2019 FNSうたの夏まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FNSうたの夏まつり > 2019 FNSうたの夏まつり
2019 FNSうたの夏まつり
2019 FNS MUSIC FES. IN SUMMER
Fuji TV headquarters and Aqua City Odaiba - 2006-05-03-2009-25-01.jpg
番組生放送が行われた
フジテレビ本社「FCGビル
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
監督 武部聡志(音楽監督)
演出 浜崎綾
司会者 森高千里
渡部建アンジャッシュ
加藤綾子フリーアナウンサー
製作
チーフ・
プロデューサー
三浦淳
プロデューサー 土田芳美、宇賀神裕子、後藤夏美、中村峰子
制作 フジテレビ
放送
映像形式 文字多重放送番組連動データ放送
音声形式 ステレオ放送
放送期間 2019年7月24日
放送時間 水曜日 19:00 - 23:28
放送枠 FNSうたの夏まつり
放送分 268分
回数 1回
2019 FNSうたの夏まつり

特記事項:
23:22 - 23:28はローカルセールス枠の為、新潟総合テレビ福井テレビ東海テレビ関西テレビ高知さんさんテレビサガテレビではフジテレビでの終了6分前の23:22で飛び降り(テレビ大分遅れネットの為、この特記事項に該当しない)。
テンプレートを表示

2019 FNSうたの夏まつり』(2019 エフエヌエスうたのなつまつり)は、フジテレビ系列2019年7月24日 19:00 - 23:28(JST)に生放送された通算8回目の『FNSうたの夏まつり』である。

概要[編集]

7月24日に生放送されることが6月21日にフジテレビの番組ホームページで発表された。

本年も前年に引き続き、「夏に聴きたい名曲」を番組テーマに出演アーティスト同士の夢のコラボレーションをはじめ、夏ならではのさまざまなスペシャル企画が行われた[1][2][3][4][5][6][7][8][9]

平均視聴率は11.5%で、前年より下回った(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。また、瞬間最高視聴率はスペシャル企画「ディズニー映画メドレー」で中村倫也&木下晴香が『アラジン』の「ホール・ニュー・ワールド」を披露するシーンなど(20:53・20:54・20:58)で、15.0%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[10]

令和最初の『FNSうたの夏まつり』となる。

当日のステージ[編集]

今回のステージの最多出演者は、宝塚歌劇団 雪組望海風斗浜崎あゆみであり、それぞれ4曲に参加している。

今回は、全68曲中17曲がコラボレーション(共演)で披露された。

番組序盤では、今年デビュー45周年を迎えたTHE ALFEEと来年デビュー35周年を迎えるTUBEがそれぞれ他の出演アーティストとのコラボレーションでスペシャルメドレーを披露した。番組のオープニング前に行われた。

番組前半では、劇団四季キャッツ・シアターから『キャッツ』のスペシャルメドレーを披露した。また、元キャンディーズ伊藤蘭がグループ解散以来となる約41年ぶりに音楽番組に出演して「年下の男の子」をIZ*ONE宮脇咲良矢吹奈子とのコラボレーションで披露した。さらに、司会の森高千里ジャニーズWESTLittle Glee Monsterとのそれぞれとのコラボレーションで3曲のスペシャルメドレーを披露した。

番組中盤では、昨年に引き続き「ディズニー映画メドレー」として『ピノキオ』『塔の上のラプンツェル』『美女と野獣』『ライオン・キング』『パイレーツ・オブ・カリビアン』『トイ・ストーリー4』『アラジン』といったディズニー作品主題歌挿入歌を複数の出演アーティストのカバー・コラボレーションによるメドレーで披露された。また、ミッキーマウスディズニーの仲間たちが出演してFNS限定のスペシャルパフォーマンスを披露した。

番組後半では、今年デビュー20周年を迎えるが「A・RA・SHI」と「果てない空」の2曲をそれぞれFNS限定のスペシャルパフォーマンスで披露した。尚、デビュー20周年を記念した嵐とフジテレビの軌跡として嵐のフジテレビの番組出演の歴史を振り返った。また、DA PUMPと宝塚歌劇団 雪組の衝撃コラボレーションで「U.S.A.」を披露した。さらに、坂道シリーズ乃木坂46/欅坂46/日向坂46/吉本坂46)の全グループが一堂に会して初めて共演[注 1]し、それぞれのグループの代表曲の4曲のスペシャルメドレーを披露した。他では、AKB48が最新曲「サステナブル」を音源初解禁と共に発売前にテレビ初披露されたり、こちらも昨年に引き続き「ミュージカル名作メドレー」として『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『PIPPIN』『シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜』といった各ミュージカル作品の主題歌や挿入歌を複数の出演アーティストが出演している舞台のキャストによるメドレーで披露された。

番組終盤では、WANIMA映画ONE PIECE STAMPEDE』の主題歌、三浦春馬ドラマTWO WEEKS』の主題歌、KinKi Kidsが名曲スペシャルメドレー、デビュー5周年を迎えたジャニーズWEST・デビュー15周年を迎えた木村カエラ・デビュー20周年を迎えた倉木麻衣がFNS限定のスペシャルパフォーマンス、浜崎あゆみがサマーソングメドレーがそれぞれ披露された。

尚、番組全体は生放送だが、一部の出演アーティストのパフォーマンスやスペシャル企画は事前収録で放送された。

ジャニーズ事務所からはKinKi Kids、嵐、Hey! Say! JUMPKis-My-Ft2、ジャニーズWEST、SixTONESの6組が出演しており、SixTONESは『FNSうたの夏まつり』に初出演となった。

今回は、ジャニーズ事務所のSixTONESを含め、IZ*ONE[注 2]相葉裕樹、伊藤蘭、伊礼彼方海宝直人木下晴香、倉木麻衣[注 2]GLAY[注 2]劇団四季[注 2]佐藤隆紀ダイアモンドユカイ、宝塚歌劇団 雪組[注 3]東方神起[注 2]中村倫也日向坂46[注 4]ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー 2019三浦宏規、三浦春馬[注 2]ミッキーマウスディズニーの仲間たち森公美子吉本坂46[注 2]、WANIMA[注 5]の23組のアーティストが『FNSうたの夏まつり』に初出演した。

木村カエラは2014年以来の5年ぶり、TUBEは2015年以来の4年ぶり、嵐[注 6]・Kis-My-Ft2・KinKi Kids・欅坂46・柴咲コウ・ジャニーズWESTは2016年以来の3年ぶりの『FNSうたの夏まつり』の出演となった。

トップバッターは、TUBEとE-girlsがそれぞれ初めて担当して両者の共演で「THE ALFEE&TUBE 名曲スペシャルメドレー」の最初の曲として「あー夏休み」を披露した。

大トリは、もう一つのスペシャル企画で昨年に引き続き「後世に歌い継ぎたい日本の名曲」として総勢10組の出演アーティスト(下記参照)が担当して今年で没後30年を迎えた美空ひばりの名曲「愛燦燦」を披露した。

スペシャル企画[編集]

トップアスリートの背中を押した名曲
  • 今回の番組の放送日の7月24日が『2020年東京オリンピック』までちょうど1年ということを記念して、日本を代表するトップアスリート8人がそれぞれ厳しい戦いの中で自分自身の背中を押した名曲を、トップアスリートの知られざるエピソードと共に名曲を紹介したり、自身の思い出や楽曲の魅力を語った。また、各アーティストが出演しているフジテレビの音楽番組・ライブコンサートミュージックビデオといった貴重な秘蔵映像VTRと共に振り返った。

出演者[編集]

司会[編集]

出演アーティスト[編集]

コメントゲスト(トップアスリートの背中を押した名曲)[編集]

その他[編集]

音楽・演奏[編集]

  • 武部聡志音楽団

音楽監督&Pf.武部聡志/演奏:Dr. 村石雅行Ba. 浜崎賢太Gt. 鳥山雄司遠山哲朗Key. 清水俊也Cho. 今井マサキ加藤いづみ佐々木詩織Strings. 今野均ストリングスBrass. 竹上良成ホーンズ

セットリスト[編集]

順番 アーティスト 楽曲
1 TUBE×E-girls あー夏休み (1990/TUBE)
2 THE ALFEE×KinKi Kids メリーアン (1983/ALFEE)
3 TUBE×AKB48 シーズン・イン・ザ・サン (1989/TUBE)
4 THE ALFEE×TUBE 星空のディスタンス (1984/ALFEE)
5 劇団四季 オーヴァーチュア (1983/キャッツキャスト)
6 ジェリクルソング (1983/キャッツキャスト)
7 メモリー (1983/キャッツキャスト)
8 山崎育三郎 お祭りマンボ (1952/美空ひばり)
9 德永英明×三浦大知 輝きながら…[注 8] (1987/德永英明)
10 伊藤蘭×宮脇咲良矢吹奈子(IZ*ONE) 年下の男の子 (1975/キャンディーズ)
11 伊藤蘭 女なら
12 SixTONES JAPONICA STYLE (2018)
13 IZ*ONE 好きになっちゃうだろう? (2018)
14 森高千里×ジャニーズWEST ロックン・オムレツ (1994/森高千里)
15 森高千里×Little Glee Monster 素敵な誕生日 (1994/森高千里)
16 森高千里 私がオバさんになっても (1992)
17 三代目 J SOUL BROTHERS 花火 (2012/三代目 J Soul Brothers)
18 GLAY サバイバル (1999)
19 東方神起×日向坂46 Hot Hot Hot (東方神起)
20 DA PUMP P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜
21 GENERATIONS (2004/ORANGE RANGE)
22 柴咲コウ The silhouette
23 E-girls シンデレラフィット
24 望海風斗(宝塚歌劇団 雪組) 星に願いを (1940/ジミニー・クリケット)
25 真彩希帆(宝塚歌劇団 雪組)×新妻聖子 輝く未来 (2010/マンディ・ムーアザッカリー・リーヴァイ)
26 宝塚歌劇団 雪組 美女と野獣 (1991/セリーヌ・ディオン&ピーボ・ブライソン)
27 京本大我(SixTONES)×昆夏美 愛を感じて (1994/エルトン・ジョン)
28 ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー 2019 彼こそが海賊 (2003/クラウス・バデルト)
29 ダイアモンドユカイ 君はともだち (1995/ランディ・ニューマン)
30 中村倫也&木下晴香 ホール・ニュー・ワールド (1992/ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル)
31 ディズニーの仲間たち×乃木坂46 ジャンボリミッキー! (ディズニーソング)
32 ディズニーの仲間たち×Hey! Say! JUMP 小さな世界 (1964/ディズニーソング)
33 A・RA・SHI (1999)
34 DA PUMP×宝塚歌劇団 雪組[注 9] U.S.A. (2018/DA PUMP)
35 乃木坂46 Sing Out!
36 欅坂46 風に吹かれても (2017)
37 日向坂46 ドレミソラシド
38 吉本坂46 今夜はええやん
39 Kis-My-Ft2 SHE! HER! HER! (2012)
40 HANDS UP
41 三代目 J SOUL BROTHERS Yes we are
42 AKB48 サステナブル
43 柴咲コウ かたち あるもの (2004)
44 東方神起 Why? (Keep Your Head Down) (2011)
45 果てない空 (2010)
46 レ・ミゼラブルカンパニー[注 10] 宿屋の主人の歌 (1987/レ・ミゼラブルキャスト)
47 レ・ミゼラブルカンパニー ワン・デイ・モア (1987/レ・ミゼラブルキャスト)
48 昆夏美×海宝直人 世界が終わる夜のように (1989/クリスキム)
49 城田優 Corner of the Sky (ピピンキャスト)
50 天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜カンパニー Raise Your Voice (天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜キャスト)
51 望海風斗(宝塚歌劇団 雪組)×山崎育三郎 闇が広がる (エリザベートキャスト)
52 WANIMA GONG
53 三浦春馬 Fight for your heart
54 KinKi Kids 愛されるより 愛したい (1997)
55 ボクの背中には羽根がある (2001)
56 Little Glee Monster Classic
57 ジャニーズWEST ええじゃないか (2014)
58 木村カエラ Butterfly (2009)
59 倉木麻衣 Feel fine! (2002)
60 Hey! Say! JUMP Lucky-Unlucky
61 浜崎あゆみ You & Me (2012)
62 glitter (2007)
63 Sunset 〜LOVE is ALL〜 (2009)
64 BLUE BIRD (2006)
65 GLAY JUST FINE
66 GENERATIONS Brand New Story
67 三浦大知 片隅
68
[注 11]
IZ*ONE・AKB48・海宝直人・倉木麻衣・欅坂46・
斎藤司・GENERATIONS・城田優・三浦大知・Little Glee Monster
愛燦燦 (1986/美空ひばり)

VTR(トップアスリートの背中を押した名曲)[編集]

スタッフ[編集]

  • 音楽監督:武部聡志
  • 美術プロデューサー:三竹寛典
  • 編成:長嶋大介
  • 広報:木場晴香
  • 運営:椎名貴一
  • TK:平野美紀子、高木美紀、江野澤郁子
  • デスク:富張明子
  • 協力:ハーフトーンミュージック、ディズニー・デラックス
  • 写真協力:渡辺プロダクション
  • 技術協力:fmt共同テレビジョン、サンフォニックス、放映サービス、共立、田中電設、ニューテレス、4-Legs、ピーシーライツ、富士ライト商事、MTプランニング、digidelic
  • 制作:太田一平
  • エグゼクティブプロデューサー:石田弘
  • 構成:山内浩嗣
  • 制作進行:早川和希
  • 編集ディレクター:黒岩栄治、後藤悠樹、松本絵理、吉本裕亮
  • 送出ディレクター:塩谷亮、志賀一寿、相場優衣子
  • フロアディレクター:大野悟、樋川優美、渡辺由貴、松舘ちひろ、望月浩平
  • ディレクター:島田和正、松永健太郎
  • 演出:浜崎綾
  • プロデューサー:土田芳美、宇賀神裕子、後藤夏美、中村峰子、加藤万貴、湯瀬恵理子、岩田恵、金井由紀子
  • チーフプロデューサー:三浦淳
  • 制作:フジテレビ第二制作室
  • 制作著作:フジテレビ

関連番組[編集]

当番組の司会である森高・渡部がMCを務める音楽番組。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ それぞれ2組同士や3組同士の共演は、それぞれ異なる他番組で共演しているが、4組が一堂に共演するのはこれが史上初の出来事である。
  2. ^ a b c d e f g ただし、年末放送の『FNS歌謡祭』には出演経験あり。
  3. ^ ただし、劇団全体と宙組は年末放送の『FNS歌謡祭』、月組は派生番組『FNSうたの春まつり』には出演経験あり。
  4. ^ ただし、けやき坂46としては年末放送の『FNS歌謡祭』には出演経験あり。
  5. ^ ただし、年末放送の『FNS歌謡祭』と派生番組『FNSうたの春まつり』には出演経験あり。
  6. ^ ただし、前年はVTR企画「思い出の夏うた」にコメントゲストとしては出演しているが、アーティストとして出演していないため除外。
  7. ^ 前番組『Live News it!』から引き続き出演のため、冒頭から約30分は森高・渡部が進行。
  8. ^ ジャズアレンジバージョンで披露された。
  9. ^ 男役メンバーが参加した。
  10. ^ 斎藤司・森公美子が参加した。
  11. ^ 新潟総合テレビ福井テレビ東海テレビ関西テレビ高知さんさんテレビサガテレビでは放送なし。

出典[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 FNSうたの夏まつり
前番組 番組名 次番組
2019 FNSうたの夏まつり
(2019年)
-