armenpress.am (英語). Armenpress. 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧
  211. ^ "Stepanakert City again under Azeri missile strikes". armenpress.am (英語). Armenpress. 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧
  212. ^ "Azerbaijani MoD: Enemy fired on our regions". APA.az (英語). 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧Armenian armed forces fired on Yevlakh, Goranboy and Beylagan regions, APA reports citing press service of the Ministry of defence.
  213. ^ "Armenia fired missiles at the Baku-Tbilisi-Ceyhan oil pipeline: Azerbaijani army prevented this terrorist attack". apa.az (英語). 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧
  214. ^ "Armenia denies having attempted to strike Baku-Tbilisi-Ceyhan oil pipeline". Public Radio of Armenia (英語). 2020年10月7日閲覧
  215. ^ "Генпрокуратура: Враг обстрелял Тертер, есть погибший и раненые". Report.az (ロシア語). Report Information Agency. 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧
  216. ^ "Azerbaijani MoD: Battles continued at the front at night". APA.az (英語). 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧On the night of October 7, battles continued along the entire front, APA reports citing Ministry of Defense. Our troops conducted combat operations in various directions of the front to develop the achievements of the last days. Mutual artillery fire was registered.
  217. ^ "Ministry of Defense: Azerbaijani Army has full dominance in the direction of Jabrayil". APA.az (英語). 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧"Armenia's Ministry of Defense spread disinformation for the next time on so-called "losses" of our units in the direction of Jabrayil", Ministry of Defense told APA. It has been noted in the information that news, spread by the Armenian side is groundless and false: “Our Army continues its counter-attack operations successfully in the direction of Jabrayil and has full dominant before the enemy”.
  218. ^ "Video recording of Shukurbayli village of Jabrail" (Video). APA.az (英語). 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧The Shukurbayli village of the Jabrayil region liberated from the occupation, APA reports citing the press service of the Ministry of Defence.
  219. ^ "MoD: Armenian armed forces are subjecting to fire our human settlements". APA.az (英語). 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧Armenian armed forces are subjecting to fire our human settlements, APA reports citing Azerbaijani MoD. Armenian armed forces are shelling the villages of the Terter, Barda, Aghdam, Aghjabadi, Fizuli, and Jabrayil regions. Azerbaijan Army is taking adequate actions.
  220. ^ "MoD: Azerbaijani Army advances and liberates new bases". APA.az (英語). 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧Today, the Azerbaijani Army has moved in certain directions, clearing the area of enemy forces by liberating new bases, Defense Ministry told APA. Large number of enemy forces, military equipment and other weapons were destroyed in the fighting.
  221. ^ "Stepanakert City under unceasing missile bombardment from Azerbaijan". armenpress.am (英語). Armenpress. 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧
  222. ^ "MoD: Enemy is again shelling our human settlements". APA.az (英語). 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧The Armenian army is subjecting to fire the human settlements of the Terter and Fizuli regions, APA reports citing Ministry of Defense.
  223. ^ "Artsakh's troops save 19 soldiers, liberate earlier lost position". armenpress.am (英語). Armenpress. 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧
  224. ^ "Fighting continues in Artsakh-Azerbaijan conflict zone" (英語). Armenpress. 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧
  225. ^ "The enemy continues to shell our human settlements" (英語). Ministry of Defence of Republic of Azerbaijan. 8 October 2020. 2020年10月8日閲覧
  226. ^ "The enemy continues to shell our human settlements" (英語). Ministry of Defence of Republic of Azerbaijan. 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧
  227. ^ "The Barda city is under fire" (英語). Ministry of Defence of Republic of Azerbaijan. 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧
  228. ^ "Hikmet Hajiyev: Armenia attacks with Smerch missiles on Ganja, Barda, Tartar and other cities". APA.az (英語). 8 October 2020. 2020年10月8日閲覧
  229. ^ "Azerbaijan strikes Ghazanchetsots Cathedral in Shushi, a Karabakh landmark". PanARMENIAN.Net (英語). 8 October 2020. 2020年10月8日閲覧
  230. ^ "Azerbaijani MoD: Destruction of the church in Shusha has nothing to do with the activities of the Azerbaijan Army". APA.az (英語). 8 October 2020. 2020年10月8日閲覧The information about the damage to the church in Shusha has nothing to do with the combat operation of the Azerbaijan Army.
  231. ^ "Azerbaijani MoD: Barda area came under fire from Tochka-U complex". APA.az (英語). 8 October 2020. 2020年10月8日閲覧
  232. ^ "Artsakh reports successful countermeasures against 'constant' Azeri attacks" (英語). Armenpress. 8 October 2020. 2020年10月8日閲覧
  233. ^ "Armenia shells the human settlements of Azerbaijan". APA.az (英語). 8 October 2020. 2020年10月8日閲覧The Armenian armed forces are shelling the villages of Goranboy, Terter, and Aghdam regions, the Ministry of Defence told APA.
  234. ^ "Azerbaijan Armed Forces inflicted artillery strikes during night battles - VIDEO". APA.az (英語). 8 October 2020. 2020年10月8日閲覧
  235. ^ "Azerbaijani MoD: Enemy armored vehicles were destroyed - VIDEO". APA.az (英語). 8 October 2020. 2020年10月8日閲覧The military units of the Azerbaijan Army continue to destroy enemy armored vehicles, press service of the Ministry of Defence of Azerbaijan told APA.
  236. ^ "The enemy's military convoy was defeated - VIDEO" (video). APA.az (英語). 8 October 2020. 2020年10月8日閲覧
  237. ^ "MoD: Enemy is shelling our human settlements". APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧
  238. ^ "MoD: Territory of Mingachevir and Aghjabedi regions is under intense shelling". APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧
  239. ^ "Flag of Azerbaijan is waving in the liberated territories of the Jabrayil region - VIDEO" (video). APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧
  240. ^ "Territories of Barda and Aghdam regions are under intense fire". APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧
  241. ^ "Stepanakert City again under Azeri missile bombardment" (英語). Armenpress. 9 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧
  242. ^ "Hikmet Hajiyev: 'Materials submitted by Armenia in connection with the rocket attack on the church are contradictory'". APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧Armenia wants to cover up the policy of destroying the material and cultural heritage of the Azerbaijani people in the occupied territories of Azerbaijan, the destruction of mosques and religious monuments with this. A rocket has been inflicted on the mosque in Beylagan city and the Imamzade complex in Ganja city.
  243. ^ "MoD: Missile launched from Armenia in the direction of Mingachevir was shot down in the sky". APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧A ballistic target launched from the territory of Armenia in the direction of Mingachevir was detected by Azerbaijan's Air Defense Systems and destroyed at an altitude of more than 20 kilometers, Ministry of Defense told APA.
  244. ^ "President of Azerbaijan: 'Hadrut settlement and several villages liberated from occupation'". APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧Azerbaijan's Hadrut settlement and several villages were liberated from Armenian aggressors, President Ilham Aliyev said this in his address to the nation, APA reports.
  245. ^ "Azerbaijani Army liberates Hadrut settlement and eight villages from occupation – LIST". APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧Villages, liberated by the Azerbaijani Army from occupation besides Hadrut settlement, have been revealed, APA reports. President Ilham Aliyev said in his address to the nation that besides Hadrut settlement, Chayli, Yukhari Guzlak, Gorazili, Gishlag, Garajali, Afandilar, Sur, and Suleymanli villages have been liberated from the occupation: 'Operation is being executed fully', stressed head of state.
  246. ^ "Aliyev's statement on capturing Hadrut is 'total lie', says Artsakh". Armenpress. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧
  247. ^ "MoD: Large number of enemy military equipment was destroyed and captured – VIDEO" (video). APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧
  248. ^ "MoD: Enemy's electronic warfare equipment destroyed - VIDEO" (video). APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧Enemy's electronic warfare equipment destroyed, Ministry of Defense told APA.
  249. ^ "Enemy armored vehicles were destroyed in their firing positions - VIDEO" (video). APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧The enemy armored vehicles were destroyed in their firing positions, APA reports citing the Ministry of Defense of Azerbaijan.
  250. ^ "Azerbaijan's MoD releases videorecording of Sugovushan village liberated from Armenian occupation - VIDEO" (video). APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧Azerbaijan's Ministry of Defense has released video recording of Sugovushan village liberated from Armenian occupation, APA reports.
  251. ^ "Video of the liberated Talish village of Tartar region" (video). APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧A video of the liberated village of Talysh in the Tartar region has been released, APA reports quoting the Defense Ministry.
  252. ^ "アゼルバイジャン・アルメニアが停戦合意 継続は未知数". 朝日新聞デジタル. 2020年10月10日閲覧
  253. ^ a b "アゼルとアルメニア、停戦直後に双方が合意違反と非難合戦". reuters.com. 12 October 2020. 2020年10月13日閲覧
  254. ^ "ナゴルノカラバフ、停戦後に新たな爆発 双方が非難の応酬". afpbb.com. 11 October 2020. 2020年10月13日閲覧
  255. ^ "Город Гянджа вновь подвергается обстрелу с территории Армении" (ロシア語). 11 October 2020. 2020年10月11日閲覧
  256. ^ Hovhannisyan, Nailia Bagirova, Nvard (11 October 2020). "Nagorno-Karabakh truce under severe strain as both sides allege violations". Reuters (英語). 2020年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧
  257. ^ Hovhannisyan, Nailia Bagirova, Nvard (11 October 2020). "Nagorno-Karabakh truce under severe strain as both sides allege violations". Reuters (英語). 2020年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧
  258. ^ "Armenian Armed Forces shell Azerbaijani villages" (英語). Trend. 11 October 2020. 2020年10月11日閲覧
  259. ^ "MoD: Our troops have an operational advantage along the entire front". APA.az (英語). 12 October 2020. 2020年10月12日閲覧
  260. ^ "President: "Azerbaijani Army neutralized a large group of special forces, trying to reoccupy Hadrut this night"". APA.az (英語). 12 October 2020. 2020年10月12日閲覧They attempted to reoccupy Hadrut for several times. According to the information given to me this morning, a large group of special forces, coming from Armenia, tried to reoccupy Hadrut this night. However, from a strategic point of view, it does not have great importance for Armenia. They take such a step for just taking a selfie there, or reporting to their people. Azerbaijani army neutralized the large group. Armenia's victims on this night there were victims of the irresponsible and predatory policy of Pashinyan.
  261. ^ "MoD: Aghdam region was shelled". APA.az (英語). 12 October 2020. 2020年10月12日閲覧
  262. ^ "MoD: Goranboy, Terter and Aghdam regions are under fire". APA.az (英語). 12 October 2020. 2020年10月12日閲覧
  263. ^ a b "アルメニア、アゼルバイジャンと新たな停戦合意も「数分後に砲弾」". BBC NEWS JAPAN. 18 October 2020. 2020年10月18日閲覧
  264. ^ "В Азербайджане заявили о попытке атаки со стороны Армении" (ロシア語). RIA Novosti. 18 October 2020. 2020年10月18日閲覧
  265. ^ "Баку обвинило Ереван в нарушении перемирия" (ロシア語). RIA Novosti. 18 October 2020. 2020年10月18日閲覧
  266. ^ "Baku says Armenia's Su-25 attack plane destroyed". TASS. 2020年10月18日閲覧
  267. ^ "Азербайджан заявил о готовности передать Армении тела погибших в Карабахе" (ロシア語). RIA Novosti. 18 October 2020. 2020年10月18日閲覧
  268. ^ "Азербайджан взял под контроль Худаферинский мост в Карабахе, заявил Алиев" (ロシア語). RIA Novosti. 18 October 2020. 2020年10月18日閲覧
  269. ^ "The Azerbaijani flag was raised up in the center of liberated from the occupation Fizuli city – VIDEO". APA.az (英語). 18 October 2020. 2020年10月18日閲覧
  270. ^ "The enemy is shelling our human settlements". APA.az (英語). 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧During the night, the Armenian armed forces subjected to fire the Goranboy, Terter, and Aghdam regions using mortars and artillery. Since this morning, the territory of the Aghjabedi region is under fire.
  271. ^ "В Баку заявили, что взяли под контроль ряд населенных пунктов в Карабахе" (ロシア語). RIA Novosti. 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧
  272. ^ "Карабах заявил о возобновлении Баку обстрелов на линии соприкосновения" (ロシア語). RIA Novosti. 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧
  273. ^ "В Армении заявили о танковой атаке Азербайджана в Карабахе в воскресенье" (ロシア語). RIA Novosti. 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧
  274. ^ "В окрестностях Степанакерта прогремели взрывы" (ロシア語). RIA Novosti. 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧
  275. ^ "Армения опровергла заявление Азербайджана об атаке на нефтепровод" (ロシア語). RIA Novosti. 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧
  276. ^ "Баку заявил об обстреле Ереваном двух районов в Карабахе" (ロシア語). RIA Novosti. 20 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  277. ^ "President Ilham Aliyev: Zangilan city and 6 villages of the district, 18 villages of Fuzuli, Jabrayil, and Khojavand districts liberated". mod.gov.az. 20 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  278. ^ "Алиев заявил о взятии ряда населенных пунктов в Карабахе" (ロシア語). RIA Novosti. 20 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  279. ^ "President Aliyev renamed "Vang" village as "Chinarli"" (英語). AzVision. 20 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  280. ^ "Azerbaijani flag in Zangilan city (VIDEO)" (英語). Trend News Agency. 20 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  281. ^ "Видео азербайджанского спецназа в Зангелане" (ロシア語). BBC Russian Service. 20 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  282. ^ "Ереван заявил об отступлении азербайджанских сил возле границы с Ираном" (ロシア語). RIA Novosti. 20 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  283. ^ "Баку опроверг слова Еревана об отступлении Азербайджана на юге Карабаха" (ロシア語). RIA Novosti. 20 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  284. ^ "В Азербайджане заявили об обстреле Арменией Тертерского района в Карабахе" (ロシア語). RIA Novosti. 21 October 2020. 2020年10月21日閲覧
  285. ^ "Власти Карабаха сообщили об обстреле города Мартакерт" (ロシア語). RIA Novosti. 21 October 2020. 2020年10月21日閲覧
  286. ^ "Алиев заявил о взятии нескольких населенных пунктов в Карабахе" (ロシア語). RIA Novosti. 21 October 2020. 2020年10月21日閲覧
  287. ^ "Карабах обвинил Баку в артиллерийских ударах по населенным пунктам" (ロシア語). RIA Novosti. 22 October 2020. 2020年10月22日閲覧
  288. ^ "Баку обвинил Ереван в запуске баллистических ракет по Азербайджану" (ロシア語). RIA Novosti. 22 October 2020. 2020年10月22日閲覧
  289. ^ "Ереван опроверг заявления Баку о пуске баллистических ракет" (ロシア語). RIA Novosti. 22 October 2020. 2020年10月22日閲覧
  290. ^ "Азербайджан заявил об уничтожении армянского беспилотника" (ロシア語). RIA Novosti. 22 October 2020. 2020年10月22日閲覧
  291. ^ "Алиев заявил о взятии ряда населенных пунктов в Карабахе" (ロシア語). RIA Novosti. 22 October 2020. 2020年10月22日閲覧
  292. ^ "Видео с погранзаставы Агбенда от президента Алиева" (ロシア語). BBC Russian Service. 22 October 2020. 2020年10月22日閲覧
  293. ^ "Армения опровергает заявление Алиева о взятии под контроль границы с Ираном". gazeta.ru (ロシア語). Gazeta.Ru. 23 October 2020. 2020年10月23日閲覧
  294. ^ ナゴルノ停戦、米仲介の3度目も崩壊 発効直後に非難応酬AFPBB(2020年10月26日)
  295. ^ a b "アルメニアが「民間人攻撃」 アゼルが主張 幼児ら4人死亡". AFP BB NEWS. 28 October 2020. 2020年10月28日閲覧
  296. ^ ナゴルノカラバフの要衝、アゼルバイジャンが制圧を発表 アルメニアは否定” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年11月10日閲覧。
  297. ^ https://twitter.com/afp/status/1325851633675366404” (日本語). Twitter. 2020年11月10日閲覧。
  298. ^ ITPRO. “No:405/20, Statement of the Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Azerbaijan (En/Ru)”. mfa.gov.az. 2020年11月10日閲覧。
  299. ^ “Armenia, Azerbaijan and Russia sign Nagorno-Karabakh peace deal”. BBC News. BBC. (2020年11月10日). https://www.bbc.com/news/world-europe-54882564 2020年11月16日閲覧。 
  300. ^ Nagorno-Karabakh conflict: Violence inside Armenian parliament as protesters denounce ceasefire” (英語). Sky News (2020年11月10日). 2020年11月10日閲覧。
  301. ^ “Armenia's Foreign Minister Zohrab Mnatsakanyan resigns”. Daily Sabah. (2020年11月16日). https://www.dailysabah.com/politics/diplomacy/armenias-foreign-minister-zohrab-mnatsakanyan-resigns 2020年11月17日閲覧。 
  302. ^ 『読売新聞』朝刊2021年1月13日(国際面)自治州「復興」3首脳会談 アゼルバイジャン・アルメニア 露、主導権狙う
  303. ^ 「ナゴルノ停戦巡りロシアなど3首脳会談、復興へ作業部会」『日本経済新聞』朝刊2021年1月13日(国際面)同日閲覧
  304. ^ 「アゼルバイジャン・アルメニア 国境地帯、再び緊張」『読売新聞』朝刊2021年5月31日(国際面)
  305. ^ a b Learning the lessons of Nagorno-Karabakh the Russian way” (英語). IISS. 2021年3月21日閲覧。
  306. ^ Butler, Ed (2020年12月10日). “The Syrian mercenaries used as 'cannon fodder' in Nagorno-Karabakh”. BBC. 2020年12月28日閲覧。
  307. ^ “A peace deal ends a bloody war over Nagorno-Karabakh”. The Economist. (2020年11月14日). https://www.economist.com/europe/2020/11/14/a-peace-deal-ends-a-bloody-war-over-nagorno-karabakh 2020年11月18日閲覧。 
  308. ^ 石川一洋、出川展恒 (2020年10月21日). “アルメニア・アゼルバイジャン深まる危機の行方(時論公論)”. NHK解説委員室. オリジナルの2021年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/Pxibe 2021年1月3日閲覧。 
  309. ^ “The Azerbaijan-Armenia conflict hints at the future of war”. The Economist : United Kingdom (The Economist). ISSN 0013-0613. https://www.economist.com/europe/2020/10/10/the-azerbaijan-armenia-conflict-hints-at-the-future-of-war 2020年10月9日閲覧。 
  310. ^ a b Forestier-Walker, Robin. “Nagorno-Karabakh: New weapons for an old conflict spell danger”. aljazeera.com. 2020年10月15日閲覧。
  311. ^ The Second Nagorno-Karabakh War, Two Weeks In”. War on the Rocks (2020年10月14日). 2020年10月16日閲覧。
  312. ^ Azerbaijan Used "Unmanned" Bi-planes to Locate Armenian Air Defence defenseworld.net(October 3, 2020)2020年12月28日閲覧
  313. ^ a b 「自治州」戦闘 ドローン猛威/アゼルバイジャン運用/露製防空網 対抗できず『読売新聞』朝刊2020年12月21日(国際面)
  314. ^ 小泉悠 (2020年11月16日). “第107号(2020年11月16日)カラバフ紛争の勝者は誰か、ロシア軍に新核シェルター?ほか”. まぐまぐ. 2021年1月1日閲覧。
  315. ^ Gustav Gressel (2020年11月24日). “ナゴルノカラバフ戦争の教訓(ヨーロッパが懸念すべき事項)”. The European Council on Foreign Relations (ECFR). 2020年12月29日閲覧。
  316. ^ STEPHEN BRYEN (2020年10月26日). “ロシアがアルメニア領空でトルコのドローンを撃墜”. ASIATIMES. 2020年12月29日閲覧。
  317. ^ Dmitry Kuznets (2020年11月6日). “シュシャの戦い。ナゴルノカラバフ戦争の転換点”. 2020年12月29日閲覧。
  318. ^ ジャック・ワトリング、ハース・カウシャル (2020年10月22日). “ナゴルノカラバフ戦争における精密攻撃の普及”. RUSI. 2020年12月31日閲覧。
  319. ^ ジャック・ワトリング (2020年10月6日). “アルメニア軍戦車損耗の理由:シューターでなく、センサー”. RUSI. 2020年12月31日閲覧。
  320. ^ ロバートベイトマン (2020年10月15日). “戦車を撃破したのはドローンではなく、訓練不足と地形”. フォーリン・ポリシー. 2021年1月2日閲覧。
  321. ^ "Armenian cabinet bans all men from mobilization reserve aged over 18 from leaving state". tass.com (英語). TASS. 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  322. ^ "Kocharyan trial delayed as indicted ex-defense minister Seyran Ohanyan heads to Artsakh amid attack". armenpress.am (英語). Armenpress. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  323. ^ "Tik Tok fails operating in Armenia". armenpress.am (英語). Armenpress. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  324. ^ "Armenia ex-military official charged with high treason on suspicion of spying for Azeri intelligence". armenpress.am (英語). Armenpress. 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧
  325. ^ "NSS Armenia arrests foreign citizens on intelligence suspicions". armenpress.am (英語). Armenpress. 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧
  326. ^ "アルメニア、イスラエル関係悪化 軍事衝突国への武器売却非難". 京都新聞. 7 October 2020. 2020年10月8日閲覧
  327. ^ "Власти Азербайджана ограничили доступ к интернету после обстрелов в Карабахе". tvrain.ru (ロシア語). Dozhd. 27 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  328. ^ "Azərbaycanda komendant saatı elan olundu". www.azerbaycan24.com (アゼルバイジャン語). 27 September 2020. 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧
  329. ^ "Bu gecədən komendant saatı elan olunur". aqreqator.az (アゼルバイジャン語). 27 September 2020. 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧
  330. ^ "Mətbuat xidmətinin məlumatı". azal.az (アゼルバイジャン語). Azerbaijan Airlines. 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  331. ^ "Mətbuat xidmətinin MƏLUMATI – cəbhədəki son vəziyyət". genprosecutor.gov.az (アゼルバイジャン語). Prosecutor General's Office of the Republic of Azerbaijan. 27 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  332. ^ "Partial mobilization announced in Azerbaijan". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  333. ^ ナゴルノ停戦 アゼルバイジャン「戦勝」パレード 旧ソ連圏 トルコ存在感『朝日新聞』朝刊2020年12月13日(2020年12月28日閲覧)
  334. ^ McKernan, Bethan; Zavallis, Achilleas (13 October 2020). "Trench warfare, drones and cowering civilians: on the ground in Nagorno-Karabakh". The Guardian (英語). ISSN 0261-3077. 2020年10月13日閲覧
  335. ^ "In pictures: Fighting rages in Nagorno-Karabakh conflict". BBC News (英語). 5 October 2020. 2020年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月5日閲覧
  336. ^ "Nagorno-Karabakh conflict: Major cities hit as heavy fighting continues". BBC News (英語). 4 October 2020. 2020年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月5日閲覧
  337. ^ "Karabakh woman, child killed in Azerbaijan's shelling". PanArmenian.Net. 2020年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧
  338. ^ "Միայն Ստեփանակերտում 10-ից ավելի վիրավոր կա, ներառյալ՝ երեխաներ ու կանայք. Արցախի ՄԻՊ". «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧
  339. ^ "Azerbaijan Army does not shell civilians". mod.gov.az (英語). 2020年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧
  340. ^ "Azerbaijani subversive group kills mother and son in Hadrut". 10 October 2020. 2020年10月10日閲覧
  341. ^ "Azerbaijanis kill civilians in their home in Artsakh amid ceasefire". 10 October 2020. 2020年10月10日閲覧
  342. ^ "8 civilians died in Artsakh following ceasefire agreement". Armenpress. 17 October 2020. 2020年10月17日閲覧
    Azerbaijani targeting of civilians has claimed lives of 31 in Artsakh
  343. ^ "One more civil person killed as a result of shelling of residential settlements by Armenia". APA.az (英語). 28 September 2020. 2020年9月28日閲覧
  344. ^ a b "Баку оценил число погибших граждан Азербайджана в Карабахе" (ロシア語). RIA Novosti. 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧
  345. ^ "Nagorno-Karabakh: Armenia and Azerbaijan shaky ceasefire in force". BBC News (英語). 10 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧
  346. ^ "Two French reporters 'injured' amid Armenia–Azerbaijan conflict Archived 2020-10-07 at the Wayback Machine.," The Guardian. 1 October 2020.
  347. ^ "Շուշիի Ղազանչեցոց եկեղեցու հրթիռակոծությունից վիրավորված ռուս լրագրողներից մեկի վիճակը ծայրահեղ ծանր է Archived 2020-10-11 at the Wayback Machine.." ArmenPress. 8 October 2020.
  348. ^ "Russia MFA: Russian reporters wounded in Nagorno-Karabakh conflict zone to be transported to Yerevan". Armenia News. 10 October 2020. 2020年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧
  349. ^ "Азербайджан заявил о четырех пострадавших при обстреле Агдамского района" (ロシア語). RIA Novosti. 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧
  350. ^ "Armenia–Azerbaijan conflict: Casualties mount in Nagorno-Karabakh battle". British Broadcasting Corporation. 29 September 2020. 2020年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧
  351. ^ "Azeri military death toll reaches 6259". armenpress.am. 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧
  352. ^ "Потери с азербайджанской стороны: в Армении обнародовали имена 619 солдат". ru.armeniasputnik.am. 2020年10月13日閲覧С начала боев, начавшихся 27 сентября, по сей день удалось выявить данные о 619 убитых. (Since the beginning of the fighting, which began on September 27, to this day, it was possible to identify data on 619 killed.)
    Karabakh Records updated the toll to 819 on 17 October.[1]
  353. ^ "Artsakh forces use tactical trick, forcing the enemy to flee, leaving 200 dead". 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧
  354. ^ "Shelling of Azerbaijani frontline villages intensified". Caucasian Knot. 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧
  355. ^ "Baku refutes report on heavy casualties in Nagorno-Karabakh battles". TASS. 6 October 2020. 2020年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月6日閲覧
  356. ^ "أعداد المرتزقة في أذربيجان ترتفع إلى أكثر من 2000 قتل منهم نحو 135 مقاتل.. وعودة مقاتلين إلى سوريا بعد تنازلهم عن مستحقاتهم لشراسة المعارك هناك". The Syrian Observatory For Human Rights. 18 October 2020. 2020年10月18日閲覧
  357. ^ "Artsakh military death toll reaches 772". Armenpress. 20 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  358. ^ "The human cost of the Nagorno-Karabakh conflict". www.aljazeera.com (英語). 2020年10月15日閲覧
  359. ^ a b "An Execution in Hadrut". Bellingcat (英語). 2020年10月16日閲覧
  360. ^ "Azeri troops shoot Armenian war prisoners dead". Panarmenian. 2020年10月15日閲覧
  361. ^ "Armenia examining footage of alleged execution of war prisoners by Azerbaijan for applying to ECHR". Armenpress. 2020年10月15日閲覧
  362. ^ "Nagorno-Karabakh: Armenia accuses Azerbaijan of shelling Shusha cathedral". BBC News. 8 October 2020. 2020年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  363. ^ "В азербайджанском Тертере загорелся хлопковый завод после обстрелов" (ロシア語). RIA Novosti. 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧
  364. ^ "At least 5 civilians killed by Azerbaijan in Artsakh following ceasefire". Armenpress. 11 October 2020. 2020年10月11日閲覧
  365. ^ "Azerbaijani MoD: List of the enemy's destroyed military equipment". APA.az (英語). 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧
  366. ^ "Azerbaijani President announces list of destroyed and looted military equipment of Armenia". APA.az (英語). 9 October 2020. 2020年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧
  367. ^ "Военная техника ВС Армении, уничтоженная сегодня ночью - СПИСОК" (Russian). Trend News Agency. 14 October 2020. 2020年10月14日閲覧
  368. ^ "Yaşayış məntəqələrimizi hədəfə alan düşmən raketləri bölmələrimizin qabaqlayıcı zərbəsi ilə sıradan çıxarılıb" (Azerbaijani). Ministry of Defense of Azerbaijan. 14 October 2020. 2020年10月14日閲覧
  369. ^ "Ilham Aliyev: Armenian army suffers damage of $ 2 billion" (英語). Report Information Agency. 16 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  370. ^ "Ոչնչացվել են հակառակորդի 4 ուղղաթիռ, շուրջ 15 ԱԹՍ, 10 տանկ և հետևակի մարտական մեքենա. ԼՂ ՊՆ". «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧
  371. ^ "Armenia military top brass hold tactical consultation". 28 September 2020. 2020年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月28日閲覧
  372. ^ "Tanks Ablaze As Azerbaijani Forces Attack Armenian Troops In Disputed Nagorno-Karabakh". Forbes.com. 27 September 2020. 2020年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧
  373. ^ "Իրավիճակի ամփոփում ժ. 18։00 դրությամբ. 02.10.2020թ" [Situation summary h. As of 18:00. 02.10.2020]. razm.info (アルメニア語). 2 October 2020. 2020年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧
  374. ^ "France, Russia and US call for immediate truce in Nagorno-Karabakh". France 24. 2 October 2020. 2020年10月23日閲覧
  375. ^ "Armenia ready for 'mutual concessions' with Azerbaijan: Live news". Al Jazeera. 6 October 2020. 2020年10月23日閲覧
  376. ^ "Russia, Iran concerned about Syrian and Libyan fighters in Nagorno-Karabakh - Moscow". Reuters. 2 October 2020. 2020年10月23日閲覧
  377. ^ "Putin Says Fighting Is Not Taking Place In Territory Of Armenia". Caspian News. 8 October 2020. 2020年10月23日閲覧
  378. ^ "Armenia and Azerbaijan accuse each other of violating Nagorno-Karabakh ceasefire". Reuters. 10 October 2020. 2020年10月23日閲覧
  379. ^ "Путин заявил о почти пяти тысячах погибших в Карабахе". Ria. 23 October 2020. 2020年10月23日閲覧
  380. ^ "Putin: Karabakh conflict started with brutal crimes against Armenian people". Public Radio of Armenia. 22 October 2020. 2020年10月23日閲覧
  381. ^ "トランプ氏「強い関心をもって注視」 ナゴルノカラバフ軍事衝突". 毎日新聞社. 28 September 2020. 2020年10月26日閲覧
  382. ^ Laura Kelly, Biden says Turkey must stay out of Azerbaijan-Armenia conflict Archived 2020-10-04 at the Wayback Machine., The Hill (September 29, 2020).
  383. ^ Pallone to Introduce Bipartisan Resolution Supporting Artsakh’s Right to Self-Determination." 22 October 2020.
  384. ^ "米国務長官、ナゴルノ停戦に向け両国外相と個別会談". ロイター通信. 23 October 2020. 2020年10月26日閲覧
  385. ^ "Armenia has accepted a ceasefire, Azerbaijan has not – Robert O'Brien". Public Rdio of Armenia. 25 October 2020. 2020年10月26日閲覧
  386. ^ "米、ナゴルノ停戦合意を発表 実現に不透明感も". ロイター通信. 26 October 2020. 2020年10月26日閲覧
  387. ^ a b c "Armenia-Azerbaijan clashes: How the world reacted". aljazeera.com (英語). 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧
  388. ^ "Armenia and Azerbaijan erupt into fighting over disputed Nagorno-Karabakh". BBC News. 27 September 2020. 2020年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧
  389. ^ "Pakistan expresses 'deep concern', assures support to Azerbaijan over Nagorno-Karabakh conflict". The News International (英語). Karachi. 27 September 2020. 2020年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧
  390. ^ "NATO chief tells Turkey to help calm Karabakh conflict". Bangkok Post. Reutersより2020年10月9日閲覧
  391. ^ "Turkey's Erdogan says Minsk group stalling on Nagorno-Karabakh conflict". Reuters (英語). 14 October 2020. 2020年10月21日閲覧
  392. ^ "Armenia-Azerbaijan: Both sides defy Nagorno-Karabakh ceasefire calls". BBC. BBC. 2020年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月1日閲覧
  393. ^ Bagirova, Nailia; Hovhannisyan, Nvard. "Turkey rebuffs Russia, France and U.S. over Nagono-Karabakh ceasefire moves". Reuters. Reuters. 2020年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月1日閲覧
  394. ^ "Turkish Cypriot side sends messages of support to Azerbaijan". 29 September 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧
  395. ^ "Press Releases Article - PIO". pio.gov.cy (英語). 2020年10月18日閲覧
  396. ^ "Syria's Assad blames Turkey for fighting between Azeris and Armenians". 6 October 2020. 2020年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧
  397. ^ "Statement by Minister of Foreign Affairs, N. Dendias, following his meeting with the Minister of Foreign Affairs of Armenia, Zohrab Mnatsakanyan (Yerevan, 16.10.2020)" (Press release) (英語). Ministry of Foreign Affairs, Hellenic Republic. 16 October 2020. 2020年10月16日閲覧
  398. ^ "Rivlin speaks with Armenian president, hopes ambassador will return soon". The Jerusalem Post (英語). 2020年10月5日閲覧
  399. ^ "Azerbaijan–Armenia war: Saudi Arabia calls for boycott of Turkish goods, Israel urges NATO action against Turkey". News24 English. 6 October 2020. 2020年10月7日閲覧
  400. ^ "Israel may halt its weapons sale to Azerbaijan, Armenian ambassador says". The Jerusalem Post | JPost.com. 2020年10月7日閲覧
  401. ^ "دولت ایران: ارمنستان باید 'مناطق اشغالی' جمهوری آذربایجان را تخلیه کند" (ペルシア語). BBC News. 6 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧
  402. ^ "Tehran urges Armenia to respect Azerbaijan's territorial integrity". 6 October 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧
  403. ^ "Kabul calls for end to occupation in Nagorno-Karabakh". Anadolu Agency. 2020年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ
  404. ^ "加藤官房長官、ナゴルノ紛争「深刻な懸念」". 時事通信社. 1 October 2020. 2020年10月26日閲覧
  405. ^ Kaszás, Fanni (1 October 2020). "Hungarian Gov't Stands by Azerbaijan in Nagorno-Karabakh Conflict". Hungary Today. 2020年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月2日閲覧
  406. ^ Buzna, Viktor (1 October 2020). "Magyarország kiáll Azerbajdzsán mellett a hegyi-karabahi konfliktusban". Index (ハンガリー語). 2020年10月2日閲覧
  407. ^ "Avakov: Ukraine won't provide military assistance to Armenia-Azerbaijan conflict parties". Ukrinform. 2 October 2020. 2020年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月3日閲覧
  408. ^ Yavuz, Tahla (2 October 2020). "Ukraine supports Azerbaijan's territorial integrity". Anadolu Agency. 2020年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月2日閲覧
  409. ^ "Ukraine at OSCE calls for peaceful settlement of Nagorno-Karabakh conflict". Ukrinform. 30 September 2020. 2020年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月3日閲覧
  410. ^ "Kuleba calls on officials to make balanced comments on Azerbaijan-Armenia conflict". Ukrainian Independent Information Agency. 2 October 2020. 2020年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月3日閲覧
  411. ^ "President Meta accepts Azerbaijan ambassador's credentials". albaniandailynews.com. 22 October 2020. 2020年10月22日閲覧I confirmed Albania's support for the territorial integrity of Azerbaijan..
  412. ^ "Džaferović i Izetbegović podupiru Azerbajdžan i osuđuju Armeniju, nadaju se trajnom rješenju". Jutarnji list. Zagreb. 28 September 2020. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月29日閲覧
  413. ^ "Afghanistan backs Azerbaijan in its clashes with Armenia". 28 September 2020. 2020年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧
  414. ^ "Preocupación argentina por los enfrentamientos entre Armenia y Azerbaiyán" [Argentine concern over the clashes between Armenia and Azerbaijan]. cancilleria.gob.ar (Spanish). Ministry of Foreign Affairs and Worship. 27 September 2020. 2020年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月28日閲覧
  415. ^ "Joint statement by Canada and the United Kingdom on the Armenia-Azerbaijan conflict". canada.ca. Global Affairs Canada. 28 September 2020. 2020年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧
  416. ^ "Chile expresa su preocupación por enfrentamientos entre Armenia y Azerbaiyán" [Chile expresses concern over clashes between Armenia and Azerbaijan]. minrel.gob.cl (Spanish). Ministry of Foreign Affairs (Chile). 29 September 2020. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月1日閲覧
  417. ^ Reuters Staff (28 September 2020). "China says hopes Armenia, Azerbaijan resolve differences via talks". Reuters (英語). 2020年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月29日閲覧
  418. ^ "Croatia calls for ceasefire in Nagorno-Karabakh". N1. Zagreb. 28 September 2020. 2020年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月3日閲覧
  419. ^ "Estonia plans to initiate UNSC consultations on Nagorno-Karabakh". TASS Russian News Agency. 27 September 2020. 2020年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月2日閲覧
  420. ^ "Riigikogu parliamentary groups express concern for Armenia, Azerbaijan". Eesti Rahvusringhääling. 30 September 2020. 2020年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月2日閲覧
  421. ^ Blamont, Matthias (27 September 2020). Evans, Catherine (ed.). "France calls on Armenia, Azerbaijan to end hostilities". Reuters. 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧
  422. ^ "Putin, Macron, Trump call for talks on Nagorno-Karabakh without preconditions". TASS Russian News Agency. TASS. 2020年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月1日閲覧
  423. ^ Foy, Henry; Pitel, Laura; Peel, Michael. "Russia, France and US demand Nagorno-Karabakh ceasefire". Financial Times. The Financial Times, Ltd. 2020年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月1日閲覧
  424. ^ "Georgia concerned with resumption of hostilities between Armenia, Azerbaijan". Agenda.ge. 27 September 2020. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧
  425. ^ "Armenia-Azerbaijan war rages on for fifth day, India voices concern and calls for restraint". Zee News (英語). 1 October 2020. 2020年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月2日閲覧
  426. ^ "Armenia-Azerbaijan flare-up: India asks all sides to cease hostilities". The Indian Express (英語). 2 October 2020. 2020年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月2日閲覧
  427. ^ Arbar, Thea Fathanah (3 October 2020). "Perang Armenia vs Azerbaijan, Ini Sikap RI". CNBC Indonesia (インドネシア語). 2020年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧
  428. ^ "Statement of the Ministry of Foreign Affairs of Kazakhstan over the escalation of the Armenian-Azerbaijani conflict". Ministry of Foreign Affairs of Kazakhstan. 27 September 2020. 2020年10月1日閲覧
  429. ^ "Latvian minister urges Armenia and Azerbaijan to cease hostilities". Vestnik Kavkaza. 30 September 2020. 2020年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月2日閲覧
  430. ^ a b "Lithuanian, Latvian FMs concerned over Armenia's large-scale provocation against Azerbaijan". Trend News Agency. 27 September 2020. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月2日閲覧
  431. ^ "Linkevičius: Lithuania calls on Armenia and Azerbaijan to stop military action". Delfi. 28 September 2020. 2020年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月2日閲覧
  432. ^ Avanesov, Alexander (28 September 2020). "Президент Молдовы призывает Армению и Азербайджан остановить огонь". Arminfo (ロシア語).
  433. ^ "Polish MFA expresses deep concern with reported military clashes around Nagorno-Karabakh". en.trend.az. Trend News Agency. 27 September 2020. 2020年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧
  434. ^ "Conflict militar între Armenia și Azerbaidjan în regiunea Nagorno-Karabah". Radio Europa Liberă România (ルーマニア語). 27 September 2020. 2020年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧
  435. ^ Grigoryan, Anna (27 September 2020). "Ռումինիան հայկական, ադրբեջանական կողմերին կոչ է անում վերսկսել քաղաքական երկխոսությունը". Armenpress (アルメニア語). Yerevan. 2020年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧
  436. ^ "Bahrain News Agency". bna.bh. 2019年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月29日閲覧
  437. ^ News, Mirage (29 September 2020). "By Canada and United Kingdom on Armenia-Azerbaijan conflict | Mirage News". miragenews.com (英語). 2020年9月29日閲覧
  438. ^ "Gobierno del Uruguay expresa preocupación por escalada de violencia en la región de Nagorno - Karabaj" [Government of Uruguay expresses concern over escalation of violence in the Nagorno-Karabakh region]. gub.uy (Spanish). Ministry of Foreign Relations (Uruguay). 28 September 2020. 2020年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月30日閲覧
  439. ^ Shariy, Vitaly (29 September 2020). "Карабахская "разморозка": реакция из Абхазии". Echo of the Caucasus (ロシア語). 2020年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月3日閲覧
  440. ^ "Глава МИД Приднестровья поддержал коллегу из Нагорного Карабаха". EADaily (ロシア語). 28 September 2020. 2020年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月1日閲覧
  441. ^ "The Pridnestrovian MFA's statement on the armed conflict escalation between Azerbaijan and the Republic of Artsakh". Ministry of Foreign Affairs. 28 September 2020. 2020年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月1日閲覧
  442. ^ "Парламент Абхазии обеспокоен резким обострением конфликта в Нагорном Карабахе". NEWS.am (ロシア語). 2 October 2020. 2020年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月3日閲覧
  443. ^ "Южная Осетия призвала мировое сообщество остановить военный конфликт в Нагорном Карабахе". Kommersant (ロシア語). 27 September 2020. 2020年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧
  444. ^ "Парламент Южной Осетии осудил "реваншистские действия" Баку против Арцаха". EADaily (ロシア語). 29 September 2020. 2020年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧
  445. ^ a b c 吉村貴之 (2020年12月17日). “ナゴルノ・カラバフ紛争とアルメニアの政治、そして戦後へ”. スラブ・ユーラシア研究センター. 2021年3月13日閲覧。
  446. ^ a b 廣瀬陽子『ハイブリッド戦争 ロシアの新しい国家戦略』講談社、2021年2月17日。
  447. ^ a b c d 廣瀬陽子 (2021年2月9日). “〔研究レポート〕第2次ナゴルノ・カラバフ紛争:新たな展開と暫定的評価” (日本語). www.jiia.or.jp. 日本国際問題研究所. 2021年3月12日閲覧。
  448. ^ a b 解放地域の復興・開発に係る取組 (PDF)” (日本語). 在アゼルバイジャン日本大使館 (2021年1月5日). 2021年3月21日閲覧。
  449. ^ 大規模空港の建設進む アゼルバイジャン支配強化へ―ナゴルノカラバフ:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年3月21日閲覧。
  450. ^ アゼルバイジャンの鉱物資源 (PDF)”. 在アゼルバイジャン日本大使館 (2021年1月27日). 2021年3月21日閲覧。