ユーロビジョン・ソング・コンテスト2016

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2016
Come Together
日程
準決勝1 2016年5月10日
準決勝2 2016年5月12日
決勝 2016年5月14日
主催者
会場 スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム ストックホルム・グローブ・アリーナ
司会
演出 スヴェン・ストヤノヴィッチ英語版
総監督 ヨン・オーラ・サンド英語版
製作総指揮
  • Johan Bernhagen
  • Martin Österdahl
主催放送局 スウェーデン・テレビ (SVT)
参加者
参加国数 42
新規参加 なし
復帰
撤退
投票
投票方式 各国が出場者に対して、1点~8点、10点、12点を2回投票する。1つは審査員票、もう1つは視聴者票である[1]
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄2015 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 2017►

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2016英語:Eurovision Song Contest 2016フランス語:Concours Eurovision de la chanson 2016)は、第61回のユーロビジョン・ソング・コンテストであり、スウェーデンストックホルムストックホルム・グローブ・アリーナで2016年5月に開催される。前年のユーロビジョン・ソング・コンテスト2015スウェーデン代表モンス・セルメルローの「Heroes」が優勝したため、スウェーデンは今大会の主催権を得た。ユーロビジョン・ソング・コンテストのスウェーデンでの開催は6回目、うちストックホルムでの開催は19752000に次ぐ3回目であり、グローブ・アリーナでの開催は2000年以来2度目である。2016年5月の10日および12日に準決勝、14日に決勝が行われ、ペートラ・メーデ英語版モンス・セルメルローが司会を務める。

今大会には43か国が出場する。出場国数が43か国となるのは2008年大会2011年大会と並んで過去最多である。ボスニア・ヘルツェゴビナブルガリアクロアチアウクライナが今大会から復帰した一方、ポルトガルは不参加となる。今大会では投票方式が一新される。従来、各国から出場者に対して1点〜8点、10点、12点を投票していたが、今回は各国は出場者に対して、審査員分および視聴者分それぞれにつき1点〜8点、10点、12点を投票する。

会場[編集]

オーストリアウィーンで開催された前年大会で、スウェーデン代表モンス・セルメルローが優勝したため、今大会はスウェーデンが主催国となり、ストックホルムグローブ・アリーナで開催することとなった。グローブ・アリーナは1万6千人収容可能であり、過去に2000年大会の会場となった実績がある[2]

開催地の決定[編集]

スウェーデン・テレビは、モンス・セルメルローの優勝が決まった翌日の2015年5月24日、ストックホルムのテレツー・アリーナを会場として考えていると発表したが、他の都市や会場の立候補も受け付けるとして、約3週間の間に会場を選定することとなった。

2016年大会の会場、グローブ・アリーナ

スウェーデン・テレビは6月1日、開催地となる都市・会場の要件を以下のように定めた:[3]

  • 大会の6週間〜4週間前から、舞台の設営や照明その他の設置のために会場を使用可能であること。
  • 一定規模の記者会見場が設置可能であること。
  • 会場周辺に十分な数のホテル・寝床数が確保できること。
  • 主要空港へのアクセスが良好であること。

会場は2015年の夏頃までに決まるとされ[4][5]、7月8日にはストックホルムのグローブ・アリーナを会場とすることが発表された[6]

主な会場候補

都市[3] 会場 収容人数 備考
ヨーテボリ スカンジナヴィアム 14,000人 1985年大会の会場。
ウッレヴィ 75,000人 屋根の取り付けが条件であったが、のちに費用面から取り下げとなった[7]
リンシェーピング Saab Arena 11,500人
マルメ[8] マルメ・アリーナ 15,500人 2013年大会の会場。リハーサル期間に会場を使用できないことから立候補取り下げとなった[8]
エルンシェルツビク[9] Fjällräven Center 9,800人
サンドヴィーケン英語版イェヴレ[10] Göransson Arena 10,000人 サンドヴィーケンで準決勝および決勝を開催し、イェヴレでは関連イベント(コンサート、ショーなど)を開催する計画であった[11]
ストックホルム[12] Annexet 4,000人
ストックホルム・グローブ・アリーナ 16,000人 2000年大会の会場。また、1989年から2002年までおよび2012年のメロディフェスティヴァーレン決勝会場。
フレンズ・アレーナ 65,000人 2013年以降のメロディフェスティヴァーレン会場[12][13]
Hovet 9,000人
テレツー・アリーナ 45,000人 2015年5月24日に発表された初期候補[4][14]。しかし、大会準備のための6週間〜4週間前からの期間中、ハンマルビーIFの開催のため会場を使用できないことが判明したため、会場候補から外れた[13]。2016年3月14日、テレツー・アリーナを、「ユーロビジョン・ザ・パーティ」の会場およびスウェーデンの審査員票の発表で使用することが発表された[15]

形式[編集]

日程の初期案は、前年大会期間中の2015年3月16日に発表され、2016年5月の10日と12日に準決勝、14日に決勝を行うこととされた[16]。実際の開催日は主催国であるスウェーデン・テレビに委ねられていたが、会場の決定と同時期に、初期案のとおり開催することが発表された[6]

2014年欧州放送連合アジア太平洋放送連合との会合で、大会にABU TV ソング・フェスティバルの出場者をゲスト出演させる案が話し合われた。この案は2014年のアジア太平洋放送連合の総会で議題となったものであるが、欧州放送連合は2015年6月16日、この案について検討していくことを明らかにした[17]

スウェーデン・テレビは、大会の開始時刻について、中央ヨーロッパ夏時間(CEST)21時から20時への前倒しを検討していると発表した。これは、特に放送時間が深夜に及ぶ東部ヨーロッパ地域でも、家族層が番組を楽しめるようにとの考えであった[18]。しかし、欧州放送連合は2015年10月28日、大会の開始時刻は従来どおり21時とすることを発表した[19]

2015年9月23日、欧州放送連合は、準決勝を経ずに決勝に出場できる「Big5」および主催国について、準決勝中に紹介する際は従来のビデオクリップに変えてリハーサル映像を使用するとした[20]

10月26日、スウェーデン・テレビおよび欧州放送連合は、大会の主要メンバーを発表した。製作総指揮にJohan BernhagenおよびMartin ÖsterdahlTobias Åbergが制作首班。準決勝および決勝の演出はスヴェン・ストヤノヴィッチ英語版、大会の制作はChrister Björkmanが選出された[21]

新たな投票方式[編集]

2016年2月16日、欧州放送連合は、1975年以来となる投票方式の改訂を発表した。新しい投票方式はスウェーデンのメロディフェスティヴァーレンを参考にしたものであり、各国は1点〜8点、10点、12点までの各得点を審査員分、視聴者分それぞれ投票する。順番として、まず視聴者による電話投票終了後、各国の審査員分の得点(1点〜8点、10点、12点)がそれぞれの国から順次発表され、加算されていく。この時、2006年以降は1点〜7点は画面表示のみで、8点、10点、12点を口頭で発表していたが、今大会では10点以下は画面表示のみで12点だけは口頭で発表される。審査員票の加算が終わった後、各国の視聴者票の合計が司会によって発表される。司会は、合計視聴者票がすくない楽曲から順に発表していく。なお、準決勝での得点の集計も同じ方式が用いられるが、準決勝を通過した楽曲を発表する際は、順位や得点は伏せてランダムな順番で発表される[22]

新しい投票方式では、審査員票と視聴者票を分離したため、審査員票が無効と判断された際に視聴者票のみをその国からの得点とする従来の方法が使えなくなった。そのため、ある国からの審査員票が無効と判断された場合、大会諮問団によって事前に選定された他国の審査員による投票をもとに、当該国の審査員票を算出することとした。サンマリノ国営放送英語版(SMRTV)会長のカルロ・ロメオ(Carlo Romeo)は2016年2月23日、新たな投票方式について、サンマリノのような小国には不利な制度であるとして批判した。サンマリノはイタリアの電話を使用しており、視聴者票を集計することができず、このため従来は審査員票のみで投票していた。新たな投票方式では、視聴者票を投票できないサンマリノの影響力は従来の半分になってしまうが、欧州放送連合は加盟各国に伺うことなく一方的に決定したとして批判した[23][24]

関連イベント[編集]

欧州放送連合は2016年3月14日、テレツー・アリーナにて、大会決勝と並行してライブ・イベントを開催すると発表した[15]。イベントは「ユーロビジョン・ザ・パーティ」(Eurovision The Party)と題され、サンナ・ニールセンが司会を務め、大型スクリーンで決勝の様子を見るほか、決勝会場であるグローブ・アリーナの舞台裏で出場者に対してインタビューをしたり、決勝の司会であるペートラ・メーデやモンス・セルメルローとともに登場したりする。また、決勝におけるスウェーデンからの得点は「ザ・パーティ」の会場から発表される。前夜祭・後夜祭もこの会場で行われ、かつてのユーロビジョン優勝者であるカローラ・ヘグクヴィストロリーン、その他にダニー・ソーシドパネトス英語版、DJ Tim Henriなどがゲストとして登場する[25][26]。大会の制作総指揮にあたるJohan Bernhagenは、「ザ・パーティ」はEurovision VillageEuroClubで行われる従来からある関連イベントを補うものであり、次年度以降も主催地の恒例イベントとなって欲しいとの期待を表明した[15]

司会[編集]

前年大会の優勝者であるモンス・セルメルローは、今大会の司会への希望を表明した[27]。セルメルローは以前にもメロディフェスティヴァーレン2010[28]や、スウェーデン・テレビの音楽番組[29]で司会を務めた経験がある。Christer BjörkmanExpressenに対して、Gina Dirawi、ペートラ・メーデ、サンナ・ニールセンなども司会の候補に挙がっていると話した[30]一方、ドルフ・ラングレンとモンス・セルメルローを司会として検討しているとも報じられた[31]。8月19日、Expressenはモンス・セルメルローとペートラ・メーデが司会の有力候補と報じ[32]、2015年12月14日にスウェーデン・テレビによって正式に発表された[33]

準決勝の組分け[編集]

出場各国がどちらの準決勝に参加するかは、アレクサンドラ・パスハリドゥ英語版ヨヴァン・ラドミル英語版の司会のもと、2016年1月25日にストックホルム市庁舎にて決定された[34]。まず、直接決勝に進める6か国(「Big 5」と主催国)のうち、どの国がどちらの準決勝で投票するかが決められた。次に、それぞれの準決勝の前半・後半にどの国を割り振るかが決められた。18か国が準決勝1、19か国が準決勝2に出場し、それぞれから勝ち進んだ10か国ずつが、直接決勝に進める6か国とともに決勝に出場する。

準決勝に参加する37か国はまず、過去の投票傾向をもとに6組に分けられ、1月21日に予め公表された。この方法は、特定の国々が互いに投票し合う「ブロック投票」の影響力を下げ、全ての国に決勝への進出の機会を与えるためのものである。スウェーデンドイツは、それぞれ準決勝1と準決勝2で投票することが予め定められた[35][36]

1組 2組 3組 4組 5組 6組

開幕及び幕間の演出[編集]

準決勝1の開幕時に、2015年大会優勝者のモンス・セルメルローが優勝曲「Heroes」を歌うことが、2016年5月1日に発表された[37]。また、準決勝2ではマセソン・バイリー英語版Edward af SillénDaniel Réhn製作によるコメディ作品「That's Eurovision」をモンス・セルメルローペートラ・メーデ英語版が演じ、決勝の開幕時にはスウェーデンのファッション・デザインやダンス・ミュージック分野での活躍を意識したファッションショーの形式で出場各国のアーティストが紹介されることも発表された[38]

準決勝1および準決勝2の幕間の演技はいずれもFredrik Rydmanによるもので、それぞれ準決勝1が「The grey people」、準決勝2は「Man meets machine」と題されたダンスであった。また、5月9日の発表では、決勝の幕間でジャスティン・ティンバーレイクの新曲「Can't Stop the Feeling!」および「Rock Your Body」が披露されることが明かされた[39][40]。この他に、決勝の幕間では「Love Love Peace Peaceと題された寸劇が行われ、ユーロビジョン・ソング・コンテストの過去の出場曲のモチーフを多数使用し、司会のセルメルローおよびメーデの他、ユーロビジョン2006の優勝者ローディや、同2009優勝者のアリャクサンドル・ルィバークが登場した[41]。また、サラ・ドーン・ファイナー英語版が演じるキャラクター「リンダ・ウッドラフ(Lynda Woodruff)」によるコメディ、モンス・セルメルローによる「Fire in the Rain」および「Heroes」の披露も行われた[42]

なお、今大会は史上初めてアメリカ合衆国でもテレビ中継されたが、ジャスティン・ティンバーレイクの部分は権利上の問題により準決勝1の演技「The grey people」に置換えられた[43][44][45]

出場国[編集]

  準決勝1に参加
  準決勝1で投票
  準決勝2に参加
  準決勝2で投票

出場を希望する国は、2015年9月15日までに申請する必要があり、また10月10日以降の出場辞退には罰金が伴う[46]。欧州放送連合は11月26日、43か国が大会に出場することを発表した。これは、2008年大会および2011年大会と並んで過去最多である[47]

前年まで不出場であった4か国が大会に復帰した。今回から大会に復帰したのは、ボスニア・ヘルツェゴビナ2012年大会以来)、ブルガリア2013年大会以来)、クロアチア2014年大会以来)、ウクライナ2014年大会以来)である。また、前年大会でスペシャルゲストとして初参加したオーストラリアは、今大会には通常の出場国として参加することとなった。一方、ポルトガルは今大会は参加を見送る[48]

再出場のアーティスト[編集]

今大会に出場するアーティストのうち、7人が過去にユーロビジョン・ソング・コンテスト出場経験を有する。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の1人ディーン2004でも同国代表を務め、決勝7位となった[49]マケドニア共和国代表カリオピ2012で決勝13位となった他、1996年大会の同国代表にも選ばれたが、テレビ放送されない予選で敗退している[50]ブルガリア代表ポリ・ゲノヴァ2011年大会に出場したが、準決勝12位に終わった[51]モンテネグロ代表ハイウェイのメンバーのひとり、ボヤン・ヨヴォヴィッチ(Bojan Jovović)は、2005年大会セルビア・モンテネグロ代表を務めたノー・ネームのメンバーで、このときは決勝7位となった[52]マルタ代表イーラ・ロスコ2002に出場し2位入賞を果たしている[53]リトアニア代表ドニー・モンテル英語版2012年大会に出場し、決勝14位となった[54]アイスランド代表グレタ・サロメは、Jónsiとともに2012年大会に出場し決勝20位となった[55]

結果[編集]

準決勝1[編集]

18か国が準決勝1に出場し、これに加えてフランススペインスウェーデンの21か国が準決勝1を自国向けに中継し、投票に参加する[36][56]

登場順 [57] 言語 アーティスト[57] 楽曲[57] 順位 得点
01 フィンランドの旗 フィンランド 英語 サンディヤ英語版
Sandhja
Sing It Away 15 51
02 ギリシャの旗 ギリシャ 英語ギリシア語 アルゴ英語版
Argo
Utopian Land 16 44
03 モルドバの旗 モルドバ 英語 リディア・イサク
Lidia Isac
Falling Stars 17 33
04 ハンガリーの旗 ハンガリー 英語 フレディ
Freddie
Pioneer 4 197
05 クロアチアの旗 クロアチア 英語 ニナ・クラリッチ
Nina Kraljić
Lighthouse 10 133
06 オランダの旗 オランダ 英語 Douwe Bob Slow Down 5 197
07 アルメニアの旗 アルメニア 英語 イヴェータ・ムクチヤン英語版
Iveta Mukuchyan
LoveWave 2 243
08 サンマリノの旗 サンマリノ 英語 セルハト英語版
Serhat
I Didn't Know 12 68
09 ロシアの旗 ロシア 英語 セルゲイ・ラザレフ
Sergey Lazarev
You Are the Only One 1 342
10 チェコの旗 チェコ 英語 ガブリエラ・グンチーコヴァー英語版
Gabriela Gunčíková
I Stand 9 161
11 キプロスの旗 キプロス 英語 マイナス・ワン英語版
Minus One
Alter Ego 8 164
12 オーストリアの旗 オーストリア フランス語 ゾーイ
ZOË
Loin d'ici 7 170
13 エストニアの旗 エストニア 英語 ユリ・ポーツマン
Jüri Pootsmann
Play 18 24
14 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 英語 サムラ・ラヒムリ
Samra Rahimli
Miracle 6 185
15 モンテネグロの旗 モンテネグロ 英語 ハイウェイ
Highway
The Real Thing 13 60
16 アイスランドの旗 アイスランド 英語 グレタ・サロメ
Greta Salóme Stefánsdóttir
Hear Them Calling 14 51
17 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ ボスニア語 ダラル & ディーン feat. アナ・ルツネルヤラ
Dalal & Deen feat. Ana Rucner and Jala
Ljubav je 11 104
18 マルタの旗 マルタ 英語 イーラ・ロスコ
Ira Losco
Walk on Water 3 209

準決勝2[編集]

19か国が準決勝1に出場し、これに加えてドイツイタリアイギリスの22か国が準決勝1を自国向けに中継し、投票に参加する[36][56]

登場順 [57] 言語 アーティスト[57] 楽曲[57] 順位 得点
01 ラトビアの旗 ラトビア 英語 ユスツ・シルマイス英語版
Justs Sirmais
Heartbeat 8 132
02 ポーランドの旗 ポーランド 英語 ミハウ・シュパーク英語版
Michał Szpak
Color of Your Life 6 151
03 スイスの旗 スイス 英語 ライカードイツ語版
Rykka
The Last of Our Kind 18 28
04 イスラエルの旗 イスラエル 英語 ホヴィ・スター英語版 Made of Stars 7 147
05 ベラルーシの旗 ベラルーシ 英語 アイヴァン英語版
Ivan
Help You Fly 12 84
06 セルビアの旗 セルビア 英語 サニャ・ヴチッチ ZAA
Sanja Vučić ZAA
Goodbye 10 105
07 アイルランドの旗 アイルランド 英語 ニッキー・バーン
Nicky Byrne
Sunlight 15 46
08 マケドニア共和国の旗 マケドニア共和国 マケドニア語 カリオピ
Kaliopi
Dona 11 88
09 リトアニアの旗 リトアニア 英語 ドニー・モンテル英語版
Donny Montell
I've Been Waiting for This Night 4 222
10 オーストラリアの旗 オーストラリア 英語 ダミ・イム英語版
Dami Im
Sound of Silence 1 330
11 スロベニアの旗 スロベニア 英語 マヌエラ英語版
ManuElla
Blue and Red 14 57
12 ブルガリアの旗 ブルガリア 英語、ブルガリア語[58][59] ポリ・ゲノヴァ
Poli Genova
If Love Was a Crime 5 220
13 デンマークの旗 デンマーク 英語 ライトハウスX英語版
Lighthouse X
Soldiers of Love 17 34
14 ウクライナの旗 ウクライナ 英語クリミア・タタール語 ジャマラ
Jamala
1944 2 287
15 ノルウェーの旗 ノルウェー 英語 Agnete Johnsen Icebreaker 13 63
16 ジョージア (国)の旗 ジョージア 英語 ニカ・コチャロフ&ヤング・ジョージアン・ロリータズ英語版
Nika Kocharov & Young Georgian Lolitaz
Midnight Gold 9 123
17 アルバニアの旗 アルバニア 英語[60] エネダ・タリファ
Eneda Tarifa
Fairytale 16 45
18 ベルギーの旗 ベルギー 英語 ラウラ・テソーロ
Laura Tesoro
What's the Pressure 3 274

決勝[編集]

登場順 [57] 言語 アーティスト[57] 楽曲[57] 順位 得点
01 ベルギーの旗 ベルギー 英語 ラウラ・テソーロ
Laura Tesoro
What's the Pressure 10 181
02 チェコの旗 チェコ 英語 ガブリエラ・グンチーコヴァー英語版
Gabriela Gunčíková
I Stand 25 41
03 オランダの旗 オランダ 英語 Douwe Bob Slow Down 11 153
04 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 英語 サムラ・ラヒムリ
Samra Rahimli
Miracle 17 117
05 ハンガリーの旗 ハンガリー 英語 フレディ
Freddie
Pioneer 19 108
06 イタリアの旗 イタリア イタリア語、英語[61] フランチェスカ・ミキエリンイタリア語版
Francesca Michielin
No Degree of Separation 16 124
07 イスラエルの旗 イスラエル 英語 Hovi Star Made of Stars 14 135
08 ブルガリアの旗 ブルガリア 英語、ブルガリア語[62][63] ポリ・ゲノヴァ
Poli Genova
If Love Was a Crime 4 307
09[64] スウェーデンの旗 スウェーデン 英語 Frans Jeppsson Wall If I Were Sorry 5 261
10 ドイツの旗 ドイツ 英語 ジェイミー=リー・クリーヴィッツドイツ語版
Jamie-Lee Kriewitz
Ghost 26 11
11 フランスの旗 フランス フランス語英語 アミール・アッダードフランス語版
Amir Haddad
J'ai cherché 6 257
12 ポーランドの旗 ポーランド 英語 ミハウ・シュパーク英語版
Michał Szpak
Color of Your Life 8 229
13 オーストラリアの旗 オーストラリア 英語 ダミ・イム英語版
Dami Im
Sound of Silence 2 511
14 キプロスの旗 キプロス 英語 マイナス・ワン英語版
Minus One
Alter Ego 21 96
15 セルビアの旗 セルビア 英語 サニャ・ヴチッチ ZAA
Sanja Vučić ZAA
Goodbye 18 115
16 リトアニアの旗 リトアニア 英語 ドニー・モンテル英語版
Donny Montell
I've Been Waiting for This Night 9 200
17 クロアチアの旗 クロアチア 英語 ニナ・クラリッチ
Nina Kraljić
Lighthouse 23 73
18 ロシアの旗 ロシア 英語 セルゲイ・ラザレフ
Sergey Lazarev
You Are the Only One 3 491
19 スペインの旗 スペイン 英語 バレイ
Barei
Say Yay! 22 77
20 ラトビアの旗 ラトビア 英語 Justs Sirmais Heartbeat 15 132
21 ウクライナの旗 ウクライナ 英語クリミア・タタール語 ジャマラ
Jamala
1944 1 534
22 マルタの旗 マルタ 英語 イーラ・ロスコ
Ira Losco
Walk on Water 12 153
23 ジョージア (国)の旗 ジョージア 英語 ニカ・コチャロフ&ヤング・ジョージアン・ロリータズ英語版
Nika Kocharov & Young Georgian Lolitaz
Midnight Gold 20 104
24 オーストリアの旗 オーストリア フランス語 ゾーイ
ZOË
Loin d'ici 13 151
25 イギリスの旗 イギリス 英語 ジョー&ジェイク英語版
Joe and Jake
You're Not Alone 24 62
26 アルメニアの旗 アルメニア 英語 イヴェータ・ムクチヤン英語版
Iveta Mukuchyan
LoveWave 7 249

その他の国[編集]

ユーロビジョン・ソング・コンテストに参加できるのは、欧州放送連合の正会員であり、ユーロビジョン・ネットワークを使って大会を中継できる放送局に限られる[65]。欧州放送連合は、56の正会員全て、および準会員であるオーストラリアに対して大会への招待状を送付し、43か国が応諾した[47]モロッコチュニジアその他5か国は不参加の理由を明らかにしなかったが、その他の国々は不参加を表明した。

欧州放送連合の正会員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ イスラエルは準決勝1の日程が戦没者追悼記念日英語版と重なるため、予め準決勝2への出場が認められていた。
  2. ^ 歌詞の一部はギリシャ北部で話されるギリシア語ポントス方言である[77]

参考文献[編集]

  1. ^ SVT bakom historisk förändring inför Eurovision Song Contest i Stockholm 2016”. svt.se. 2016年3月14日閲覧。
  2. ^ Stockholm to host 2016 Eurovision Song Contest”. Eurovision.tv. 2015年7月8日閲覧。
  3. ^ a b Malmö to host Eurovision again?”. ESCToday (2015年6月1日). 2015年6月1日閲覧。
  4. ^ a b Här är arenan där SVT vill anordna Eurovision” [This is the arena where the SVT want to organize Eurovision] (Swedish). Expressen (2015年5月24日). 2015年5月29日閲覧。
  5. ^ Preparations in full swing in Sweden”. esctoday.com (2015年5月26日). 2015年5月29日閲覧。
  6. ^ a b Granger, Anthony (2015年7月8日). “ESC’16: Stockholm To Host Eurovision 2016”. eurovoix.com. 2015年7月8日閲覧。
  7. ^ Inget Eurovision på Ullevi” (2015年6月12日). 2015年6月13日閲覧。
  8. ^ a b ESC’16: Malmö Withdraws Its Bid To Host”. eurovoix.com (2015年6月11日). 2015年6月11日閲覧。
  9. ^ Örnsköldsvik enters the race with Fjällräven Center”. 2015年6月12日閲覧。
  10. ^ Eurovision Eurovision 2016: Sandviken enters the host city race with Göransson Arena!”. 2015年6月2日閲覧。
  11. ^ ESC '16: Gävle & Sandviken Submit Joint Bid”. 2015年6月9日閲覧。
  12. ^ a b Xifaras, Billy (2015年6月12日). “Eurovision 2016 Host City: Stockholm applies with Globen Area, not Friends Arena”. wiwibloggs.com. 2015年6月12日閲覧。
  13. ^ a b Friends och Tele2 ute ur Eurovision-leken”. Dagens Nyheter. 2015年7月5日閲覧。
  14. ^ Eurovision 2016: What do we know so far?”. escdaily.com (2015年5月26日). 2015年6月26日閲覧。
  15. ^ a b c Stockholm's Tele2 Arena to host Eurovision The Party” (en-GB). 2016年3月15日閲覧。
  16. ^ When is Eurovision 2016? Date, location, entry details”. Daily Mirror (2015年5月24日). 2015年5月24日閲覧。
  17. ^ EBU to look at possibility of Asian guest star”. eurovoix.com (2015年7月16日). 2015年8月8日閲覧。
  18. ^ “SVT kapar Eurovisionbudget” (Swedish). Dagens Nyheter. http://www.dn.se/kultur-noje/melodifestivalen/svt-kapar-eurovisionbudget/ 2015年9月19日閲覧。 
  19. ^ Public Rules of the 61st Eurovision Song Contest”. European Broadcasting Union (2015年10月28日). 2016年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月21日閲覧。
  20. ^ 'Big Five' and host country more prominently in the Semi-Finals”. Eurovision.tv. 2015年9月23日閲覧。
  21. ^ Meet the core team for 2016”. European Broadcasting Union (2015年10月26日). 2015年11月18日閲覧。
  22. ^ Jordan, Paul (2016年2月18日). “Biggest change to Eurovision Song Contest voting since 1975”. eurovision.tv. 2016年2月18日閲覧。
  23. ^ San Marino Rtv: "Inaccettabili le nuove regole e i vecchi comportamenti dell'EBU all'Eurovision Song Contest" dice il DG Carlo Romeo” (it-IT). 2016年2月27日閲覧。
  24. ^ San Marino: SMRTV claims new voting system is "unacceptable"”. Wiwibloggs.com. 2016年2月27日閲覧。
  25. ^ Sanna Nielsen leder Mellon – vid sidan av”. Expressen. 2016年3月14日閲覧。
  26. ^ Sanna Nielsens nya jobb under Eurovision”. Expressen. 2016年3月14日閲覧。
  27. ^ Måns Zelmerlöw öppnar för att leda Eurovision Song Contest 2016” [Mans Zelmerlöw opens for leading Eurovision 2016] (Swedish). Sveriges Television (2015年5月24日). 2015年5月24日閲覧。
  28. ^ Måns Zelmerlöw – Heroes” (Swedish). Sveriges Television (2014年11月21日). 2015年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月25日閲覧。
  29. ^ Följ med på Allsångshistoria” [Follow on song history] (Swedish). Sveriges Television (2013年6月17日). 2015年5月25日閲覧。
  30. ^ Måns öppnar för nytt jobb efter ESC-succén” [Mans opens for a new job after the ESC success] (Swedish). Expressenaccessdate=25 May 2015 (2015年5月24日). 2015年5月24日閲覧。
  31. ^ William Lee Adams. “Eurovision 2016: Dolph Lundgren to host alongside Måns Zelmerlöw”. Eurovision 2015 Predictions, Polls, Odds, Rankings – wiwibloggs. 2015年6月2日閲覧。
  32. ^ SVT vill att Mede och Zelmerlöw leder ESC”. Expressen. 2015年8月26日閲覧。
  33. ^ Petra Mede and Måns Zelmerlöw to host in Stockholm!”. 2015年12月14日閲覧。
  34. ^ Semi-Final Allocation Draw on Monday, pots revealed”. 2016年1月21日閲覧。
  35. ^ Eurovision 2016: Semi-finals Allocation Draw on 25th of January”. ESCDaily.com (2015年12月23日). 2016年1月2日閲覧。
  36. ^ a b c Allocation Draw: The results!”. 2016年1月25日閲覧。
  37. ^ Kavaler, Ron (2016年5月1日). “Eurovision 2016: Sneak peek of first rehearsals inside Globen Arena”. Wiwibloggs. 2016年5月1日閲覧。
  38. ^ Albinsson, Mathilde (2016年5月13日). “Så blir öppningsnumret i finalen av Eurovision 2016 – en hyllning till svensk design och dansmusik” [Here is the opening number for Eurovision 2016 - a tribute to Swedish design and house music] (sv-SE). svt.se. Sveriges Television. 2016年5月17日閲覧。
  39. ^ Justin Timberlake makes world premiere live performance in the Eurovision Song Contest!”. European Broadcasting Union (2016年5月9日). 2016年5月9日閲覧。
  40. ^ Vincent, Alice (2016年5月15日). “Justin Timberlake was too slick and soulless at Eurovision - review”. The Telegraph. 2016年5月15日閲覧。
  41. ^ Ågrahn, Emma (2016年5月12日). “Rybak, tanter och hamsterhjul – bombastiskt humornummer driver med Eurovision” [Rybak, grannies and hamster wheel - bombastic parody meets Eurovision] (sv-SE). svt.se. Sveriges Television. 2016年5月17日閲覧。
  42. ^ Petterson, Emma (2016年5月13日). “Så blir finalen i Eurovision Song Contest 2016 – minut för minut” [Here is the final of Eurovision Song Contest 2016 - minute by minute] (sv-SE). svt.se. Sveriges Television. 2016年5月14日閲覧。
  43. ^ Qvist, Bella (2016年5月12日). “How Eurovision finally cracked America”. Guardian News and Media Limited. 2016年5月16日閲覧。
  44. ^ "Eurovision Song Contest 2016 Grand Final". Eurovision Song Contest. Logo TV. 該当時間:02:17:36.
  45. ^ Lewis, Lisa Jayne (2016年5月12日). “Justin Timberlake’s Eurovision Performance WILL NOT Air in the USA!”. Eurovision Ireland. 2016年5月17日閲覧。
  46. ^ Stockholm 2016: How many countries will join us in Stockholm?”. esctoday.com (2015年9月10日). 2015年9月11日閲覧。
  47. ^ a b Jordan, Paul (2015年11月26日). “43 countries represented in Stockholm!”. European Broadcasting Union. 2015年11月26日閲覧。
  48. ^ a b Portuguese websites call for changes to Portugal's 2016 Eurovision selection”. escreporter.com (2015年6月9日). 2015年7月19日閲覧。
  49. ^ Deen i Dalal će predstavljati BiH na Eurosongu”. Klix (2015年11月25日). 2015年11月25日閲覧。
  50. ^ Kaliopi returns for FYR Macedonia!”. 2015年11月24日閲覧。
  51. ^ Bulgaria: Poli Genova returns to Eurovision”. European Broadcasting Union (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  52. ^ Mario. “Montenegro: No Name member Bojan Jovovic joins Highway”. 2016年1月21日閲覧。
  53. ^ Eurovision Malta: Ira Losco to Stockholm!”. esctoday.com. 2016年1月23日閲覧。[リンク切れ]
  54. ^ Leon, Jakov (2016年3月12日). “It's Donny Montell for Lithuania!”. European Broadcasting Union. 2016年3月12日閲覧。
  55. ^ Escudero, Victor (2016年2月20日). “Greta Salome to represent Iceland!”. European Broadcasting Union. 2016年2月20日閲覧。
  56. ^ a b ESC'16: Big 5 & Sweden Will Perform in the Semi Finals”. eurovoix.com (2015年9月23日). 2015年9月23日閲覧。
  57. ^ a b c d e f g h i Eurovision Song Contest 2016 First Semi-Final”. European Broadcasting Union. 2016年1月28日閲覧。
  58. ^ Eurovision BG”. BNT (2016年3月12日). 2016年3月12日閲覧。
  59. ^ Bulgaria: Song To Be Performed In English”. Eurovoix (2016年2月22日). 2016年2月22日閲覧。
  60. ^ Albania: "Fairytale Love" To Be Revealed March 15”. 2016年2月8日閲覧。
  61. ^ Eurovision 2016: Nessun grado di separazione sarà in italiano e inglese” (Italian). 2016年3月13日閲覧。
  62. ^ Eurovision BG”. BNT (2016年3月12日). 2016年3月12日閲覧。
  63. ^ Bulgaria: Song To Be Performed In English”. Eurovoix (2016年2月22日). 2016年2月22日閲覧。
  64. ^ Sweden to perform 9th in the Grand Final”. European Broadcasting Union. 2016年3月14日閲覧。
  65. ^ Which countries? FAQs”. EBU. 2014年5月22日閲覧。
  66. ^ Jiandani, Sanjay (2015年9月2日). “Andorra: RTVA will not return to Eurovision in 2016”. esctoday.com. 2015年9月2日閲覧。
  67. ^ Lebanon: Not Ruled Out 2016 Participation”. Eurovoix. 2015年10月30日閲覧。
  68. ^ Jiandani, Sanjay (2015年9月4日). “Luxembourg: RTL will not return to Eurovision in 2016”. esctoday.com. http://esctoday.com/105539/luxembourg-rtl-will-not-return-to-eurovision-in-2016/ 2015年9月4日閲覧。 
  69. ^ Jiandani, Sanjay (2015年7月21日). “Monaco: TMC will not return to Eurovision in 2016”. esctoday.com. 2015年7月21日閲覧。
  70. ^ Mirror — Cristiano Ronaldo's sister launches bid to represent Portugal in Eurovision Song Contest”. 2015年11月28日閲覧。
  71. ^ Portugal: Withdraws From Eurovision 2016”. Eurovoix.com. 2015年10月7日閲覧。
  72. ^ [VÍDEO Retirada da RTP do Festival da Eurovisão em destaque no 'A Voz da Cidadão']”. ESC Portugal. 2015年11月7日閲覧。
  73. ^ Slovakia: RTVS will not participate in Eurovision 2016”. esctoday.com (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。
  74. ^ Turkey : TRR yet to decide on Eurovision participation”. 2016年3月20日閲覧。
  75. ^ ago, Mustafa Fidan • 1 month. “It’s now official: Turkey will not be in Eurovision 2016”. 2015年12月14日閲覧。
  76. ^ Eurovision Turkey: TRT confirms non participation in Eurovision 2016” (en-US). esctoday.com. 2015年12月14日閲覧。
  77. ^ Greece: Argo to Stockholm” (en-US). 2016年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]