ユーロビジョン・ソング・コンテスト1974

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライトン・ドーム
ユーロビジョン・ソング・コンテスト1974
日程
決勝 1974年4月6日
主催者
会場 イギリスの旗 イギリスブライトン
ブライトン・ドーム
司会 ケイティ・ボイル
指揮者 Ronnie Hazlehurst
主催放送局 BBC.svg英国放送協会
幕間演技 The Wombles
参加者
参加国数 17
新規参加 ギリシャの旗 ギリシャ
撤退 フランスの旗 フランス
投票
優勝曲 スウェーデンの旗 スウェーデン
"恋のウォータールー"
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄1973 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 1975►

第19回ユーロビジョン・ソング・コンテスト(Eurovision Song Contest 1974)は、1974年4月6日(土曜日)にイギリスイングランド南東部のリゾートブライトン・ドームで行われた。
規定通りならば、開催国は前年の優勝国ルクセンブルグだが、二年連続開催の資金調達は難しいことを理由に辞退。またしてもイギリスが代理で開催することになった。イギリスの開催はこれで5回目となった。
プレゼンターはケイティ・ボイルが4度目の登板となった。 放送時間:1時間50分。

参加国及び放送ネットワーク[編集]

1増1減で17ヶ国。

( )内数字は参加回数
不参加乍ら中継放送を実施した局  ・ORF オ ーストリア放送協会DR デンマーク放送協会TVM テレビ・マルタRÚV アイスランド国営放送TRT トルコ国営放送

フランスの欠場[編集]

フランスは、ダニが出場し14番目に"La vie à vingt-cinq ans"を歌うことが決まっていたが、4月2日にポンピドー大統領が亡くなり、ORTF フランス国営放送は大会当日に葬儀を中継することになったため、急遽欠場することになった。前年度優勝者であるアンヌ=マリー・デヴィッド(ルクセンブルグ代表だったが、国籍はフランス)も、メダル授与のための出席が予定されていたが、弔意を示すためキャンセルとなった。番組自体は、1周週遅れの4月13日にフランス語解説を付けた録画を放送した。

プレビュー番組 [編集]

ARDドイツ公共放送連盟では、大会を盛り上げるため、2夜連続のプレビュー番組「ブライトン前奏曲」(Prélude à Brighton)を製作。全ての出場者のプロモーション・ビデオをフルバージョンで放送した他、出場国の景色等を紹介した。プレビュー番組は、EBU 欧州放送連合が1994年まで必須条件(以降は任意)にしていたが、この番組はその規範的存在になった。

規則の変更[編集]

1970年の方式に戻った。各国の審査員は各10名。自国内で中継放送を鑑賞の上、1人1票ずつ投票。各国の放送局は、投票数を取りまとめて会場に電話連絡。スコアボードに加算されていった。

ABBA

結果[編集]

優勝は、スウェーデン代表ABBAの「恋のウォータールー」。自国語以外の言語で歌唱し優勝したのも初めてだが、優勝者として初めて全米チャート・トップ10入を果たしたグループとなった(1967年の「恋はみずいろ」は優勝しておらず、全米ナンバー1になったのも出場者のヴィッキーではなくポール・モーリアのカバーだった)。同曲は、2005年の50周年の記念番組で、歴代優勝者のベスト1に選ばれた。
2位のイタリア代表ジリオラ・チンクェッティの「夢はめぐり来て」は、ある問題を抱えていた。イタリアでは5月12日に離婚法廃止の是非を問う国民投票を控えキャンペーン期間中だったが、この曲の原語タイトルが"Si"(Yes)のため、公正な選挙に悪影響を及ぼすと、RAI イタリア放送協会は考えていた。このため同社では1ヶ月間この曲の放送を自粛。イタリア国内で自国代表の曲が流れないという異常事態が発生した。

登場順 国名 言語 アーティスト名 曲目
(英題/他言語)
邦題/(和訳) 順位 得点
01 フィンランドの旗 フィンランド Carita
カリタ
Keep Me Warm
(fi: Älä mene pois)
キープ・ミー・ウォーム 13 4
02 イギリスの旗 イギリス Olivia Newton-John
オリビア・ニュートン=ジョン
Long Live Love 青空の天使 4 14
03 スペインの旗 スペイン 西 Peret (Pedro Pubill Callaf)
ペレ
Canta y sé feliz (歌えば幸せ) 9 10
04 ノルウェーの旗 ノルウェー Anne Karine Strøm & The Bendik Singers
アン・カリーネ・ストローム&ベンディック・シンガーズ
The First Day Of Love
(no: Hvor er du?)
(初めての日) 14 3
05 ギリシャの旗 ギリシャ Μαρινέλλα
マリネラ
Λίγο θάλασσα, λίγο κρασί και το αγόρι μου (ワインと海と貴方と) 11 7
06 イスラエルの旗 イスラエル he כוורת
カバレット
 נתתי לה ח
(en:She looked me in the eye)
(彼女に命を懸けて) 7 11
07 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア sr Корни Група
コルニ・グループ
Моја генерaција
(en:Generation 42)
(俺たちのジェネレーション '42) 12 6
08 スウェーデンの旗 スウェーデン ABBA Waterloo 恋のウォータールー 1 24
09 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク Ireen Sheer
アイリーン・シーア
Bye bye, I Love You バイバイ・アイ・ラブ・ユー 4 14
10 モナコの旗 モナコ Romuald
ロミュアル
Celui qui reste et celui qui s'en va (行く者と留まる者) 4 14
11 ベルギーの旗 ベルギー Jacques Hustin
ジャック・イスタン
Fleur de Liberté
(en:Freedom for the man)
(自由の花) 9 10
12 オランダの旗 オランダ Mouth and MacNeal
マウス&マクニール
I See A Star
(nl:Ik zie een ster)
アイ・シー・ア・スター 3 15
13 アイルランドの旗 アイルランド Tina Reynolds
ティナ・レイノルズ
Cross Your Heart クロス・ユア・ハート 7 11
14 西ドイツの旗 西ドイツ ドイツ語 Cindy and Bert
シンディ&ベルト
Die Sommermelodie
(en:Our summersong of love)
(夏のメロディ) 14 3
15 スイスの旗 スイス Piera Martell
ピエラ・マーテル
Mein Ruf nach dir
(en:My ship of love)
(あなたへの電話) 14 3
16 ポルトガルの旗 ポルトガル Paulo de Carvalho
パウロ・デ・カルヴァーリョ
E depois do adeus
(en:(And then) After love )
(別れの後で) 14 3
17 イタリアの旗 イタリア Gigliola Cinquetti
ジリオラ・チンクェッティ
Si
(en:Go (before you break my heart)))
夢はめぐり来て 2 18

言語  fi=フィンランド語, he=ヘブライ語, nl=オランダ語, no=ノルウェー語, sv=スウェーデン語,sr=セルビア語 伊=イタリア語, 英=英語, 希=ギリシャ語, 西=スペイン語, 独=ドイツ語, 仏=フランス語, 葡=ポルトガル語

得点表[編集]

審査員

















































西













フィンランドの旗 フィンランド 4 1 2 1
イギリスの旗 イギリス 14 1 1 4 1 1 2 1 3
スペインの旗 スペイン 10 2 1 3 1 1 2
ノルウェーの旗 ノルウェー 3 1 1 1
ギリシャの旗 ギリシャ 7 2 4 1
イスラエルの旗 イスラエル 11 2 1 2 1 2 3
ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア 6 1 1 1 1 2
スウェーデンの旗 スウェーデン 24 5 1 2 2 1 1 3 1 2 5 1
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク 14 1 1 2 2 1 1 3 1 2
モナコの旗 モナコ 14 2 1 1 1 2 2 1 2 1 1
ベルギーの旗 ベルギー 10 2 5 3
オランダの旗 オランダ 15 1 1 2 1 3 3 1 1 1 1
アイルランドの旗 アイルランド 11 1 2 2 1 2 2 1
西ドイツの旗 西ドイツ 3 1 1 1
スイスの旗 スイス 3 1 1 1
ポルトガルの旗 ポルトガル 3 1 2
イタリアの旗 イタリア 18 2 5 2 1 1 4 1 1 1

歌詞[編集]

各曲の歌詞については以下を参照のこと
Diggiloo Thrush

出典[編集]

英語版・フランス語版