ラジオ・フリー・ヨーロッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラジオ・フリー・ヨーロッパ/ラジオ・リバティー
Radio Free Europe/Radio Liberty
RFERL primary brandmark.svg
RFE Broadcast Regions.jpg
ラジオ・フリー・ヨーロッパの放送地域
略称 RFE/RL
標語 自由でない社会の自由メディア。 (Free media in unfree societies.)
設立 1949年(ラジオ・フリー・ヨーロッパ)、1953年(ラジオ・リバティー)、1976年(合併)
種類 民間、非営利501(c)団体
目的 放送メディア
本部 プラハ放送局
所在地
公用語 英語アゼルバイジャン語アルバニア語アルメニア語ウクライナ語ウズベク語カザフ語キルギス語クリミア・タタール語グルジア語タジク語タタール語セルビア語ダリー語チェチェン語トルクメン語パシュトー語バシキール語ペルシャ語ベラルーシ語ポーランド語ボスニア語マケドニア語モンテネグロ語ルーマニア語ロシア語
社長 ジェイミー・フライ[1]
親組織 米国放送協会
予算 $124,400,000 (会計年度 2020)
職員数
700人以上[2]
ウェブサイト
テンプレートを表示

ラジオ・フリー・ヨーロッパおよびラジオ・リバティー英語: Radio Free Europe / Radio Liberty、略称はRFE / RL、自由欧州放送とも訳される) は、アメリカ合衆国議会出資によって運営されている報道機関である。東ヨーロッパからロシアを主な対象地域とするラジオ放送を行っている。本部はプラハ

概説[編集]

ヨーロッパ中東に組織を置いている。放送は毎週1,000時間以上、28の言語で、短波AMFMおよびインターネットによって行われている。RFE/RLの公式の任務は、「事実の情報と思想を広めることにより、民主的な価値と制度を促進する」ことにあるとされている[3]

初期の歴史[編集]

1949年6月、ニューヨークにおいて「The National Committee for a Free Europe英語版」が設立された。RFEはこの組織の放送部門であった。本部はドイツ西ドイツ)のミュンヘンに設けられ、1950年7月4日チェコスロバキアに向けて最初の短波による放送番組が送信された。 運営資金はアメリカ合衆国議会より提供されており、1971年までその資金は中央情報局(CIA)を通じてRFEに渡されていた。CIAにとって放送は鉄のカーテン東側諸国)の向こう側に向けた心理戦の一部であった。CIAは全般的なガイドラインを作成し、ニュース記事の処理に日々介入した。CIAによるRFEへの資金提供は、RFEが1971年にデラウェアにおいて非営利法人として再設立認可され、The Board for International Broadcasting英語版の監督下に移り、予算が公開で承認されるようになるまでは、公に知られていなかった。

ラジオ・リバティーとの統合以降[編集]

1975年、RFEは議会が資金提供を行う反共主義の組織として非常に良く似たものであったラジオ・リバティー[注釈 1]と統合し、グループの正式名称をRadio Free Europe/Radio Liberty (RFE/RL) とした。

ソ連当局は、常にRFE/RLの放送をジャミングで妨害しようとし、1988年まで続いた。1981年にはミュンヘンの本部がルーマニアの諜報機関による爆弾テロにあっている。 チェルノブイリ原発事故も東欧側に報道した。1985年から1993年までの間、当機関はラジオ・フリー・アフガニスタンも運営した。

1991年ソビエト連邦の崩壊によりRFE/RLの予算は減額された。本部は1995年チェコプラハに移り、ヨーロッパでの活動は縮小した(南スラブの支局が残された)。しかし別の方向では活動が拡大した。1998年にはラジオ・フリー・イラクペルシア語放送(後のラジオ・ファルダ)が開始された。1999年にはコソボでの放送が開始された。2002年にはラジオ・フリー・アフガニスタンが再開し、またペルシア語放送がラジオ・ファルダに改組された。なお、1994年に国際放送協会 (BIB) の任務は「米国放送協会英語版」に引き継がれた。

2009年11月29日イラクサッダーム・フセイン元大統領が、2000年に情報機関に対して、プラハにあるRFE/RL本部を襲撃して破壊するよう命じていたことが、チェコの情報機関によって明らかにされた[4]。RFE/RLは、イラク向けの放送を行っており、西側の情報が浸透することを恐れたサッダームは、配下の情報機関に破壊工作を命じた。工作員は、イラクの外交団と共にチェコに入国し、同国で襲撃計画を立案。計画に使用する手榴弾軽機関銃カラシニコフ銃ロケット砲などの武器は、外交官用の車に忍ばせて運ばれた[4]。工作員はRFE/RL本部の前にある、架空のイラク企業が入居する予定のアパートから攻撃を仕掛ける予定であったが[4]、2000年にチェコの情報機関によって計画が察知され、襲撃計画は失敗。チェコはイラクに対し、工作員をチェコ国外に退去させるよう警告を発し、2001年に工作員5人が国外追放され、2003年3月には、工作員の入国を手引きしたイラク大使館のアフマド・アル=アーニー1等書記官を国外追放した。

2022年ロシアのウクライナ侵攻以降、多くの特派員が自費でロシア国外に移住し新しい仕事を探さなくてはならなくなったという。欠員が埋まったリガの事務所には50人が在籍しており、プラハに次ぐメディアハブとなった。数十人の地方通信員がロシア国内で活動を継続しているという[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “RFE/RL welcomes back Jamie Fly as president” (英語) (プレスリリース), U.S. Agency for Global Media, (2021年2月4日), https://www.usagm.gov/2021/02/04/rfe-rl-welcomes-back-jamie-fly-as-president/ 2022年3月26日閲覧。 
  2. ^ About Us”. Radio Free Europe/Radio Liberty. 2021年3月6日閲覧。
  3. ^ RFE/RL mission statement and journalistic principles” (英語). Radio Free Europe/Radio Liberty. 2022年3月26日閲覧。
  4. ^ a b c Mlcochova, Jana (2009年11月30日). “Saddam ordered Radio Free Europe attack in Prague-TV” (英語). ロイター通信. https://jp.reuters.com/article/idUSGEE5AS0F0 2022年3月26日閲覧。 
  5. ^ Путеводитель по российским медиа времен тотальной цензуры”. Proekt (2022年8月150日). 2022年8月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]