BBC News Channel

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BBC News
BBC News 2019.svg
BBC News logo
開局日1997年11月9日
ネットワークBBC Network
所有者BBC
映像方式576i 16:9 (SDTV)
視聴率0.9% (2011年6月, BARB)
スローガン"Britain's most watched news channel"
"Whenever you need to know"
イギリス
言語英語
放送エリアイギリス
旧称BBC News 24
関連チャンネルBBC One
BBC Two
BBC Three
BBC Four
BBC Parliament
BBC HD
BBCワールドニュース
ウェブサイトwww.bbc.co.uk/news
視聴可能
FreeviewChannel 80
衛星放送
FreesatChannel 200
ストリーミング
BBC News OnlineWatch live (英国のみ視聴可能)
TVCatchupWatch live (英国のみ視聴可能)
BBC iPlayerWatch live (英国のみ視聴可能)

BBC News Channel(ビービーシー ニュース チャンネル)は、イギリスBBC(英国放送協会)運営のニュース専門放送局である。

概要[編集]

1997年11月9日に開局したデジタル専用チャンネル。BBCニュースが制作し、英国内向けに24時間体制でニュースを放送し続けている。

チャンネル名の旧称は「BBC News 24」。

独自のニュース番組の他、BBC One/BBCワールドニュース報道番組も一部放送される。

英国内に限り、BBCサイトを通じてインターネット上での視聴も可能。

日本ではBBCワールドニュースの一部時間帯で本チャンネルのサイマル放送が視聴出来る他、NHK BS1にて『BBCブレックファスト』週末版の録画短縮バージョンが視聴出来る。

2013年3月18日に、地上波(BBC Oneの定時ニュース等)ニュース番組と共に、BBCテレビジョンセンターからブロードキャスティングハウスに設けられた「THE WORLD'S NEWSROOM」へ本格的にその拠点を移した。

歴史[編集]

BBC News 24は元々、ケーブルテレビでフルタイムでしか利用できず、視聴者は、BBC Oneが放送休止中に一晩だけこのチャンネルを視聴できなかった。この適用範囲は、イギリス国内でのデジタルテレビの登場により、1998年に改善され、衛星および地上デジタルテレビの視聴者にもサービスを提供できるようになった。当初、SkyまたはONdigitalにそれぞれ加入せずにデジタル衛星または地上波放送の受信機を入手することは困難だったが、現在、このチャンネルはFreeviewおよびFreesatのチャンネルパッケージの重要な部分を形成している。

BBCは、1997年11月9日にBBC News 24を開始する前に、2年半の間、国際ニュース専門チャンネル「BBCワールド」を運営していた。

Sky Newsは、8年以上(1989年2月5日以降)国内のニュース報道を自由に受けて、ニューズ・コーポレーションが所有しており、その文書はBBCのニュースの生産を批判するために使用された[1]

Sky Newsは独占の解消に反対し、少数派だけがライセンス料から見ることができるチャンネルの運営に関連する費用について不満を述べた。Sky Newsは、多くのイギリスのケーブル事業者が、商用のSky NewsよりもBBC News 24(ライセンス料を支払ったチャンネルがそのような事業者に無料で提供された)を運ぶように動機付けられたと主張した。しかし、1999年9月、欧州委員会は、公的資金によるチャンネルがEU法の下で不公正かつ違法であるというSky Newsによる苦情に反対する判決を下した。委員会は、ライセンス料は国の援助と見なされるべきであるが、そのような援助はBBCの公共サービスの権限のために正当化され、実際の費用を超えなかったと決定した[2]

チャンネルのジャーナリズムの生産は、2005年12月16日以降、チャンネルの管理者によって監視されている。これは、BBCの他の国内テレビチャンネルと同じように、チャンネル専用の管理者を持つことへの回帰だった。立ち上げ時、ティム・オーチャードは1997年から2000年までBBC News 24の管理者だった。その後、編集上の決定は、レイチェル・アトウェルによってテレビニュースの副責任者としての立場で管理された。アトウェルの代理人であるマーク・ポペスクは、2004年に編集コンテンツの責任者となり、2005年にケビン・バクハーストが管理者に任命されるまでその役割を続けた[3]

テレビニュースの責任者であるピーター・ホロックスによるさらなる発表は、バクハーストの任命と同時に行われ、チャンネルにさらに多くの資金とリソースを提供し、ニュースに関する企業の重点を、従来のBBC Oneのニュース番組から、ローリングニュースチャンネルに移した。チャンネルでの主要なニュース番組の同時放送の導入は、ニュース速報が、特にSky Newsとの競争に直面して、重要な時期に互いに対立するのではなく、取材内容を共同利用できるようにすることだった[4]

2012年10月1日、サム・テイラーは、『BBC News at One』と共にBBCニュースの管理者に任命された[5]2016年に、BBC OneBBC Twoの管理者のポジションが廃止された[6]。サム・テイラーは、BBC News Channelと『BBC News at One』の編集長を続けている。BBCニュースの最近の主要な特徴の1つは、テイラーが制作を担当した番組『100デイズ』、後の『100デイズ Beyond』→『BBCニュース キャティ&クリスチャン』である[7]

BBCの理事会での2005〜2006年の年次報告書では、15分間の平均視聴者数が2004〜2005年の7.8%から、マルチチャンネルホームで8.6%に達したと報告した[8]。2004年の報告書によると、このチャンネルは同年1月の期間、マルチチャンネルホームで毎週および毎月の範囲でSky Newsを上回り、2年ぶりに、ニュースに最適なチャンネルとしてSky Newsを上回った[9]

2008年 ブランドをリニューアル[編集]

2008年4月21日、BBC News 24は、チャンネル自体では「BBC News」に名前が変更されたが、他のBBCサービスでは「BBC News Channel」と呼ばれている[10]。これは、2006年に開始されたクリエイティブフューチャーズプランの一部であり、全てのBBCニュースを単一のブランド名で提供している[11]

BBC News Channelは、BBCワールドニュースの本拠地となったスタジオN8から、スタジオN6の国内ニュースの本拠地に移動し、チャンネルがそのセットを『BBC News at One英語版』および『BBC News at Ten英語版』と共同で利用し、他のニュース番組はスタジオTC7に移行している[12]

ブロードキャスティングハウスに移転[編集]

チャンネルは、BBCテレビジョンセンターの残りのBBCニュースサービスと共に、2013年3月18日13:00(GMT)に新しく改装されたブロードキャスティングハウスに移転した。新しいフルHDスタジオとライブニュースルームの背景と共に、プレゼンテーションと画面上のグラフィックが更新された。ニュースルームでカメラを動かすと、タイムタイトルシークエンスの始まりが形成され、天気予報の開始時にも使用されている[13]

番組編成[編集]

ニュース[編集]

各平日の昼間の時間は、各15分ごとのヘッドラインで構成され、正時に延長されて毎日のスケジュールの主要部分を形成する。深夜帯では通常、毎時25分の長さのニュース放送があり、その後に天気予報が続く。サマリーは30分毎に放送され、その後、普段は正時よ前に天気予報がある。同様のパターンが週末にも続き、ニュース放送は通常30分の長さである。これらのパターンは、リポートや生中継インタビューなどのニュース報道によって置き換えられることがよくある。このチャンネルは、メディアシティUKのBBCスポーツセンターからのスポーツニュースも提供している。21:25に世界各国の天気予報が放送され、21:55には『Weather for the Week Ahead』が放送される。

ニュース速報[編集]

BBCは、ニュース速報のために取られる手続きのガイドラインを維持している[14]。国内ニュースでは、特派員は最初に「一般的な議事録」のサマリー(全ての放送局とチャンネルで使用)を記録し、BBCラジオ5・ライブで伝え、次にBBC News Channelと放送中の他の番組で伝えることを優先した。外国のニュースの場合、最初に「一般的な議事録」が記録され、BBCワールドサービスのラジオで伝え、次に記者は放送中の他の番組で伝える。

ランバート卿が彼のリポートで行った重要な主張は、チャンネルがその主要なライバルであるSky Newsと比較してニュース速報への反応が遅いというものだった[15]。これに対抗するために、2003年のリニューアルで導入された新機能は、「ニュース速報のタイトルカード」たった。地球儀が画面上に短時間に現れ、視聴者の注意を最新ニュースに向ける。

2007年1月のグラフィックのリニューアルでは、地球儀のタイトルカードが赤いストラップラインに置き換えられ、最新のニュースがすぐに強調された。

これを補完するために、恒久的なニュースティッカーが2006年に導入された。これは、以前は散発的にしか使用されていなかった。ニュースステートメントは、画面の下部にある連続的にスクロールする大文字のテキストとして表示されます。 指摘された過去の曖昧さの中には、複数のMP(下院議員Member of Parliament)を「MPS」として綴ることや、他の時折の綴りや文法上の誤りが含まれているものがある。このティッカーのデザインは2007年のグラフィックのリニューアルでわずかに変更され、『ニュースウォッチ (イギリスのテレビ番組)英語版』が視聴者の混乱を報告したため、6月からニュース速報を示すために赤色に変わった。ティッカーは、トレイルと天気予報の間に削除された。

フォントスタイルの変更を含む新しいグラフィックセットが2019年7月に正式にお披露目されたが、数ヶ月前までは誤って放送されていた[16]。チャンネルの長年の機能であったニュースティッカーは、ニュースが画面上をスクロールしなくなったため、フリッパーに置き換えられた。ヘッドラインの長さが制限され、順番に完全に表示されるようになった。「BREAKING」という単語が画面に表示され、ニュース速報を示すために点滅する場合がある。時折、ニュース速報のタイトルカードがチャンネルに表示され、ニュース速報に注意を喚起することがある。このタイトルカードは、2017年6月に技術的なエラーにより数回連続して表示され、『BBC News at Ten』の開始が遅れた際に悪評を博した[17]。通常、BBC News Channelは、記者会見などのライブイベントに、タイトルカードを使用せずにクロスオーバーし、担当プレゼンターが視聴者に見せているものを紹介する。

深夜帯とBBCワールドニュースのサイマル放送[編集]

BBCは、地上波テレビチャンネルのBBC Oneでチャンネルのサイマル放送を開始し、チャンネルの開始と共に放送終了の慣習を終わらせたが、同時に、より多くの視聴者がサービスを効果的に利用できるようにした。2000年代初頭、BBC Twoもチャンネルのサイマル放送を開始したが、週末朝の番組『ウィークエンド24』は初期にはチャンネルでサイマル放送されていた。

重大事件等発生時、BBC News ChannelはBBC Oneでも放送された。特別放送の例としては、アメリカ同時多発テロ事件ロンドン同時爆破事件サッダーム・フセインの逮捕ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害などがある[18][19]。2020年には、BBC OneとNews Channelの間で共有される番組編成に、イギリス政府の新型コロナウイルス関連の最新情報が含まれることがよくあった。通常、政府が発表した午後遅くに放送された。

主な重大事件の報道もBBCワールドニュースでサイマル放送されている。現在、夜間の視聴者は1時間ごとに25分のBBCニュースを受信でき、平日の0:00〜2:00には、シンガポールとロンドンから生放送の『アジアビジネスレポート』と『スポーツ・トゥデイ』を含む『ニュースデイ (テレビ番組)英語版』を受信できる。0:30から1:00まで、及び1:30から02:00まで、2:00〜5:00(週末は0:00〜6:00)は『BBCワールドニュース』を受信することができる。『ブリーフィング』は平日の5:00〜6:00に放送される。

これらのサイマル放送は、新型コロナウイルスの感染拡大の結果として変更および拡張された。BBCは合理化されたスケジュールを導入し、News ChannelとBBCワールドニュースは現在、夕方と週末の報道の主要部分を共有している。8月からこれが変更され、恒久的に10:00〜12:00、平日19:00〜翌朝6:00になり、『BBC News at Ten英語版』が切り離され、夕方のBBC Oneのニュース放送を除いて、20:30から30分間、週末21:00〜翌朝6:00となった[20]

BBC One、BBC Two、BBCワールドニュースの同時放送[編集]

BBCブレックファスト』は、BBC OneとBBCニュースでの開始(2000年)以来、両方のチャンネルで放送されていた個々の朝の番組に取って代わり、サイマル放送されている。2006年5月から2020年3月17日まで、サイマル放送は通常、平日の6:00から8:30まで実施された。BBC Oneでの『ブレックファスト』はメディアシティUKから9:15まで芸能ニュースと特集を取り上げているが、BBCニュースは通常、8:30から9:00まで『ビジネスライブ英語版』に差し替え、9:00から従来の形式に戻る。同年3月18日以降、新型コロナウイルスの感染拡大はこれらの取り決めに変更をもたらした。『ワークライフ (テレビ番組)英語版ワークライフ』と改称された『ビジネスライブ』は放送を終了した。平日、『ブレックファスト』はBBC OneとBBC News Channelの両方で9:00まで放送され、その後、両方のチャネルで『BBC News at Nine英語版』と呼ばれる1時間の報道番組を放送している。これは、BBC News Channelでの2時間の番組の前半として続き、2時間目は通常、月〜水曜日にビクトリア・ダービーシャー英語版によって、木・金曜日はアニータ・マクベイ英語版が担当し、BBC Twoで放送されている。

BBC Twoは、平日9:00から13:00までNews Channelの番組を放送することが多く、BBCワールドニュースでもサイマル放送され、報道がサイマル放送の『BBC News at One英語版』の形でBBC Oneに切り替わる。『BBC News at One』はBBC Oneでのみ放送できるが、News Channelでのみ行われる庶民院でのニュース速報または主要な発表の期間中は、国際ニュースの報道が1時間でBBCワールドニュースとのサイマル放送に切り替わる。同様の取り決めが『BBC News at Six』にも適用され、通常はBBC OneとNews Channelの両方でサイマル放送されるが、News Channelのニュース速報のために変更される可能性がある。

BBC News at Ten英語版』は、『Ten O'Clock Newshour』の一環として、2006年1月30日にチャンネルでサイマル放送を開始し、その後、スポーツとビジネスの最新ニュースと続いた。同年4月10日、『BBC News at One英語版』(イギリス手話通訳付き)と『BBC News at Six』の放送が同様の形式でスケジュールに追加されたときに、サイマル放送された。各サイマル放送が終了すると、チャンネルのコンテンツに関して『News at Ten』に移動した。

サイマル放送が終了するたびに、チャンネルのコンテンツに関して『BBC News at One英語版』(イギリス手話通訳付き)と『BBC News at Six』が『News at Ten』と同様の形式でスケジュールに追加されたとき、同年4月10日にサイマル放送に加わった。

夏季の間は、放送休止中の『アンドリュー・マー・ショー英語版』に代わる1時間の番組『ニュース24サンデー』がBBC OneとBBC News Chaneelの両方で9:00に放送された。ニュースプレゼンターが担当し、メインのニュースチャンネルスタジオから放送している。番組は主に時事問題に焦点を当てたインタビューで構成され、各新聞レビュー、天気の概要、9:00、9:30、10:00のニュースの更新が含まれていた。『サンデーモーニングライブ英語版』と代替番組が、この時間枠を埋めるようになった[いつ?]

2013年から、BBC Twoの新しい番組枠が平日の11:00〜12:00に作成された。これは、前半は国内ニュース、後半はBBCワールドニュースで構成されている。水曜日に、議会が行われているとき、後者は首相への質問の報道のために『デイリーポリティクス』に置き換えられる。2016年3月、チャンネルは23:15に『ニュースナイト』の放送を開始した。

BBC TwoとNews Channelの10:00から13:00までの報道は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う『BBCワールドニュース』サイマル放送の3時間のブロックの一部である。次に、BBCワールドニュースは、チャンネルで19:00〜22:00と22:30〜翌朝6:00までの3時間のブロックを作成し、「the Papers」を含む『BBC News at Ten英語版』のほとんどの報道を伝え、BBCワールドニュースとも共有されている。8月からこれが変更され、10:00〜12:00、平日19:00〜翌朝6:00、『BBC News at Ten』は切り離され、BBC Oneのニュース放送を除く週末20:30から30分間、週末21:00〜翌朝6:00が恒久的となった[20]

独自番組[編集]

  • ブリーフィング(The Briefing) - サリー・バンドック英語版がBBCニュースからニュース、ビジネス、スポーツを伝える(現在、BBCワールドニュースの1時間ブロックの一部として、ブランド名無しで放送中)。[21]
    • ビジネス・ブリーフィング(Business Briefing) - サリー・バンドックが、最新のビジネス、経済、金融ニュース、市場の最新情報、ビジネス界の主要なニュースメーカーへのインタビューを伝える(現在、BBCワールドニュースの1時間ブロックの一部として、ブランド名無しで放送中)。
    • ニュース・ブリーフィング(News Briefing) - 新聞、メディアのウェブサイト、ソーシャルメディアの見出しを作っているものに加えて、その日に登場するビッグストーリーへの知る必要のあるガイドを伝える(現在、BBCワールドニュースの1時間ブロックの一部として、ブランド名無しで放送中)。
  • BBCニュース キャティ&クリスチャン英語版BBC News with Katty Kay and Christian Fraser) - ワシントンのキャティ・ケイ英語版とロンドンのクリスチャン・フレイザー英語版が伝える、大西洋両側地域からの最新ニュース(月曜日から木曜日)[22]
  • BBCワールドニュース - BBCから最新の国際ニュースを伝える。
  • BBCニュース - BBCから最新のイギリス国内および国際ニュース。
  • ニュースデイ (テレビ番組) 英語版 - 平日、ロンドンとシンガポールから生放送の国際ニュース。バビータ・シャルマ英語版カシア・マデラ英語版リコ・ヒゾンシャランジット・レイルが担当する。新型コロナウイルスの感染拡大の際に、『BBC News at Ten英語版』の後、1:00までBBCワールドニュースのプレゼンターシフトが継続され、その後1時間早く夜通し報道された。
  • アジアビジネスレポート - シンガポールのスタジオから伝えるアジアに特化したビジネス情報番組。アジアの各マーケットの最新の株式市場情報など、有益なビジネス・金融情報を伝える。『ニュースデイ』担当プレゼンターが出演する。
  • スポーツデイ(Sportsday)・スポーツ・トゥデイ英語版Sport Today) - 世界中の全ての最新スポーツニュースと結果。
  • ワールドビジネスレポート英語版 - 世界の主要都市から最新ビジネス、経済、株式、市場ニュースを毎日レポート。世界のビジネス最新情報をお届けする。
  • ビジネスライブ英語版Business Live) - サリー・バンドックとベン・トンプソンまたはタニヤ・ベケット英語版が最新のビジネスニュースやアジアでの取引終了からの最新ニュース、ヨーロッパ、中東、アメリカからの最新ニュースを伝え、ビジネスの一日を形作るニュースを備える。
  • ペーパーズ(The Papers) - 2017年頃から、夜間版は通常、クライヴ・マイリー英語版マルティーヌ・クロクソール英語版が、翌日または今日の見出しについて活発で情報に基づいた対談を行うためのものであった。マイリーは、ニュース報道や主力のBBC Oneニュース放送の報道にますます展開されているが、クロクソールは通常、平日と週末のシフトを担当している。他のNews Channelのプレゼンターが、一週間を通して代役を務めた。夜間版は現在、BBCワールドニュースのプレゼンターによって担当され、1つのエディションはBBCワールドニュースでサイマル放送されている。クロクソール、およびNews Channelの他のプレゼンターは、土・日曜日夜勤の一部として夜間の新聞番組を担当する。日曜朝版は通常、News Channelの9:00から14:00のシフトの一部としてベン・ブラウンによって担当され続ける。

ブランド番組[編集]

その他の番組[編集]

  • BBCワールドニュース・アメリカ - ワシントンのスタジオからアメリカのニュースを中心に、世界の最新ニュース、マーケット状況、スポーツの結果などをお届けする。この番組は、イギリス・アメリカの夏時間のスケジュールが同期しなくなった年の数週間に放送された。現在は、『BBC News at Ten英語版』が、BBC Oneでの番組編成の影響で遅れているときに時々放送され、南北アメリカで重要な出来事を放送しているときに生放送されることもある。
  • クリック - 「テクノロジー」にまつわるニュースや最新動向をレポートする。ネットライフをより快適にする情報や、使えるウェブサイトの紹介など、役立つ情報満載の番組。
  • デイトライン・ロンドン英語版 - ロンドンに駐在する外国人特派員が「外国人の視点」から、ニュース・問題や世界の最新情勢が、我々にとってどのような意味があるのかを議論する。
  • ハード・トーク英語版 - スティーブン・サッカー英語版が政治的指導者からエンターテイナー、企業の経営責任者から話題となった一般の人まで、多彩なゲストを迎えてお送りするインタビュー番組。
  • アワ・ワールド 世界は今(Our World) - 毎日放送しているニュースから注目すべき世界の諸問題について真実を追求するドキュメンタリー番組。
  • レポーターズ英語版 - 世界各地のBBCレポーターがトップニュースのみならず、ジャーナリストとして見逃せない興味深い情報を世界中からお届けする。
  • デイリー・ポリティクス英語版Politics Europe) - アンドリュー・ニールとジョー・コバーンが司会を務めるヨーロッパ政治の詳細な調査(ヨーロッパでのみ、イギリスでもBBC Parliamentで放送される)。
  • ザ・ワールド・ディベート(The World Debate) - パネルと寄稿者がグローバルな政治、金融、ビジネス、芸術、メディア、その他の分野の代表者に向けられた話題のテーマについて話し合う。
  • パノラマ (ドキュメンタリー番組)英語版 - 長い歴史を誇るBBCの看板ドキュメンタリーシリーズ。世界各地の知られざる事象に、鋭く切り込むスタイルで制作される。
  • 編集者(The Editors) - 各編集者の領域で何が起こっているかを調べる毎月の番組。
  • トラベル・ショー英語版
  • インサイド・アウト (2002年のテレビ番組)英語版Inside Out England) - エレイン・ダンクリーが司会を務める、イギリス全土の地域番組からのニュースのセレクション放送。
  • 目撃者(Witness) - 世界的な出来事をそこにいた人々が語るBBCワールドの毎月のまとめ。

以前のBBCニュースの番組には、『Head 2 Head』、『ユア・ニュース英語版』、『E24』、『The Record Europe』、『ストーリーフィックス英語版』、2005年から2008年にかけて行われた、その日のニュースをまとめる平日夕方の番組『ニュース24トゥナイト』が含まれている。また、2015年から放送されていた『ビクトリア・ダービーシャー (テレビ番組)英語版』も含まれている。放送終了は、新型コロナウイルスの感染拡大がイギリスに大きな影響を与える前にBBCによって発表された。

2015年のスケジュール変更[編集]

予算削減の一環として、チャンネルの大幅な変更が2014年後半・2015年初頭に発表された。これには、いくつかのニュース放送を修正し、それらを『ビクトリア・ダービーシャー (テレビ番組)英語版』に置き換え、サリー・バンドックとベン・トンプソンの『BBCビジネスライブ英語版』を午前中に置き換えることが含まれていた。BBCワールドニュースで既に放送されている「双方向」番組『アウトサイド・ソース英語版』 は、月曜日〜木曜日21:00(主要ニュースは18:00)に放送され、『ワールド・ニュース・トゥデイ』新版は金曜日〜日曜日21:00(主要ニュースは月曜日〜金曜日19:00・20:00)に放送され、BBC Fourの19:00版が追加された。『ハード・トーク英語版』は5月に20時30分枠に移動した。0:00版は、日曜日〜木曜日は『ニュースデイ (テレビ番組)英語版』に、金曜日〜土曜日は『BBCワールドニュース』標準版に置き換えられた。

BBCワールドニュースとの共有番組編成[編集]

これは現在、新型コロナウイルス感染拡大の危機によって拡大されている。説明については、上記のBBC One、BBC Two、およびBBCワールドニュースのサイマル放送を参照のこと。以下は、感染拡大以前の説明として掲載する。

イギリス時間の0:00〜6:00の間に、チャンネルは姉妹チャンネルであるBBCワールドニュースとサイマル放送され、毎時最初の25分間、世界のニュースがすべてサイマル放送される。

2007年10月1日、BBCワールドニュースは『BBCワールドニュース・アメリカ』と『ワールド・ニュース・トゥデイ』の放送をそれぞれ0:00と3:00(GMT)に開始した。『ワールド・ニュース・トゥデイ』は、3:00(GMT)にBBC News Channelでサイマル放送された。『BBCワールドニュース・アメリカ』は、0:30(GMT)に長さを短縮した時間遅延バージョンとして放送され、『ABCワールドニュース・トゥナイト』も毎週火曜日から金曜日の1:30に放送されていた。

2011年6月13日から、BBCニュースの平日版の1:00、2:00、3:00、4:00は『ニュースデイ (テレビ番組)英語版』に置き換えられた。この番組は、アジア太平洋地域の朝のニュース番組として、シンガポールリコ・ヒゾンとロンドンのバビータ・シャルマ英語版が伝える2人制ニュース番組として放送される。『アジアビジネスレポート』と『スポーツ・トゥデイ英語版』は、『ニュースデイ』の最初の3時間の後ろに放送される。しかし、23:00〜2:00の『BBCワールドニュース』をマイク・エンブリー英語版が火曜日〜金曜日を、カシア・マデラ英語版が土曜日を、ダニエラ・リトルトが日曜日0:00〜6:00、金曜日・月曜日2:00〜5:00を担当するため、翌年のBBCニュースでは『ニュースデイ』が23:00〜2:00に変更された。

『BBCワールドニュース』と『ワールドビジネスリポート』は5:00に放送される。これは以前は『ワールド・トゥデイ』として知られていたが、2017年11月以降、国際放送で見られるコマーシャルの代わりに、両方のチャンネルで『ザ・ブリーフィング』および『ビジネス・ブリーフィング』に名称変更された。プレゼンターは、イギリスの視聴者のためにイギリス国内のニュースについて短く最新情報を伝えた[要出典]

2015年6月、BBCニュースは、月曜日から木曜日の21:00に『アウトサイド・ソース』と、金曜日から日曜日の21:00に『ワールド・ニュース・トゥデイ』新版のサイマル放送を開始した。2017年1月以降、ロンドンとワシントンから伝えた『100デイズ Beyond』(以前は『100デイズ』と『100デイズ+』、現:『BBCニュース キャティ&クリスチャン』)のサイマル放送を月曜日から木曜日の19:00に開始した。8月中に『100デイズ Beyond』は、『ワールド・ニュース・トゥデイ』の別版に置き換えられる。

伝統的に、12月のサイマル放送では、世界中の視聴者のためにニュースルームのクリスマスツリーを隠すように注意が払われてきた。2015年以降、21:00のニュース放送は常に『ワールド・ニュース・トゥデイ』のエディションであり、『アウトサイド・ソース』に取って代わった。

スポーツ[編集]

2012年3月5日以降、スポーツニュースは、スポーツネットワークBBCラジオ5・ライブも拠点を置くサルフォード・キーズのメディアシティUKにある「BBCスポーツセンター」から伝えている。

ヘッドラインは通常、15分毎に放送し、毎時30分のヘッドラインの後に完全なニュース放送を伝える。0:45、1:45、2:45、3:45、13:30、18:30、19:30(週末のみ)、22:30(平日のみ)に放送される『スポーツデイ』または『スポーツ・トゥデイ』(BBCワールドニュースとサイマル放送の場合)というタイトルで、1日あたりの拡大版スポーツニュース放送もある。2人制の土曜日版『スポーツデイ』を除いて、各ニュース放送は1人のスポーツプレゼンターによって伝えている。

チャンネルのスポーツニュース放送(内部では「スポーツ24」として知られている)には、グラフィックも担当する独立した専用の制作ギャラリーが常にあった。

BBCブレックファスト』放送中は、サリーニュージェント英語版またはマイク・ブッシェル英語版が務め、後者はチャンネルの他のスポーツニュース放送にも出演する。

2019年3月の時点で、チャンネルの主なスポーツプレゼンターは、オリー・フォスター、ギャビン・ラムジャウン英語版、ケイティ・ゴーナル、チェタン・パタク、キャサリン・ダウンズ英語版タルセン・トレット英語版リジー・グリーンウッド=ヒューズ英語版ジョン・ワトソン (スポーツプレゼンター)英語版である。

2012年3月まで、News Channelスタジオから毎時45分に伝えていた。チャンネルのニュース放送のプレゼンターには、レスミン・チャウドリー英語版アマンダ・デイビス英語版ショーン・フレッチャー英語版、マット・グッドリック、セリーナ・ヒンチクリフ英語版レイチェル・ホッジス英語版ダミアン・ジョンソン (司会者)英語版アドナン・ナワーズ英語版、オリンピック金メダリストからジャーナリストに転向したマシュー・ピンセント英語版が含まれている。

ビジネス[編集]

BBCニュースがブロードキャスティングハウスに移動する前は、BBCビジネス部門からの平日スケジュールに1時間ごとのビジネスの最新ニュースが含まれていた。 8:30〜14:00と14:00〜23:00の2つのシフトがあり、ペニー・ハスラム、マリアム・モシリ英語版、ベン・トンプソン、アダム・パーソンズ英語版、スザンナ・ストリーター、ジョー・ライナム英語版、サラ・コバーン、サリー・エデンが担当した。News Channelの最新ニュースは通常、8:00から23:00までの時間の40分に放送された。21:40のまとめは多くの場合、それよりも早く、22:40のニュース放送はその日のビジネスニュースの延長されたまとめである。2009年5月まで、BBC News Channelの最新情報は、ロンドン中心部にあるロンドン証券取引所のスタジオの1つから放送されていました。それから2013年3月まで、ニュース放送はBBCテレビジョンセンターのチャンネルのスタジオから伝えていた。ビジネスニュースの更新は、BBCの品質第一計画提供の一環として、同月に中止された。しかし、同年11月にその苦情が寄せられた[25]

株式市場の最新情報は、15分毎のヘッドラインにのみ表示されるようになった。レイチェル・ホーンは、13:30〜18:00のメインプレゼンターで、ビシャラ・スリパスマ、アリス・バクスター、ジェイミー・ロバートソン、アーロン・ヘスルハースト英語版サリー・バンドック英語版も加わっている。通常、16:45に延長されたニュース放送があり、その日の主要なビジネスストーリーは『アフタヌーンライブ』で議論される。バンドックとトンプソンは、平日8:30に「ビジネスライブ」を担当する。デクラン・カリーは、毎週土曜日朝の『ユア・マネー(Your Money)』を担当した。

リコ・ヒゾンまたはシャランジット・レイルは、BBCワールドニュースからサイマル放送されているBBCの『アジアビジネスリポート』で、シンガポールから早朝に定期的な主要ビジネスニュースを伝えた。アリス・バクスターとサリー・バンドック英語版は『ワールドビジネスリポート英語版』を担当した。

こぼれ話[編集]

2006年5月16日、スタジオにコンピュータ専門家を招いて生放送中にインタビューをする事になったが、BBC側のスタッフが間違えて全く別人のタクシー運転手(当初の発表。後に別の職業であるとアナウンスされた)をスタジオに案内してしまった。 その時の模様が英国内はもとより、動画共有サイトを通じて世界的に話題となった事がある。

詳細はガイ・ゴーマの項を参照。

関連項目[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ The Sky News Blog-A New Angle In The News? Archived 7 February 2012 at the Wayback Machine. Tips 'N' Tutorials
  2. ^ BBC News 24 (State aid) Archived 4 March 2016 at the Wayback Machine. Reckon Regulation & Competition Economics LLP
  3. ^ BBC to revamp TV news operation – BBC News Online, 8 November 2005
  4. ^ BBC announces changes to Television News”. TV News (2005年11月8日). 2019年7月27日閲覧。
  5. ^ https://www.bbc.co.uk/mediacentre/latestnews/2012/news-channel-controller.html
  6. ^ https://www.theguardian.com/media/2016/jan/19/bbc-controller-bbc1-charlotte-moore-bbc2-bbc4-kim-shillinglaw
  7. ^ https://www.pressgazette.co.uk/bbc-news-channel-executive-editor-news-channels-are-the-oxygen-of-news/
  8. ^ BBC Governor's Annual Report 2005/2006 Page 47 Archived 24 January 2007 at the Wayback Machine.
  9. ^ BBC News 24 edging ahead of Sky News Neil Wilkes; Digital Spy, 19 August 2004
  10. ^ BBC News 24 to be renamed Times Online
  11. ^ Creative Futures Plan The Guardian
  12. ^ BBC NEWS – News 24 wins news channel of year”. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月5日閲覧。
  13. ^ BBC News' television output moves to new studios at Broadcasting House”. BBC (2013年3月18日). 2013年3月18日閲覧。
  14. ^ Editorial processes – How BBC News works”. BBCトラスト英語版 (2007年1月22日). 2007年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月19日閲覧。
  15. ^ Getting creative breakthrough...-About BBC News TV Home
  16. ^ https://tvforum.uk/thenewsroom/reith-launch-bbc-bulletins-44687
  17. ^ https://www.bbc.co.uk/news/uk-40350006
  18. ^ News 24 claims July victory Neil Wilkes; Digital Spy, 1 August 2005
  19. ^ News 24 top for rolling news Archived 26 September 2007 at the Wayback Machine. TV Newsroom, 21 August 2005
  20. ^ a b https://www.bbc.co.uk/mediacentre/latestnews/2020/news-modernisation-update
  21. ^ The Briefing – BBC News”. BBC. 2018年1月8日閲覧。
  22. ^ Beyond 100 Days – BBC News”. BBC. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  23. ^ 16/10/2017, Afternoon Live – BBC News Channel”. BBC. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  24. ^ https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-53416067
  25. ^ Delivering Quality First”. BBC. 2013年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]