ピノキオ (1940年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピノキオ
Pinocchio
Pinocchio 1940.jpg
監督 ベン・シャープスティーン
ハミルトン・ラスク
脚本 テッド・シアーズ
オットー・イングランダー
ウェッブ・スミス
ウィリアム・コトレル
ジョゼフ・サボ
アードマン・ペナー
オーレリアス・バタグリア
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 ディッキー・ジョーンズ
クリフ・エドワーズ
音楽 ネッド・ワシントン
リー・ハーライン
ポール・J・スミス
主題歌 星に願いを
撮影 ボブ・ブロートン
編集 ロイド・L・リチャードソン
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1940年2月7日
日本の旗 1952年5月17日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 白雪姫
次作 ファンタジア
テンプレートを表示

ピノキオ』(原題:Pinocchio)は、1940年2月7日に公開されたディズニーによるアニメーション映画

カルロ・コッローディ作の童話『ピノッキオの冒険』を原作とする。

概要[ソースを編集]

ゼペットとピノキオ

前作『白雪姫』が大ヒットをした後、「再び同じような映画を」という依頼がウォルトに多数寄せられたが彼はそれを拒否し、前作とは異なる冒険物語である「ピノキオ」を選んだ。

しかし、原作は社会風刺小説であり、ピノキオは悪戯っ子で、子供っぽい性格がみられ、白雪姫のような華がなかったため、夢のある物語にするのは容易ではなかった。ウォルトはストーリー作りに数ヶ月も悩み、すでにアーティストたちは作業に入っていたにもかかわらず制作を一時中断する。その間にピノキオは無邪気な性格に変更され、さらに原作ではピノキオにハンマーをぶつけられすぐに死んでしまうコオロギをピノキオの良心、そしてストーリーテラーとしての役割も持つ重要なキャラクター、ジミニー・クリケットとして登場させる事になった。制作が再開された後も熟考を重ね、2年の歳月を経てついにテンポのよい夢と希望にあふれた冒険物語が完成した。

前作『白雪姫』のように莫大な制作費を掛けたが公開当時は『ファンタジア』同様にヒットに至らず会社は大赤字になり、更にディズニー社の労働条件の劣悪さからくる大規模な労働争議も相まって、会社の株式が1株25ドルから4ドルに大暴落し、経営危機にさらされウォルトは大ピンチに陥った。しかし劇中でジミニー・クリケットが歌った『星に願いを(When You Wish Upon a Star)』は第13回アカデミー賞歌曲賞を受賞し、アメリカ映画協会による、「映画史における偉大な歌100選」でも第7位に入るなど、古典アニメーションの傑作として今日も愛され続けている。日本でのセルビデオ出荷本数は100万本[1]

原作とは異なる場面が多い。ゼペットとピノキオを呑みこむのが巨大なサメ(フカ)ではなく鯨であることや、ものをいうコオロギが洒落ていない、ブルー・フェアリー(仙女)の性格だけでなく、原作がかなり残酷でするどい皮肉に満ちていることなどがあげられる[2]

(世界各国の公開年については、シンプル英文版「Pinocchio (1940 movie)」も参照)

ストーリー[ソースを編集]

おもちゃ職人のゼペットが作ったあやつり人形のピノキオ。子供のいないゼペットはピノキオが「自分の子供になりますように」とに願いをかける。すると皆が寝静まった頃、ブルー・フェアリーが現れてピノキオに生命を授けると、一部始終を見ていたコオロギのジミニー・クリケットを良心役に任命し「勇気を持って正直で優しい性格になれば人間になれる」と言い残し去った。

騒音で目覚めたゼペットは生命を授かったピノキオを見て大喜びし、翌日ピノキオを学校へ送り出すが、世間知らずのピノキオは詐欺師ののJ・ワシントン・ファウルフェローと、その子分で猫のギデオンの「スターの暮らし」の甘言に乗せられ、きちんと断るようにというジミニーの忠告も聞かずストロンボリ一座に売り飛ばされる。糸の無い人形ということで一座のスターになったが、何も知らないピノキオが家に帰ろうとした途端、怒ったストロンボリによって鳥籠に閉じ込められてしまった。そこへ最後の別れを告げに来たジミニーと再会し、自分が騙されていたことに気づいて脱出を試みるも、錠前が錆び付いていてまったく開かず困り果てる。そこへブルー・フェアリーが現れてピノキオを問いただすが、ジミニーに本当のことを言うように忠告されるも嘘をついたピノキオの鼻は伸びはじめてしまう。嘘をついたことを反省したピノキオと、彼にチャンスを与えて欲しいとジミニーの説得もあり、ブルー・フェアリーの手助けでピノキオはストロンボリ一座を逃げ出して家に帰ろうとする。

しかし、家に帰る途中で再びファウルフェローとギデオンに呼び止められ、今度は、遊びの島「プレジャー・アイランド」へ行こうと誘われ[3]、拉致同然に連れて行かれたピノキオは馬車に乗り、島へ向かう。そこではどんな悪いことでも許される島で、ピノキオはそこで過ごすうちに悪いことは楽しいと認識してしまい、二度にわたって言いつけを忘れてしまう。さらに散々心配したのに自分を侮辱した悪童ランプウィックを庇った挙げ句、彼を「親友」と呼ぶピノキオにとうとう愛想が尽きたジミニーは怒って帰ろうとした矢先、プレジャー・アイランドにいる子供達がロバになっていき、最後には町に売り飛ばされることを知り、大慌てでピノキオの救出に向かった。その頃ランプウィックが目の前でロバになってしまい、自身にもロバの耳としっぽが生えて来たため混乱したピノキオは、戻ってきたジミニーと共にプレジャー・アイランドを脱出し、家へと帰っていった。

ところが家に帰ると明かりがついておらず、ゼペットはおろかフィガロ金魚のクレオもいなくなっていた。二人が途方にくれていると、どこからか一枚の手紙が落ちてくる[4]。ジミニーが手紙を読み上げると、そこには驚くべき事が書かれていた。いつまで経っても帰って来ないピノキオを心配して探しに行ったゼペットが、船で海へ出かけた矢先クジラの王様・モンストロに飲み込まれてしまっていたのだ。ピノキオとジミニーはゼペットを救出しようと尻尾に石を縛り付けて海に飛び込むもモンストロに飲み込まれ、腹の中で再会を果たす。ピノキオにロバの耳や尻尾が生えていたことに驚くゼペットだが、何も言わずに優しく抱いた。船にあったイカダを見たピノキオは知恵と勇気で腹の中で焚き火を起こし、ゼペットといっしょにモンストロの腹の中から脱出することに成功するが、怒ったモンストロに追いかけられることになる。ピノキオは、モンストロからゼペットをかばって岩にぶつかり死んでしまう。

動かなくなったピノキオを前に、ゼペットとジミニー達は悲しみにくれる。そこへブルー・フェアリーが現れてピノキオの行動を讃えると、本当の人間の子にする。ピノキオは目を覚ましてゼペットと喜びを分かち合う。その隙にジミニーが外へ出て礼を言うと、胸元に良心の証である金色バッジが現れ、ジミニーは感激した。

キャラクター[ソースを編集]

ピノキオ(Pinocchio)
本作の主人公。ゼペットが作ったあやつり人形の男の子。ブルー・フェアリーによって命を与えられて様々な冒険をする。純粋で無邪気だが好奇心旺盛な上に人形のため世間知らずで人を疑うことと善悪の大切さを知らない。楽しい事が好きで、ファウルフェローたちに騙されて結果的にゼペットを裏切ってしまう。しかし、ジミニーの救いやフェアリーの教えを受けながらあらゆる経験を積み成長していく。ゼペットを「お父さん」と呼び慕っている。モンストロからゼペットをかばって死ぬが、本当の正しく優しい子になったため、ブルーフェアリーの力で人間となって生き返る。
ジミニー・クリケット(Jiminy Cricket)
ゼペットの家にもぐりこんだ貧乏コオロギ。本作のストーリーテラーも務める。タキシード風の上着シルクハットを持った紳士風の出で立ち。文字や遠くを見る時は黒縁の鼻メガネをかけている。
真面目な性格を買われてブルー・フェアリーの命で服を綺麗にしてもらい、ピノキオの良心になる。たびたび忠告や約束をすぐに忘れるピノキオに苛立ちながらも、彼の身に何かあるとすぐ助けに来たり励ますなどピノキオの親代わりとして面倒を見ている。一方でピノキオが学校に行く日に遅刻してしまったり、ファウルフェローの歌をパレードと思い踊り出したり、人形のダンスに見とれるなど一面もある。ピノキオが人間になった後、手柄が認められて褒美のバッジをもらった。ディズニー映画にもよくちょい役で登場する。歌と口笛が上手で、主題歌の『星に願いを』はジミニーが歌っている。
ゼペット(Mister Geppetto)
ピノキオの生みの親で人形職人でもある心優しいおもちゃ屋の主人。おもちゃの他にもからくり時計やオルゴールなども作っている。眼鏡をかけて口ひげをはやしている。ピノキオを人間の子供と同じように学校へ通わせる。登校初日に綺麗な服を着せて、リンゴを渡して教師にあげるようアドバイスしたが、登校途中でピノキオはファウルフェローに騙されて帰って来なくなり、雨の夜でもピノキオを捜し廻った。ついには旅に出てピノキオを捜すが船ごとクジラに飲み込まれてしまう。クジラの胃の中で生活しており、クジラが食べる魚を釣って飢えを凌いでいた。クジラの胃の中でピノキオに再会するも脱出の時、イカダをモンストロに壊され、溺れそうになっている自分を助けたピノキオが事故で死亡し、ショックを受けるもブルー・フェアリーにより人間として生き返ったこと知り、喜んだ。なお、ジミニーの存在は最後まで知ることはなく会話するシーンはない[5]が『ハウス・オブ・マウス』ではピノキオと同じ席で彼と顔合わせしており、『キングダムハーツ』シリーズでは顔見知りのようで彼と会話するシーンがある。
ブルー・フェアリー(The Blue Fairy)
ゼペットの願いでピノキオに命を吹き込む金髪の妖精。 普段は優しいが、ピノキオのウソを決して見逃さない厳しくて鋭い一面もあった。エピローグではピノキオとジミニーの奮闘を認め、ピノキオを人間に変え、ジミニーには最も名誉ある金バッジを授けた。
J・ワシントン・ファウルフェロー ("Honest" John Worthington Foulfellow)
キツネの詐欺師で、ピノキオを騙してストロンボリやコーチマンの元に届ける。ボロボロだがスーツやマント、ハットを着用しており、葉巻を吸う。作中では正直ジョン(オネスト・ジョン、旧吹き替え版では正直者のジョン)と名乗るが実際とは逆で嘘吐きである。
ギデオン(Gideon)
ファウルフェローの相棒のネコ。かなりのドジ。ファウルフェローより小さく子供のようだが、葉巻を吸ったりビールを飲んでいる。しかし酒は弱いようで飲むとしゃっくりが止まらない。台詞はないが、しゃっくりの音をメル・ブランクが担当している。
ランプウィック(Lampwick)
怠け者の悪童。島の遊園地でピノキオと仲良くなり、悪いことは楽しいと彼に教えるが、彼がロバに変わっていく様を見てピノキオは自分の過ちに気づく。旧吹き替え版ではランピーと呼ばれる。
ストロンボリ(Stromboli)
人形一座の親方。太っており、ラテン系。頭は禿げており、もみあげと長く黒い髪が特徴的。よく歌を歌ったり、踊ったりと陽気である。糸なしで動く人形のピノキオを使って世界中を回り儲けようとするが、ピノキオがゼペットの家に帰ろうとすることに怒って、ピノキオを鳥かごに閉じ込める。人形に愛情がなく、をこき使う。その後、を歌うのに夢中で、ピノキオたちが逃亡したことを知らなかった。
コーチマン(The Coachman)
馬車屋。身なりは良いがいつも怖い顔をしている。怠け者の子供たちに甘い言葉で巧みに騙し島の遊園地に連れて行って、ロバにしてひと儲けする悪徳業者[6]。作中では馬車屋と呼ばれる。ロバになる原理は不明。
フィガロ(Figaro)
ゼペットの飼い猫。黒猫だが手と足は靴下を履いたように白く、顔とお腹と尻尾の先も白い。まだ完全に大人ではなく、体が小さくイタズラ好きで小生意気な部分がある。クレオのアプローチに嫌々な態度を取るが彼女を食べようとはせず、ガラス越しで軽く舐めて彼女を喜ばしたり、ピノキオが人間として生き返った時は金魚鉢に飛び込んで彼女にキスするなど嫌っている様子はない。ピノキオの作品外でミニーマウスの飼い猫になっている事もある。
クレオ(Cleo)
ゼペットの飼っている金魚。フィガロに好意的で彼にキスして貰うと喜びを現す。体は小さいが年はクレオの方が上らしく、ゼペットが出かけた隙に夕食をつまみ食いしようとしたフィガロをたしなめている。
モンストロ(Monstro)
クジラの王様。ピノキオを探すゼペットの船をも呑み込む程の大きさである。ピノキオを呑み込んだ後に腹中で焚き火をされ、煙に耐えかね彼らを吐き出す。怒って彼らを追い回すが、岸壁の狭い洞窟に逃げ込まれ、自分は入れず激突し、生死不明となった。その体躯はディズニー製作の長編アニメ映画での登場キャラクターでは最大だが、アニメ短編映画作品の『ミッキーの捕鯨船』に登場した鯨は、それ以上の体躯。

声の出演[ソースを編集]

キャラクター名 原語版声優 日本語吹き替え
1959年公開版 1983年公開版
BVHE版追加部分)
ポニーバンダイ
ピノキオ ディッキー・ジョーンズ 佐々木清和
歌:宮下匡司
初沢亜利
辻治樹
後藤真寿美
アレキサンダー 不明 宮川陽介 下川久美子
ジミニー・クリケット クリフ・エドワーズ 坊屋三郎
歌:宮本正
肝付兼太
歌:田村しげる
江原正士
ゼペット クリスチャン・ラブ 三津田健 熊倉一雄 内田稔
ブルー・フェアリー イヴリン・ヴェナブル 松田トシ 一城みゆ希 小沢寿美恵
J・ワシントン・ファウルフェロー ウォルター・キャトレット 三升家小勝 山田康雄 関時男
ランプウィック フランキー・ダーロ 畑爽 新井昌和
内田崇吉
牛山茂
ストロンボリ チャールズ・ジューデルス 中村哲 大塚周夫 遠藤征慈
コーチマン 古今亭今輔 辻村真人 金尾哲夫
フィガロ メル・ブランク[7] 原語版流用
ギデオン
モンストロ サール・レイブンズクロフト
カモメ ジム・マクドナルド
その他 声の出演
(1959年版)
オランダ娘 … 和田京子
フランス娘 … 富沢志満
ロシヤ娘 … 依田緑
  • 1959年版による公開:1959年 (大映)、1972年 (ブエナ・ビスタ)
※この日本語版は「白雪姫」(1958年)と同時に録音されている[8]
  • 1983年版による公開:1983年 (東宝)
1993年頃にWOWOWで公開当時の吹き替えで放送されている。
  • ポニーバンダイ版は、1984年にVHS・レーザーディスク(SF088-1051)を販売、またバンダイ版でのTHE CLASSICSでは、二か国語版で聴くことができる。
  • ブエナ・ビスタ版は、1983年再公開版に一部追録、声優を変更して1995年に販売。

スタッフ[ソースを編集]

映像制作[ソースを編集]

製作 ウォルト・ディズニー
原作 カルロ・コッローディ
脚本 テッド・シアーズオットー・イングランダーウェッブ・スミスウィリアム・コトレルジョゼフ・サボアードマン・ペナーオーレリアス・バタグリア
音楽 ネッド・ワシントンリー・ハーラインポール・J・スミス
キャラクター・デザイン ジョー・グラントアルバート・ハータージョン・P・ミラーキャンベル・グラントマーティン・プロヴェンセンジョン・ウォルブリッジ
イメージボード ドン・クリステンセン
作画監督 フランク・トーマスミルト・カールアート・バビットウォード・キンボールエリック・ラーソンフレッド・ムーアビル・ティトラウォルフガング・ライザーマン
レイアウトチャック チャールズ・フィリッピヒュー・ヘネシーケンドール・オコーナーテレル・スタップソー・パットナムマクラーレン・スチュワートアル・ジンネンブルース・ブッシュマンアーサー・ハイネマンチャールズ・ペイザント
原画 レス・クラークチャールズ・オーガスト・ニコルズジャック・キャンベルバーニー・ウルフドン・ダグラディドン・ラスクノーマン・テイトジョン・ブラッドベリーリン・カープアート・パーマー
ジョシュア・メダードン・トービンロバート・マーシュジョージ・ローリージョン・マクマナスドン・パターソンプレストン・ブレアマーヴィン・ウッドワードヒュー・フレイザージョン・エリオット
ウォルト・ケリーケン・オブライエン
オリー・ジョンストンジョン・ラウンズベリー
美術監督 ケン・アンダーソンディック・ケルシージョン・ハブリー
背景 クロード・コーツマール・コックスエド・スターレイ・ハッファイン
仕上 マーセリット・ガーナー
撮影 ボブ・ブロートン
録音 ウィリアム・E・ギャリティ
音響効果 ジム・マクドナルド
編集 ロイド・L・リチャードソン
助監督 フォード・ビービルー・デブニージム・ハンドレグラハム・ヘイドマイク・ホロボッフラリー・ランズバーグ
キャラクター彫刻制作 ワウ・チャン
コンセプトデザイン グスタフ・テングレン
J・ワシントン・ファウルフェロー、ギデオン担当演出 ノーム・ファーガソンT・ヒー
演出 ビル・ロバーツジャック・キニーウィルフレッド・ジャクソン
監督 ベン・シャープスティーンハミルトン・ラスク
彩色プロセス テクニカラー
録音プロセス RCA
制作 ウォルト・ディズニー・プロダクション
配給 RKO

日本語版制作[ソースを編集]

≪1959年版≫

総指揮 ジャック・カッティング
台本 田村幸彦
訳詞・音楽監督 三木鶏郎
編集 上田忠雄
録音 国際ラジオセンター
コーラス ダーク・ダックス
リズム・シスターズ

≪1983年版≫

総指揮 ブレーク・トッド
翻訳・演出 金田文夫
訳詞 島村葉二
協力 テアトル・エコー
音楽協力 コロムビア・レコード
録音 東亜映像録音株式会社
コーラス ミュージック・クリエイション

キャラクターとしてのピノキオ[ソースを編集]

原作におけるピノキオ(ピノッキオ)に関しては『ピノッキオの冒険』参照。

テレビでの放送[ソースを編集]

出演作品[ソースを編集]

挿入歌[ソースを編集]

  • 星に願いを(When You Wish Upon a Star)
  • リトル・ウッドゥン・ヘッド(Little Wooden Head)
  • 困ったときには口笛を(Give a little Whistle)
  • ハイ・ディドゥル・ディー・ディー(Hi-Diddle-Dee-Dee)
  • もう糸はいらない(I've Got No Strings)

2003年6月6日発売の『ピノキオ -スペシャル・エディション-』DVDのPRソングとして『星に願いを』を矢沢永吉がカバーしたものが使用された。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 日経BP社技術研究部 『進化するアニメ・ビジネス―世界に羽ばたく日本のアニメとキャラクター』日経BP社、2000年、42頁。ISBN 4822225542
  2. ^ 大岡玲(『新訳・ピノッキオの冒険』角川文庫 2003年)訳者あとがきによる。
  3. ^ 理由はファウル曰く「君は病気だから遊園地に行って元気になるといい」とのこと。このときピノキオは家に帰ろうとするが強引に乗せられた。
  4. ^ この時、手紙を落とした小鳥が星から現れた事と、ブルー・フェアリーが登場するシーンと同じBGMが使われている事から、手紙がブルー・フェアリーによって送られたものだと分かる。
  5. ^ 一応、「良心」の存在はピノキオから聞かされている。
  6. ^ 売り飛ばす際に、「お前の名前は?」と質問し、ロバの鳴き声がするかどうかで決めている。
  7. ^ フィガロは鳴き声、ギデオンはしゃっくりの音のみ。
  8. ^ 1959年公開時の映画パンフレット

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]