月曜日の朝、スカートを切られた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
月曜日の朝、スカートを切られた
欅坂46楽曲
収録アルバム 真っ白なものは汚したくなる
リリース 2017年7月19日
規格 CDアルバム・デジタル・ダウンロード
ジャンル シティ・ポップ
時間 3分38秒
レーベル Sony Records
作詞者 秋元康
作曲者 饗庭純
プロデュース 秋元康
チャート順位

真っ白なものは汚したくなる 収録曲
月曜日の朝、スカートを切られた
(1)
渋谷からPARCOが消えた日
(2)
ミュージックビデオ
「月曜日の朝、スカートを切られた」 - YouTube

月曜日の朝、スカートを切られた」(げつようびのあさ、スカートをきられた)は、日本の女性アイドルグループ欅坂46の楽曲[2]。作詞は秋元康、作曲は饗庭純、編曲は若田部誠が担当した。同グループの1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』のリード曲である。同アルバムのType-A・Type-BのDisc 2・1曲目、通常盤の16曲目に収録。ミュージックビデオは5thシングル「風に吹かれても」Type-Aの特典DVDに収録。

チャート成績[編集]

「月曜日の朝、スカートを切られた」は、2017年7月31日付のBillboard Japan Hot 100に14位で初登場した(2,372ポイント)[1]。2週目には56位に急降下[3]。次の週は50位に上がったが[4]、次週に圏外になり今に至る。 CS放送のスペースシャワーTVによるチャート番組・SUPER HITS PERFECT RANKING 50では2017年7月29日放送分で1位を獲得。その後の推移は以下の通り。

SUPER HITS PERFECT RANKING 50における欅坂46「月曜日の朝、スカートを切られた」の順位推移
放送日 順位 同週の1位
2017年7月29日 1位 欅坂46「月曜日の朝、スカートを切られた」
2017年8月6日 5位 Mr.Children「himawari」
2017年8月13日 16位 NMB48「まさかシンガポール」
2017年8月19日 14位 乃木坂46「逃げ水」
2017年8月26日 14位 星野源「Family Song」
2017年9月2日 10位 桑田佳祐「オアシスと果樹園」
2017年9月9日 20位 AKB48「#好きなんだ」
2017年9月16日 25位 関ジャニ∞「奇跡の人」
2017年9月23日 33位 福山雅治「聖域」
2017年9月30日 34位 福山雅治「聖域」
2017年10月8日 30位 Hi-STANDARD「The Gift」
2017年10月14日 42位 Hi-STANDARD「The Gift」
2017年10月21日 圏外 DREAMS COME TRUE「あなたのように」
2017年10月28日 50位 「つなぐ」
2017年11月4日 圏外 欅坂46「風に吹かれても」

ミュージック・ビデオ[編集]

「月曜日の朝、スカートを切られた」のミュージック・ビデオは、収録アルバムの発売日である2017年7月19日に欅坂46のオフィシャルYouTubeチャンネルで公開された。 ビデオは過去「サイレントマジョリティー」や「世界には愛しかない」、「大人は信じてくれない」、「エキセントリック」といった作品を手掛けた池田一真が監督を務めている。 このビデオは「サイレントマジョリティー」の前夜を描いた作品になっており、普通の少女から欅坂46になるその直前の彼女たちの姿が表現されている[5]。中心に映っているのは「サイレントマジョリティー」のフロントメンバーだが、その他一部のメンバーもフューチャーされたシーンがある。

選抜メンバー[編集]

チャート[編集]

チャート(2017年) 最高
順位
Billboard Japan Hot 100 14
SUPER HITS PERFECT RANKING 50 1
歌ネット歌詞検索ランキング 1
LINE MUSICランキング 4

その他[編集]

本楽曲に関しては、過去に実際に列車内でスカートを切られたという女性が「不謹慎」などと意見を表明し、それに対して賛同する意見や逆にいわゆる「言論統制」では? などと疑問を呈したり、反発する意見がネットに掲載され、報道で言及された[6][7]。同じネット署名サイトでは「曲が封印されてしまうのを阻止したい」として反対の署名活動も行われた[8]

その作品内容については、歌詞の一節「「私は悲鳴なんか上げない」は、一見彼女たちのイメージから逆向しているように思われるかもしれない。しかし、「悲鳴をあげずに社会に従順であれ」というメッセージを発信していると解釈するのは少々軽率ではないだろうか」[9]と、歌詞とミュージックビデオのイメージを総合し『サイレントマジョリティー』と関連させて指摘した意見があった。一方で楽曲をプロデュースした秋元康が書いた歌詞について、ニュースサイトのリテラ編集部は「…… 秋元康の歌詞にある女性蔑視思想」と題した記事の中で「性犯罪や傷害の被害に遭った女性の恐怖や心の傷への想像力」の欠如を指摘し「単なるネタとして描いているにすぎない」と問題視し、『サイレントマジョリティー』との関連でも「受けた心の傷を成長の糧に変える、というレベルの話ではない」と批判した[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2017年7月31日). 2020年9月15日閲覧。
  2. ^ 荻原梓 (2020年10月7日). “欅坂46、胸を打つ隠れた名曲たち 「月スカ」「エキセントリック」「角を曲がる」……カップリング&アルバム収録曲を解説”. Real Sound. blueprint. 2020年10月7日閲覧。
  3. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2017年8月7日). 2020年9月15日閲覧。
  4. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2017年8月14日). 2020年9月15日閲覧。
  5. ^ “欅坂46、「月曜日の朝、スカートを切られた」アルバム未収録MVを公開”. Barks. (2017年7月6日). https://www.barks.jp/news/?id=1000144770 2017年8月3日閲覧。 
  6. ^ 「月曜日の朝、スカートが切られた」が波紋 切り裂き被害者が「不謹慎」と指摘、署名活動へ”. キャリコネニュース (2017年7月31日). 2017年7月31日閲覧。
  7. ^ “欅坂46『月曜日の朝、スカートを切られた』に抗議の署名活動 ネットでは賛否”. ハフィントン・ポスト. (2017年8月1日). http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/31/keyakizaka_n_17646292.html 2017年8月2日閲覧。 
  8. ^ 欅坂46「月曜日の朝、スカートを切られた」歌詞が過激?歌詞の解釈やフォーメーションなど解説♪”. otokake(オトカケ). 2019年5月24日閲覧。
  9. ^ 川崎龍也 (2019年1月15日). “「スカートを切る」行為が象徴していることとは?欅坂46『月曜日の朝、スカートを切られた』”. UtaTen. 2019年5月24日閲覧。(太字による強調は引用元の原文による)
  10. ^ 炎上! 欅坂46「月曜日の朝、スカートを切られた」はどこが問題なのか? 秋元康の歌詞にある女性蔑視思想”. リテラ. ロストニュース (2017年8月1日). 2020年11月7日閲覧。 “(編集部)/ 最終更新:2017.12.06”

外部リンク[編集]