坂道シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂道シリーズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2015年[注 1] -
レーベル N46Div.
Sony Records
事務所 乃木坂46合同会社
Seed & Flower合同会社
吉本興業グループ
共同作業者 乃木坂46
欅坂46
吉本坂46
日向坂46(旧名義・けやき坂46
Sony Music Entertainment
秋元康

坂道シリーズ(さかみちシリーズ)とは、秋元康がプロデュースする乃木坂46欅坂46吉本坂46日向坂46ら一連のアイドルグループおよび各プロジェクトの総称である[2][3][4][1][5]

メディア等では「坂道グループ」とも称されるが[6][7][8][9][10]、版元・運営元であるソニー・ミュージックによる公式サイト・公式リリース等は「坂道シリーズ」と称している[11][12][13][14]

概要[編集]

2011年にAKB48の公式ライバルとして結成された同じ秋元康プロデュースによる乃木坂46[15]、デビュー後、AKB48とは一線を画して活動してきたが、2015年に「乃木坂46 新プロジェクト」として結成された新グループ・欅坂46[注 2]を「坂道シリーズ第2弾」と称し[1]、それ以降、続く吉本坂46も「坂道シリーズ第3弾」と称するなど[14]、各グループを合わせて坂道シリーズと総称するようになった。

AKB48の公式ライバルとして結成された乃木坂46は、そのAKB48との差別化を図り[16]、更に坂道シリーズ第2弾として結成された欅坂46は、AKB48グループや乃木坂46とも異なる作品性を提示している[17]。その他に、専用劇場を持たずに冠テレビ番組などが活動のベースになっている点が、AKB48グループと異なる坂道シリーズの特徴として挙げられる[18]

選抜・兼任などグループ間での人事交流があるAKB48グループに対し、坂道シリーズは、「坂道AKB」などAKB48グループ側の特別ユニットへの参加・選抜を除けば、グループ間の選抜や兼任がなく[16]、「AKB48選抜総選挙」への坂道シリーズの参加や坂道シリーズとして類似のイベントの開催も(後述の生駒里奈の例外を除けば)していない[19]。2018年秋に乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の3グループ初共演舞台「ザンビ」が開催された[20]。2014年から2015年にかけて交換留学生として、乃木坂46の生駒里奈のAKB48チームBとの兼任およびSKE48チームEの松井玲奈の乃木坂46との兼任が実施されたが[21]、その発表された当初、ファンが反対署名を行うなどし[22][23]、公式ライバルとしてのコンセプトが問われた[24]。2013年以降「ドラフト会議」として合同オーディションを行なっているAKB48グループと同様、坂道シリーズも2018年夏に乃木坂46・欅坂46・けやき坂46の合同オーディションを開催した[25]。その合格者39名の内21名は、乃木坂46の4期生(11名)・欅坂46の2期生(9名)・けやき坂46の3期生(1名)として配属された一方、いずれにも配属されなかった残りの合格者は、「坂道研修生」として引き続きレッスンを受けている[26]

AKB48グループと同様に坂道シリーズでも、表題曲の選抜に選ばれなかったメンバー(アンダー)も各シングルのカップリング曲を担当している(欅坂46のアンダーという位置付けだった「ひらがなけやき」こと「けやき坂46」[27][28][29][30][31]も同様)が、乃木坂46のアンダーが独自の全国ライブツアーを行ったり、けやき坂46(ひらがなけやき)が2018年1月・12月の2回に渡って日本武道館での単独ライブをそれぞれ3日連続で行ったり、乃木坂46アンダー・けやき坂46が共に独自のアルバムCDを発表したり、とAKB48グループのアンダーに前例のない活動を展開している[32][33]。特に、けやき坂46は、当初、欅坂46のアンダーという位置付けで発足した[27][28][29][30][31]、徐々に人気を獲得し、2019年に日向坂46と改名して欅坂46から分離・独立し、単独シングルCDデビューすることとなった[34]

また、秋元康の他に(吉本坂46を除く)坂道シリーズを繋ぐ人物として、メディアによって「乃木坂46合同会社および欅坂46とけやき坂46が所属するSeed & Flower合同会社の代表」[35]、(日向坂46の)「今野運営委員長」[36]、「乃木坂46運営委員会委員長」[37]、「ソニーミュージックエンターテインメント・ジェネラルマネージャー」[38]、「乃木坂46合同会社代表・欅坂46運営委員会委員長」[39]、「乃木坂46・欅坂46の運営委員長」[40]、「欅坂46運営委員会委員長」[41]「日向坂46運営委員会委員長」[42]等の肩書で紹介され、各グループの運営を代表して記者会見などに登場する、今野義雄が挙げられる。

シリーズを構成するグループ[編集]

2019年9月7日現在

グループ 活動開始日 CDデビュー日 グループ
カラー
メンバー数 備考
乃木坂46 2011年8月21日[43] 2012年2月22日[44]     43
欅坂46 2015年8月21日[45] 2016年4月6日[46]     26 けやき坂46(現日向坂46)と区別するため、「漢字欅」と通称された。
吉本坂46 2018年8月20日[47] 2018年12月26日     45
日向坂46 2015年11月30日[48] 2019年3月27日[注 3]     空色[51] 20 欅坂46の下部組織(アンダーグループ)である「けやき坂46(ひらがなけやき)」として発足[48]。2019年2月11日をもって現名称に改名し[51][注 4]、単独のグループとなった[53]。けやき坂46時代のグループカラーは   黄緑[51]

坂道合同オーディション[編集]

2018年6月1日、乃木坂46・欅坂46・けやき坂46の「坂道シリーズ3グループ合同オーディション」が開始された[54]

  • 応募資格:2018年7月9日時点で満12歳から満20歳で、合格後速やかに上京・在住でき、株式会社ソニー・ミュージックレーベルズと専属契約を交わすことに支障のない女性。2018年7月9日締切[55]
  • 応募総数:12万9182人[56]
  • 一次審査:書類選考[55]
  • 二次審査:カメラテスト(2018年7月14日・15日:東京 / 7月16日:札幌・仙台 / 7月21日:福岡・金沢 / 7月22日:鹿児島・新潟 / 7月23日:沖縄・静岡 / 7月27日・28日:大阪 / 7月29日:名古屋・香川)[55]
    • LINE応募に限った再応募の実施
      • システムエラーが生じたため、LINE応募者のみを対象に再応募を実施した。
      • LINE再応募期間:2018年7月23日正午 - 7月25日正午
      • LINE再応募に伴う二次審査:カメラテスト(2018年8月4日:東京・静岡・名古屋・仙台・金沢・沖縄 / 8月5日:大阪・札幌・福岡・鹿児島・新潟・香川)[57]
  • 三次審査:面談(2018年8月11日:東京都内某所)[55]
  • 最終審査:実技(2018年8月19日:東京都内某所)[56]
  • 最終合格者:三次審査を通過した82名の候補者が自己アピールや歌唱審査、質疑応答などに臨み、倍率3400倍中[56]、39名が合格[26][注 5]

2018年11月29日に合格者の配属先(乃木坂46の4期生に11名・欅坂46の2期生に9名・けやき坂46の3期生に1名)が明らかになり、翌11月30日から順次メンバー名など詳細が各グループの公式サイトで発表されたのを受け、12月3日に乃木坂46が、12月10日に欅坂46・けやき坂46が合同で、それぞれ日本武道館で「お見立て会」を開催し、新加入メンバーがファンの前で披露された[26]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「坂道シリーズ」という名称の初出は、「坂道シリーズ第2弾」と銘打たれた欅坂46の募集時(募集時の名称・鳥居坂46)[1]なので、「坂道シリーズ」を称しての活動、という意味で2015年である(ただし「坂道シリーズ」の原点である乃木坂46は2011年から活動している)。
  2. ^ 募集に際して「鳥居坂46」の名称で募集されたが、1期メンバー発表・結成の2015年8月21日の記者会見で「欅坂46」への改名が発表された。
  3. ^ 日向坂46のデビューシングル「キュン」のリリース日。けやき坂46としては2018年6月20日に初のアルバム『走り出す瞬間』をリリースしているが、シングルCDはリリースしていない[49][50]
  4. ^ 2019年2月11日をもって「日向坂46」へ改名したが、けやき坂46最後かつ日向坂46最初を兼ねたライブとして2019年3月6日に『日向坂46 デビューカウントダウンライブ!!』を行った[52]
  5. ^ 当初は38名と発表されたが[56]、39名に訂正と発表。

出典[編集]

  1. ^ a b c “乃木坂46、新グループは“鳥居坂” 坂道シリーズ第2弾1期生募集開始”. ORICON NEWS (オリコン). (2015年6月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2055057/ 2019年1月19日閲覧。 
  2. ^ “「日向坂46」電撃改名にメンバー大興奮 齊藤京子は夢実現で「命賭けて頑張る」”. Oricon News. (2019年2月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2129329/full/ 2019年2月15日閲覧。 
  3. ^ “無難な選考だった『吉本坂46』 秋元康プロデュースのイチかバチかはあるか?”. AERA dot. (2018年8月25日). https://dot.asahi.com/dot/2018082400031.html 2019年2月15日閲覧。 
  4. ^ “「今ならセンター空いてます!」秋元康が認めたAKB48公式ライバル“乃木坂46” 結成メンバーをオーディション”. Oricon News. (2011年6月29日). https://www.oricon.co.jp/news/89342/full/ 2019年2月15日閲覧。 
  5. ^ “「日向坂46」吉本坂46とは”. Oricon News. http://yoshimotozaka46.com/about/ 2019年2月15日閲覧。 
  6. ^ “おじさんもアイドルに 秋元康プロデュース「吉本坂46」”. 産経新聞 (産経新聞社). (2019年1月8日). https://www.sankei.com/entertainments/news/190108/ent1901080006-n1.html 2019年1月11日閲覧。 
  7. ^ “坂道グループ、大混乱の「合同オーディション」 新メンバー加入イベントまで“興行”になる人気ぶり”. リアルライブ (株式会社アンカード). (2018年12月11日). https://npn.co.jp/article/detail/19131729/ 2019年1月25日閲覧。 
  8. ^ “長濱ねる写真集が11度目の重版 卒業発表受けて購入相次ぐ”. ORICON NEWS (オリコン). (2019年4月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2133105/full/ 2019年4月7日閲覧。 
  9. ^ “『坂道テレビ』に吉岡里帆、中村勘九郎、井上芳雄ら出演 「黒い羊」パフォーマンス写真も公開”. リアルサウンド (blueprint). (2019年3月19日). https://realsound.jp/2019/03/post-335509.html 2019年4月7日閲覧。 
  10. ^ 乃木坂46新内眞衣、後輩や欅坂46メンバーと念願の“鍋パーティー”を開催!”. allnightnippon.com (2018年12月26日). 2019年4月7日閲覧。
  11. ^ プロフィール 欅坂46 ソニーミュージック オフィシャルサイト”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年5月29日閲覧。
  12. ^ 欅坂46 センター平手友梨奈が叫ぶ!「世界には愛しかない」MVが公開に|ソニーミュージック オフィシャルサイト”. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2016年7月13日). 2019年5月29日閲覧。
  13. ^ 乃木坂46-欅坂46-けやき坂46 坂道合同新規メンバー募集オーディションの第二弾CMが完成|ソニーミュージック オフィシャルサイト”. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2018年6月25日). 2019年5月29日閲覧。
  14. ^ a b ディスコグラフィ 吉本坂46 ソニーミュージック オフィシャルサイト”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年5月29日閲覧。
  15. ^ 斉藤貴志 (2014年5月29日). “乃木坂46という美しい世界(2/5)”. Deview. oricon ME. 2016年11月29日閲覧。
  16. ^ a b 秋元康 (2016年10月12日). 西廣智一: “秋元康が明かす 欅坂46と乃木坂46が向かう先”. NIKKEI STYLE. 日経BP. 2016年11月29日閲覧。
  17. ^ 香月孝史 (2018年2月7日). “欅坂46の躍進と反響から考える、アイドルという「総合芸術」の可能性”. リアルサウンド. blueprint. 2018年3月7日閲覧。
  18. ^ 斉藤貴志 (2014年7月19日). “AKB48姉妹グループ超え!?乃木坂46の躍進と人気の理由”. ORICON STYLE (oricon ME). https://www.oricon.co.jp/news/2039975/full/ 2017年10月29日閲覧。 
  19. ^ “秋元康が坂道グループの総選挙実施について言及。「同じことはたぶん…」”. E-TALENTBANK (イータレントバンク). (2017年6月15日). https://e-talentbank.co.jp/news/37330/ 2017年10月10日閲覧。 
  20. ^ “坂道3グループ初共演舞台『ザンビ』 ビジュアル&コメント到着 菅井友香「この舞台で大きく変われたら」”. ORICON NEWS. (2018年11月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2122941/full/ 2019年6月1日閲覧。 
  21. ^ 【AKB組閣】松井玲奈&生駒里奈が“交換留学生”に”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年2月24日) 2014年2月24日閲覧。
  22. ^ SKE・松井玲奈&乃木坂・生駒里奈の兼任で波紋……ファンが反対署名を開始”. RBB TODAY (イード). (2014年2月27日) 2014年2月27日閲覧。
  23. ^ 乃木坂46、丸山健志 「DISC1 (本編) 1:08:45 - 1:09:15」『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』スペシャル・エディション、東宝、2015年11月18日、Blu-ray。TBR-25431D。ASIN B0156IYSIU
  24. ^ 香月孝史 (2016年7月26日). “乃木坂46が求めた「コンセプト」 - 乃木坂46論 第7回 (1/2)”. BLOGOS. LINE. 2016年7月26日閲覧。
  25. ^ “乃木坂、欅坂、妹分のけやき坂が合同オーディション”. 日刊スポーツ. (2018年3月10日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803090000768.html 2018年3月10日閲覧。 
  26. ^ a b c “坂道合同オーディション合格者の配属先決定、12月には武道館でお見立て会”. ナタリー (ナターシャ). (2018年11月29日). https://natalie.mu/music/news/309972 2018年11月29日閲覧。 
  27. ^ a b “欅坂46のアンダーグループ、けやき坂46の合格者発表邦楽・K-POP”. HMV&BOOKS online. (2016年5月11日). https://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1605111022/ 2019年6月1日閲覧。 
  28. ^ a b “欅坂46のアンダーグループ、けやき坂46(ひらがなけやき)の合格者11名が発表|E-TALENTBANK co.,ltd.”. E-TALENTBANK. (2016年5月12日). https://e-talentbank.co.jp/news/14748/ 2019年6月1日閲覧。 
  29. ^ a b “けやき坂46、2017年の躍進と成長 “アンダーグループ扱い”からの脱却を読む - Real Sound|リアルサウンド”. Real Sound. (2017年12月21日). https://realsound.jp/2017/12/post-141442.html 2019年6月1日閲覧。 
  30. ^ a b “日向坂46“欅坂46のアンダー”からの卒業をめぐる「整合性」と「個性」の問題|日刊サイゾー”. 日刊サイゾー. (2019年2月14日). https://www.cyzo.com/2019/02/post_193135_entry.html 2019年6月1日閲覧。 
  31. ^ a b “日向坂46はどこまで高く跳ぶのか? 驚きの改名発表と新たなスタートに寄せて (2019-03-04) 邦楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)”. rockinon.com. (2019年3月4日). https://rockinon.com/news/detail/184414 2019年6月1日閲覧。 
  32. ^ 『乃木坂46 Merry Xmas Show 2016』選抜単独公演&アンダー単独公演レポート2016年12月28日(楽天ブックス)
  33. ^ けやき坂46 武道館3days完走、単独アルバムリリースもサプライズ決定2018年2月2日(Musicman-net)
  34. ^ けやき坂46が「日向坂(ひなたざか)46」に電撃改名」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年2月11日。2019年2月13日閲覧。
  35. ^ “乃木坂46 桜井玲香、日向坂46に“改名”したけやき坂46を祝福「頑張っていたのを知っていたのでうれしい」|Real Sound|リアルサウンド テック”. Real Sound (blueprint). (2019年2月14日). https://realsound.jp/tech/2019/02/post-318679.html 2019年5月30日閲覧。 
  36. ^ “ひらがなけやき「日向坂46」誕生の瞬間!! 会見の様子を全部載せ! B.L.T.web - Part 5”. B.L.T (東京ニュース通信社). (2019年2月12日). https://bltweb.jp/2019/02/12/hinatazaka46_happybirthday_newhiraganakeyaki/5/ 2019年5月30日閲覧。 
  37. ^ “乃木坂46、結成7年で育んだグループの基調 アート展からクリエイティブの重要性を紐解く - Real Sound|リアルサウンド”. Real Sound (blueprint). (2019年1月21日). https://realsound.jp/2019/01/post-307981.html 2019年5月30日閲覧。 
  38. ^ “「ザンビ」第4弾は再び乃木坂46・欅坂46・けやき坂46共演による舞台に 梅澤美波司会の発表特番を振り返る|Real Sound|リアルサウンド テック”. Real Sound (blueprint). (2018年12月30日). https://realsound.jp/tech/2018/12/post-300760.html 2019年5月30日閲覧。 
  39. ^ “乃木坂46久保史緒里&梅澤美波、欅坂46菅井友香&守屋茜、けやき坂46柿崎芽実&加藤史帆が舞台『ザンビ』追加キャストに|Real Sound|リアルサウンド テック”. Real Sound (blueprint). (2018年9月30日). https://realsound.jp/tech/2018/09/post-257487.html 2019年5月30日閲覧。 
  40. ^ “今野義雄さんって誰?乃木坂46・欅坂46大人気の立役者を紹介! トレタメ 共感するエンタメ情報サイト”. トレタメ (LJ). (2018年3月6日). https://toretame.jp/nogizaka-46-%c2%b7-keyakizaka46-who-is-yoshio-kono-a-popular-actor.html 2019年5月30日閲覧。 
  41. ^ クイック・ジャパンvol.135 クイック・ジャパン - QuickJapan”. クイック・ジャパン (2016年7月13日). 2019年5月30日閲覧。
  42. ^ “日向坂46、改名&デビュー 曲ごとに異なる色見せる”. 日経エンタテインメント! (日本経済新聞社). (2019年6月3日). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO44929870X10C19A5000000/ 2019年8月26日閲覧。 
  43. ^ “AKB48の公式ライバル、乃木坂46のメンバー決定! 元ももクロ柏らも参加”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2011年8月22日) 2013年4月12日閲覧。
  44. ^ 乃木坂46「会いたかったかもしれない」PVに本家メンバー”. ナタリー (ナターシャ). (2012年2月8日) 2012年2月8日閲覧。
  45. ^ “「鳥居坂46」改め「欅坂46」誕生、1期生22名が決定”. ナタリー (ナターシャ). (2015年8月21日). http://natalie.mu/music/news/157793 2015年8月21日閲覧。 
  46. ^ “欅坂46、デビューシングル発表 握手会開催も決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年2月6日). http://mdpr.jp/music/detail/1562663 2016年2月6日閲覧。 
  47. ^ 吉本坂46正式メンバー46人発表 暫定センターはトレエン斎藤とスパイク小川 元NMB48も2人選出”. オリコン (2018年8月20日). 2018年8月20日閲覧。
  48. ^ a b “欅坂46に新メンバー・長濱ねるが加入 「けやき坂46」オーディション開催も発表”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年11月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2063058/full/ 2015年11月30日閲覧。 
  49. ^ けやき坂46(日向坂46)(けやき坂46)”. Sony Music. ソニー・ミュージックエンターテインメント. 2016年3月30日閲覧。
  50. ^ けやき坂46が「日向坂(ひなたざか)46」に電撃改名”. nikkansports.com (2019年2月11日). 2019年2月11日閲覧。
  51. ^ a b c “けやき坂46、「日向坂(ひなたざか)46」に改名をサプライズ発表 メンバーは歓喜”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年2月11日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190211-OHT1T50125.html 2010年2月22日閲覧。 
  52. ^ 日向坂46、ひらがなけやきラストライブ&日向坂デビューライブで見つけた“空色の可能性””. Real Sound. blueprint (2019年3月7日). 2016年3月10日閲覧。
  53. ^ けやき坂46が「日向坂(ひなたざか)46」に電撃改名」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年2月11日。2019年2月13日閲覧。
  54. ^ “乃木坂46×欅坂46×けやき坂46“坂道合同”新メンバー募集開始”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年6月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2112680/full/ 2018年9月24日閲覧。 
  55. ^ a b c d 坂道合同新規メンバー募集オーディション開催決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC. 2018年9月24日閲覧。
  56. ^ a b c d “坂道合同オーディション38人合格 倍率3400倍”. 日刊スポーツ. (2018年8月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808190000694.html 2018年9月24日閲覧。 
  57. ^ 【坂道合同オーディションのLINE応募に関しまして】”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2018年7月23日). 2018年9月24日閲覧。

外部リンク[編集]