ユーロビジョン・ソング・コンテスト1970

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーロビジョン・ソング・コンテスト1970
Amsterdam RAI EC.jpg
会場のライ・アムステルダム国際展示会場
日程
決勝 1970年3月21日
主催者
会場 オランダの旗アムステルダム
アムステルダムRAIコングレストリウム
司会 Willy Dobbe
指揮者 Dolf van der Linden
演出 Theo Ordeman
主催放送局 NOS logo.svgオランダ放送協会
幕間演技 The Don Lurio Dancers from Amsterdam
参加者
参加国数 12
撤退 フィンランドの旗 フィンランド
ノルウェーの旗 ノルウェー
ポルトガルの旗 ポルトガル
スウェーデンの旗 スウェーデン
投票
無得点 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
優勝曲 アイルランドの旗 アイルランド
"若葉の季節"
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄1969 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 1971►

第15回ユーロビジョン・ソング・コンテスト(オランダ語表記:Eurovisiesongfestival 1970)は、1970年3月21日(土曜日)にオランダアムステルダムアムステルダムRAIコングレストリウム(交通産業展示会議場)で行われた。製作オランダ放送協会、放送時間:1時間13分。
指揮者は、ドルフ・ヴァン・デル・リンデンがオランダを担当。フランス担当のフランク・プゥルセルは通算11回目、そして、ルクセンブルグ担当のレイモン・ルフェーブルは7年ぶりの登板で通算5回目となった(1960-63年はモナコを担当していた)。

オランダでの開催経緯とボイコット騒動[編集]

前年の優勝国が開催国という決まりだが、前年の大会では、4ヶ国が優勝したため、開催国の決定に当たっては、投票が実施され、その結果、オランダに決定した。
しかし、納得のいかなかった4ヶ国(ポルトガル、フィンランド 、ノルウェー 、スウェーデン)は、ボイコットのため欠場することになった。ポルトガルは代表歌手が決定していたにも関わらず、直前になってのキャンセルだった。
尚、スペインでの開催そのものに反対していたオーストリアは、2年連続の不参加となった。
この異常事態を受けて、以降同点優勝が複数以上発生した場合、該当する代表が再度歌った上で、決戦投票を行うという規則が追加された。

参加国及び放送ネットワーク[編集]

5ヶ国の不出場により、12ヶ国に減少。

( )内数字は参加回数

以下は不参加ながら、中継放送を実施した。
RTP ポルトガル国営放送 ・NRK ノルウェー放送協会 ・ORF オーストリア放送協会
インタービジョン経由東欧諸国。
衛星中継 ・EIRT ギリシャ国営放送 ・アイスランド ・イスラエル ・ERTT ラジオ&テレビ・チュニジア協会 ・レーデ・トゥピ(ブラジル) ・チャンネル13 (チリ)
※フィンランドとスウェーデンは放送も実施しなかった。

新たな演出[編集]

番組作り面では新しい手法が取り入れられた。 各国代表の歌の前に、ショート・フィルムが挿入され、国や歌手等が紹介されるようになった。 このため、プレゼンターは、最初の挨拶と、投票の時以外に出番はなくなった。

投票方式[編集]

前年同様。各国の審査員は各10名。自国内で中継放送を鑑賞の上、1人1票ずつ投票。 各国の放送局は、投票数を取りまとめて会場に電話連絡。スコアボードに加算されていった。

結果[編集]

優勝はアイルランドのダナ「若葉の季節」。序盤戦ではイギリスのメリー・ホプキンと同点だったが、ベルギーがアイルランドに9票入れたことにより、圧勝となった。初優勝のダナは帰国時に空港のロビーで沢山の市民に出迎えられた。

登場順 国名 言語 アーティスト名 曲目
(en:英題)
邦題/(和訳) 順位 得点
01 オランダの旗 オランダ Hearts of Soul
ハート・オブ・ソウル
Waterman (水瓶座) 7 7
02 スイスの旗 スイス Henri Dès
ヘンリー・デス
Retour
(en:Return)
(帰郷) 4 8
03 イタリアの旗 イタリア Gianni Morandi
ジャンニ・モランディ
Occhi di ragazza 少女の瞳 8 5
04 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア sl Eva Sršen
エヴァ・スルシェン
Pridi, dala ti bom cvet Come, I'll (花をあなたに) 11 4
05 ベルギーの旗 ベルギー Jean Vallée
ジャン・ヴァレ
Viens l'oublier (彼を忘れにおいで) 8 5
06 フランスの旗 フランス Guy Bonnet
ギイ・ボネ
Marie-Blanche 愛しのマリー・ブランシュ 4 8
07 イギリスの旗 イギリス Mary Hopkin
メリー・ホプキン
Knock, Knock Who's There? しあわせの扉 2 26
08 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク David Alexandre Winter
ダヴィッド・アレクサンドレ・ヴィィンター
Je suis tombé du ciel(en:Falling in love) (恋に落ちた天使) 12 0
09 スペインの旗 スペイン 西 Julio Iglesias
フリオ・イグレシアス
Gwendolyne グエンドリン 4 8
10 モナコの旗 モナコ Dominique Dussault
ドミニク・ドゥッソウ
Marlène マレーネ 8 5
11 西ドイツの旗 西ドイツ Katja Ebstein
カーチャ・エプシュタイン
Wunder gibt es immer wieder
(en:No more love for me)
愛のおとずれ 3 12
12 アイルランドの旗 アイルランド Dana
ダナ
All Kinds of Everything 若葉の季節 1 32

言語 sl=スロベニア語 伊=イタリア語 英=英語 蘭=オランダ語 西=スペイン語 独=ドイツ語 仏=フランス語

Dana sings the winning song All Kinds of Everything

得点表[編集]

審査員



































西









オランダの旗 オランダ 7 3 3 1
スイスの旗 スイス 8 2 2 1 2 1
イタリアの旗 イタリア 5 1 2 2
ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア 4 4
ベルギーの旗 ベルギー 5 3 1 1
フランスの旗 フランス 8 1 2 2 3
イギリスの旗 イギリス 26 3 2 2 4 2 2 4 4 3
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク 0
スペインの旗 スペイン 8 3 2 3
モナコの旗 モナコ 5 1 1 2 1
西ドイツの旗 西ドイツ 12 1 1 3 4 1 2
アイルランドの旗 アイルランド 32 5 6 9 1 4 2 3 2

歌詞[編集]

各曲の歌詞については以下を参照のこと
Diggiloo Thrush

出典[編集]

英語版・フランス語版