ロシア・トゥデイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
RT
Russia-today-logo.svg
開局日 2005年12月10日
所有者 ANO TV-Novosti
映像方式 4:3 (576i, SDTV)
スローガン Question More「より問え」
ロシアの旗 ロシア
言語 (ニュースチャンネル)
アラビア語
英語
スペイン語
(ドキュメンタリーチャンネル)
英語
ロシア語
(オンライン)[1]
ドイツ語
フランス語
放送エリア 世界
本社 モスクワ
旧称 Russia Today
関連チャンネル Rusiya Al-Yaum, Russia 24, RTD
ウェブサイト RT.com

RT(旧称:ロシア・トゥデイ)は、ロシアモスクワに拠点を置くニュース専門局。

概要[編集]

RTは2005年12月10日に開局。ロシア連邦政府が所有する実質国営メディアでもある[2]。2100名の従業員と19カ国に支局を擁する。[3]

国際放送化[編集]

2007年にはアラビア語放送、2009年にスペイン語放送を始め、2010年に米国、2014年には英国でチャンネルを開局し、同年ドイツ語、フランス語視聴者のためのオンライン放送も始めた[3]。RTはアメリカで2番目の視聴者を持つ外国語ニュースチャンネルで、BBCニュースに次ぐ規模を誇る[4]。拠点のモスクワだけでなくワシントンD.C.マイアミロサンゼルスロンドンパリニューデリーテルアビブに支局がある。

政治的な立場[編集]

RTの編集方針は世界の多極化と国家主権主義の価値観の推進、大西洋主義と米国の覇権主義傾向に対する批判、あるいは「ロシア嫌い」の告発といったいくつかの重点項目を中心に構成されている[3]。RTの編集長のシモニャンは「これまでに客観的な報道の例がそんなにありましたか?(…)客観性なんてないのです。発信者の数と同じだけの真実の近似があるだけです」と発言し、公平性を宣言するよりも複数メディアの共存を肯定する立場を採っている[3]

一方で米国在住のキャスター、リズ・ウォールはRTのウクライナ紛争の報道姿勢を批判し、番組放送中に辞職した。[5]

フェイクニュースの拡散と反応[編集]

西側の指導者やメディアから、RTはロシア政府のプロパガンダに加担しフェイクニュースを拡散していると指摘、批判されている。シリア紛争において、ホワイトヘルメットが爆撃被害者の救出写真を捏造していると仄めかす画像はRTによく出稿する記者によって広められたとWIREDは指摘する。[6]

マクロン氏はRTが自分の選挙戦に対する「プロパガンダ」を駆使していたと非難した[7]。また欧州議会は、ロシアが仕掛ける「フェイクニュースとプロパガンダの闘い」に対抗手段を取るよう、EUと加盟諸国に要請する決議を採択した[8]

2017年10月には、2016年米大統領選において、RTがTwitterで複数アカウントを利用してアメリカ世論を操作していた可能性があるとして、RTのTwitterへの広告出稿を禁じた[9][10]。同年11月にはRTはアメリカで「外国エージェント」として登録された[11]

脚注[編集]

  1. ^ RT "About us" (formerly corporate profile) page at rt.com”. 2012年9月20日閲覧。
  2. ^ Burton, C., Drake, A. Hitting the Headlines In Europe, A Country-By-Country Guide to Effective Media Relations. Kogan Page Ltd. 2004. p. 163.
  3. ^ a b c d 1704-4rt”. www.diplo.jp. 2018年8月30日閲覧。
  4. ^ Foreign News Channels Drawing U.S. Viewers – IPS. Ipsnews.net. Retrieved on 2011-12-07.
  5. ^ “露TV局キャスターが放送中に辞職、ウクライナ問題で抗議” (日本語). http://www.afpbb.com/articles/-/3009836 2018年8月30日閲覧。 
  6. ^ “フェイクニュースはこうして広まる──シリアの人道部隊「ホワイト・ヘルメット」の陰謀説の全貌”. WIRED.jp. (2017年6月3日). https://wired.jp/2017/06/03/white-helmets-conspiracy-theory/ 2017年12月27日閲覧。 
  7. ^ “マクロン氏、プーチン氏を横に一部露メディアを「プロパガンダ」と”. BBCニュース. (2017年5月31日). http://www.bbc.com/japanese/video-40102343 2017年12月27日閲覧。 
  8. ^ “フランス大統領選にも大きな影響、ロシア発のフェイクニュースに苦慮するEU各国”. HuffPost. (2017年4月23日). http://m.huffingtonpost.jp/2017/04/22/russia_n_16183542.html 2017年12月27日閲覧。 
  9. ^ “200アカウントが世論操作? ツイッター、ロシア疑惑巡り報告” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29H4R_Z20C17A9EAF000/ 2018年8月30日閲覧。 
  10. ^ “Twitter、ロシア系メディア「RT」「スプートニク」の広告出稿を禁止 米大統領選への干渉で” (日本語). ねとらぼ. http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1710/27/news116.html 2018年8月30日閲覧。 
  11. ^ “「ロシア・トゥデイ」が米国で「外国エージェント」として登録_新華網日本語”. http://jp.xinhuanet.com/2017-11/15/c_136754504.htm 2018年8月30日閲覧。 

外部リンク[編集]