いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いつのまにか、ここにいる
Documentary of 乃木坂46
Documentary of Nogizaka46
監督 岩下力
製作 今野義雄
北川謙二
大田圭二
秋元伸介
安齋尚志
出演者 乃木坂46
音楽 袴田晃子
熊谷隆宏
塩野恭介
撮影 小暮哲也
岩下力
編集 岩下力
配給 東宝映像事業部
公開 日本の旗 2019年7月5日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46
(2015年)
次作 -
テンプレートを表示

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』(いつのまにか、ここにいる ドキュメンタリー オブ のぎざかフォーティーシックス)は、2019年7月5日公開の日本のドキュメンタリー映画

概要[編集]

乃木坂46の姿を追ったドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』以来4年ぶりとなるドキュメンタリー映画。2019年7月5日に公開が開始した[1]。当初は、2019年6月12日に、映画『Documentary of 乃木坂46 II』という仮題で発表された[1]。結成から7年目の2018年9月から密着を開始し、メンバーには、同年12月4日に行われた若月佑美の卒業セレモニーの後に映画の制作が知らされた[2]

2019年6月18日、映画のタイトルが『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』に決定[3]。同日に、ポスタービジュアルも解禁され、2019年2月に京セラドーム大阪で開催された西野七瀬の卒業コンサート『乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE』で、ユニット曲「心のモノローグ」を歌唱した際のステージ裏が採用された[3]。 6月25日に完成披露上映会がTOHOシネマズ六本木ヒルズ)で開催されることも決定し[3]、監督の岩下力、秋元真夏梅澤美波齋藤飛鳥高山一実与田祐希が登壇した[3]。また、完成披露上映会で主題歌が「僕のこと、知ってる?」に決定したことが発表された[4]。2019年6月25日、公式YouTubeチャンネルで予告編を公開[5][2]

スタッフ[編集]

  • 監督:岩下力[6]
  • 企画:秋元康[6]
  • 製作:今野義雄、北川謙二、大田圭二、秋元伸介、安齋尚志[6]
  • エグゼクティブプロデューサー:石原真、磯野久美子[6]
  • プロデューサー:上野裕平、金森孝宏、菊地友、中根美里、佐渡岳利[6]
  • ラインプロデューサー:渡辺洋朗[6]
  • 監督補:菅原達郎、河本永
  • 制作担当:宮田陽平
  • 音楽:袴田晃子、熊谷隆宏、塩野恭介[6]
  • 撮影:小暮哲也、岩下力[6]
  • 録音:久連石由文[6]
  • 編集:岩下力[6]
  • 制作:ノース・リバー[6]
  • 制作協力:パレード・トウキョウ[6]
  • 製作:乃木坂46合同会社、東宝、Y&N Brothers NHKエンタープライズ[6]
  • 配給:東宝映像事業部 [6]

音楽[編集]

主題歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]