不協和音 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
不協和音
欅坂46シングル
初出アルバム『真っ白なものは汚したくなる
B面 W-KEYAKIZAKAの詩
微笑みが悲しい
チューニング
割れたスマホ
僕たちは付き合っている
エキセントリック
リリース
規格 マキシシングル音楽配信
ジャンル J-POP
レーベル Sony Records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
バグベア(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
トリプル・プラチナ(日本レコード協会)[1]
チャート最高順位
  • 週間1位(Billboard Japan Hot 100)[2]
  • デイリー1位(オリコン)[3]
  • 週間1位(オリコン)[4]
  • 週間1位(SUPER HITS PERFECT RANKING 50)
  • 2017年3月度月間3位(オリコン)[5][6]
  • 2017年4月度月間4位(オリコン)[7]
  • 2017年度上半期4位(オリコン)[8]
  • 2017年度年間8位 (オリコン) [9]
  • 2017年度年間4位(Billboard Japan Hot 100
欅坂46 シングル 年表
二人セゾン
(2016年)
不協和音
(2017年)
風に吹かれても
(2017年)
ミュージックビデオ
不協和音
テンプレートを表示

不協和音」(ふきょうわおん)は、日本の女性アイドルグループ欅坂46の楽曲。秋元康が作詞、バグベアが作曲した。2017年4月5日に欅坂46の4枚目のシングルとしてSony Recordsから発売された。楽曲のセンターポジションは平手友梨奈が務めた[10]

背景とリリース[編集]

DVD付属のType-A・B・C・D、CDのみの通常盤の5形態で発売[11]。発売日は2017年2月14日に欅坂46公式サイトで告知[12]、選抜メンバーおよびセンターポジションは2017年2月27日放送の欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』で発表[10]、タイトルは2017年3月11日に欅坂46公式サイトで発表された[13]不協和音は「同時に響く二つ以上の音が、協和融合しない状態にある和音」という意味を持ち[14]、漢字のみのシングルタイトルは乃木坂46を含む坂道シリーズにおいて初の出来事だった[15]。「不協和音」は発売に先駆け、2017年3月18日に『欅坂46 こちら有楽町星空放送局』でラジオ初放送[16]

音楽性と歌詞[編集]

歌詞は「軍門に下るのか」「君はYesと言うのか」などの問いかける詞が曲の旋律に乗り、複数の人物が議論を交わしているような仕上がりになっている。「僕は嫌だ」という台詞も特徴である[17]。作曲したバグベアは「僕は嫌だ」の部分について、「言葉は「僕は嫌だ!」では無かったですけど、作曲段階でもちろん入れていました。ラジオでもそこが決め手となったと秋元先生が仰ってくれていて、固定概念にとらわれず、叫びを入れて良かったと思っております」と語っている[18]

プロモーション[編集]

プロモーションとして、2017年4月4日から1週間、全7種のポスターが東京都渋谷区の計14か所に掲示された[19]。ポスターには、スマートフォンをかざすと埋め込まれた画像データから欅坂46の4thシングル「不協和音」のサビ部分のパフォーマンス、メンバーのコメントなどの動画を視聴できるCOCOAR2(ココアル)のAR(拡張現実)技術が採用された[20]

タワーレコードでは、購入者抽選10名にゆいちゃんず(小林由依・今泉佑唯)の直筆サイン入り撮り下ろしポスターがプレゼントされた[21]

アートワーク[編集]

ジャケット写真のメンバー[22]
Type-A 表 平手友梨奈
Type-A 裏 今泉佑唯・鈴本美愉・土生瑞穂
Type-B 表 上村莉菜・織田奈那・菅井友香・長沢菜々香・長濱ねる・平手友梨奈・米谷奈々未
Type-B 裏 石森虹花・上村莉菜・長沢菜々香・守屋茜・渡辺梨加
Type-C 表 今泉佑唯・小林由依・志田愛佳・鈴本美愉・守屋茜・渡辺梨加・渡邊理佐
Type-C 裏 尾関梨香・菅井友香・長濱ねる・原田葵・平手友梨奈
Type-D 表 井口眞緒・柿崎芽実・加藤史帆・影山優佳・齊藤京子・佐々木美玲・佐々木久美・潮紗理菜・高瀬愛奈・高本彩花・長濱ねる・東村芽依
Type-D 裏 織田奈那・小林由依・齋藤冬優花・渡邊理佐
通常盤 表 石森虹花・尾関梨香・小池美波・齋藤冬優花・佐藤詩織・土生瑞穂・原田葵
通常盤 裏 小池美波・佐藤詩織・志田愛佳・米谷奈々未

ジャケット写真には、けやき坂46のメンバーも参加している[23]

チャート成績[編集]

本作は2017年4月4日付のオリコンデイリーCDシングルランキングで推定売上45万6518枚[3]、2017年4月17日付のオリコン週間CDシングルランキングで推定売上63万2667枚を記録し、それぞれ1位を獲得した[4]。オリコン週間CDシングルランキングにおける1位獲得数は1stシングル「サイレントマジョリティー」から4作連続で通算4作目、デビュー1年以内で4作目のシングル1位獲得は女性アーティスト史上初である[24]。その後、2017年3月度のオリコン月間CDシングルランキングで推定売上63万2667枚を記録し、月間3位を獲得[5]

Billboard JAPANによれば、2017年4月3日から4月5日までの3日間で推定売上57万4720枚に到達[25]、その後も売上を7万4720枚伸ばし[26]、2017年4月17日付のBillboard Japan Top Singles Salesで推定売上65万3032枚[27]、2017年4月17日付のBillboard Japan Hot 100で総合ポイント40,595を記録し、それぞれ1位を獲得した[2]。1週目はルックアップ、ダウンロード、Twitterで1位[28]、2週目はダウンロードで4位、Twitterで1位、動画再生で3位を獲得した[29]

2017年5月10日には[1]、75万枚以上の出荷枚数を達成し[30]、日本レコード協会からトリプル・プラチナ作品としてゴールドディスク認定された[1]。欅坂46にとって初のトリプル・プラチナ作品となった[31]

スペースシャワーTVのSUPER HITS PERFECT RANKING 50では2017年4月8日放送分で1位を獲得[要出典]

ミュージック・ビデオ[編集]

不協和音
監督:新宮良平[11]
山下埠頭(撮影地)
表題曲「不協和音」のミュージック・ビデオは、神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先の山下埠頭で撮影された[32]。「激しいダンスとメンバーそれぞれの強い眼差しが印象的な映像」[33]、「デビュー曲「サイレントマジョリティー」を彷彿とさせる強い意志を感じさせる楽曲」と評されている[11]。ダンスシーンでは「不協和音」感を表すために細かな制約を払拭し[34]、センター・平手友梨奈と対峙したり[35]、撃たれるような振付が登場する[36]。振付はTAKAHIRO(上野隆博)が担当した[11]
W-KEYAKIZAKAの詩
エキセントリック

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

CD[37]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「不協和音」秋元康バグベアバグベア
2.W-KEYAKIZAKAの詩秋元康前迫潤哉、Yasutaka.Ishio佐々木裕
3.「微笑みが悲しい」(てち&ねる(平手友梨奈、長濱ねる)[16][38])秋元康フジノタカフミ若田部誠
4.「不協和音 off vocal ver.」 バグベアバグベア
5.「W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.」 前迫潤哉、Yasutaka.Ishio佐々木裕
6.「微笑みが悲しい off vocal ver.」 フジノタカフミ若田部誠
合計時間:
DVD[37]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「不協和音 Music Video」  新宮良平
2.「W-KEYAKIZAKAの詩 Music Video」  池田一真
3.「石森虹花」  中村知恵
4.「上村莉菜」  藤枝憲、須藤中也
5.「小林由依」  森田亮
6.「原田葵」  西堀真澄
7.「長濱ねる」  上田真紀子、石川夕紀
8.「柿崎芽実・佐々木美玲」  加藤マニ
9.「高瀬愛奈・東村芽依」  杉山弘樹
合計時間:

Type-B[編集]

CD[39]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「不協和音」秋元康バグベアバグベア
2.「W-KEYAKIZAKAの詩」秋元康前迫潤哉、Yasutaka.Ishio佐々木裕
3.「チューニング」(ゆいちゃんず[16](今泉佑唯、小林由依)[38])秋元康渡邉沙志野中"まさ"雄一
4.「不協和音 off vocal ver.」 バグベアバグベア
5.「W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.」 前迫潤哉、Yasutaka.Ishio佐々木裕
6.「チューニング off vocal ver.」 渡邉沙志野中"まさ"雄一
合計時間:
DVD[39]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「不協和音 Music Video」  新宮良平
2.「チューニング Music Video」  福居英晃 
3.「今泉佑唯」  加藤慶吾、小向英孝
4.「尾関梨香」  田村啓介 
5.「齋藤冬優花」  曽根隼人 
6.「守屋茜」  森田亮
7.「渡辺梨加」  谷健二 
8.「齊藤京子・高本彩花」  タナカシンゴ 

Type-C[編集]

CD[40]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「不協和音」秋元康バグベアバグベア
2.「W-KEYAKIZAKAの詩」秋元康前迫潤哉、Yasutaka.Ishio佐々木裕
3.「割れたスマホ」(青空とMARRY[16](志田愛佳、菅井友香、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐[38])秋元康GRAVITYGRAVITY
4.「不協和音 off vocal ver.」 バグベアバグベア
5.「W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.」 前迫潤哉、Yasutaka.Ishio佐々木裕
6.「割れたスマホ off vocal ver.」 GRAVITYGRAVITY
合計時間:
DVD[40]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「不協和音 Music Video」  新宮良平
2.「割れたスマホ Music Video」  橋本侑次朗 
3.「小池美波」  大畑貴耶 
4.「佐藤詩織」  大金康平 
5.「志田愛佳」  月田茂
6.「土生瑞穂」  松田広輝 
7.「渡邉理佐」  脇坂侑希
8.「潮紗理菜・加藤史帆・佐々木久美」  森岡千織 

Type-D[編集]

CD[41]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「不協和音」秋元康バグベアバグベア
2.「W-KEYAKIZAKAの詩」秋元康前迫潤哉、Yasutaka.Ishio佐々木裕
3.「僕たちは付き合っている」(けやき坂46[38])秋元康Yo-HeyYo-Hey
4.「不協和音 off vocal ver.」 バグベアバグベア
5.「W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.」 前迫潤哉、Yasutaka.Ishio佐々木裕
6.「僕たちは付き合っている off vocal ver.」 Yo-HeyYo-Hey
合計時間:
DVD[41]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「不協和音 Music Video」  新宮良平
2.「僕たちは付き合っている Music Video」  森田亮 
3.「織田奈那」  松本壮史 
4.「菅井友香」  柴田啓佑 
5.「鈴本美愉」  立岡未来
6.「長沢菜々香」  田村啓介 
7.「平手友梨奈」  大久保拓朗
8.「米谷奈々未」  田平衛史 
9.「井口眞緒・影山優佳」  こだかさり 

通常盤[編集]

CD[42]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「不協和音」秋元康バグベアバグベア
2.「W-KEYAKIZAKAの詩」秋元康前迫潤哉、Yasutaka.Ishio佐々木裕
3.エキセントリック秋元康ナスカthe Third
4.「不協和音 off vocal ver.」 バグベアバグベア
5.「W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.」 前迫潤哉、Yasutaka.Ishio佐々木裕
6.「エキセントリック off vocal ver.」 ナスカthe Third
合計時間:

選抜メンバー[編集]

不協和音[編集]

(センター:平手友梨奈)[10]

W-KEYAKIZAKAの詩[編集]

  • 石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、土生瑞穂、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐、井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依[要出典]

微笑みが悲しい[編集]

チューニング[編集]

割れたスマホ[編集]

  • 志田愛佳、菅井友香、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐[要出典]

僕たちは付き合っている[編集]

  • 井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依、影山優佳[要出典]

エキセントリック[編集]

  • 石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、土生瑞穂、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐、長濱ねる[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c “レコ協 4月ゴールドディスク認定、欅坂46「不協和音」がトリプル・プラチナ”. Musicman-NET (F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.). (2017年5月10日). https://www.musicman-net.com/business/67655.html 2017年5月10日閲覧。 
  2. ^ a b Billboard Japan Hot 100 2017/04/17 付け”. Billboard JAPAN. Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC. (2017年4月17日). 2017年4月30日閲覧。
  3. ^ a b オリコンデイリー CDシングルランキング 2017年04月04日付”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年4月). 2017年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月5日閲覧。
  4. ^ a b オリコン週間 CDシングルランキング 2017年04月03日〜2017年04月09日”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年4月). 2017年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月12日閲覧。
  5. ^ a b オリコン月間 CDシングルランキング 2017年03月度”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年4月). 2017年4月11日閲覧。
  6. ^ SUPER HITS PERFECT RANKING 50 2017/04/08 オンエア”. スペースシャワー. SPACE SHOWER TV (2017年4月). 2017年9月27日閲覧。
  7. ^ オリコン月間 CDシングルランキング 2017年04月度”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年5月). 2017年5月11日閲覧。
  8. ^ “【オリコン2017年上半期ランキング】AKB48、SMAP、嵐が続々と記録を樹立! 2ページ目”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月23日). http://www.oricon.co.jp/confidence/special/50073/2/ 2017年6月23日閲覧。 
  9. ^ 【第50回 オリコン年間ランキング 2017】嵐が総合売上5年連続首位、AKB48がシングル年間V8達成!”. oricon news (2017年12月23日). 2017年12月24日閲覧。
  10. ^ a b c d e f “欅坂46、4thシングル選抜メンバー&フォーメーション発表<コメント>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年2月27日). https://mdpr.jp/music/detail/1666557 2017年3月11日閲覧。 
  11. ^ a b c d “欅坂46、4thシングル曲「不協和音」MV公開 TAKAHIRO振付の激しいダンスで“強い意志”体現”. Real Sound (blueprint). (2017年3月23日). https://realsound.jp/2017/03/post-11796_entry.html 2017年3月23日閲覧。 
  12. ^ 欅坂46 (2017年2月14日). “2017年4月5日(水)に4thシングルをリリースすることが決定しました”. @keyakizaka46. Twitter. 2017年3月11日閲覧。
  13. ^ “欅坂新曲は「不協和音」 漢字のみ題名は坂道史上初”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/nogizaka46/news/1790816.html 2017年3月11日閲覧。 
  14. ^ 不協和音(ふきょうわおん)とは - コトバンク”. デジタル大辞泉. 2017年3月11日閲覧。
  15. ^ “欅坂新曲は「不協和音」 漢字のみ題名は坂道史上初”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月11日). http://www.nikkansports.com/m/entertainment/nogizaka46/news/1790816_m.html?mode=all 2017年3月11日閲覧。 
  16. ^ a b c d “欅坂46、新曲「不協和音」音源&アートワーク解禁”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2087733/full/ 2017年3月18日閲覧。 
  17. ^ 荻原梓 (2017年4月2日). “欅坂46「不協和音」は「サイレントマジョリティー」を超えるか 楽曲構成の“新しさ”を徹底分析”. Real Sound. blueprint. 2017年4月2日閲覧。
  18. ^ バグベアのこぎみいい on Twitter (2018/07/07-07:10)
  19. ^ “欅坂46長沢、SHIBUYA109に「ごめんなさい」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年4月3日). https://thetv.jp/news/detail/105564/ 2017年4月3日閲覧。 
  20. ^ “欅坂46の“4th シングルキャンペーン”にARアプリ「COCOAR2」を活用”. ITmedia (アイティメディア). (2017年4月7日). http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1704/07/news076.html 2017年6月27日閲覧。 
  21. ^ 欅坂46、ニュー・シングル『不協和音』4月5日発売”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2017年4月6日). 2017年6月26日閲覧。
  22. ^ 欅坂46 2017a欅坂46 2017b欅坂46 2017c欅坂46 2017d欅坂46 2017e
  23. ^ “欅坂46「不協和音」歌唱メンバー発表、けやき坂46もジャケット飾る”. ナタリー (ナターシャ). (2017年3月18日). http://natalie.mu/music/news/225125 2017年3月18日閲覧。 
  24. ^ “【オリコン】欅坂46、“女性初”1年目で4作首位 初週63万枚で前作累計超え”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2088973/full/ 2017年4月11日閲覧。 
  25. ^ “【先ヨミ】欅坂46の4thSG『不協和音』、約57万枚のセールスで首位独走!”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2017年4月6日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/49617/2 2017年4月6日閲覧。 
  26. ^ “【ビルボード】欅坂46『不協和音』首位独走を維持、653,032枚を売り上げシングル・セールス1位”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2017年4月10日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/49728/2 2017年4月10日閲覧。 
  27. ^ Billboard Japan Top Singles Sales 2017/04/17 付け”. Billboard JAPAN. Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC. (2017年4月17日). 2017年4月30日閲覧。
  28. ^ “【ビルボード】653,032枚を売り上げた欅坂46「不協和音」、ダウンロードとTwitter含む4冠で総合首位獲得”. AERA dot. (朝日新聞社). (2017年4月12日). https://dot.asahi.com/billboardnews/2017041200071.html 2017年4月12日閲覧。 
  29. ^ “【ビルボード HOT BUZZ SONG】 欅坂46「不協和音」が2週連続で首位独走”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2017年4月22日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/50194/2 2017年4月22日閲覧。 
  30. ^ “欅坂46主演のドラマがスタート、「不協和音」はゴールドディスク認定”. 財経新聞 (財経新聞社). (2017年5月11日). https://www.zaikei.co.jp/article/20170511/369994.html 2017年5月11日閲覧。 
  31. ^ “欅坂46「不協和音」がトリプル・プラチナ突破で自身最大のヒットに! NGT48デビューシングルも快進撃”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2017年5月10日). https://music-book.jp/music/news/news/142781 2017年5月10日閲覧。 
  32. ^ “欅坂46 4thシングル『不協和音』PV撮影ロケ地はどこ? 横浜の山下埠頭の行き方は?”. Social News (楽天). (2017年3月23日). https://socialnews.rakuten.co.jp/link/1211008 2017年3月23日閲覧。 
  33. ^ “欅坂46、激しいダンスで魅せる「不協和音」ミュージックビデオ”. ナタリー (ナターシャ). (2017年3月23日). http://natalie.mu/music/news/225651 2017年3月23日閲覧。 
  34. ^ “欅坂46メンバーが語る「不協和音」MV撮影秘話”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2089276/full/ 2017年4月16日閲覧。 
  35. ^ 今泉佑唯; 小林由依 (2017年4月3日). 欅坂46から、ゆいちゃんずが登場。ニューシングルを語る!【インタビュー】. インタビュアー:門宏. T-SITE.. https://top.tsite.jp/entertainment/idol/i/34832384/ 2017年4月3日閲覧。 
  36. ^ 小林由依; 守屋茜; 米谷奈々未 (2017年4月16日). 欅坂46、“不協和音”MV撮影秘話を語る「最後は平手にパワーをあげるように」. (インタビュー). rockinon.com.. https://rockinon.com/news/detail/159131 2017年4月16日閲覧。 
  37. ^ a b 欅坂46 2017a
  38. ^ a b c d 『日経エンタテインメント!』2017年5月号、日経BP社、2017年4月4日、61頁。ASIN B06XCSB4QP
  39. ^ a b 欅坂46 2017b
  40. ^ a b 欅坂46 2017c
  41. ^ a b 欅坂46 2017d
  42. ^ 欅坂46 2017e

参考文献[編集]

外部リンク[編集]