2006 FNS歌謡祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FNS歌謡祭 > 2006 FNS歌謡祭
2006 FNS歌謡祭
2006 FNS MUSIC FESTIVAL
Grand Prince Hotel New Takanawa.jpg
会場として使用されて
番組生放送が行われた
グランドプリンスホテル新高輪「飛天」
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
放送時間 水曜日 19:00 - 23:18(258分)
放送期間 2006年12月6日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 板谷栄司
プロデューサー 石田弘EP
きくち伸CP
清水宏泰佐々木将
出演者 黒木瞳
草彅剛SMAP
ほか
オープニング 「花咲く歌声」(作詞:保冨康午、作曲:広瀬健次郎
エンディング 同上
外部リンク 2006 FNS歌謡祭
テンプレートを表示

2006 FNS歌謡祭』(2006 エフエヌエスかようさい)は、フジテレビ系列2006年12月6日 19:00 - 23:18(JST)に生放送された通算35回目の『FNS歌謡祭』。

概要[編集]

SMAPはトップバッターで「Dear WOMAN」、大トリで「ありがとう」を披露。また、SMAPは21時台の後半に司会席に登場したが、リーダーの中居正広のみ、22時に入ってから参加した[1]

第32回2003年)以来3年ぶりに出演したMr.Childrenは22時台のトップに登場し、「しるし」を披露。曲前にSMAPとの初共演を果たし、司会者でもある草彅剛から「SMAP、ミスチルの歌よく聴いてます!」とメッセージを贈られていた。また、Mr.Childrenは2007年3月放送分の日本テレビ系列『Music Lovers』に出演した時、同ボーカル桜井和寿が本番組に出演する事が決まった際に「(当初)座る席が大塚愛倖田來未の間と聞いて期待していたが、実際はそうでなかったばかりか、前にDJ OZMAが座っていた」とのエピソードを紹介した。

倖田來未はフジテレビ制作の映画『大奥』の主題歌「運命」をテレビ初披露。同映画の主演を務める仲間由紀恵が共演出演。

番組中盤には、TRFがグループ結成15周年と1999年以来の7年ぶりにシングルを1年間で「Where to begin」「Silence whispers」「We are all BLOOMIN'」の3曲をリリースした記念に、自身のミリオンヒットを達成した「BOY MEETS GIRL」「CRAZY GONNA CRAZY」「EZ DO DANCE」「survival dAnce 〜no no cry more〜」の4曲のスペシャルメドレーを披露した。

ジャニーズ事務所からは、SMAP、TOKIOKinKi KidsV6の5組が出演した。

出演者[編集]

司会[編集]

進行役[編集]

出演アーティスト[編集]

太字は当年のNHK第57回NHK紅白歌合戦』にも出場した歌手である。

ゲスト[編集]

仲間由紀恵(倖田來未)[要説明]

セットリスト[編集]

順番 アーティスト 楽曲
1 SMAP Dear WOMAN
2 GAM Thanks!
3 きっと大丈夫
4 KinKi Kids Harmony of December
5 キグルミ たらこ・たらこ・たらこ
6 WaT ボクラノLove Story
7 DJ OZMA アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士
8 DREAMS COME TRUE×絢香 LOVE LOVE LOVE (1995/DREAMS COME TRUE)
9 何度でも (2005/DREAMS COME TRUE)
10 うれしい!たのしい!大好き! (1989/DREAMS COME TRUE)
11 倖田來未 運命
12 CHEMISTRY×槇原敬之 約束の場所 (CHEMISTRY)
13 伊藤由奈 Precious
14 あじさい 二人だけの世界
15 大塚愛 恋愛写真
16 V6 グッデイ!!
17 TRF BOY MEETS GIRL (1994/trf)
18 CRAZY GONNA CRAZY (1995/trf)
19 EZ DO DANCE (1993/trf)
20 survival dAnce 〜no no cry more〜 (1994/trf)
21 氷室京介 KISS ME (1992)
22 平井堅 美しい人
23 TOKIO 宙船(そらふね)
24 中島美嘉 一色
25 ダニエル・パウダー bad day〜ついてない日の応援歌〜
26 AI Believe
27 絢香 三日月
28 Every Little Thing スイミー
29 槇原敬之 もう恋なんてしない (1992)
30 冬がはじまるよ (1991)
31 槇原敬之×CHEMISTRY どんなときも。 (1991/槇原敬之)
32 Mr.Children しるし
33 福山雅治 (2003)
34 THE EDGE OF CHAOS 〜愛の一撃〜
35 松たか子 みんなひとり
36 郷ひろみ LIFE
37 DREAMS COME TRUE もしも雪なら
38 浜崎あゆみ JEWEL
39 SMAP ありがとう

スタッフ[編集]

  • 制作:港浩一水口昌彦
  • 構成:山内浩嗣
  • 音楽:武部聡志
  • 『FNS歌謡祭』美術:石鍋伸一朗
  • 美術プロデューサー:井上幸夫
  • デザイン:越野幸栄
  • 美術進行:内山高太郎、楫野淳司
  • 大道具:引馬幹晴
  • アートフレーム:永濱大作、淵脇臣吉
  • 電飾:渡辺信一
  • アクリル装飾:渋谷哲也
  • 特殊装置:樋口真樹
  • 視覚効果:小熊雅樹
  • 生け花装飾:長崎由利子
  • メイク:久保田裕子
  • 楽器:島津哲也(サンフォニックス)
  • LED:宇佐美良
  • TD/SW:馬場直幸
  • カメラ:関克哉
  • 音声:太田宗孝
  • 映像:佐藤順一
  • 照明デザイン:植松晃一
  • 照明:安達浩也(PRGアジアライティング)、中村貞敏(FLT
  • PA:松田勝治(サンフォニックス)、山本佑介(共立
  • クレーン:明光セレクト、ダブルビジョン、三和プロライト、サークル
  • 音響効果:川端智之・中田圭三(共に4-Legs
  • 編集:与那嶺涼(IMAGICA
  • MA:石川英男(IMAGICA)
  • CG:松本幸也(orb)、古畑資展、渡辺之雄
  • 音楽コーディネート:吉田奈生
  • 広報:片山正康
  • TK:石原由季、平野美紀子
  • 協力:新高輪プリンスホテル、サンドリーム、ハーフトーンミュージック、イーストCELL
  • 技術協力:八峯テレビ共同テレビジョン、田中電設、共立、サンフォニックス、SENNHEISER、FLT、三穂電機、PRGアジアライティング、黒澤フィルムスタジオ
  • ディレクター:神原孝、城間康男、仮屋隆典、井ノ上龍登
  • アシスタントプロデューサー:宇賀神裕子
  • フロアディレクター:浜崎綾
  • プロデューサー:清水宏泰佐々木将
  • チーフプロデューサー:きくち伸
  • 演出:板谷栄司
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター/音組
  • 制作著作:フジテレビ

脚注[編集]

  1. ^ 21時台は裏番組出演の為、当番組の出演を一時控えた。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 FNS歌謡祭
前番組 番組名 次番組
2005 FNS歌謡祭
(2005年)
2006 FNS歌謡祭
(2006年)
2007 FNS歌謡祭
(2007年)