ピーボ・ブライソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピーボ・ブライソン
Peabo Bryson
Peabo Bryson.jpg
ピーボ・ブライソン(2000年)
基本情報
出生名 Robert L. Bryson
生誕 (1951-04-13) 1951年4月13日(71歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サウスカロライナ州グリーンヴィル
ジャンル ソフトロッククワイエット・ストームアダルト・コンテンポラリーアーバン・コンテンポラリー
職業 ミュージシャン、シンガーソングライター、音楽プロデューサー、ダンサー、作曲家
担当楽器 ボーカル、キーボード
活動期間 1965年 -

ピーボ・ブライソンPeabo Bryson1951年4月13日 - )は、アメリカソウル/R&B歌手。

ソフトロックバラッドの名手として知られており、女性歌手とのデュエットも多い。

セリーヌ・ディオンとのデュエット、ディズニーアニメ『美女と野獣』の主題歌「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」で1992年のグラミー賞を獲得、1993年には同じくディズニーアニメの『アラジン』のテーマ「ホール・ニュー・ワールド」をレジーナ・ベルと歌っており、2006年には倖田來未とも同曲を歌っている。

ソロでのヒット曲には「If Ever You're In My Arms Again」「Can You Stop the Rain」がある。

主なデュエット曲[編集]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Peabo (1976年、Bang/Bullet)
  • Reaching for the Sky (1977年、Capitol)
  • Crosswinds (1978年、Capitol)
  • 『愛あるハーモニー』 - We're the Best of Friends (1979年、Capitol) ※with ナタリー・コール
  • Paradise (1980年、Capitol)
  • 『砂の記憶』 - Turn the Hands of Time (1981年、Capitol)
  • I Am Love (1981年、Capitol)
  • Don't Play with Fire (1982年、Capitol)
  • 愛に生きて』 - Born to Love (1983年、Capitol) ※with ロバータ・フラック。旧邦題『ボーン・トゥ・ラヴ』
  • 『ストレイト・フロム・ザ・ハート』 - Straight from the Heart (1984年、Elektra)
  • 『テイク・ノー・プリズナーズ』 - Take No Prisoners (1985年、Elektra)
  • 『クワイエット・ストーム』 - Quiet Storm (1986年、Elektra)
  • 『ポジティヴ』 - Positive (1988年、Elektra)
  • 『オール・マイ・ラヴ』 - All My Love (1989年、Capitol)
  • 『雨がやんだら』 - Can You Stop the Rain (1991年、Columbia)
  • 『スルー・ザ・ファイア』 - Through the Fire (1994年、Columbia)
  • 『ピース・オン・アース』 - Peace on Earth (1997年、Private Music)
  • 『アンコンディショナル・ラヴ』 - Unconditional Love (1999年、Private Music)
  • 『ミッシング・ユー』 - Missing You (2007年、Peak)
  • 『スタンド・フォー・ラヴ』 - Stand for Love (2018年、Capitol)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ライヴ&モア』 - Live & More (1980年、Atlantic) ※with ロバータ・フラック

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Collection (1984年、Capitol)
  • 『ベスト・オブ・ピーボ・ブライソン』 - Love & Rapture:The Best Of (1991年、Columbia)
  • I'm So into You: The Passion of Peabo Bryson (1997年、Capitol)
  • 『スーパー・ヒッツ』 - Super Hits (2000年、Columbia)
  • Anthology (2001年、Capitol)
  • 『美女と野獣』 - Beauty and the Beast: The Duets (2002年、Columbia)
  • The Best of Peabo Bryson (2004年、Columbia)
  • The Very Best of Peabo Bryson (2006年、Time–Life)
  • Ballads (2013年、Capitol)

脚注[編集]

外部リンク[編集]