高井麻巳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかい まみこ
高井 麻巳子
プロフィール
別名義 秋元 麻巳子(現姓)
生年月日 1966年12月28日
現年齢 49歳
出身地 日本の旗 日本福井県小浜市
血液型 O型
公称サイズ(1986年時点)
身長 / 体重 157.5 cm / 44 kg
BMI 17.7
スリーサイズ 80 - 58 - 83 cm
カップサイズ B
備考 靴サイズ:23.5 cm
活動
ジャンル アイドル
所属グループ おニャン子クラブ
著名な家族 秋元康(夫)
高井雅代(姉)
アイドル: テンプレート - カテゴリ

高井 麻巳子(たかい まみこ、1966年12月28日 - )は、日本の元アイドル。株式会社秋元康事務所監査役。現姓、秋元(あきもと)。福井県小浜市出身[要出典]

1985年昭和60年)から女性アイドルグループおニャン子クラブのメンバーで、会員番号は16番として芸能活動を行っていた。

略歴[編集]

女子美術短期大学中退[要出典]

1985年(昭和60年)に福井県立若狭高等学校を卒業。若狭高校時代は、取り立てて目立つ言動はしない生徒であったが、明るく快活な性格で友人も多く、人気者であった。ミス若高(じゃっこう)と呼ばれていた[1]。高等学校卒業後、美術大学進学を目指して予備校へ入学すべく上京。

1985年(昭和60年)4月、『夕やけニャンニャン』内のコーナー「アイドルを探せ」の出場者をスカウトをする企画で、原宿を歩いているときに伊藤克信にスカウトされる(が、番組側のやらせだったとの説もある[誰?])。同コーナーで「青い珊瑚礁」を歌い、おニャン子クラブ会員番号16番としてデビュー。同年9月、おニャン子クラブから初のソロデビューとなった河合その子のキャンペーンに「with おニャン子クラブ」として同行。同年10月、岩井由紀子(ゆうゆ)と2人でうしろゆびさされ組を結成、アニメハイスクール!奇面組』の主題歌『うしろゆびさされ組』でユニットデビュー。

1986年(昭和61年)6月、『シンデレラたちへの伝言』でソロデビューし、オリコン初登場1位を獲得。うしろゆびさされ組の活動と並行してシングル、アルバムを定期的に発売。

1987年(昭和62年)4月でおニャン子を卒業、女優として連続ドラマに出演するなど活動の幅を広げる。忌野清志郎のファンであることを音楽誌のインタビューで語り、それを契機にRCサクセションのアルバム『COVERS』にゲスト参加。

1988年(昭和63年)4月29日、ファンクラブ結成記念コンサート『Single's』をよみうりランドEASTで行う。同年5月23日、おニャン子の仕掛け人である秋元康と結婚し、突然芸能界を引退する[2]。その後、すぐに渡米。1年半ほどニューヨークに滞在し、秋元との新生活を始める。

2001年(平成13年)3月、長女出産。

結婚後は表立った活動はなかったが小説の挿絵などを手がけ、2002年(平成14年)、絵本『ぞうネコ』(秋元康・文、秋元麻巳子・絵)を出版。結婚後の活動はすべて「秋元麻巳子」名義。

2002年(平成14年)7月6日、秋元康がメレンゲの気持ちに出演した時に、高井が自宅の様子をビデオカメラで撮影した模様と、秋元が高井と長女を映したものが放映された。

人物[編集]

  • デビュー前からチェッカーズの大ファンで、特に藤井尚之が憧れの男性であると公言していた。レコード会社の担当ディレクターがチェッカーズの担当でもあったため、鶴久政治から楽曲の提供を受ける機会を得た(鶴久にとって自身のバンド以外に楽曲を提供したのは初めてであった。後に、岩井由紀子のシングル「25セントの満月」も作曲し提供している)。
  • おニャン子在籍中に映画『恋する女たち』に出演。主演の斉藤由貴と親友になり、一緒にニューヨーク旅行などもしている。その際の珍道中を、斉藤由貴の対談番組で夫の秋元康が楽しそうに暴露したことがある。高井本人も斉藤の著書『由貴的世界感情旅行』(角川書店)のあとがきに寄稿している。また斉藤の著書「私の好きなあの人のコト」(新潮社)に、高井の結婚にまつわるエピソードを含めたさまざまな話題が書かれている。
  • かつて尊敬する人物として豊臣秀吉田中角栄田中絹代の名を挙げていた[3]
  • 秋元康が猿岩石に詞を提供する際に用いたペンネーム「高井良斉」は、「高井は良妻」をもじったものと言われている。
  • FUJIWARA藤本敏史ペナルティのヒデがかつて大ファンだったと発言している。
  • 4人姉妹の次女。実家は自転車屋である。おニャン子クラブの楽曲『会員番号の唄』の歌詞にも盛り込まれた。姉はフジテレビの音楽番組 『夜のヒットスタジオ』などで活動していたダンスチーム「Dee-Dee」の高井雅代。同番組に歌手として出演した高井が歌唱する前に、司会の芳村真理・井上順(のちに古舘伊知郎)が姉がバックで踊ることについて尋ねることもあった。また夕やけニャンニャンで共演していたとんねるずも番組内で姉がDee-Deeであることを幾度となくネタにしていた[要出典]
  • 小学校の時は足が速くてかけっこではいつも1等賞だった。中学ではソフトボール部に入っていたが、レギュラーにはなかなかなれなかったものの、足の速さを買われて度々試合に出場していた。

作品[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

ビデオ[編集]

  • 時計じかけの小悪魔(ファントマ)(1987年7月5日
  • ファースト・コンサート DO・RA・MA(1987年7月21日

参加作品[編集]

出演[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「巻頭大特集 高井麻巳子」、『BOMB』1986年8月号、学習研究社1986年
  2. ^ ファンクラブ結成から僅か3週間余りだったこともあり、関係者やファンは困惑した。また、秋元には風当たりが強かった。結婚が明らかになってから高井自身の口からその件について語られることはなかった。
  3. ^ 『天才秋元塾―キミもなれるぞ! おニャン子成金』 扶桑社、105-106頁。ISBN 4-89353-077-1