ギリシャ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギリシャ人
Έλληνες
Homer British Museum.jpg
Kapitolinischer Pythagoras adjusted.jpg
Leonidas I of Sparta.jpg
Head of Sophocles, Roman copy of Greek original, marble - Fitchburg Art Museum - DSC08630.JPG
Pericles Townley BM 549.jpg
AGMA Hérodote.jpg
Hippocrates pushkin02.jpg
Socrates Louvre.jpg
Head Platon Glyptothek Munich 548.jpg
Aristotle Altemps Inv8575.jpg
Alexander Mosaic-high res fragment.jpg
Archimedes by Giuseppe Nogari2.png
Icon c 1500 St Nicholas.JPG
Hypatia portrait.png
Benjamin-Constant-L'Imperatrice Theodora au Colisée.jpg
Manuel I Comnenus.jpg
Benozzo Gozzoli, Pletone, Cappella dei Magi.jpg
ConstantinoXI (cropped).jpg
El greco.JPG
Ρήγας.jpg
Kapodistrias2.jpg
Nikos Kazantzakis.jpg
Giorgos Seferis 1963.jpg
Aristotle Onassis.JPG
KaramanlisNatsinasAgora crop.jpg
Melina Mercouri (1985).jpg
Maria Callas (La Traviata) 2.JPG
Theodoros Angelopoulos Athens 26-4-2009-2.jpg
Bartolomew I.jpg
Helena Paparizou (2) By Daniel Åhs Karlsson.jpg
総人口
14,000,000–17,000,000人 [1]
居住地域
ギリシャの旗 ギリシャ 11,305,180a[2][3]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 1,390,439[4]–3,000,000b[5]
キプロスの旗 キプロス 650,000a[6]
イギリスの旗 イギリス 400,000
ドイツの旗 ドイツ 395,000g[7]
オーストラリアの旗 オーストラリア 378,300[8]
トルコの旗 トルコ 300,000[9][10][11][12]
カナダの旗 カナダ 252,960[13]
アルバニアの旗 アルバニア 200,000[14]
ロシアの旗 ロシア 97,827[15][16]
ウクライナの旗 ウクライナ 91,548[17]
チリの旗 チリ 90,000–120,000
イタリアの旗 イタリア 90,000d[18][19]
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ 55,000[20]
ブラジルの旗 ブラジル 50,000e[21]
フランスの旗 フランス 35,000[22]
アルゼンチンの旗 アルゼンチン 30,000[23]
ペルーの旗 ペルー 16,000[24]
ベルギーの旗 ベルギー 15,742[25]
ジョージア (国)の旗 ジョージア 15,166[26]
スウェーデンの旗 スウェーデン 12,000–15,000[27]
カザフスタンの旗 カザフスタン 13,000[28]
スイスの旗 スイス 11,000[29]
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 9,500[30]
ルーマニアの旗 ルーマニア 6,500[31]
アルメニアの旗 アルメニア 6,000[32]
メキシコの旗 メキシコ 5,000–20,000
オーストリアの旗 オーストリア 4,000[33]
ハンガリーの旗 ハンガリー 3,916[34]
ブルガリアの旗 ブルガリア 3,408[35]
ポーランドの旗 ポーランド 3,400[36]
言語
ギリシャ語
宗教
ギリシャ正教

ギリシャ人(ギリシャじん、ギリシャ語Έλληνες [ˈelines])とはバルカン半島周辺およびキプロスに出自を持ち、ギリシャ語母語とする民族国民としてのギリシャ人(ギリシャ共和国の国籍を有するもの)にはアルーマニア人アルバニア人トルコ系、国外からの移住者も含まれる。

古代[編集]

古代ギリシャ時代におけるギリシャ人は、ギリシャ語を話し、特に自由民であるものをいう。ギリシャ本土だけでなく、小アジアヨーロッパの各地にギリシャから移住した者の手によって建設された植民市の住民も含む。彼ら自身はヘレネスヘレーンの一族)と称し、他者をバルバロイ(意味のわからない言葉を話す者)と呼んで区別した。マケドニア人も、ギリシャ語を話し、ヘーラクレースの血筋であるとされたので、一部の反マケドニア勢力を除けばヘレネスとして広く認知されていた。

後に、マケドニア王国アレクサンドロス大王の帝国建設などを経て、広く中央アジアから地中海世界の各地にまで広がったギリシャ語を常用するものをも指すように転じた。ギリシャ人を意味する英語の Greek 、フランス語の Grec などの西欧の諸言語における呼称や日本語の「ギリシャ(人)」は、イタリア半島の南部に移住した人々を古代ローマ人がその土地の名であるグラエキア (Graecia) からグラエキ (Graeci) と呼んだことに由来する。

中近世[編集]

中世近世におけるギリシャ人は、主に東ローマ帝国オスマン帝国の統治下で、ギリシャ地域や小アジア、エーゲ海の島々に広く居住し、ギリシャ語を母語とし、正教会キリスト教を信奉した人々のことである。

血統的には古代からの連続性があったと通常考えられているが、バルカン半島スラヴ人と接触する機会の多かった北部などでは、スラヴ人の南下によって混血が進められたと考えられていた。また、帝国内にはスラヴ人のほかにもアルメニア人イタリア人クルド人なども居住しており、それらとの混血や、スラヴ人・アルメニア人等のギリシャ化などが進んだと考えるのが普通である。

東ローマ帝国時代[編集]

東ローマ帝国時代のギリシャ人は、他のキリスト教徒の諸民族からはもっぱら「ギリシャ人」と呼ばれた。しかし、ギリシャ人自身は、ローマ帝国市民としての自意識を持ち、ロマイオイ(ギリシア語: Ρωμαίοι ローマ人)と自称しており、「ヘレネス」は古代の異教徒、あるいは地方都市や農村の住民のことをさしていた。古代ローマ時代のことを「父祖の時代」と呼び、古代ギリシャ人の子孫であることよりも、古代ローマ帝国市民の末裔であることを誇りにしていたのである。例えば、10世紀の東ローマ皇帝コンスタンティノス7世は、その著書『テマの起源について』の中で、7世紀の皇帝ヘラクレイオスが帝国の公用語をラテン語からギリシャ語に改めたことを「父祖の言葉を棄てた」と表現している。

しかしその一方では、東ローマ帝国の知識人階層においては、ホメロスの詩を暗誦できるのが常識とされたように、ギリシャの古典文化が尊重されていた。

特に、東ローマ帝国末期のパレオロゴス王朝期には、ギリシャ古典文化が大いに見直されて復興を果たす(パレオロゴス朝ルネサンス)が、この時期のギリシャ古典文化を身につけた東ローマ帝国のギリシャ人の一部は、ヴェネツィア共和国によるペロポネソス半島キプロス島クレタ島などの支配や1453年コンスタンティノープルの陥落の影響で次第にイタリアなど西ヨーロッパに渡ることも多くなり、ルネサンス期の古典復興に大いに貢献したと言われる。西ヨーロッパに渡ったギリシャ人の中では、画家エル・グレコが有名である。

この時代のギリシャ人について、日本の世界史教育で「東ローマ帝国によるギリシャ人の支配」と表現されることが多いが、東ローマ帝国時代は皇帝・高級官僚・コンスタンティノープル総主教など支配階級の多くがギリシャ人によって占められていた史実に鑑みると、その表現は妥当性を欠いている。

また、「1821年のギリシャ独立によって、ギリシャ人は約2000年ぶりに独立を回復した」というような表現をされることも多いが、おそらく古代ギリシャからずっとギリシャ人が政治的に主権を持つ時代がなかったと決めつけるために生まれる、不正確な表現であるといわなくてはならない。実際は、オスマン帝国からの支配から数えれば、正確には368年ぶりの独立である。駐日ギリシャ大使館のサイトでも、東ローマ時代をギリシャ人の歴史の一部として扱っている。

さらに一部の教科書には、東ローマ帝国における「皇帝教皇主義」の説明として、東ローマ皇帝とコンスタンティノープル総主教が同一人物であるかのごとき表現も散見されるが、両者ははっきりと別人であり、東ローマ帝国時代には総主教が皇帝の摂政・相談役であったり、さらには両者のあいだには何度か反目や軋轢が生じたことさえあった。

オスマン帝国時代[編集]

現在使われていない歴史的な旗?オスマン帝国時代ロマとギリシャ系人の旗(1453–1793)

ギリシャ人は本来の居住地においては東ローマ帝国の消滅後も、オスマン帝国の領内で人頭税を納める庇護民(ズィンミー)として正教会の信仰を維持することを認められ、コンスタンティノープル総主教を長とする正教徒の自治体(ミッレト)を形成した。ブルガリア人セルビア人などのバルカン半島の正教徒諸民族までを含むオスマン帝国の正教徒社会の中で、帝都イスタンブールを中心に帝国の中央部に住むギリシャ人たちは優位に立ち、通訳官や地方長官として高い地位を得た者も現れた。

この時代を通じて彼らのアイデンティティの源は、正教の信仰であった。東ローマ帝国時代にはローマ人という意識と古代以来のギリシャ文化を尊重するギリシャ人を意識する伝統が両立していたが、オスマン帝国支配下では古代ギリシャ文化の知識を持つ者の多くが前述のように亡命してしまい、古代の記憶は失われてしまったのである。

近現代[編集]

近代ギリシャ国家とギリシャ人[編集]

1822年ギリシャ王国がオスマン帝国から独立し、約360年ぶりにギリシャ人は自分たちの国家を持った(しかし、厳密には1800年にギリシャ人国家であるイオニア七島連邦国が成立している)。

第一次世界大戦にオスマン帝国が敗北し、その領土が西洋列強の手に分割されたことは、ギリシャ王国にとっては小アジアに広がるギリシャ人の居住地帯を自領に加える最大の好機をもたらした。1919年ギリシャ軍は小アジアに上陸し、列強の同意を得て、スミルナ(イズミル)を中心とする小アジア西南部のエーゲ海沿岸一帯を占領下に置いた。しかし、ムスタファ・ケマルらによってアンカラに打ち立てられたトルコ革命政権の激しい抵抗を受け、激戦の末に1922年、ギリシャ軍はイズミルから撤退してアンカラ政府(後のトルコ共和国政府)と休戦した。このとき、トルコとギリシャの間では住民交換協定が結ばれ、トルコ領から90万人以上のギリシャ人がギリシャへの移住を余儀なくされたが、実はトルコ人とギリシャ人の区別はかなり困難で、宗教だけを基準とせざるを得なかった。そのため、トルコ語を母語とする正教会信者(カラマンリカラマンルとも呼ばれた)もギリシャ人とされ、逆にスラヴ系やギリシャ系等のムスリムやテッサロニキ地方に住んでいたイスラム教に改宗したユダヤ人のほとんどはまとめてトルコ人として住民交換の対象となった。このため、かつては小アジアの各地に数多く住んでいたギリシャ人も、現在はイスタンブールにわずかに残るのみである。

なお、トルコの小アジア黒海沿岸部にも、トレビゾンド帝国等ギリシャ系国家が存在していた経緯から、オスマン帝国支配後もポントス人等ギリシャ系住民のコミュニティが脈々と存在していた。その後、第一次世界大戦後の混乱やトルコとのギリシャ間の住民交換協定により、黒海沿岸部に居住するギリシャ系住民の多くが、ギリシャ本国やグルジア等旧ソ連領へ出国していったとされる。現在もわずかではあるが、グルジアとの国境付近には、他の少数民族と混在する形で少数のギリシャ系住民が居住しているといわれている。

ギリシャ系キプロス人[編集]

こうしてギリシャの領土が、縮小したもののほぼギリシャ人の居住地域と一致するようになったが、例外としてオスマン帝国の崩壊以前にイギリスの植民地となっていたキプロス島が残された。

キプロスをギリシャに併合しようとする要求は、この島に数多く住むトルコ人たちとの軋轢を生む一方、ギリシャ併合を求める過激派のイギリス当局に対するテロを頻発させた。こうしてイギリス、ギリシャ、トルコによって妥協案が検討され、1960年にキプロス島はキプロス共和国としてどの国にも属さない独立国になった。

しかし、独立後もキプロスでは独立派のトルコ系キプロス人とギリシャ併合賛成派のギリシャ系キプロス人の反目が続いた。1973年にギリシャ系大統領マカリオスがギリシャ軍政政権の支援を受けて起こったギリシャ併合賛成派組織によるクーデターをきっかけとして、トルコ軍は本格的にキプロスに介入しキプロス島北部を占領、トルコ系住民による北キプロス・トルコ共和国を建国させた。これにより、従来からのキプロス共和国政府は統治する領域が全島の3分の2に縮小し、統治する人々のほとんどがギリシャ系住民となったが、キプロス共和国、ギリシャと国際社会はキプロスの再統合を求め、トルコの対応を非難している。

アルバニアのギリシャ人[編集]

かつては東ローマ帝国領だった現在のアルバニアの南部にもギリシャ系住民が多く住んでおり、ギリシャ語が使用されている。

その他のギリシャ人[編集]

アメリカオーストラリアへ移民したギリシャ人も多く、その活躍は、政治・経済の多方面にわたる広がりを見せている。特にアメリカでは、マイケル・デュカキスのようにアメリカ大統領選挙の候補者となる者もいた。

以上でみてきたように、現代においてはギリシャ系の人々はギリシャ共和国のみならずイスタンブールやキプロス、アルバニアまで含めて広がっており、ギリシャ人という語は、ギリシャ国籍を有する者という意味と、広くギリシャ系の人々を指す場合と、二重の意味を有している状況にある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Immigration and Asylum: From 1900 to the Present. Books.google.co.uk. http://books.google.com/?id=2c6ifbjx2wMC&pg=PA273&lpg=PA273&dq=greek+diaspora+million#v=onepage&q=greek%20diaspora%20million&f=false 2014年3月1日閲覧。. 
  2. ^ www.eurfedling.org The main ethnic groups were Greeks 93.76%, Albanians 4.32%, Bulgarians 0.39%, Romanians 0.23%, Ukrainians 0.18%, Pakistani 0.14%, Russians 0.12%, Georgians 0.12%, Indians 0.09% and others 0.65%.
  3. ^ Information from the 2001 Census: The Census recorded 762.191 persons normally resident in Greece and without Greek citizenship, constituting around 7% of total population. Of these, 48.560 are EU or EFTA nationals; there are also 17.426 Cypriots with privileged status”. Aei.pitt.edu. 2014年3月1日閲覧。
  4. ^ American FactFinder”. Factfinder.census.gov. 2014年3月1日閲覧。
  5. ^ Greece (08/09)”. United States Department of State (2009年8月). 2009年11月1日閲覧。
  6. ^ Cole, J. (2011). Ethnic Groups of Europe: An Encyclopedia. Ethnic Groups of the World Series. Abc-Clio Incorporated. p. 92. ISBN 9781598843026. 
  7. ^ Population, families and living arrangements in Germany”. Statistisches Bundesamt英語版. p. 21 (2013年3月14日). 2014年3月1日閲覧。
  8. ^ “2071.0 - Reflecting a Nation: Stories from the 2011 Census, 2012–2013”. Australian Bureau of Statistics. (2012年6月21日). http://www.abs.gov.au/ausstats/abs@.nsf/Lookup/2071.0main+features902012-2013 2014年2月13日閲覧。 
  9. ^ Minority Rights Group International : Turkey : Rum Orthodox Christians”. Minorityrights.org. 2014年3月1日閲覧。
  10. ^ Pontic Greek”. http://www.ethnologue.com/.+2014年3月1日閲覧。
  11. ^ Romeika - Pontic Greek (tr)”. Karalahana.com. 2014年3月1日閲覧。
  12. ^ Pontic Greek (Trabzon Of dialect) - Turkish Dictionary (tr)”. Karalahana.com. 2014年3月1日閲覧。
  13. ^ Ethnic Origin (264), Single and Multiple Ethnic Origin Responses (3), Generation Status (4), Age Groups (10) and Sex (3) for the Population in Private Households of Canada, Provinces, Territories, Census Metropolitan Areas and Census Agglomerations, 2011 National Household Survey” (2014年1月13日). 2014年3月1日閲覧。
  14. ^ Jeffries, Ian (2002). ''Eastern Europe at the end of the 20th century'', Ian Jeffries, p. 69. ISBN 978-0-415-23671-3. http://books.google.com/?id=kqCnCOgGc5AC&pg=PA68&dq=greek+minority+albania 2010年8月27日閲覧。. 
  15. ^ Демоскоп Weekly - Приложение. Справочник статистических показателей”. Demoscope.ru. 2014年3月1日閲覧。
  16. ^ [1][リンク切れ]
  17. ^ 2001 census”. State Statistics Committee of Ukraine. 2008年4月13日閲覧。
  18. ^ Grecia Salentina official site (in Italian).”. www.greciasalentina.org.org. 2011年2月閲覧。 “La popolazione complessiva dell’Unione è di 54278 residenti così distribuiti (Dati Istat al 31° dicembre 2005. Comune Popolazione Calimera 7351 Carpignano Salentino 3868 Castrignano dei Greci 4164 Corigliano d'Otranto 5762 Cutrofiano 9250 Martano 9588 Martignano 1784 Melpignano 2234 Soleto 5551 Sternatia 2583 Zollino 2143 Totale 54278”
  19. ^ Bellinello, Pier Francesco (1998). Minoranze etniche e linguistiche. Bios. p. 53. ISBN 9788877401212. http://books.google.com/books?id=mHdJAAAAMAAJ&q=Greco+14.000+unit%C3%A0#search_anchor. "ISBN 88-7740-121-4" "Le attuali colonie Greche calabresi; La Grecìa calabrese si inscrive nel massiccio aspromontano e si concentra nell'ampia e frastagliata valle dell'Amendolea e nelle balze più a oriente, dove sorgono le fiumare dette di S. Pasquale, di Palizzi e Sidèroni e che costituiscono la Bovesia vera e propria. Compresa nei territori di cinque comuni (Bova Superiore, Bova Marina, Roccaforte del Greco, Roghudi, Condofuri), la Grecia si estende per circa 233 kmq. La popolazione anagrafica complessiva è di circa 14.000 unità." 
  20. ^ Hellenic Republic Ministry of Foreign Affairs, Greece and sub-Saharan African Countries Bilateral Relations?”. Old.mfa.gr. 2014年3月1日閲覧。[リンク切れ]
  21. ^ The Greek Community”. 2007年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月24日閲覧。
  22. ^ [2][リンク切れ]
  23. ^ Hellenic Republic Ministry of Foreign Affairs, Argentina, The Greek Community”. 2007年11月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年12月7日閲覧。
  24. ^ Erwin Dopf. “Migraciones europeas minoritarias”. Espejodelperu.com.pe. 2014年3月1日閲覧。
  25. ^ [3][リンク切れ]
  26. ^ Eurominority: Greeks in Georgia[出典無効]
  27. ^ Greek community of Sweden”. Hellenic Ministry of Foreign Affairs. 2008年4月8日閲覧。[リンク切れ]
  28. ^ Ethnodemographic situation in Kazakhstan (PDF)”. 2008年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月29日閲覧。
  29. ^ Switzerland”. www.mfa.gr. 2008年12月24日閲覧。 [リンク切れ][リンク切れ]
  30. ^ GREEKS IN UZBEKISTAN - Central Asia-Caucasus Institute Analyst”. www.cacianalyst.org. 2008年12月24日閲覧。
  31. ^ Recensamant Romania 2002 : Articole InfoAfaceri : ClubAfaceri.ro”. www.clubafaceri.ro. 2008年12月24日閲覧。
  32. ^ The Ethnic Minorities of Armenia, Garnik Asatryan, Victoria Arakelova.
  33. ^ Hellenic Republic: Ministry of Foreign Affairs: Austria: The Greek Community
  34. ^ Kozponti Statisztikai Hivatal”. Ksh.hu. 2014年3月1日閲覧。
  35. ^ [4][リンク切れ]
  36. ^ GUS - Główny Urząd Statystyczny - Demographic Yearbook of Poland 2012” (2012年12月4日). 2013年4月4日閲覧。

関連項目[編集]