ルスラナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルスラナ
Руслана Лижичко
Ruslana in Kiev.JPG
2012
基本情報
出生名 Ruslana Stepanivna Lyzhychko (Руслана Степанівна Лижичко)
別名 Ruslana (Руслана) , Lana , Rusiya
生誕 (1973-05-24) 1973年5月24日(49歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国リヴィウ
職業 歌手ダンサー作曲家プロデューサーピアニスト国会議員
活動期間 1996年 -
レーベル EMIワーナー・ミュージック・グループ
共同作業者 T-PainMissy ElliottSlavi TrifonovVarvara、Harem、Helmut LottiPeter Maffay
公式サイト http://www.ruslana.ua/

ルスラナウクライナ語: Руслана Степанівна Лижичко、Ruslana Stepanivna Lyzhychko、1973年5月24日 - )は、ワールド・ミュージック・アワーユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝したレコーディング アーティストであり、 [1]ウクライナの人民芸術家の称号を保持している。

概要[編集]

[2]彼女は、私たちのウクライナ党ウクライナ議会 ( ヴェルホーヴナ・ラーダ ) で副議員を務めていた国会議員でもあった。 [3] ルスラナは、2004 年から 2005 年にかけてウクライナでUNICEF親善大使を務めていた。 [4]彼女は国際的に最も成功したウクライナの女性ソロアーティストとして認定されており[5] [6]フォーブス誌による 2013 年の最も影響力のある女性のトップ 10 に入った。 [7]2014年3月、ルスラナは米国国務長官により、国際勇気ある女性賞を受賞した。 [8]彼女は故郷のリヴィウの名誉市民[9]に選ばれ、ウクライナ英雄の称号を受諾した。

[10]彼女は、シンガー、ソングライター、プロデューサー、音楽指揮者、マルチ楽器奏者、ダンサー、声優、社会活動家であり、自分の曲やミュージックビデオを書き、作曲し、プロデュースしている。 1995 年 12 月 28 日、彼女はウクライナのレコード プロデューサーであるOleksandr Ksenofontovと結婚した。 [11] 2人は 1993 年からLuxen Studioという会社を経営し、ラジオや映画の予告編を制作している。 [11]

Ruslana は正式にプラチナディスクを受け取った最初の旧ソ連出身のアーティストであり、彼女のDyki tantsiアルバムは、リリース後最初の 100 日間で 170,000 枚以上の売り上げを記録した。 [12]このアルバムは、これまでで最も売れたウクライナのアルバムであり、英語版も含め、ウクライナ国内だけでも500,000枚以上販売されている。 [13] [14]

彼女はユーロビジョン・ソング・コンテスト2004で「 Wild Dances 」という曲で280点を獲得し、当時の記録を更新した。 [15]彼女の勝利に続いて、彼女はヨーロッパで名声を博し、東欧の最大のポップスターの1人となった.彼女の優勝曲「Wild Dances」は、ベルギーで10週連続で1位を記録し、97 週にわたりヨーロッパのチャートを席巻した。 [16]彼女のユーロビジョン優勝曲は、コンテストの60周年を記念して、 The Very Best of Eurovisionという公式コンピレーション アルバムに収録されている。 [17]

彼女のレパートリーには、主にウクライナ語英語で歌われた曲が多いが、スペイン語ラテン語のカバーも録音されている。

日本ではほとんど知られていないが、母国や周辺国では高い人気を誇っている。また、ウクライナのオレンジ革命に参加し、PVに使われている。

脚注[編集]

  1. ^ eurovision.tv.
  2. ^ Ukrainian singer wins the Eurovision Song Contest”. Welcome to Ukraine (2004年6月3日). 2010年1月27日閲覧。
  3. ^ Ruslana is ready to take her seat in the Parliament”. for-ua.com (2006年3月29日). 2010年1月27日閲覧。
  4. ^ Ukrainian Eurovision winner Ruslana to back OSCE anti-trafficking campaign”. OSCE (2013年6月14日). 2013年6月14日閲覧。
  5. ^ Ruslana among winners at World Music Awards in Las Vegas”. UkrWeekly (2004年12月14日). 2004年12月14日閲覧。
  6. ^ Welcome the Ukrainian Madonna”. NowToronto (2008年11月14日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ Forbes: Most successful women of 2013”. Forbes (2014年1月1日). 2014年1月1日閲覧。
  8. ^ Ruslana - Woman of Courage, International Pop Star, Former Ukraine Parliament Member and EuroMaidan Protest Leader - to Discuss Current Crisis at National Press Club”. Yahoo News. 2014年3月3日閲覧。
  9. ^ Lviv singer Ruslana became an honorary citizen of the city”. kp.ua. 2014年5月3日閲覧。
  10. ^ Lviv MP wants to name Ruslana Hero of Ukraine”. zik.ua. 2014年4月1日閲覧。
  11. ^ a b Ruslana's husband speaks out”. Esctoday.com (2004年5月24日). 2013年6月16日閲覧。
  12. ^ Ruslana "Dyki Tantsi" 2003”. for-ua.com (2003年10月3日). 2013年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月27日閲覧。
  13. ^ Ruslana, International pop star, Eurovision winner returns to USA with concert”. prlog.org (2010年8月20日). 2013年6月22日閲覧。
  14. ^ 60th Most Influential Person in Ukraine in 2005”. Korrespondent (2006年1月10日). 2006年1月10日閲覧。
  15. ^ Ukraine's Ruslana wins Eurovision Song Contest”. The Moscow Times (2004年5月17日). 2004年5月17日閲覧。
  16. ^ Ruslana: My first victory after Eurovision...”. ESCToday (2004年7月14日). 2004年7月14日閲覧。
  17. ^ Very Best of Eurovision Song Contest - A 60th Anniversary (CD / Digital Download Available NOW)”. SBS.au (2015年5月1日). 2015年5月1日閲覧。

外部リンク[編集]