フランスのユーロビジョン・ソング・コンテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランス
Flag
加盟放送局 RTF(1956年 - 1964年)
ORTF (1965年 - 1974年)
TF1 (1975年 - 1981年)
フランス・テレビジョン
(1983年 -)
出場
出場回数 58
初出場 1956
最高順位 優勝、19581960196219691977
最低順位 最下位、2014
外部リンク
France 3 page
Eurovision.tvのフランスのページ

フランスのユーロビジョン・ソング・コンテストでは、フランスにおけるユーロビジョン・ソング・コンテストについて述べる。フランスはユーロビジョン・ソング・コンテストの歴史の中で最も成功した国の一つであり、1956年大会で初出場してから2008年までに大会に52回参加している。フランスはユーロビジョンが初めて行われたときに参加した7箇国の一つであり、歴史上、欠場したのは1974年大会1982年大会の2回のみである。50回を超える参加経歴の中で、最下位となったことは2008年に至るまでなく、7回は最下位より一つ上に終わった。

フランスでのユーロビジョン大会の放送を担当する放送機関も変遷を続けている。1956年から1973年まではRadiodiffusion-Télévision Française(RTF)およびOffice de Radiodiffusion Télévision Française(ORTF、1964年6月にRTFから改組)がフランスでの放送を担当した。1975年からはTF1がこれに代わり、1981年に撤退した。1983年からはフランス・テレビジョンがフランスでの放送を引継ぎ、2008年の時点まで同局がフランスでの放送を担っている。

2004年に準決勝が導入された際、フランス・テレビジョンの娯楽系チャンネルフランス4が準決勝を放送する一方、総合系チャンネルフランス3はフランス代表を選ぶ国内選考を企画し、本選の決勝も放送した。

不参加[編集]

1956年の初参加以降、2008年までの間にフランスが同大会に出場しなかったのは1974年と1982年のみである。1974年、大会に参加する歌手と楽曲を選んだものの、フランス共和国大統領ジョルジュ・ポンピドゥーが大会の行われる週に死去したため参加を辞退した[1]。もし大会に参加していれば、フランス代表はダニDani)で、曲は「La vie à vingt-cinq ans」を歌う予定であった。

1981年11月、TF1は1982年のユーロビジョン大会への不参加を決定し、TF1のエンターテイメントの最高責任者ピエール・ブーティエ(Pierre Bouteiller)は、「才能の欠如と楽曲の凡庸には苛立ちがこみ上げる。ユーロビジョンは虚無の記念碑だ。」と述べた[2]。ユーロビジョンからの撤退を惜しむ世論に後押しされたフランス・テレビジョンがこれに代わって、1983年大会以降、フランス代表を選ぶ国内選考の主催をはじめとする、フランスにおけるユーロビジョン関連業務を引き受けた。

歴史[編集]

フランスはユーロビジョンにおいて最も成功した国の一つであり、2008年までに優勝を5回、2位を4回、3位を7回経験している。さらに、1991年大会ではアミーナ・アンナビAmina)は「C'est le dernier qui à parlé」で優勝まであと少しのところまで迫った。このときフランスのアミーナ・アンナビはスウェーデンと同点で並んだ。両者が得た12点の数でも同数であったが、フランスのほうが10点の数が少なかったことからスウェーデンの優勝となった。その後改正されたルールでは、同点の場合はより多くの国から得点を得たほうが勝者となり、このルールが当時適用されていたらフランスが優勝となるところであった。その1年前もフランスは優勝まであと少しのところに来た。このときはジョエル・ウルシュルJoëlle Ursull)がセルジュ・ゲンスブールの曲「White and black blues」を歌い、2位となった。

しかし、1990年代末からフランスの成績は低迷を続ける。1998年に電話投票が導入されてから、フランスはほぼ常に下位から10番目以内に入り、2003年大会2008年大会では18位、1999年大会では19位、2006年大会2007年大会は22位、2000年大会2005年大会では23位、1998年大会では24位となっている。しかしなお、最下位は経験していない。

しかし、21世紀に入ってからフランスが良い結果を残した例もあり、2001年大会ではカナダの歌手ナターシャ・サン=ピエールNatasha St-Pier)は「Je n'ai que mon âme」を歌い4位となった。オッズでは優勝候補と目されていた。2002年大会でも良好な結果となり、サンドリーヌ・フランソワーズSandrine François)の「Il faut du temps」は5位となった。

2008年大会でのセバスチャン・テリエSébastien Tellier)の参加経験から、フランスのショービジネスにおいてユーロビジョンは強力な広告となることが示された。それ以降、有名歌手をフランス代表として選ぶことが決まった。そうした野心的な試みから、2009年大会ではフランスのスーパースター、パトリシア・カースがフランス代表としてロシアモスクワで行われる大会に挑むこととなった。カースは世界的な人気を誇るフランス語の歌手であり、全世界でこれまでに1600万枚以上のレコードを売り上げている[3]

参加者[編集]

アーティスト 言語 決勝 得点 準決勝 得点
1956 マテ・アルテリ
Mathé Altéry
フランス語 "Le Temps perdu" N/A N/A 準決勝なし
1956 ダニー・ドーベルソン
Dany Dauberson
フランス語 "Il est là" N/A N/A
1957 ポール・デジャルダン
Paule Desjardins
フランス語 "La belle amour" 2 17
1958 アンドレ・クラヴォー
André Claveau
フランス語 お眠り、わが恋人よ
"Dors, mon amour"
1 27
1959 ジャン・フィリップ
Jean Philippe
フランス語 "Oui, oui, oui, oui" 3 15
1960 ジャクリーヌ・ボワイエ
Jacqueline Boyer
フランス語 トム・ピリビ
"Tom Pillibi"
1 32
1961 ジャン=ポール・モリック
Jean-Paul Mauric
フランス語 "Printemps, avril carillonne" 4 13
1962 イザベル・オーブレ
Isabelle Aubret
フランス語 はじめての愛
"Un premier amour"
1 26
1963 アラン・バリエール
Alain Barrière
フランス語 風がつれ去った恋
"Elle était si jolie"
5 25
1964 ラシェル
Rachel
フランス語 マロリーの歌
"Le chant de Mallory"
4 14
1965 ギイ・マルデル
Guy Mardel
フランス語 決して言わないで
"N'avoue jamais"
3 22
1966 ドミニク・ワルテル
Dominique Walter
フランス語 "Chez nous" 16 1
1967 ノエル・コルディエ
Noëlle Cordier
フランス語 "Il doit faire beau là-bas" 3 20
1968 イザベル・オーブレ
Isabelle Aubret
フランス語 恋人たちの泉
"La source"
3 20
1969 フリーダ・ボッカラ
Frida Boccara
フランス語 リラの季節
"Un jour, un enfant"
1 18
1970 ギイ・ボネ
Guy Bonnet
フランス語 愛しのマリー・ブランシュ
"Marie-Blanche"
4 8
1971 セルジュ・ラマ
Serge Lama
フランス語 エデンの庭
"Un jardin sur la terre"
10 82
1972 ベティ・マルス
Betty Mars
フランス語 "Comé-comédie" 10 81
1973 マルティーヌ・クレマンソー
Martine Clemenceau
フランス語 あなたと
"Sans toi"
15 65
1974 不出場
1975 ニコール・リュー
Nicole Rieu
フランス語 そよ風の贈り物
"Et bonjour à toi l'artiste"
4 91
1976 カトリーヌ・フェリー
Catherine Ferry
フランス語 "Un, deux, trois" 2 147
1977 マリー・ミリアム
Marie Myriam
フランス語 鳥と少年
"L'oiseau et l'enfant"
1 136
1978 ジョエル·プレヴォ
Joël Prévost
フランス語 "Il y aura toujours des violons" 3 119
1979 アンヌ・マリー・ダヴィッド
Anne-Marie David
フランス語 "Je suis l'enfant soleil" 3 106
1980 プロフィル
Profil
フランス語 "Hé, hé M'sieurs dames" 11 45
1981 ジャン・ガビルー
Jean Gabilou
フランス語 "Humanahum" 3 125
1982 不出場
1983 ギイ・ボネ
Guy Bonnet
フランス語 "Vivre" 8 56
1984 アニック・トゥマゾー
Annick Thoumazeau
フランス語 "Autant d'amoureux que d'étoiles" 8 61
1985 ロジャー・ベンス
Roger Bens
フランス語 "Femme dans ses rêves aussi" 10 56
1986 カクテル・チック
Cocktail Chic
フランス語 "Européennes" 17 13
1987 クリスチャン・ミニエル
Christine Minier
フランス語 "Les mots d'amour n'ont pas de dimanche" 14 44
1988 ジェラール・ルノルマン
Gérard Lenorman
フランス語 "Chanteur de charme" 10 64
1989 ナタリー・パック
Nathalie Pâque
フランス語 "J'ai volé la vie" 8 60
1990 ジョエル・ウルスル
Joëlle Ursull
フランス語 "White and Black Blues" 2 132
1991 アミーナ
Amina
フランス語 "C'est le dernier qui a parlé qui a raison" 2 146
1992 カリ
Kali
フランス語、ハイチ語 "Monté la riviè" 8 73
1993 パトリック・フィオーリ
Patrick Fiori
フランス語、コルシカ語 "Mama Corsica" 4 121 予選なし
1994 ニナ・モラート
Nina Morato
フランス語 "Je suis un vrai garçon" 7 71 準決勝なし
1995 ナタリー・サンタマリア
Nathalie Santamaria
フランス語 "Il me donne rendez-vous" 4 94
1996 ダナール・ブラッツ&レリテージュ・デ・セルト
Dan Ar Braz & l'Héritage des Celtes
ブルトン語 "Diwanit Bugale" 19 18 11 55
1997 ファニー
Fanny
フランス語 "Sentiments songes" 7 95 準決勝なし
1998 マリー・リーン
Marie Line
フランス語 "Où aller" 24 3
1999 Nayah フランス語 "Je veux donner ma voix" 19 14
2000 Sofia Mestari フランス語 "On aura le ciel" 23 5
2001 ナターシャ・サン=ピエール
Natasha St-Pier
フランス語、英語 "Je n'ai que mon âme" 4 142
2002 Sandrine François フランス語 "Il faut du temps" 5 104
2003 Louisa Baïleche フランス語 "Monts et merveilles" 18 19
2004 Jonatan Cerrada フランス語、スペイン語 "À chaque pas" 15 40 "Big 4"
2005 Ortal フランス語 "Chacun pense à soi" 23 11
2006 Virginie Pouchain フランス語 "Il était temps" 22 5
2007 Les Fatals Picards フランス語、英語 "L'amour à la française" 22 19
2008 Sébastien Tellier 英語、フランス語 "Divine" 18 47
2009 パトリシア・カース[4][5]
Patricia Kaas
フランス語 "Et s'il fallait le faire"[6][7][8] 8 107
2010 ジェッシー・マタドール[9][10]
Jessy Matador
フランス語 "Allez! Ola! Olé!"[11] 12 82
2011 アモリ・ヴァッシーリ
Amaury Vassili
コルシカ語 "Sognu" 15 82 "Big 5"
2012 アングン
Anggun
フランス語、英語 "Echo (You and I)" 22 21
2013 アマンジーヌ・ブルジョワ
Amandine Bourgeois
フランス語 "L'enfer et moi" 23 14
2014 Twin Twin フランス語 "Moustache" 26 2
2015 Lisa Angell フランス語 "N'oubliez pas" 25 4
2016 アミール・アッダード
Amir Haddad
フランス語、英語 "J'ai cherché" 6 257

投票履歴(1975年 - 2015年)[編集]

フランスから高得点が送られた国々:

順位 得点
1 イギリスの旗 イギリス 189
2 スペインの旗 スペイン 166
3 イスラエルの旗 イスラエル 157
4 ポルトガルの旗 ポルトガル 156
5 トルコの旗 トルコ 151

フランスに高得点を送った国々:

順位 得点
1 ポルトガルの旗 ポルトガル 218
2 トルコの旗 トルコ 190
3 イギリスの旗 イギリス 189
4 イスラエルの旗 イスラエル 182
5 スペインの旗 スペイン 166

1998年に電話投票が導入されて以降、フランスはトルコポルトガルイスラエルアルメニアといった、フランス国内に大規模なディアスポラ人口のある国々に投票するようになった。

  • 1998年 : イスラエル:12得点、ポルトガル:10得点
  • 1999年 : ポルトガル:12得点(ポルトガルへの唯一の加点)、イスラエル:10得点
  • 2000年 : トルコ:12得点 、イスラエル:6得点(イスラエルの得点は全部で7得点)
  • 2001年 : ポルトガル:12得点、イスラエル:10得点
  • 2002年 : イスラエル:10得点、トルコ:7得点
  • 2003年 : トルコ:10得点、イスラエル:8得点
  • 2004年 : トルコ:12得点
  • 2005年 : トルコ:12得点、イスラエル:10得点
  • 2006年 : トルコ:12得点、アルメニア:10得点、イスラエル:4得点(イスラエルへの唯一の加点)
  • 2007年 : トルコ:12得点、アルメニア:10得点
  • 2008年 : アルメニア:12得点、トルコ:10得点、ポルトガル:8得点、イスラエル:6得点

主催[編集]

場所 会場 司会
1959 フランスの旗 カンヌ Palais Des Festivals Jacqueline Joubert
1961 フランスの旗 カンヌ Palais Des Festivals Jacqueline Joubert
1978 フランスの旗 パリ Palais des Congrès Denise Fabre & Léon Zitrone

脚注[編集]

  1. ^ History - Eurovision Song Contest 1974 Eurovision.tv
  2. ^ 1982 Eurovision source in French
  3. ^ kabaretkaas.com
  4. ^ Viniker, Barry (2009年1月30日). “France TV confirms Patricia Kaas for Eurovision”. ESCToday. 2009年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月30日閲覧。
  5. ^ Siim, Jarmo (2009年1月30日). “Now confirmed - Patricia Kaas to represent France!”. Eurovision.tv. 2009年1月30日閲覧。
  6. ^ Demailly, Patrice (2009年2月1日). “Patricia Kaas, l'épatant retour” (French). Nord Eclair. 2011年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月1日閲覧。
  7. ^ Floras, Stella (2009年2月1日). “France Eurovision entry is 'S'il fallait le faire'”. ESCToday. 2009年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月1日閲覧。
  8. ^ Sanz Martin, Jorge (2009年2月2日). “France: "Et s'il fallait le faire" to Moscow”. Oikotimes. 2009年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月2日閲覧。
  9. ^ Hondal, Victor (2010年2月19日). “France sends Jessy Matador to Oslo”. ESCToday. 2010年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月19日閲覧。
  10. ^ Schacht, Andreas (2010年2月19日). “Jessy Matador to represent France?”. European Broadcasting Union. 2010年2月19日閲覧。
  11. ^ Dufaut, Dominique (2010年2月24日). “Jessy will sing Allez! Ola! Olé!”. ESCToday. 2010年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]