象の背中 (アニメーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
象の背中
OVA:象の背中 -旅立つ日-
原作 秋元康
キャラクターデザイン 城井文
発売日 2007年10月26日
OVA:続・象の背中 -バトンタッチ-
原作 秋元康
キャラクターデザイン 城井文
発売日 2009年2月27日
テンプレート - ノート

象の背中 -旅立つ日-』(ぞうのせなか たびだつひ)、『続・象の背中 -バトンタッチ-』(ぞく・ぞうのせなか バトンタッチ)は、秋元康の小説『象の背中』から派生したアニメーション、絵本作品。秋元康の企画・総合プロデュースにより城井文が制作した作品。

この項ではアニメーションと絵本の内容を記述する。

概要[編集]

象の背中 -旅立つ日-』は、秋元康の小説『象の背中』を元に、秋元による原作・企画・プロデュースでアニメーション作家の城井文が制作した作品で、アニメーションが制作・発売されたのちに、同じ内容・同じ絵の絵本が発売された。その後、原作にない続編として後日談の『続・象の背中 -バトンタッチ-』が制作され、こちらもほぼ同じ制作陣でアニメーションと絵本で発売された。このことから秋元のクレジットは、『旅立つ日』では原作、『バトンタッチ』ではとなっている。

原作での人間の家族をゾウの一家に置き換えて物語は進み、原作での「病に倒れる父」は「神様が迎えにくる日」など、全体的に柔らかな表現に置き換えられているのがこの作品の特徴。アニメーションでは、台詞などではなく、JULEPSの朗読によって物語は語られる。

ストーリー[編集]

『旅立つ日』
ある日、ゾウの父親は神様に「命に終わりがくる日」を告げられる。そして空の上から家族を見守りながら、家族への感謝の気持ちを綴る。
『バトンタッチ』
旅立ってから20年後、娘の結婚式。父親は娘が嫁いでいく姿を見守りながら、愛しい娘への感謝の気持ちを綴り、生前に用意していたプレゼント(メッセージ)を母親が代わりに娘に渡す。

作品情報[編集]

  • アニメーションDVD
象の背中 -旅立つ日-」(2007年10月26日発売、PCBP-51544)
2話収録、本編8分、第1話「旅立つ日」 / 第2話「雲の上のお父さん」。
続・象の背中 -バトンタッチ-」(2009年2月27日発売、PCBP-51553)
1話収録、本編6分。
  • 絵本
JULEPSによる朗読のオリジナルCDを付けて刊行。
象の背中 -旅立つ日-ISBN 978-4-334-90147-9(2007年12月6日発売、光文社
続・象の背中 -バトンタッチ-ISBN 978-4-334-90157-8(2008年12月4日発売、光文社)

使用楽曲[編集]

「象の背中 -旅立つ日-」
『旅立つ日 完全版
作詞:秋元康、作曲:井上ヨシマサ、編曲:JULEPS / Papa Daisuke、歌:JULEPS、演奏:口笛太郎Duo
「続・象の背中 -バトンタッチ-」
『バトンタッチ』
作詞:秋元康、作曲:杉山勝彦、編曲:JULEPS / 吉川慶、歌:JULEPS
  • 関連作品(CD)
旅立つ日〜完全版JULEPS(2007年10月31日、UNIVERSAL J・UPCH-9408)

その他[編集]

  • 2008年3月17日から、TBSテレビで日曜日の放送休止前(おおよそ26時台。月曜日未明)に、最終プログラムとしてテレビ放送されていた。

外部リンク[編集]