アルセニー・ヤツェニュク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アルセニー・ヤツェニュク
Арсеній Яценюк
Arseniy Yatsenyuk.jpg
生年月日 (1974-05-22) 1974年5月22日(44歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の旗 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 チェルニウツィー
出身校 チェルニウツィー大学
キエフ国立貿易経済大学
所属政党 人民戦線党

ウクライナの旗 第15代首相
在任期間 2014年2月27日 - 2016年4月14日
大統領 ペトロ・ポロシェンコ
テンプレートを表示

アルセニー・ヤツェニュクウクライナ語:Арсеній Петрович Яценюкアルセニー・ペトロビッチ・ヤツェニュク1974年5月22日 - )は、ウクライナ政治家経済学者弁護士。同国元首相(第15代)。2014年に起きたウクライナ政変によってヤヌコーヴィチ政権が崩壊し、オレクサンドル・トゥルチノフ大統領代行が就任。同時に首相に就任した。2014年3月には人民戦線党を結成し党首となった。

来歴[編集]

ソビエト連邦ウクライナ共和国チェルニウツィー州州都のチェルニウツィーにて誕生[1]。ウクライナでは少数派のウクライナ東方カトリック教会を信仰[1]。チェルニウツィー大学とキエフ国立貿易経済大学を卒業。その後、銀行に勤務。2003年には28歳の若さでウクライナ国立銀行副総裁に就任[2]。親欧米派のヴィクトル・ユシチェンコ大統領の元、2005年に経済大臣、2007年に外務大臣、2007年から2008年にかけてウクライナ最高議会の議長を務めた。2010年には2010年ウクライナ大統領選挙に出馬。2014年にミコラ・アザロフ氏の後任として首相になり、反露・親欧米路線を推し進めた。しかし、経済低迷、腐敗や汚職、ウクライナ内戦等の諸問題への対応が遅れたことで、親欧米路線内での対立が激化しペトロ・ポロシェンコ大統領との関係が悪化。支持率低迷から2016年4月10日に辞任を表明した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b (ウクライナ語) Арсеній Яценюк. Офіційна сторінка. Родина(ヤツェニュク家・家系図) (PDF)”. アルセニー・ヤツェニュク公式サイト. 2016年4月19日閲覧。
  2. ^ Біографія нового керівника МЗС України Арсенія Яценюка. RFE/RL. (2007年3月21日). http://www.radiosvoboda.org/content/news/961182.html 2016年4月19日閲覧。 
  3. ^ 東京新聞 (2016年4月11日). “ウクライナ首相が辞意 「改革できず」と支持低迷”. 東京新聞. 2016年4月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ミコラ・アザロフ
ウクライナの旗 ウクライナ首相
第15代:2014 - 2016
次代:
ヴォロディーミル・フロイスマン
党職
先代:
(創設)
人民戦線党党首
2014
次代: