ダンシング・クイーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダンシング・クイーン
ABBAシングル
初出アルバム『アライバル』
B面 ザッツ・ミー
リリース
規格 7インチシングル
ジャンル ディスコ
時間
レーベル スウェーデンの旗 ポーラー・ミュージック
イギリスの旗 エピック・レコード
アメリカ合衆国の旗 アトランティック・レコード
作詞・作曲 ベニー・アンダーソンスティッグ・アンダーソンビョルン・ウルヴァース
プロデュース ベニー・アンダーソンビョルン・ウルヴァース
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
ABBA シングル 年表
悲しきフェルナンド
(1976年)
ダンシング・クイーン
(1976年)
マネー、マネー、マネー
(1976年)
ミュージックビデオ
「Dancing Queen」 - YouTube
テンプレートを表示

ダンシング・クイーン」(原題:Dancing Queen)は、スウェーデンコーラス・グループABBAの代表曲の一つで、1976年リリースしたシングル

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では174位にランクされている[1]

解説[編集]

作詞及び作曲は、ベニー・アンダーソン(Benny Andersson)とスティッグ・アンダーソン(Stig Anderson)とビョルン・ウルヴァース(Björn Ulvaeus)。

公式に初めて披露されたのは、1976年6月18日に結婚したカール16世グスタフジルフィア・レナーテ・ゾマラートの結婚披露宴の際。この模様はスウェーデン国営放送で放送されている[2]

ビルボード(Billboard)誌では、1977年4月9日に、週間ランキング1位を獲得[3]ビルボード誌1977年年間ランキングでは27位[3]全英シングルチャートにおいては1976年9月4日10月9日にかけて6週連続1位[4]に輝き、1976年間チャートでは4位にランクインしている。

世界13か国で1位となり、全世界で300万枚、日本で50万枚を売り上げた[5]

2014年に、日本限定の企画アルバム『ABBA 40/40〜ベスト・セレクション』発売にあたって、アバの日本公式サイトで実施したファン投票で1位にランクインされた[5]

「ダンシング・クイーン」は、英語フランス語ドイツ語スペイン語スウェーデン語のヴァージョンが作られた。

ビルボード誌の集計では、アバにとっては、「テイク・ア・チャンス(Take a Chance on Me)」に次ぐヒット曲となった。

主なカヴァー[編集]

備考[編集]

この曲名から名付けられた(名を採った)と推定される、アマリリスバラワックスフラワー(この3つの場合、園芸品種名)、カクテルも存在する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 500 Greatest Songs of All Time: Abba, 'Dancing Queen' | Rolling Stone
  2. ^ 2011年7月30日放送『北欧スペシャル 北欧から世界へ~ABBA 時代が求めたハーモニー』(NHK BSプレミアム)より。
  3. ^ a b FM Fan編集部『ミュージック・データ・ブック 1955年-95年ビルボード年間チャート完全収録』共同通信社、1996年。ISBN 978-4-7641-0367-2
  4. ^ ChartArchive - ABBA - Dancing Queen”. 2012年7月1日閲覧。
  5. ^ a b ABBA、ファン投票で日本限定ベスト盤日刊スポーツ2014年3月3日 7:21。

参考文献 [編集]

外部リンク[編集]

先代:
ダリル・ホール&ジョン・オーツ
リッチ・ガール
Billboard Hot 100 ナンバーワン・シングル
1977年4月9日(1週)
次代:
デヴィッド・ソウル
「やすらぎの季節」