初森ベマーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初森ベマーズ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜0:12 - 0:52
(金曜日深夜)
(40分)
放送期間 2015年7月11日 - 9月26日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
製作総指揮 中川順平(CP
監督 鈴村展弘
西海謙一郎
元木隆史
脚本 小峯裕之
根本ノンジ
プロデューサー 濱谷晃一
小松俊喜
出演者 乃木坂46
津田寛治
手塚とおる
オープニング 乃木坂46「太陽ノック
エンディング 乃木坂46「もう少しの夢
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

初森ベマーズ』(はつもりベマーズ、Hatsumori Bemars)は、テレビ東京系「ドラマ24」で2015年7月11日未明(10日深夜)から9月26日未明(25日深夜)まで[注 1]、毎週土曜(金曜深夜)0:12 - 0:52に放送されたソフトボールを題材としたテレビドラマである[1]

企画・制作[編集]

本作品は「ドラマ24」の第40弾にあたり[2]、2015年8月8日未明(8月7日深夜)放送分より、EPGに「ドラマ24第40弾記念」というクレジットが加えられている[3]

これまで「ドラマ24」ではAKB48グループのメンバーが『マジすか学園シリーズ』などで主演ドラマを務めてきたが[注 2]、このたび、秋元康の企画・原作により[2]、AKB48グループの公式ライバルである乃木坂46が初の主演ドラマを務めることとなった[6]

汗あり、涙あり、魔球あり、スーパープレイありのスポ根ドラマ[7]。『初森ベマーズ』の「ベマーズ」は、アメリカの野球映画『がんばれ! ベアーズ』をもとに「ベアーズ (BEARS)」というチーム名のユニホームを注文したところ、「ベアーズ」の「ア」の文字を「マ」と見間違えられて「M」が追加され「ベマーズ (BEMARS)」とされてしまったことに由来する[8]

オンエアに先立ち、2015年7月6日から7月12日まで東京地下鉄(東京メトロ)が管轄する12駅で、本作品のメインキャスト12名分の非売品ポスターが掲示された[9]。ポスターはのちにブロマイドとなり、期間限定販売された[10]

あらすじ[編集]

下町の憩いの場「初森公園」は再開発によって取り壊されようとしていた[11]。主人公のななまるは再開発に抗議し[12]、都市開発の会長の娘であるキレイから、もしソフトボール大会で、ななまるの所属する「初森第二女子商業高等学校」がキレイの所属する「セント田園調布ポラリス学園」に勝つことができたら[13]、再開発を白紙に戻すと提案される[14]。ななまるはソフトボールチームを結成し、超強豪校に挑む[15]

キャスト[編集]

放送当時、乃木坂46に所属していたメンバーは太字で表記。

初森ベマーズ[編集]

部員は全員初森第二女子商業高等学校の生徒である。

ななまる
演 - 西野七瀬(幼少期:岩崎愛香[16]
背番号1[17]。ポジションはピッチャー[18]。物語の主人公[12]漫画研究部に所属する、もんじゃ焼き屋の一人娘[19]。のほほんとしているが、正義感が強い[19]。初森公園を「はじまる公園」と呼び、そこに行けば、幼少期に行方不明になった父親(演:中村尚輝)に再会できると信じている[20]。決め球は、四回横方向に変化する魔球「四蝋投(スーロートー)」及び、父親譲りの強靭な手首の筋力を利用し、揚力と重力を均衡させ空気の膜を作り、打者のスイングを避ける魔球「すんどめ」[20]。ポラリスとの決勝戦を前に、インピンジメント症候群(野球肩)を患う[20]。しかし、鎌田の応急措置で乗り切り、決勝戦では骨折しながらも最終回に優勝を決めるサヨナラホームランを放ち、初森公園を守った[20]
コテ
演 - 高山一実(幼少期:林日葵)
背番号2[17]。ポジションはキャッチャー[21]剣道部員[19]。恋愛気質で食いしん坊。明るく天然ボケだが、熱くなりやすい[19]。好物は肉まんとソフトクリーム[20]。バットを刀とみなし、突き出して打つという技を会得した[要出典]
ショパン
演 - 生田絵梨花
背番号3[17]。ポジションはショート[22]。専属ドイツ人コーチ(演:マルクス・ミューラ[23])のもと、幼少からピアニストを目指している[19]絶対音感の持ち主[20]。その絶対音感を使い、球筋の音を聴き取り、打ち返すという技を会得した[要出典]
イマドキ
演 - 若月佑美
背番号4[17]。ポジションはファースト[注 3][25]。常にバットを持ち歩く、昭和の匂いがするヤンキー[19]。名前は「イマドキ見かけない昔ながらのヤンキー」という意味[2]。気性が荒く[19]、初森ベマーズに入部する前は他校の不良グループと喧嘩が絶えなかった[要出典]。初期の頃、鎌田から唯一マシな戦力と評された[要出典]
アカデミー
演 - 生駒里奈(幼少期:石井心愛[26]
背番号5[17]。ポジションはセカンド[27]アカデミー賞獲得が目標の演劇部員で普段の口調も劇の台詞風[19]。舞台以外では極度の上がり症[28]。役になりきることで、強力な打球を打つ技を会得した[要出典]
ブナン
演 - 桜井玲香
背番号6[17]。ポジションはライト[29]。日和見主義の生徒会長[4]。優柔不断だが、愛想笑いと無難な発言でその場を収める[19]
ユウウツ
演 - 松村沙友理
背番号7[17]控え[注 4]。超ネガティブで、神経質な少女。ブツブツと独り言が多い[19]。ペットは蟻の「タジマ」で、最終話までに子孫が100匹繁殖した[20]。網で掬うかの如く動きで、幾多の球に無理矢理バットを当てるという技を会得した[要出典]
ハーバード
演 - 秋元真夏
背番号8[17]。ポジションはセンター[30]。あらゆる事を理論立てて考えようとする、数学、物理が得意な天才[19]。魔球「すんどめ」の開発者でもある[20]
カアチャン
演 - 深川麻衣
背番号9[17]。ポジションはレフト[31]。高校生ながら、家庭の事情によりトンキチ(演:鈴木翼[16])、チヨ(演:苑美[32])の幼い兄弟たちの面倒を見ている[19]。時々、高校生とは思えない人生経験豊富な大人のような言動を発することがあり、その時に飲み物を飲んでいると他のメンバーから「それ、お酒じゃないよね?」というようなことを言われたりする[要出典]
マルキュー
演 - 橋本奈々未
背番号10[17]。ポジションはサード[注 5]。高校を休学し、オシャレショップ「209」でバイトをしているクールな美少女[19]。ベマーズ唯一の野球経験者で、一番の打者。正面に投げられた球を避け、無理な体勢からホームランを打つなど、高い技量を誇る[要出典]。大変貴重な戦力[要出典]
鎌田俊郎
演 - 手塚とおる
初森ベマーズ監督[33]。オネエ言葉を話す[33]。試合の際は、ピンクのポロシャツに下はユニフォームの格好でベンチに入る。日京女子学院戦では補導されたイマドキに代わりイマドキのふりをしてファーストで出場[注 6]

セント田園調布ポラリス学園[編集]

キレイ[注 7]
演 - 白石麻衣(幼少期:須田琥珀
背番号1[17]。ポジションはピッチャー[34]。ソフトボール部キャプテン[4]。リムジンで送迎される超セレブのお嬢様で、類いまれなソフトボールの才能の持ち主[19]。空気との摩擦熱で火の玉になり地面にまで食い込む剛速球「ファイヤーウィンドミル」が武器[19]。決勝戦終了後シェリーとともに初森第二女子商業高等学校に転校、ベマーズでの背番号は11[20]
シェリー
演 - 衛藤美彩
背番号2[17]。ポジションはキャッチャー[35]。女子ソフトボール部副キャプテン[35]。キレイとバッテリーを組む逸材[19]。こまめにベマーズの情報をキレイに報告する[19]。初森ベマーズの選手達を「はじまるガールズ」と呼ぶ[20]。打撃センスも抜群で、四蝋投の欠点をあっさりと見破った[20]。決勝戦終了後キレイとともに初森第二女子商業高等学校に転校、ベマーズでの背番号は12[20]
諸星監督
演 - 西丸優子[36]
セント田園調布ポラリス学園女子ソフトボール部の鬼監督[20]

その他登場人物[編集]

権田原兼持
演 - 津田寛治
キレイの実父[37]。ななまるたちの愛する公園の買収を目論むセレブ都市開発社長[33]。別名、キャッシュ権田原[33]
西野蘭子
演 - いとうまい子
ななまるの実母[33]。もんじゃ焼き屋の女将[33]
大河内一豊
演 - 伊東孝明
権田原の秘書[33]
運転手
演 - 野間口徹
権田原の運転手[33]。権田原の発言に突っ込みを入れる[33]
司法浪人
演 - 坂本真[33]
次の対戦相手の情報を説明したり[注 8]、練習風景の映像を提供する[20]。試合展開を裁判で例え、最終回のことを最終法廷と呼ぶ[20]
大工の棟梁
演 - 諏訪太朗[33]
英子
演 - 津田真澄[18]

初森ベマーズの対戦相手[編集]

日京女子学院(第3球)[編集]

1回戦での相手、読み方は「ひきょうじょしがくいん」。試合に勝つためならば審判も買収する卑怯なチーム[20]

金髪のエリー
演 - 川村真洋(最終球)[24]
ポジションはピッチャー[20]
トライバルのレイ
演 - 永島聖羅(最終球)[24]
傷だらけのローラ
演 - 伊藤純奈(最終球)[24]

駒根知女子学園(第4球)[編集]

2回戦での相手、読み方は「こまねちじょしがくえん(通称:コマ女)」[20]。部員がすべて元新体操部[20]。わずかな関節の動きで相手を読み取り打球を予測しアウトを取る、守りのチーム[20]

ベルサイユ音楽学校(第5球)[編集]

3回戦の相手、通称ベル女。歌劇の専門学校であり、入試の競争率は30倍。部員全員が男装している[20]

花吹雪舞
演 - 斎藤ちはる(最終球)[38]
ポジションはピッチャー[20]
翼馬カケル(ぺがさすかける)
演 - 中田花奈(最終球)[38]
ポジションはレフト[20]
翠玉アミ
演 - 稲村亜美[39]
ポジションはファースト。

県立凸Q高校(第6球)[編集]

4回戦の相手、読み方は「けんりつとっきゅうこうこう」[20]。短距離走の選手ばかりの俊足チーム[20]。足だけで得点を奪う特急軍団[20]

のぞみ
演 - 新内眞衣(最終球)[40]
ポジションはピッチャー[20]
ひかり
演 - 相楽伊織(最終球)[40]
ポジションはキャッチャー[20]

須決闘インターナショナルスクール(第7球)[編集]

5回戦での相手、読み方は「すけっとインターナショナルスクール」[20]。毎年クリーンアップを外国人で固める国際色豊かなチーム[41]。だが、チームワークは悪い[20]

磨黒水産女子高校(第8球・第9球)[編集]

準決勝の相手、読み方は「まぐろすいさんじょしこうこう」[20]。打者全員が年間100本のホームランを打つ強打のチーム[20]

カジキ
演 - 斉藤優里(最終球)[42]
ポジションはキャッチャー、キャプテン[20]
メバチ
演 - 能條愛未(最終球)[42]
ポジションはピッチャー。魔球「魚群ボール」を投げる[43]
ビントロ
演 - ­北野日奈子(最終球)[42]
ポジションはファースト、1番バッター[20]

ゲスト[編集]

キャスト横の話数は初登場以外に登場した話。

第1球[編集]

小島先生
演 - 児嶋一哉(第8球・第9球・第11球・最終球)[44]
初森第二女子商業高等学校教諭[20]。ななまるのソフトボール部設立届に反対する[20]
橋本八朗
演 - 橋本奈々未(一人二役)(第3球)
マルキューの双子の弟[20]。野球部だったが病気で死亡[20]

第2球[編集]

鎌田の教え子
演 - 渡辺みり愛[45](第11球)
かつて鎌田が勤務していた高校のソフトボール部員[20]。鎌田の指導の度が行き過ぎて、怪我をさせられてしまう[20]
映画監督
演 - 井筒和幸[46]
ソフトボールの監督と映画監督を間違えて連れてこられた[20]
あっちゃん
演 - 深沢敦
以下3名とともに、鎌田が経営するパブ「DEAD BALL」同僚[20]
ジェイ
演 - ジャスティス岩倉[要出典]
のんのん
演 - 高山のえみ[要出典]
はるる
演 - 斎藤晴久[要出典]

第3球[編集]

カチドキ
演 - 堀未央奈(第8球・最終球)
初森第二女子商業高等学校生徒。イマドキの昔の仲間[24]
剣道部員のヒナ
演 - 川後陽菜(最終球)
初森第二女子商業高等学校生徒。剣道部員[24]

第5球[編集]

カンヌ
演 - 鈴木絢音(最終球)
初森第二女子商業高等学校生徒演劇部。アカデミーの後輩[38]
ユーバリ
演 - 寺田蘭世(最終球)
初森第二女子商業高等学校生徒演劇部。アカデミーの後輩[38]

第6球[編集]

佐々木幸次郎
演 - 真剣佑
コテが恋に落ちる相手[39]

第7球[編集]

権田原ウララカ
演 - 伊藤裕子[注 9]
キレイの母[39]。故人[20]

第8球[編集]

シオドキ
演 - 樋口日奈(最終球)
初森第二女子商業高等学校生徒。カチドキの舎弟[47]
トキドキ
演 - 和田まあや(最終球)
初森第二女子商業高等学校生徒。カチドキの舎弟[47]
滝谷サユリ
演 - 井上小百合
以下4名とともに、黒薔薇女子のヤンキー娘[47]
芹沢ヒメカ
演 - 中元日芽香[47]
林田カリン
演 - 伊藤かりん[47]
片桐コトコ
演 - 佐々木琴子[47]
特別ゲスト[編集]
上野投手
演 - 上野由岐子[47]
女子ソフトボール日本代表のエース、鎌田監督のことを「かまちゃん」と呼び、鎌田監督からは「ゆきりん」と呼ばれてる[20]。ななまるに四蝋投を実演で見せる[43]
山本選手
演 - 山本優[47]
女子ソフトボール日本代表のキャプテン、鎌田監督からは「やまちゃん」と呼ばれてる[20]

第9球[編集]

彩乃
演 - 原史奈(第10球・第11球)
権田原兼持の愛人[43]
宮本投手
演 - 宮本和知[48]
動画サイト内で四蝋投に挑戦するも成功せず[20]

第10球[編集]

吉田義男
演 - 鈴之助[20]
本田英雄
演 - 伊崎央登[20]
中島玉彦
演 - 加藤翔[20]
三森並平
演 - 三堀亮[20]
幼少期のななまるが父と一緒にいたボウリング場で、プレイしていた若者4人組[20]。女の子(演:吉田まりえ[49])に気付かず、ボウリングのボールを投げてしまう[20]

第11球[編集]

実況アナウンサー
演 - 増田和也(最終球)
解説者の腹本哲(演:石山雄大)とともに、ベマーズ対ポラリスの試合を実況する[20]

最終球[編集]

テヅカ
演 - 伊藤万理華
以下2名とともに、初森第二女子商業高等学校生徒漫画研究部[20]
アカツカ
演 - 星野みなみ
イシノモリ
演 - 齋藤飛鳥

以下2名は、エンディング後のショートストーリーに出演[20]

宮脇咲良(博多工業高校ソフトボール部)
島崎遥香(秋葉原女学園ソフトボール部)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1球 7月11日 ここから、はじまる 小峯裕之 鈴村展弘
第2球 7月18日 伝説の監督
第3球 7月25日 紙ヒコーキとホームラン 根本ノンジ
第4球 8月01日 球の旋律を聴け
第5球 8月08日 決戦の、幕が上がる 小峯裕之 西海謙一郎
第6球 8月15日 恋のデッドボール 根本ノンジ
第7球 8月22日 キレイお嬢様の憂鬱 小峯裕之
第8球 8月29日 封印された幻の変化球 根本ノンジ 元木隆史
第9球 9月05日 幻の変化球 VS 秘球「魚群」
第10球 9月12日 バカと天才と魔球
第11球 9月19日 夏の終わり、決戦の始まり 小峯裕之 鈴村展弘
最終球 9月26日 もう少しの夢 根本ノンジ

ネット局[編集]

関連商品[編集]

  • ドラマ24「初森ベマーズ」公式ブロマイド(2015年8月7日 - 10月31日、セブン-イレブン[10]
  • 初森ベマーズ電子写真集 Vol.1(2015年8月14日、楽天Kobo)[53]
  • 初森ベマーズ電子写真集 Vol.2(2015年9月11日、楽天Kobo)[54]
  • ドラマ24「初森ベマーズ」公式写真集『君といた夏〜もうひとつのベマーズ〜』(2015年10月22日、幻冬舎[55]
  • ドラマ24 初森ベマーズ Blu-ray SPECIAL BOX・DVD BOX(2016年1月20日、東宝)[56]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一部系列局では他日振替[要出典]
  2. ^ マジすか学園(無印)』『マジすか学園2』『マジすか学園3』を当番組枠で放送[4]。『マジすか学園4』は日本テレビで放送[5]
  3. ^ 日京女子学院戦は補導されてしまったために[24]、磨黒水産女子高校では追試のため欠場[20]
  4. ^ 日京女子学院戦ではサード、磨黒水産女子高校戦ではファースト[20]
  5. ^ 日京女子学院戦はイマドキのふりをして出場したが発覚して退場になった鎌田に代わり代打で出場、サヨナラホームランを放ち、駒根知女子学園戦からユウウツに代わりレギュラーでサードになった[20]
  6. ^ 9回に、おっさんとばれて退場となった[20]
  7. ^ ベマーズのキャラクターは、呼び名はあくまでニックネームであって本名は演者と同じだが、このキャラクターは設定の関係から本名が「権田原キレイ」。
  8. ^ ただし、ベルサイユ音楽学校は鎌田が、磨黒水産女子高校はショパンが説明[20]
  9. ^ 第4球・第6球・第11球・最終球に、写真のみノンクレジット出演[20]

出典[編集]

  1. ^ “西野七瀬、乃木坂46総出演ドラマでオネエ役の手塚とおるに「美脚だー!」”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年6月9日). http://news.mynavi.jp/news/2015/06/09/043/ 2015年8月9日閲覧。 
  2. ^ a b c 乃木坂46、秋元康企画・原作のドラマ24『初森ベマーズ』で初主演”. テレビドガッチ. プレゼントキャスト (2015年5月23日). 2015年8月13日閲覧。
  3. ^ ドラマ24第40弾記念「初森ベマーズ」乃木坂46総出演の青春スポ根ドラマ! #5”. テレビ東京 (2015年8月7日). 2015年8月16日閲覧。
  4. ^ a b c “乃木坂46、ドラマ初主演!「初森ベマーズ」でスポ根ドラマに挑む”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2015年5月23日). http://eiga.com/news/20150523/2/ 2015年6月9日閲覧。 
  5. ^ 咲良&ぱるるの「マジすか学園4」Blu-ray&DVD-BOXが6月26日発売!”. エンタメNEXT. 徳間書店 (2015年3月23日). 2015年6月9日閲覧。
  6. ^ “乃木坂46、ドラマ初主演! 日本版「がんばれ! ベアーズ」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年5月23日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150522-OHT1T50265.html 2015年8月13日閲覧。 
  7. ^ “乃木坂46が連続ドラマ初主演。汗あり、涙あり、魔球ありのスポ根ドラマ”. インターネットTVガイド (東京ニュース通信社). (2015年5月23日). http://www.tvguide.or.jp/news/20150523/02.html 2015年8月13日閲覧。 
  8. ^ “乃木坂初主演はスポ根ドラマ「初森ベマーズ」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年5月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1480847.html 2015年5月26日閲覧。 
  9. ^ “乃木坂46「初森ベマーズ」東京メトロ12駅に12人のポスター掲出”. ナタリー (ナターシャ). (2015年7月4日). http://natalie.mu/music/news/152834 2015年8月14日閲覧。 
  10. ^ a b “乃木坂46「ドラマ24 初森ベマーズ」ブロマイド発売”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2015年8月7日). http://thetv.jp/news_detail/62949/ 2015年8月7日閲覧。 
  11. ^ “乃木坂46、連ドラ初主演 汗と涙の青春描く<メンバーコメント到着>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年5月23日). http://mdpr.jp/news/detail/1488874 2015年8月8日閲覧。 
  12. ^ a b “乃木坂46:スポ根青春ドラマに総出演 テレ東「ドラマ24」で7月から”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2015年5月23日). http://mantan-web.jp/2015/05/23/20150522dog00m200060000c.html 2015年8月8日閲覧。 
  13. ^ 成馬零一 (2015年8月11日). “乃木坂46に秋元康が託したものは? ドラマ『初森ベマーズ』と楽曲「太陽ノック」に共通する“青春””. Real Sound. サイゾー. 2015年8月14日閲覧。
  14. ^ “乃木坂46全員でドラマ初主演 ソフトボールチームの“青春”描く”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年5月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2053242/full/ 2015年8月13日閲覧。 
  15. ^ “女子ソフト上野由岐子&山本優、乃木坂46主演ドラマに参戦【エンタメ】”. 徳島新聞 (徳島新聞社). (2015年7月10日). http://www.topics.or.jp/entame/news/25927.html 2015年8月10日閲覧。 
  16. ^ a b タレント出演情報 TV, テアトルアカデミー, http://www.theatre.co.jp/activity-cat/tv 2015年7月22日閲覧。 
  17. ^ a b c d e f g h i j k l 関根弘康 「『初森ベマーズ』撮影現場に一日密着! ソフトボールの女神たち」『週刊プレイボーイ』2015年7月13日号、集英社、2015年6月29日、no.28。ASIN B00ZY6WV3Y
  18. ^ a b ななまる”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 「乃木坂46総出演の「ドラマ24「初森ベマーズ」」 ソフトボール対決は一時休戦」『TV Bros』平成27年6月20日号、東京ニュース通信社、2015年6月17日、47-54頁。
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp 乃木坂46 2016a乃木坂46 2016b
  21. ^ コテ”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  22. ^ ショパン”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  23. ^ 有限会社リミックス, Remix, http://www.remix-model.co.jp/ 2015年8月1日閲覧。 
  24. ^ a b c d e f 第③球 紙ヒコーキとホームラン”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  25. ^ イマドキ”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  26. ^ Junior Commercial Talent, スペースクラフトジュニア, http://spacecraft.co.jp/junior/ 2015年8月8日閲覧。 
  27. ^ アカデミー”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  28. ^ “乃木坂主演ドラマ、豪華ゲストにメンバー色めく”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年7月29日). http://mdpr.jp/news/detail/1507134 2015年8月8日閲覧。 
  29. ^ ブナン”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  30. ^ ハーバード”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  31. ^ カアチャン”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  32. ^ 苑美プロフィール, Waterblue, http://waterblue0420.info/g-sonomi.html 2015年7月22日閲覧。 
  33. ^ a b c d e f g h i j k “手塚とおる、乃木坂46主演ドラマでオネエの監督役「共演楽しみだった」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年6月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2054029/full/ 2015年6月9日閲覧。 
  34. ^ キレイ”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  35. ^ a b シェリー”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  36. ^ ドラマ24 初森ベマーズ 乃木坂46総出演の青春ソフトボールドラマ! #3”. テレビ東京. テレビ東京 (2015年). 2015年7月24日閲覧。
  37. ^ 権田原兼持”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  38. ^ a b c d 第⑤球 決戦の、幕が上がる”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  39. ^ a b c ““神スイング”で話題の稲村亜美、強打者役でドラマ出演”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年8月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2057249/full/ 2015年8月10日閲覧。 
  40. ^ a b 第⑥球 恋のデッドボール”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月14日閲覧。
  41. ^ “乃木坂46主演ドラマが撮了 西野七瀬「演じきらないとあかんって」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年8月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2057904/full/ 2015年9月10日閲覧。 
  42. ^ a b c 第⑨球 幻の変化球 VS 秘球「魚群」”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年9月4日閲覧。
  43. ^ a b c “乃木坂46『初森ベマーズ』で元読売ジャイアンツ・宮本和知が魔球“四蝋投”に挑戦”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年9月4日). https://dogatch.jp/news/tx/35019 2015年9月4日閲覧。 
  44. ^ 第①球 ここから、はじまる”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  45. ^ 第②球 伝説の監督”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月8日閲覧。
  46. ^ “乃木坂46 ドラマ「初森ベマーズ」高評価の理由”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2015年7月27日). http://news.dwango.jp/?itemid=23917 2015年8月7日閲覧。 
  47. ^ a b c d e f g h 第⑧球 封印された幻の変化球”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年9月8日閲覧。
  48. ^ ““乃木坂46総出演ドラマ『初森ベマーズ』元巨人投手・宮本和知が魔球に挑む”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年9月4日). http://news.mynavi.jp/news/2015/09/04/285/ 2015年9月5日閲覧。 
  49. ^ キッズモデル(女の子), WaterBlue, http://waterblue0420.info/g-yoshida.html 2015年9月20日閲覧。 
  50. ^ a b c “乃木坂46総出演! ソフトボールのスポ根ドラマで西野七瀬「結構、筋肉痛」”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年5月23日). http://news.mynavi.jp/news/2015/05/23/125/ 2015年5月26日閲覧。 
  51. ^ イントロダクション”. ドラマ24「初森ベマーズ」. テレビ東京 (2015年). 2015年8月6日閲覧。
  52. ^ a b c d e 【ドラマ24】初森ベマーズ”. 【ドラマ24】初森ベマーズ. テレビ東京 (2015年). 2015年5月29日閲覧。
  53. ^ “乃木坂46初主演ドラマ「初森ベマーズ」の電子版写真集 楽天Koboで先行予約販売開始”. ITmedia eBook USER (アイティメディア). (2015年7月25日). http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1507/25/news020.html 2015年8月15日閲覧。 
  54. ^ “乃木坂46総出演ドラマ『初森ベマーズ』電子写真集発売! 9月11日には第2弾も”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年8月14日). http://news.mynavi.jp/news/2015/08/14/456/ 2015年8月14日閲覧。 
  55. ^ 乃木坂46総出演ドラマ「初森ベマーズ」公式写真集発売決定!”. 幻冬舎plus. 幻冬舎 (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  56. ^ “乃木坂46、スポ根ドラマ『初森ベマーズ』を語る”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年8月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2058366/full/ 2015年8月29日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 乃木坂46 『初森ベマーズ』 東宝、2016年1月20日、Blu-ray SPECIAL BOX。TBR-25443D。ASIN B014F06AYU
  • 乃木坂46 『初森ベマーズ』 東宝、2016年1月20日、DVD BOX。TDV-25445D。ASIN B014F06AYK

外部リンク[編集]

テレビ東京 ドラマ24
前番組 番組名 次番組
不便な便利屋
(2015年4月11日 - 2015年6月27日)
初森ベマーズ
(2015年7月11日 - 9月26日)
孤独のグルメ Season5
(2015年10月3日 - 2015年12月19日)
BSジャパン 月曜日1:30 - 2:05枠
ネオスポ
( - 2015年9月28日)
初森ベマーズ
(2015年10月5日 - 2015年12月21日)
ネオスポ
(2016年1月11日 - )