この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

加藤いづみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤いづみ
生誕 (1968-07-21) 1968年7月21日(48歳)
出身地 日本の旗 愛媛県松山市
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 1991年 -
事務所 fantasista
共同作業者 高橋研
公式サイト http://www.katoizumi.com/

加藤 いづみ(かとう いづみ、1968年7月21日 - )は、日本歌手愛媛県松山市出身。夫はミュージシャンの今井マサキ


プロフィール

1991年高橋研のプロデュースにてポニーキャニオンより、5月21日にアルバム『テグジュペリ』でデビュー。1stシングル「ZERO」は同年6月21日に発売された。1993年に放送されたフジテレビのドラマ『悪魔のKISS』の挿入歌として使われた「好きになって、よかった」で脚光を浴びる。当時ブームのGiRLPOPの代表格となる。また、このドラマにはラジオ・パーソナリティ役として出演もしていた。

1998年VAPへ移籍。2001年からは事務所の自主レーベルからリリース。現在は自身のソロ活動と共に、小田和正松任谷由実などのツアーでバッキング・コーラスを積極的に参加している。また、久保田洋司Mr.Children桜井和寿と共同で楽曲製作に携わった。

2005年7月21日、ミュージシャンの今井マサキと結婚。2007年11月26日に長女を出産。

趣味は、プロレス観戦。アントニオ猪木とのツーショット写真を家宝にしている。

下ネタ好きで、『加藤いづみのオールナイトニッポン』では「浴衣の下はノーパン」という言葉を連呼していた。また、「元気でね、バイバイ」というシングルを出したとき、「『元気でね、パイパイ』に聞こえる」という話を喜んで採りあげていた。

友人に奥井亜紀相沢友子相馬裕子SAICO松本英子等がいる。また同郷アーティストで、井上昌己山口由子ともライブ等共演がある。

カエルが何よりも嫌い[要出典]

視力は、0.1以下[要出典]

デビュー前

本人曰く「ヘンな名前」を付けられて、ライブハウスではマイケル・ジャクソンの「ベンのテーマ」やアレサ・フランクリンの「Chain of Fools」などといった、リズム・アンド・ブルースのカバーしていた。

1990年にOVAとしてリリースされた角川アニメ『ロードス島戦記』の主題歌「風のファンタジア / Adèsso e Fortuna〜炎と永遠〜」(作詞・作曲:新居昭乃)を“Sherry”名義で歌唱。同曲は1990年7月21日にビクター音楽産業よりシングルリリースされた。

ディスコグラフィー

シングル

  • 風のファンタジア(1990年7月21日) ※「Sherry」名義
  • ZERO(1991年6月21日) - ニッポン放送「ショウアップナイター」エンディングテーマ­
  • 髪を切ってしまおう(1992年5月21日)
  • 美しすぎて / シャンプー(1992年10月21日) - カネボウシャンプー「I've」CMソング
  • この街が好きだよ(1993年2月19日)
  • 好きになって、よかった(1993年7月21日) - フジテレビドラマ『悪魔のKISS』挿入歌
  • さよならが言えない(1993年11月19日)
  • 坂道(1994年3月18日)
  • どれだけあなたのことを(1994年8月19日)
  • アイツに会ったら(1995年5月19日)
  • Snow Bird(1995年11月17日)
  • 木枯らしを抱きしめて(1997年10月1日)
  • 切なく青い空のページ(1998年10月28日) - 読売テレビドラマ『奇跡の人』エンディングテーマ
  • 元気でね、バイバイ(1999年2月21日)
  • TRUE SONG / 未来へ(1999年8月21日) - アニメ映画『ハッピーバースデー 命かがやく瞬間』エンディングテーマ
  • 光の都(2001年9月5日) - バンプレストサモンナイト2』OPテーマ及びCMタイアップ曲。ゲームのOP/EDが収録され、プロデューサーである藤田千章の名義でボーカルとして参加。
  • 太陽が呼んでいる(2003年8月20日) - バンプレスト『サモンナイト3』OPテーマ及びCMタイアップ曲。ゲームのOP/EDが収録され「加藤いづみ、松本英子、藤田千章」名義となっている。
  • selection 想い(2006年10月25日) - 「加藤いづみ、ささきのぞみ麻生かほ里」名義
  • 言葉(2006年12月27日)

アルバム

  • テグジュペリ(1991年5月21日)
  • 星になった涙(1992年6月19日)
  • Sweet Love Songs(1993年8月4日)
  • skinny(1994年5月20日)
  • French Kiss(1995年7月5日)
  • bossa(1996年7月3日)
  • Sad Beauty(1997年10月17日)
  • Spring-a-ring-a-ring(1999年3月25日)
  • romeo(2003年9月3日)
  • Slow(2005年5月18日)
  • 今日までの私、明日からの君(2006年12月27日)
  • favorite(2008年2月6日)※カバーアルバム
  • private(2008年8月9日)※ミニアルバム
  • MUSIC(2015年8月7日)[1]
ベストアルバム
  • IZUMI〜SINGLE&MORE〜(1994年10月21日)
  • smiles&tears(1996年11月7日)
  • BEST of IZUMI-Eternity-(1998年11月18日)
  • Anthology 加藤いづみBEST(2003年4月16日)
  • IZUMI〜SINGLE&MORE II〜(2004年2月11日)
  • My little stories-加藤いづみベスト-(2014年7月21日)
ライブアルバム
  • live : "romeo" the acoustic final(2004年12月21日)
  • "slow '05" yokohama(2005年11月21日)
  • ツアー'06 〜春のゆめ〜(2006年7月10日)
  • ツアー'07〜そばにゆくよ〜(2007年10月20日)

DVD

  • Memories of History(2006年4月5日)

テレビ

CM

ラジオ

著書

松山での青春時代や、ライブハウスでの修行などを綴ったフォト&エッセイ集。
小田和正松任谷由実のツアーメンバーとしての活動を経て、レコード会社VAPへ移籍した経緯を語るエッセイ。未発表曲のCD付き。

参加作品

「いづみちゃんのピラニア」にピアニカで参加。
「翼の折れたエンジェル」、「A BOY」などにコーラスで参加。
  • Hi-Prixシングル『涙色〜好きになって、よかった〜feat.加藤いづみ』
フィーチャリング参加

関連項目

脚注

  1. ^ 加藤いづみ7年ぶり新作「MUSIC」発売、東名阪&愛媛凱旋ツアーも”. 音楽ナタリー (2015年8月7日). 2015年8月7日閲覧。

外部リンク