約束の場所 (CHEMISTRYの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
約束の場所
CHEMISTRYシングル
初出アルバム『ALL THE BEST(#1)
Face to Face(#1)』
B面 still in my heart
YOUR WORLD
約束の場所 (Less Vocal)
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル デフスターレコーズ
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 2006年度年間179位(オリコン)
  • 登場回数11回(オリコン)
CHEMISTRY シングル 年表
almost in love
(2005年)
約束の場所
(2006年)
遠影 feat. John Legend
(2006年)
テンプレートを表示

約束の場所」(やくそくのばしょ)は、2006年10月4日に発売されたCHEMISTRYの通算17枚目のシングル。発売元は、デフスターレコーズ。初回盤にはCHEMISTRY 5th Anniversary ロゴ・ステッカー封入。

解説[編集]

前作より約1年ぶりに発売された本作は、CHEMISTRY5周年を記念して槇原敬之に楽曲提供を依頼した。唱歌のイメージのもと、「夢」を持つ大切さを唄った楽曲に仕上がっている(歌詞中には「夢」という単語が19回出てくる)。槇原は楽曲提供のほか、ハンドクラップとコーラスでも参加した。キャッチコピーは「未来は夢を裏切らない」。

槇原によると、初め「黒い曲」を提供しようとしたらしいが、CHEMISTRYサイドから「学校の音楽の授業で歌われるような曲」を求められたため、本作が提供されたらしい。

c/wには、4曲の候補から選択した川畑のソロ名義「BUGSY(バグジー)」による「still in my heart」と、堂珍ソロによる「YOUR WORLD」を収録している。

盗作騒動[編集]

発売後、「約束の場所」の歌詞の一部が『銀河鉄道999』の台詞の盗用であると、同漫画の作者である松本零士が主張、諸ワイドショーに出演して槇原敬之を非難した。これに対し、槇原は自身の公式ホームページ上で「歌詞は全くのオリジナルであり、本当に盗作だと疑っているのなら裁判で決着していただきたい」とコメントした。

2007年3月22日には、槇原が盗作の証拠提出を求め、松本を提訴した。この裁判は松本側が敗訴した(槇原への賠償)。その後、互いに控訴したが、最終的には和解している。

収録曲[編集]

  1. 約束の場所
    (作詞:槇原敬之 作曲:槇原敬之)
    味の素「クノール」CMソング
  2. still in my heart / BUGSY
    (作詞:川畑要 作曲:川畑要 / nao'ymt
  3. YOUR WORLD / 堂珍嘉邦
    (作詞:堂珍嘉邦 作曲:堂珍嘉邦 / 谷口尚久
  4. 約束の場所 (Less Vocal)

関連項目[編集]