バフムートの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バフムートの戦い
ロシアのウクライナ侵攻

廃墟となった住宅地(2023年3月)
2022年8月1日 - 2023年5月21日
(1年7ヶ月4日間)
場所ウクライナの旗 ウクライナ
ドネツィク州バフムート
現況 ロシアの勝利。ロシア軍は5月21日時点でバフムート市のほぼ全域を占領。ただしウクライナは同市の全面陥落を否定。
衝突した勢力

ロシアの旗 ロシア
ルガンスク人民共和国の旗 ルガンスク人民共和国

ドネツク人民共和国の旗 ドネツク人民共和国
ウクライナの旗 ウクライナ
指揮官
エフゲニー・プリゴジン  オレクサンドル・タルナフスキーウクライナ語版
部隊

ロシア国防省

ロシア空挺軍

ロシア陸軍

ロシア海軍

ドネツク民兵

ルガンスク民兵

GRU

  • 第346特殊任務旅団[11]

ロシア国家親衛隊

  • アフマト特殊部隊[11]

ウクライナ陸軍

ウクライナ空中機動軍

ウクライナ海軍

ウクライナ国家親衛隊

ウクライナ国防省

ウクライナ国家警察

ウクライナ領土防衛隊
被害者数
10万人以上の死傷者 [45] 2万人以上の死傷者[46]
民間人4000人以上がロシア軍によって死傷したとされる[47]

バフムートの戦い(バフムートのたたかい)は、2022年に始まったロシアによるウクライナ侵攻のうち、ドネツィク州バフムート(バフムト、ロシア名・アルチェモフスク)の支配権をめぐるロシア連邦軍及びワグネル・グループウクライナ軍による一連の軍事衝突である。ウクライナ東部攻勢におけるドンバスの戦いの一環。

双方が大量の人的及び物的資源を投入したことに加え、膠着状態に陥り大量のの死傷者を出したことから、「ウクライナ戦争で最も血まみれで残酷で残忍なセクター」とも言われた[48]

背景[編集]

ウクライナ東部のドンバス地方では2014年以来、ウクライナと、ロシア連邦および親ロシア派の対立・衝突が続いていた(ドンバス戦争)。

かつては人口7万人の都市で東部ドンバスの交通網の中枢でもあったバフムートは、マイダン革命が行われた2014年以降、NATO(北大西洋条約機構)の支援も受けながら、全都市の要塞化を進めてきた[49]

バフムート市内にはコンクリートの堅固な要塞陣地が築かれ、大量の武器・弾薬が備蓄され、要所には戦車、各種の対戦車・対空ミサイルが掩体内に配備され、陣地帯の周囲には何重もの地雷原や対戦車障害などが設けられた[49]

2022年2月24日、ロシアはウクライナ各地へ侵攻を開始し、一部を支配下に置いていたドネツィク州とルハーンシク州からも部隊を進撃させ(ウクライナ東部攻勢)、セベロドネツクと7月初旬のリシチャンシクでの戦闘後、ロシアと分離主義勢力はルハーンシク州全域を占領し、戦場は隣接するドネツィク州のスラヴャンスク、バフムート、ソレダルの各都市に移った。

ロシア連邦軍は開戦3カ月後の2022年5月からバフムートへの攻撃を開始し、以来、バフムートでは攻防戦が続いてきた[49]

戦闘経過[編集]

ロシア連邦軍は5月17日からバフムートへの砲撃を開始し、2歳の子供を含む5人が死亡した[50][51]。5月22日にポパスナが陥落し、ウクライナ軍はバフムートの陣地を強化するために同市から撤退した[52]。その間、ロシア連邦軍はバフムート‐リシチャンシク高速道路を前進し、リシチャンシク‐セベロドネツク地域に残っているウクライナ軍が危険に晒された[53][54]。高速道路沿いのロシア連邦軍の検問所は後に破壊されたが、5月30日にコンスタンチノフカ英語版 - バフムート高速道路沿いで戦闘が再開し、ウクライナ軍は高速道路の防衛に成功した[55][56]

バフムートの砲撃は6月から7月にかけて続き、7月3日に始まったシヴェルシクの戦い後、エスカレートした[57]。7月25日、ウクライナ軍はヴフレヒルスカ発電所とその近くの町ノヴォルハンスケから撤退し、ロシア連邦軍と分離主義勢力にバフムートに対する「小さな戦術的アドバンテージ」を与えた[58]。2日後の7月27日、ロシアはバフムートを砲撃し、民間人3人が死亡、3人が負傷した[59][60]

バフムート郊外の無人地帯

7月27日、バフムート近郊の火力発電所周辺で戦闘があり、ウクライナ軍が撤収した。イギリス国防省はロシア側の戦力を民間軍事会社ワグネル・グループであると分析した[61]

8月1日、ロシア軍はバフムートの南と南東の居住地に大規模な地上攻撃を開始した。ロシアのテレグラムチャンネルのVoennyi Osvedomelは、ロシア軍がバフムートから2km以内にいると主張して、野原で破壊された車両の映像を公開した。ロシア国防省は、バフムートでの戦いと攻撃が始まったと発表した[62][63]。翌日、ロシア連邦軍はバフムートの南東で一定の成功を収め、バフムートの北東と南東で攻撃作戦を続けた。ウクライナ軍参謀本部は、伝えられるところではロシア連邦軍航空機空爆を強化し、都市への地上攻撃を開始したと報告した。激しい戦闘が市の南東郊外で起きた[64]。8月3日、ロシア連邦軍はコデマ、セミヒリヤ、トラウネヴェ、ヴィムカ、ベレストヴェ、バフムツケ、オピュトネの居住地方面からバフムート方面への空爆とミサイル攻撃を続けた[65]。翌日の8月4日、ロシアのテレグラムチャンネルは、ロシアの砲兵隊に支援されたワグネルの傭兵が東側からバフムートのパトリス・ルムンバ通りへと突破し、バフムートとシヴェルシク間の道路上に築かれたウクライナ軍の道路封鎖が破壊されたことを発表した[66]

8月10日、ロシア軍は市の中心部を爆撃し、民間人7人が死亡、6人が負傷し、店舗、民家、高層ビルが被害を受けた[67]。翌日、ロシア軍はヤコヴリウカ、バフムツケ、ザイツェヴェ、ヴェルシナ、ダチャの地域で攻撃を行いつつ前進し、ウクライナ軍の守備の突破を試みた。

10月8日、ウクライナの大統領ウォロディミル・ゼレンスキーは、現在も制圧を試みるロシア軍と防衛するウクライナ軍との間で激戦地となっていることを発表した[68]。この10月頃には、バフムートを攻めるロシア軍の主力は民間軍事会社であるワグネルに置き換わっており、撤退が続くロシア軍の戦線の中で突出する形で維持されていた[69]

11月上旬までに、バフムート周辺の戦闘は塹壕戦に移り、泥沼の膠着状態に陥った。激しい砲撃と銃撃戦により毎日数百人の死傷者が出るこの地域は、「ウクライナ戦争で最も血まみれで残酷で残忍なセクター」とも言われた[48]。また、ロシア側の主力であるワグネルの創設者は、「われわれの任務はバフムートそのものではなく、ウクライナ軍を破壊し、戦闘力を低下させることだ。(中略)この作戦は『バフムートの肉ひき機』と呼ばれるようになった」と発言している[70][71]

12月1日、ロシア軍は郊外の村を制圧(ソレダルの戦い)。一部部隊は多数の犠牲を出しながら市南部近郊に達した[72]。ただし、ウクライナ側も度々押し返し[73]、同月20日にはゼレンスキー大統領が訪米直前にバフムートを訪れて将兵を激励した[74][75]

2023年に入っても激戦が続いた。ウクライナ軍の指揮官は1月、ロシア側の兵力がワグネル・グループから、正規の空挺部隊に置き換わっていることを指摘している[76]

米欧諸国がウクライナに、バフムートから撤退して戦力を温存するよう助言したとも報道されたが、同国のゼレンスキー大統領は2月3日、バフムートは「要塞」であるとして徹底抗戦を宣言[77]。ゼレンスキー大統領は2月15日、「可能な限り敵を破壊することが最も重要である」と記者会見で述べ、今後の反攻に備えてバフムートを死守してロシア軍を消耗させる方針を示唆した[78]

3月8日、ワグネルはバフムート中心部を流れるバフムートカ川の東側全域を完全に制圧したと発表。米英政府は「もしバフムートが陥落しても必ずしもロシアの優勢には繋がらない」とし、しばしば劣勢であることを否定しロシア側に多大な損害を与えていると主張したが同9日にはNATOのストルテンベルク事務総長が「バフムートは数日以内に陥落する可能性もある」と見解を一転した[79]。ただし、米欧露各国の独立系ジャーナリストらは全体的に見て、2月の時点からウクライナ軍が戦略的劣勢にあり以前よりもロシア軍に対して日ごとに多大な損害を出しつつあるともした[80]

5月に近づくとロシアでは翌月の対独戦勝記念日 (5月9日)が意識され、それまでにバフムートの占領が果たせるよう攻勢が続いた。支配区域は拡大し、5月7日にはワグネルの指導者エフゲニー・プリゴジンは、バフムートの95%を制圧したと宣言した[81]が、一方で前線には物資が十分に届かず、プリゴジンはビデオを通じて弾薬を届けるよう撤退をちらつかせながらロシア国防省幹部を罵った[82]。結果的に戦勝記念日までに、ロシア軍らはバフムート市街地の完全占領は果たせず[83]、翌5月10日には ウクライナ陸軍第3強襲旅団がロシア軍第72自動小銃旅団を退却させたことを発表[84]。プリゴジンもロシア軍が「逃走」したことを指摘し、ワグネルの部隊の側面ががら空きとなり危険にさらされていると非難した[85]

5月20日、プリゴジンは同市をロシア側が完全に制圧したと主張し、ロシア国防省も占領を発表したが、ウクライナ側はこれを否定[86]。翌日にもゼレンスキー大統領が制圧を否定したが[87]、プリゴジンは「最後の1cmまで占領した」と主張し[88]、米戦争研究所もウクライナ軍が市の西側にある一部の要塞地域を除いて市内から撤退したと評価した[89]

6月、ワグネル・グループが撤退を開始したが、プリゴジンはロシア国防省がワグネルの退避ルートに数百個の地雷を仕掛けていたと発表し、国防省を非難した[90]。ワグネルの交代部隊でロシア空挺軍第76親衛空挺師団第106親衛空挺師団、他2個旅団が投入された[2]

その後、2023年ウクライナの反転攻勢が行われたが、ウクライナ軍が奪還できたのはアンドリーウカやクリシチウカなど小地域に留まった[91]

評価[編集]

軍の上層部が全体の戦況を見通さず、現場の声に耳を貸さず、無理な局地戦を敷いた結果、数万人規模の死者が出たという点で第二次世界大戦中のインパール作戦に似ているとも称される[92]

軍事アナリストらはこの戦いを双方にとって消耗戦だったと特徴付けており、「双方とも消耗戦が有利だと考えた」としている[93][94]。バフムートの戦いをしている脇で、ロシア軍は南部と北部の戦線を強化し、2022年秋に徴兵した30万人の兵士を訓練することに成功した。バフムートでの大規模な消耗の後、ロシアは西側のクラマトルスクやスロビアンスク方面への更なる前進を行うことができなかった一方、バフムートで経験豊富な兵士を使い続けたことでウクライナの攻撃能力も低下し、ウクライナの反攻時に西側の装備に頼る部隊よりも経験豊富な部隊が活きる南部戦線での成功を妨げた[93][95][94]

独立系アナリストや報道機関は、この消耗戦を全体的なロシアの勝利であり、戦略的なウクライナの敗北であるとみなした[96][97]。米政府関係者は、不利な条件にもかかわらずウクライナがバフムート地域の立場を維持する決定を下したことに繰り返し懸念を表明し、一部の観測筋は、この戦闘でウクライナが被った大損害とその後の反攻作戦の失敗とを結びつけて考える者さえいた。つまり、反攻において、ロシアは強制徴募された囚人兵を失っただけでザポリージャ戦線の防衛を強化する時間を得たのに対し、ウクライナは前述の反攻作戦に直接的な全体的影響を与えた第93機械化旅団のような精鋭部隊を失ったことが影響したいうものである[98][94]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 【バフムト消耗戦】プリコジン氏が言及〝ロシア敗北〟反転攻勢の時期 テレ朝news
  2. ^ a b c Russian Offensive Campaign Assessment, June 3, 2023 戦争研究所
  3. ^ Russian Offensive Campaign Assessment, October 31, 2023 戦争研究所
  4. ^ Russian Offensive Campaign Assessment, August 5, 2023 戦争研究所
  5. ^ a b Russian Offensive Campaign Assessment, June 21, 2023 戦争研究所
  6. ^ Ukraine resists Russia’s invasion. Day 23: Russian troops not able to advance, more terror against civilians, Russia to brandish nuclear weapons”. Ukraine Crisis media center (2022年3月19日). 2022年8月15日閲覧。
  7. ^ Russian Offensive Campaign Assessment, May 9, 2023 戦争研究所
  8. ^ a b Russian Offensive Campaign Assessment, May 16, 2023 戦争研究所
  9. ^ Russian Offensive Campaign Assessment, December 10, 2023 戦争研究所
  10. ^ Russian Offensive Campaign Assessment, May 26, 2023 戦争研究所
  11. ^ a b Russian Offensive Campaign Assessment, July 16, 2023 戦争研究所
  12. ^ Rhythm of War: A Thunderous Blast, and Then a Coffee Breakニューヨーク・タイムズ
  13. ^ 迫撃砲でロシア軍陣地攻撃 破壊されたバフムートの町AP通信
  14. ^ Наші мінометники на околицях Бахмута: Маємо давати результат, бо інакше — ми не маємо права тут перебувати 陸軍通信
  15. ^ 侵攻440日目 – バフムート戦線 ミリタリー・ランド
  16. ^ a b Терору треба відповідати силою на всіх рівнях: і на полі бою, і санкційно, і юридично – звернення Президента України ウクライナ大統領府
  17. ^ "Найважче було біля Бахмута": 23-річний воїн волинської бригади розповів про участь в боях у п'яти регіонах України ススピーリネ
  18. ^ «Техніку треба любити»: бойова історія екіпажу танкістів із 17-ї Криворізької бригади 1クリヴィー・リフ・ニュース
  19. ^ Kyiv reports 'intensified' combat as Putin says counteroffensive failing France 24
  20. ^ バフムートに残っている住民は約5% 一部はロシア支持 ウクルインフォルム
  21. ^ ウクライナ軍、旧ソ連製戦車で戦線維持 西側からの増援控え CNN
  22. ^ Bakhmut の防御で、ウクライナ軍はあらゆる面から攻撃 ラジオ・フリー・ヨーロッパ
  23. ^ Recap Deployment Map changes – Week 42 ミリタリー・ランド
  24. ^ 東部前線で戦うワグネルの「使い捨て兵士」 ウクライナ AFP
  25. ^ a b Кабмін вже в березні підготує рішення, які потрібні нашим громадам для бюджетної стійкості – звернення Президента України ウクライナ大統領府
  26. ^ 5 グルジアのボランティアがウクライナで死亡しました: 彼らはバフムートの近くで取り囲まれました ウクラインスカヤ・プラウダ
  27. ^ Ukrainian 60th Mechanized Brigade's 97th Battalion defending #Bakhmut. 第60独立機械化旅団 Facebook
  28. ^ МИСТЕЦТВО ВІЙНИ від ЗЛЮКИ БОБРА: підступні окупанти, русскій 第63機械化旅団 Facebook
  29. ^ На Донбасі загинув Герой України, легендарний доброволець Дмитро Коцюбайло (Да Вінчі) インテルファクス通信
  30. ^ Trapped in the Trenches in Ukraine ザ・ニューヨーカー
  31. ^ 侵略380日目 – まとめ ミリタリー・ランド
  32. ^ Ukrainian Artillerymen Showed How They Destroy russian Mortar Position Near Bakhmut by Polish Krab SPG ディフェンス・エクスプレス
  33. ^ Russia’s Pointless Attacks In Bakhmut Are Running Into A Wall Of Ukrainian Artillery フォーブス
  34. ^ 侵攻300日目 – まとめ ミリタリー・ランド
  35. ^ Із 35-ти вижили двоє. Йдуть уперед по трупах своїх солдат. Десантники про наступ росіян на Бахмут NTA
  36. ^ ポーランドがウクライナにミグ戦闘機を供与へ ロイター
  37. ^ Нацгвардійці показали, як ліквідують штурмовиків «Вагнера» під Бахмутом ウクルインフォルム
  38. ^ 前線のどこにも敵の前で放牧していません。特定の分野では、将来の成功を準備しています-ウクライナ大統領の演説 ウクライナ大統領府
  39. ^ “Georgian volunteer fighter died in Ukraine”. https://1tv.ge/lang/en/news/georgian-volunteer-fighter-died-in-ukraine/ 2022年6月6日閲覧。 
  40. ^ 自由ロシア軍団とは何か、「ロシアを自由にする」ため自国と戦うロシア人志願兵たち”. CNN (2023年5月23日). 2023年5月23日閲覧。
  41. ^ Один загинув, під завалами четверо: білоруські бійці не можуть забрати тіла побратимів у Бахмуті ウクラインスカヤ・プラウダ
  42. ^ Meet the Chechens fighting Russia in Ukraine キーウ・インディペンデント
  43. ^ Окупанти показали відео з “кадирівцями” в Бахмуті. Насправді на кадрах — чеченські добровольці ЗСУ (ВІДЕО, ФОТО) フリー・ラジオ
  44. ^ 侵攻574日目 – まとめ ミリタリー・ランド
  45. ^ President Biden Reveals Massive Number of Russian Casualties in Bakhmut”. Kyiv Post (2023年5月21日). 2023年7月25日閲覧。
  46. ^ Ukraine war: The battle of Bakhmut is not about seizing vital ground - it is about maximising enemy casualties”. Sky News (2023年5月13日). 2023年7月25日閲覧。
  47. ^ The Guardians「Ukrainian forces still trying to hold Bakhmut despite heavy casualties[1]
  48. ^ a b Bakhmut ‘has reputation as most bloody, cruel and brutal part of front’”. news.yahoo.com. 2022年12月29日閲覧。
  49. ^ a b c RUSSIAN OFFENSIVE CAMPAIGN ASSESSMENT,MAY 22, ISW,access-date=2023-05-01[2]
  50. ^ Від Вугледара до Бахмута. Росія сьогодні масовано обстрілює Донецьку область”. РБК-Україна (2022年5月17日). 2022年8月15日閲覧。
  51. ^ Кількість жертв обстрілу будинку у Бахмуті зросла до п'яти, серед них дворічна дитина”. Укрінформ (2022年5月18日). 2022年8月15日閲覧。
  52. ^ RUSSIAN OFFENSIVE CAMPAIGN ASSESSMENT, MAY 22, ISW(戦争研究所, https://understandingwar.org/backgrounder/russian-offensive-campaign-assessment-may-22 
  53. ^ Траса Бахмут-Лисичанськ опинилася під обстрілом ворога”. Мілітарний (2022年5月24日). 2022年8月15日閲覧。
  54. ^ Окупанти прорвали українську оборону в районі Попасної”. Ukrainian Military Pages (2022年5月25日). 2022年8月15日閲覧。
  55. ^ Ukrajinske trupe brane vitalni put na istoku”. Free Europe (2022年5月30日). 2022年8月15日閲覧。
  56. ^ ЗСУ ліквідували ворожий блокпост на трасі з Бахмута до Лисичанська”. Букви (2022年5月26日). 2022年8月15日閲覧。
  57. ^ Russians trying to improve tactical position in Bakhmut direction”. Ukrinform (2022年6月16日). 2022年8月15日閲覧。
  58. ^ Russians prepare offensive on Siversk, Soledar – General Staff” (英語). ウクルインフォルム (2022年7月26日). 2022年8月15日閲覧。
  59. ^ New photos show heartbreaking destruction in Bakhmut, Ukraine” (英語). ニューヨーク・ポスト (2022年7月28日). 2022年8月15日閲覧。
  60. ^ July 27, 2022 Russia-Ukraine news” (英語). CNN (2022年7月28日). 2022年8月15日閲覧。
  61. ^ ロシア軍、東部要衝バフムトで攻勢 ウクライナ部隊は一部撤退か”. 毎日新聞 (2022年7月28日). 2022年9月19日閲覧。
  62. ^ Russian Offensive Campaign Assessment, August 1” (英語) (2022年8月1日). 2022年8月15日閲覧。
  63. ^ August 1, 2022 Russia-Ukraine news” (英語) (2022年8月2日). 2022年8月15日閲覧。
  64. ^ Russian Offensive Campaign Assessment, August 2” (英語) (2022年8月2日). 2022年8月15日閲覧。
  65. ^ War update: Enemy focusing efforts in Bakhmut direction” (英語). ウクルインフォルム (2022年8月3日). 2022年8月15日閲覧。
  66. ^ The Wagner PMC, supported by Russian artillery, was able to break through to Patrice Lumumba Street in Bakhmut from the eastern side. Insider reports that an AFU roadblock was destroyed in the – XUA-фото войны” (英語) (2022年8月4日). 2022年8月15日閲覧。
  67. ^ 7 killed, 6 injured in Russia’s attack on Bakhmut” (英語). ウクルインフォルム (2022年8月10日). 2022年8月15日閲覧。
  68. ^ ウクライナ軍、東部要衝のバフムトで激戦=ゼレンスキー大統領”. ロイター (2022年10月9日). 2022年10月9日閲覧。
  69. ^ 東部前線で戦うワグナー(ワグネル)の「使い捨て兵士」 ウクライナ”. AFP (2022年11月1日). 2022年11月8日閲覧。
  70. ^ バフムートの「肉ひき機」 恐怖の激戦地を駆ける救急隊員たち”. www.afpbb.com. 2022年12月29日閲覧。
  71. ^ 矢野 義昭「本格攻勢に出始めたロシア軍と崩壊寸前のウクライナ軍」JBpress(2022年12月21日)2023年1月4日閲覧
  72. ^ バフムート近郊のロシア軍、一定の前進も大量の死傷者か”. CNN (2022年12月2日). 2022年12月3日閲覧。
  73. ^ ロシア軍のバフムート地区の進軍が鈍化=戦争研究所”. www.ukrinform.jp. 2022年12月29日閲覧。
  74. ^ ゼレンスキー氏 東部要衝を訪問」『読売新聞』夕刊2022年12月21日3面(2023年1月4日閲覧)
  75. ^ 激戦地から「極秘の旅」ゼレンスキー氏『読売新聞』朝刊2022年12月23日(国際面)同日閲覧
  76. ^ バフムートは「生き地獄」、ロシア戦力はワグネルから空挺兵に ウクライナの指揮官”. CNN (2023年1月31日). 2023年2月1日閲覧。
  77. ^ ゼレンスキー氏、バフムト放棄を否定 米欧は撤退を助言か産経新聞ニュース(2023年2月4日)2023年2月17日閲覧
  78. ^ 「バフムト抗戦続ける」ゼレンスキー大統領『読売新聞』朝刊2023年2月17日(国際面)同日閲覧
  79. ^ NATO事務総長「バフムト数日内に陥落も」 露軍側「市東部制圧」『読売新聞』朝刊2023年3月9日(国際面)同日閲覧
  80. ^ Ukraine. Military Summary And Analysis 2023.03.092023年3月9日同日閲覧
  81. ^ 露軍、激戦地バフムトで後退か 「陣地捨てて逃走」とワグネルトップが非難”. 産経新聞 (2023年5月12日). 2023年5月20日閲覧。
  82. ^ ワグネルのトップ 10日にバフムート撤退と表明 弾薬不足理由に”. CNN (2023年5月8日). 2023年5月19日閲覧。
  83. ^ 戦勝記念日までのバフムート占領、ロシアが「失敗」 ゼレンスキー氏”. CNN (2023年5月10日). 2023年5月19日閲覧。
  84. ^ 【動画】陣地を空襲されたロシア軍逃亡、圧勝のウクライナ軍”. 朝鮮日報 (2023年5月12日). 2023年5月19日閲覧。
  85. ^ ワグネルのトップ、怒りのボルテージ上げる これは何を意味するのか?” (2023年5月13日). 2023年5月19日閲覧。
  86. ^ ワグネル創設者「バフムト完全制圧」と発言 ウクライナは否定”. 時事通信社 (2023年5月20日). 2023年5月21日閲覧。
  87. ^ ゼレンスキー大統領 ロシアによるバフムトの掌握を否定”. NHKニュース (2023年5月21日). 2023年5月22日閲覧。
  88. ^ Russia's Prigozhin says Bakhmut territories captured as promised, will leave zone”. Reuters. 2024年2月18日閲覧。
  89. ^ Institute for the Study of War”. Institute for the Study of War. 2024年2月18日閲覧。
  90. ^ ロシア軍、ワグネル部隊に対し爆弾仕掛ける=プリゴジン氏 ロイター
  91. ^ Ukrainian troops reclaim a village near Bakhmut. It's a small win in a churning counteroffensive”. AP News (2023年9月15日). 2024年2月18日閲覧。
  92. ^ 牧野愛博 (2023年6月28日). “自衛隊関係者らがみたプリゴジンの反乱”. フォーブス. https://forbesjapan.com/articles/detail/64186/page2 2023年6月29日閲覧。 
  93. ^ a b Making Attrition Work: A Viable Theory of Victory for Ukraine”. IISS. 2024年2月18日閲覧。
  94. ^ a b c Bakhmut is increasingly a quagmire that works to Russia’s advantage”. The Conversation (2023年4月13日). 2024年2月18日閲覧。
  95. ^ “Ukrainian forces still trying to hold Bakhmut despite heavy casualties”. The Guardian. (2023年3月9日). ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2023/mar/09/ukraine-bakhmut-heavy-casualties-russia-war 2024年2月18日閲覧。 
  96. ^ Ukraine War: Selling Stalemate and Prolonging Pain”. The National Interest (2023年11月21日). 2024年2月18日閲覧。
  97. ^ The Urban Warfare Debate, the Russian Invasion of Ukraine, and the Bakhmut Conundrum”. Wavell Room (2023年11月3日). 2024年2月18日閲覧。
  98. ^ “Ukraine's dreams of counter-offensive triumph have hit a hard reality”. The Telegraph. (2023年8月23日). ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2023/08/23/western-criticism-blame-ukraine-failing-counter-offensive/ 2024年2月18日閲覧。