マネージュ広場 (モスクワ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モスクワのマネージュ広場

マネージュ広場(マネージュひろば、ロシア語: Манежная площадь=マニィェージュナヤ・プローシャチ)は、ロシアモスクワの中心地にある広場で、赤の広場の北西側にある。「マネージュ」(ロシア語: Манеж=マニィェーシュ)はフランス語: manègeから来た言葉で、「馬場」、「乗馬学校」の意味で、英語でもフランス語がそのまま使われていて、以前は広場に面して大きな馬場があった。 [1]

広場は四方をクレムリンの壁に続くアレクサンドロフスキー公園国立歴史博物館、考古学博物館、ホテル・モスクワなどに囲まれている。広場の南にはジューコフ元帥騎馬像があり、広場の真ん中にはアホートヌイ・リャート(地下にフードコート)もあり、地下鉄駅に通じている。

広場の南東にあるロシア国立歴史博物館旧モスクワ市庁舎Old Moscow City Hall、現在は国立歴史博物館の文物の一部を展示)との間にヴァスクレセンスキー門があり、そこから赤の広場へ入るようになっている。この門の手前(マネージュ広場川)にはイヴィロン小聖堂があり、また道路元標もあり、これは国道M10号トゥヴェルスカヤ通り)の出発点になっている。

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『地球の歩き方、ロシア 08~09』(ダイヤモンド・ビッグ社)

外部リンク[編集]

座標: 北緯55度45分21秒 東経37度37分04秒 / 北緯55.75583度 東経37.61778度 / 55.75583; 37.61778