小川宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おがわ ひろし
小川 宏
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京府東京市
(現・東京都墨田区
生年月日 1926年4月17日
没年月日 (2016-11-29) 2016年11月29日(満90歳没)
最終学歴 早稲田大学専門部工科建築科
職歴 NHKアナウンサー
フジテレビジョン契約アナウンサー
→フリー
活動期間 1949年 - 2016年
出演番組・活動
過去 ジェスチャー
小川宏ショー
FNS歌謡祭』など

小川 宏(おがわ ひろし、1926年4月17日 - 2016年11月29日)は、日本フリーアナウンサー司会者。元NHKアナウンサー。東京都墨田区出身。

来歴[編集]

東京府南葛飾郡寺島村(現:東京都墨田区東向島)生まれ。東京都立第七中学校(現:東京都立墨田川高等学校)を経て早稲田大学専門部工科建築科を卒業後、一旦間組(現在の安藤ハザマ)に入社するも半年で退職。NHKには二次募集で入局した。同期には八木治郎大塚利兵衛福島幸雄穂坂俊明がいる。鶴岡放送局郡山放送局(現在はいずれも支局)に勤務後、1952年より東京勤務となる。1955年より『ジェスチャー』の4代目司会者として10年にわたって活躍。同番組における圧倒的な知名度を背景に1965年1月に退職。

NHK退職後、フジテレビ専属契約を結び、1965年5月より同局朝のワイドショー小川宏ショー』の司会を通算17年務め、4451回という金字塔を打ち立て、「人名を冠した番組の最長寿記録」としてギネスブックから認定・掲載された(後に「森田一義アワー 笑っていいとも!」(タモリ<森田一義>司会)がこの記録を塗り替えている)。同番組における小川の穏やかな雰囲気や話術は主婦層にも長く支持され、この点から「春の小川」なる異名を取るようになった。また、同番組には朝の生放送番組であるにも関わらず、杉村春子高峰三枝子石原裕次郎長嶋茂雄前田武彦永六輔黒柳徹子などの大物ゲストが多数出演しており、これも小川の司会ぶりに対する信頼の高さを裏付けるものとなった。

『小川宏ショー』終了後、うつ病を発症し自ら克服、その体験談を出版し、後にその経験を元に講演活動を行うなど活躍している。

二女の夫は作曲家中山大三郎で、2005年に中山が死去した後は中山が遺した作品は現在全て小川や二女や孫、中山の弟たちが権利を保管している。

読売新聞などのテレビ欄の投稿コーナーに「アナウンサー」として投稿することもある。また、読売の一般投稿気流欄には一国民として投稿している。

なお、幼馴染の3代目三遊亭圓歌によると、小川は元々吃音者であり、圓歌が真似をしているうちに同じく吃音者になってしまい、それが圓歌を落語家にするきっかけとなったという。とある機会にアナウンサーと落語家として再会した時にはお互いに驚いた、と圓歌は「中沢家の人々」の中で話している。

NHK時代、先輩アナウンサーからは「小川ちゃん」と呼ばれかわいがられた。高橋圭三からは、「顕微鏡で調べて望遠鏡で放送しろ」とアドバイスされたという。

2016年11月29日多臓器不全により90歳で没した[1]

出演番組[編集]

司会[編集]

映画出演[編集]


著書[編集]

  • 『わが心の詩 「小川宏ショー・私のイメージ」より』編 サンケイ新聞社出版局 1973
  • 『汗をふきふき… 小川宏のにんげん談義』山手書房 1976
  • 『ま〜るい会話―素敵な「ふれあい」のために』(光文社 カッパ・ビジネス 、1983年)
  • 『ひと こころ ふれ愛―テレビと歩んだ40年』(廣済堂出版、1993年)
  • 『遅すぎた男の反省』(講談社、1999年)
  • 『病気は人生の挫折ではない―一アナウンサーの“奇跡』(文化創作出版、2001年)
  • 『ちょっといい生き方―人生の実況放送』(青萠堂、2002年)
  • 『あの頃』(ポプラ社、2003年)
  • 『「定年うつ」私はこうして乗り越えた』(講談社、2004年)
  • 『宏です。小川です―昭和わたく史交友録』(清流出版、2005年)
  • 『夫はうつ、妻はがん―夫婦で苦境を踏み越えて』(清流出版、2006年)
  • 『話し上手は聞き上手―あなたは、正しい日本語を話せますか?』(清流出版、2007年 ISBN 978-4860292201
  • 『良い言葉は心の医者でもある』(ごま書房、ひと味ちがう「日本百名言」シリーズ 2007年 ISBN 978-4341172237
  • 『司会者は見た──昭和テレビ史を生きたスターたちの素顔』(講談社+α文庫、2008年 ISBN 978-4062812047
  • 『小川宏の心に残るいい話』(清流出版、2008年 ISBN 978-4860292713
  • 『私の「うつ病」体験記』(PHP文庫、2008年 ISBN 978-4569670812
  • 『小川宏の面白交友録』(清流出版、2009年 ISBN 978-4860293079
  • 『小川宏の人間塾 人の輪が教えてくれた感動と知恵』展望社 2010
  • 『「六病息災」の小川です!』(麗澤大学出版会、2010年 ISBN 978-4892055980
  • 『"うつ"になる人ならない人 ダジャレとユーモアで乗り切ろう』清流出版 2011
  • 『昭和はトークに生きにけり あの人この人、会った話した半世紀』展望社 2012

関連人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]