全ウクライナ連合「自由」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 ウクライナ政党
全ウクライナ連合「自由」
Всеукраїнське Обєднання Свобода
スヴォボーダ
Svoboda
総裁 オレーフ・チャフニボーク
成立年月日 1995年
本部所在地 キエフ
最高議会
6 / 423   (1%)
(2014年10月30日[1]
党員・党友数
1万5千
政治的思想・立場 右派ポピュリズム
ウクライナ・ナショナリズム
反露
極右
反共
公式サイト 全ウクライナ連合「自由」
シンボル 青と金
国際組織 ユーロナット
テンプレートを表示

全ウクライナ連合「自由」(ぜんウクライナれんごう じゆう、ウクライナ語: Всеукраїнське Обєднання Свобода)は、ウクライナ民族主義政党である[1]日本ではスヴォボーダあるいはスヴァボーダとも表記されている。1995年アンドリー・パルビーオレーフ・チャフニボークによって結党されたウクライナ社会民族党Соціал-національна партія України)を前身とし、2004年に現在の党名に改名した。現総裁(党首)はオレーフ・チャフニボーク

ウクライナ政界における右翼政党と見なされているが、極端な主張から極右[2][3][4][5]、或いはネオナチ反ユダヤ主義)政党と定義する報道もある[6][7][8][9][10][11][12][13]ガリツィア地方を地盤とし、ウクライナ西部の首都キエフを拠点に活動。カナダアメリカなどの北米を中心としたウクライナ人ディアスポラ難民)からも支持を集めている[14]2012年7月26日ウクライナ最高議会選挙の前に、ユーリア・ティモシェンコが率いる全ウクライナ連合「祖国」と共に全ウクライナ野党連合に加盟。議会選挙では37議席を獲得した[1]

前身のウクライナ社会民族党時代のロゴ

情勢[編集]

2010年の支持率(ウクライナの州議会選挙)
2012年の支持率(ウクライナ最高議会選挙)

ガルツィア地方を地盤としており、2012年の支持率を見ると、ガリツィア地方を形成するリヴィウ州(38.01%)、イヴァーノ=フランキーウシク州(33.79%)、テルノーピリ州(31.22%)で圧倒的に高くなっている。次に、ヴォルィーニ州(17.98%)、キエフ市(17.33%)、リウネ州(16.63%)、フメリヌィーツィクィイ州(11.79%)、キエフ州(10.84%)の順となっており、その他の地域では10%未満の支持率しか無い。拠点をキエフに置いて以降、近年はキエフ地域での支持率が、2010年の2.08%から2012年に17.33%にまで躍進するなど高くなっている。しかし、2014年10月の最高議会選挙では、スヴォボーダと似たような主張をする親欧米・反ロシア政党が乱立したことなどもあって、議席を大幅に減らした。

2012年の政綱[編集]

政治[編集]

  • 地方自治体の権限を拡大する[15]
  • ウクライナの行政区分を改革する[15]
  • 最高議会の議員数を300人まで削減し、官僚を半分まで減らす[15]
  • 最高議会の議員の免責特権を廃止する[15]
  • 共産党政治家、および現役の政治家と官僚の全員を罷免する[15]
  • 国内身分証明書に「民族」を明記する[15]
  • 法律上で異民族による反ウクライナ主義的行為を罰する[15]
  • ウクライナ軍の改革を行う。
  • 武器の携帯・使用を許可する。

経済[編集]

  • ウクライナのエネルギーの独立性を目指す[15]
  • 国内における戦略的価値を有する企業を国営化する[15]
  • 住宅政策を改革する[15]
  • 同一社会保険税を導入する[15]
  • 土地・税金・労働に関する新たな法典を作成する[15]

社会[編集]

歴史問題[編集]

  • ウクライナ憲法においてウクライナはウクライナ国(ヘーチマン国家)の継承者であることを明記する[15]
  • ソ連時代を、ロシアによるウクライナ占領時代として法律で認める[15]
  • 国連をはじめ、国際社会に対し20世紀に起きたウクライナ人に対するジェノサイドを訴える[15]
  • 国内において公場でホロドモールの存在を否定する者を、法律上で罰する[15]
  • ソ連時代の秘密警察などの文書を残さず公開する[15]
  • OUN-UPAを国民英雄として国のレベルで承認する。
  • ウクライナ人を侮辱するソ連系シンボルを徹底的に排除する[15]
  • 共産党および共産系政治的団体を禁止する[15]
  • ロシアにソ連時代のウクライナの財産を返却するよう求める[15]

外交[編集]

  • ウクライナの国益を追求し、ロシア連合にも、EUにも加盟しないこと[15]
  • ロシアとの政治共同体や組織などから離脱すること[15]
  • バルト海黒海を中心とした諸国の連合をし、政治的共同体の構築につとめる[15]
  • ロシアとビザ制度を導入する[15]
  • 国内にあるロシア軍の基地を撤退させる[15]
  • ウクライナの核兵器を再製造する[15]
  • NATOおよび核保有国との協力をする[15]

議会でのトラブル[編集]

2013年3月19日、地域党の議員がウクライナ議会でロシア語で演説していた(ウクライナ語が話せないウクライナ人も多い)ところを「自由」の議員たちが「ウクライナ語を話せ!」と一斉に野次り、その後チャフニーボーク党首が壇上で「ウクライナに栄光あれ!」と叫び、一斉に「自由」の議員たちと与党の議員たちが殴り合いを演じる大乱闘となった。このように、ウクライナではロシアとの関係、そして、ウクライナ人としてのアイデンティティの問題は、過去のソ連時代のホロドモールや抑圧政治などの要因も相まって、非常にデリケートなものである[16]

反共主義[編集]

反共主義という面では、政策で共産党関係者の職務剥奪、共産主義政党の禁止などを主張しているが、さらに、2013年12月の大規模反政府運動で、「自由」の関係者とみられる人々がキエフの独立広場近くにあったレーニン像を引き倒し、破壊するなどしており、かなり強硬なスタンスを取っている[17]

ヤツェニュク暫定政権への入閣[編集]

2014年3月に発足した、ヤツェニュク暫定政権にはオレクサンドル・シチ(副首相)、イホル・シュヴァイコ(農業省大臣)、アンドリー・マフニュク(環境省大臣)、イホール・テニューフ国防省大臣)が入閣した他、オレフ・マフニツキーが司法のトップである検事・司法総長に、そして、ウクライナ社会民族党結成者であるアンドレイ・パルビー安全保障のトップであるウクライナ国家安全保障・国防会議議長に就任するなど、政権の中枢を担った[18][19]

テレビ局襲撃事件[編集]

2014年3月18日、クリミア自治共和国ロシア連邦へ編入することを宣言したウラジミール・プーチンロシア連邦大統領の演説をウクライナ国営テレビが放映したことに激高した「自由」の議員たちが、国営テレビ局の本部を襲撃、テレビ局CEOを暴行の上、強制的に辞表を書かせた。ウクライナ暫定政権のアルセニー・ヤツェニュク首相はこの議員らを非難した[20]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “ウクライナ議会選、与党が第1党の座を守る”. 読売新聞. (2012年11月12日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121112-OYT1T00893.htm 2012年11月13日閲覧。 
  2. ^ Kuzio, Taras (November–December 2010), “Populism in Ukraine in a Comparative European Context”, Problems of Post-Communism (M.E. Sharpe) 57 (6): 6, 15, http://commonweb.unifr.ch/artsdean/pub/gestens/f/as/files/4760/25737_184750.pdf 2012年10月16日閲覧。 
  3. ^ Shekhovtsov, Anton (2011)."The Creeping Resurgence of the Ukrainian Radical Right? The Case of the Freedom Party". Europe-Asia Studies Volume 63, Issue 2. pp. 203-228. doi:10.1080/09668136.2011.547696 (source also available here)
  4. ^ Rudling, Per Anders (2012), “Anti-Semitism and the Extreme Right in Contemporary Ukraine”, Mapping the Extreme Right in Contemporary Europe: From Local to Transnational (Routledge): p. 200 
  5. ^ Bojcun, Marko (2012), “The Socioeconomic and Political Outcomes of Global Financial Crisis in Ukraine”, Socioeconomic Outcomes of the Global Financial Crisis: Theoretical Discussion and Empirical Case Studies (Routledge): p. 151 
  6. ^ Likhachev, Viacheslav (September–October 2013). “Right-Wing Extremism on the Rise in Ukraine”. Russian Politics and Law 51 (5). "In their propaganda, SNPU ideologues were more open, describing the confrontation with “Muscovite influence” as racial. SNPU publications proudly called the Ukrainian nation the “root of the white race.” Ukraine was viewed as an “outpost of European civilization” and Russia as an “Asiatic horde.” Ukraine—according to Andrii Parubii, one of the SNPU leaders (who later joined Our Ukraine)—must “confront the aggressiveness of the pernicious ideas of the Asiatic world, today embodied in Russia.” Alongside Russophobia, SNPU ideologues preached (and still preach) anti-Westernism: from their point of view, “internationalist Marxism and cosmopolitan liberalism are in fact two sides of the same coin.” I would add that all the ideological constructs formulated in SNPU publi- cations in the 1990s still characterize Svoboda’s current ideology. Although the party toned down its official rhetoric in the 2000s, it takes pride in the continuity of its history and the unchanging nature of its ideology." 
  7. ^ Shekhovtsov, Anton (2013). “17: From Para-Militarism to Radical Right-Wing Populism: The Rise of the Ukrainian Far-Right Party Svoboda.”. Right Wing Populism in Europe. Routledge. pp. 251–2. "The Ukrainian National Assembly (UNA), KUN and Svoboda are also Russophobic and antisemitic. Moreover, 'white racism’ is overtly or covertly inherent in the doctrines of the UNA, Svoboda and All-Ukrainian Party'New Force' (Nova Syla), and most evidently manifests itself through the parties’ anti-immigrant positions." 
  8. ^ Syal, Rajeev (2012年6月1日). “Guardian Weekly: Shadow of racism over Euro 2012 finals: Black football fans face uncertain welcome in Ukrainian host city”. The Guardian Weekly. http://www.theguardian.com/world/2012/jun/01/euro-2012-ukraine-football-racism-sol-campbell 2014年2月28日閲覧. ""Lviv's ruling party, Svoboda, whose slogan is "one race, one nation, one fatherland", has been variously described as fascist, neo-Nazi and extreme. Members prefer to say they are nationalists and friends of Marine Le Pen's Front National."" 
  9. ^ “Head of Israel-Ukraine association surprised at agreement signed by Ukrainian opposition and Svoboda”. Ukraine General Newswire-Interfax News Agency. (2012年10月23日). http://en.interfax.com.ua/news/general/122966.html 2014年2月28日閲覧. ""The head of the Israel-Ukraine inter-parliamentary association, Israel is Our Home Party MP Alex Miller, has said he does not understand why the Ukrainian opposition signed a coalition agreement with an "anti-Semitic" party - the Svo-boda All-Ukrainian Union… According to the Ukrainian Jewish Committee, Svoboda is a fascist party, and its full name - the Social-National Party of Ukraine - was chosen in association with the National Socialist German Workers' Party (NSDAP)."" 
  10. ^ Weinthal, Benjamin (2012年12月28日). “Wiesenthal ranks top 10 anti-Semites, Israel-bashers. Muslim Brotherhood's rise in Egypt catapults two religious figures into No. 1 spot”. Jerusalem Post. http://www.jpost.com/Jewish-World/Jewish-Features/Wiesenthal-ranks-top-10-anti-Semites-Israel-haters 2014年2月28日閲覧. "The Wiesenthal Center also cited Oleg Tyagnibok (No. 5) from the fascist Ukranian Svoboda party. He urged purges of the approximately 400,000 Jews and other minorities living in the Ukraine and has demanded that the country be liber-ated from the "Muscovite Jewish Mafia." Ukrainian MP Igor Miroshnichenko was cited for anti-Jewish remarks as well: He called Ukrainian-born American ac-tress Mila Kunis a "zhydovka" (dirty Jewess)." 
  11. ^ Alex, Dan (2014年1月21日). “Ukrainian icon of revolt asks for sanctions against Kiev regime”. New Europe. http://www.neurope.eu/article/ukrainian-icon-revolt-asks-sanctions-against-kiev-regime 2014年2月28日閲覧. "Ruslana became less belligerent when I asked her about her position vis-a-vis the Svoboda ultranationalist (even cryp-to-fascist) party that is part of the three-headed opposition coalition. This is an openly xenophobic, and at times violent, Ukrainian political movement, who has been extremely active on the Maidan and in the clashes with the police special forces." 
  12. ^ Feldman, Oleksandr (2014年1月15日). “Resolution of the Ukranian protests”. Jerusalem Post. "However, that uplifting mood began to change in early December, when the three main opposition parties in Parliament - Fatherland, UDAR and Svoboda - began to take control of Euromaidan. Activists of the ultra-nationalist, anti-Semitic and grotesquely misnamed Svoboda ("Freedom") soon pushed to the forefront, giving the protests a progressively dark-er and more violent edge." 
  13. ^ Spyer, Jonathon (2014年1月9日). “Kiev Showdown”. The Jerusalem Post. http://www.jpost.com/Jerusalem-Report/Jewish-World/Kiev-showdown-337679 2014年2月28日閲覧. "The far-right, anti-Semitic Svoboda party of Oleh Tyahnybok is also in evidence in the square. The third organized element is the Batkivschnya (Fatherland) party, which is close to Timoshenko." 
  14. ^ Ukrainska pravda.2012/10/29; 11:55
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 2012年度の全ウクライナ連合「自由」の政綱
  16. ^ “Rada riot: Ukrainian MPs exchange 'fascist' insults, start brawl (VIDEO, PHOTOS)”. RT. (2013年3月19日). http://rt.com/news/ukraine-rada-brawl-language-485/ 2013年3月29日閲覧。 
  17. ^ “キエフで大規模抗議集会 レーニン像倒される”. 産経新聞. (2013年12月9日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/131209/erp13120902080000-n1.htm 2013年12月9日閲覧。 
  18. ^ Maidan nominates Yatseniuk for prime minister:Interfax-Ukraine 2014年2月26日
  19. ^ Ukrainian parliament endorses new cabinet :Interfax-Ukraine 2014年2月27日
  20. ^ “ウクライナ:極右政党「自由」国会議員らがテレビ局襲撃”. 毎日新聞. (2014年3月20日). http://mainichi.jp/select/news/20140320k0000e030182000c.html 2014年3月20日閲覧。 

リンク[編集]