ヲタクに恋は難しい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヲタクに恋は難しい
ジャンル 恋愛漫画
漫画
作者 ふじた
出版社 一迅社
掲載サイト pixiv→comic POOL
発表期間 2014年4月17日[1] -
巻数 既刊4巻(2017年10月現在)
アニメ
原作 ふじた
アニメーション制作 A-1 Pictures
製作 アニプレックスフジテレビジョン、一迅社
放送局 フジテレビ
放送期間 2018年4月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ヲタクに恋は難しい』(ヲタクにこいはむずかしい)は、ふじたによる日本漫画。隠れ腐女子と重度のゲームオタクの男性という、オタク同士の不器用な恋愛模様を描く[2]。略称は「ヲタ恋」。

本作は、イラストや漫画などの投稿・閲覧ができるソーシャル・ネットワーキング・サービスpixivから誕生した漫画である。2014年にpixivへの投稿が開始され[3]、同サイトで発表されているオリジナル漫画の中で歴代1位のブックマーク数を記録した[2]。その後もpixivで連載が続けられていたが[4]2015年11月にpixivと一迅社が共同でウェブコミック配信サイト「comic POOL」を立ち上げてからは、comic POOLで連載が行われている[5]。また、2015年4月に一迅社から書籍化されており[2]、以降も一迅社からコミックスが続刊されている。

書籍化以前から、オタク趣味を持つ女性たちから広く共感を得ており、2014年に創設された次にくるマンガ大賞では「本にして欲しいWebマンガ部門」の1位になった[6]。書籍化が実現した2015年には、『このマンガがすごい!』でオンナ編の1位に輝いている[7]

あらすじ[編集]

作者は、書籍化の話をもらった時点で「1冊だけで完成する落としどころを考えようと思った」といい、第2巻以降については、本作をもっと読みたい人向けのボーナス・トラックのような感じであると発言している[8]。そのため、本節では「第1巻」と「第2巻以降」に分けてあらすじを記載する。

第1巻[編集]

桃瀬成海は、会社の同僚と交際していたが、腐女子であることがバレたことがきっかけでフラれてしまい、その同僚と顔を合わせづらくなり転職。転職先で、幼馴染である二藤宏嵩と再会する。成海にとって宏嵩は自分の趣味を隠すことなく付き合えるオタク友達であり、そのため宏嵩と交際する気はなかったが、ある夜、宏嵩は成海に自分と交際した際のメリットを説き、それを受けて2人は交際を始める。

しかし、交際を開始した当初、成海は気まずさから宏嵩を避けてしまい、宏嵩も成海との距離の取り方が分からず、2人はギクシャクしてしまう。2人の同僚である小柳花子と樺倉太郎は、2人を気遣って行動を起こすが、その結果、小柳と樺倉の間で口論となってしまう。その間に成海と宏嵩は互いの気持ちを伝え合い、ギクシャクした状態は解消される。なお、この後、樺倉が小柳のことを名前で呼び、名前で呼ばれた小柳が顔を赤らめる光景を見た成海は、2人が交際していることに気付く。また、小柳と樺倉も成海や宏嵩と同じくオタク趣味であり、この一件以来、4人は行動を共にする機会が多くなる。

ある日、4人は一緒に酒を飲むが、この席で小柳と樺倉が喧嘩をしてしまう。2人はすぐ仲直りするが、小柳が吐露した「オタク同士で楽だから、樺倉は自分と交際しているのだろうか」という悩みが、成海の心に引っ掛かりを残してしまう。成海は宏嵩に不安をぶつけるが、それに対して宏嵩は、好きなことをしているときの成海が大好きだと答える。

第2巻以降[編集]

ある日、成海は喫茶店で、1人の男性と再会する。その場に居合わせた小柳と樺倉は、男性を成海の元彼ではないかと疑うが、その男性は宏嵩の弟・尚哉であった。小柳によって喫茶店に呼ばれた宏嵩も合わせて、5人は宏嵩の自宅へ行くことになるが、そこで尚哉が非オタであり、かつゲームも下手であることが発覚する。

その後も、成海・宏嵩・小柳・樺倉の4人はよく行動を共にしていたが、宏嵩は、交際する前と比べて成海との距離感があまり変わっていないことに気付き、成海をテーマパークデートに誘う。デート先で小柳と鉢合わせした宏嵩は、小柳にその悩みを打ち明けるが、小柳から「ゆっくり変わっていけばいい」とアドバイスされ、それを受け入れる。

また、尚哉は、アルバイト先で、同じ大学の学生・桜城光と出会う。彼女がゲームをしている姿が兄のそれと被った尚哉は、光と友達になり、彼女がプレイしているオンラインゲームをプレイするようになる。尚哉ははじめ、光のことを自分と同性だと思っていたが、ある日、一緒にゲームセンターで遊んだ際、光が女性であることに気づき、衝撃を受ける。

登場人物[編集]

※「声」は本作のプロモーション・ビデオ、および本作を原作としたテレビアニメにおける声優

桃瀬 成海(ももせ なるみ)
声 - 伊達朱里紗[9][10]
誕生日:5月3日 / 星座:おうし座 / 身長:154センチメートル / 血液型:A型
本作の主人公。26歳のOL。
腐女子であり、加えて乙女ゲームや三次元のアイドル、コスプレなど、様々なジャンルを愛好する[11]コミックマーケットにサークル参加する[12]など、同人活動も行っている。ただし、宏嵩・小柳・樺倉の3人以外には、オタク趣味のことは隠している。
お茶出しを上手くこなせないなど会社員としては有能とは言い難いが[13]、一方で女子力は高い[14]。また貧乳[12]、作中ではしばしば胸のことをネタにされている。
二藤 宏嵩(にふじ ひろたか)
声 - 伊東健人[9][10]
誕生日:3月20日 / 星座:うお座 / 身長:184センチメートル / 体重:70キログラム(たまに70キログラムを切ることもある) / 血液型:B型
成海の幼馴染。26歳のサラリーマン。
イケメンで仕事もできるが、重度のゲームオタク[13]。感情があまり顔に出ないが、メールの文面でのテンションは高く[15]LINEでは顔文字を多用するといった一面もある[12]
成海に対しては勤務先で再会する前から好意を抱いており[16]、交際を開始してからはしばしば大胆なアプローチを見せる。
小柳 花子(こやなぎ はなこ)
声 - 沢城みゆき[9][10]
誕生日:8月28日 / 星座:おとめ座 / 身長:167センチメートル / 血液型:AB型
成海の同僚。27歳のOL。
男性キャラ専門のコスプレイヤー[12]。BLも愛好しており、同じくBLを愛好する成海とは「花ちゃん」「なる」と呼び合う仲だが[17]、推しカップリングはいつも逆になる[18]。酒も好きだが弱く[17]、悪酔いしやすい。
樺倉とは高校が同じで[19]、彼の1年後輩にあたる[20]。当初は漫画やアニメのよさが理解できないでいたが[21]、彼の話を理解しようとアニメを見るようになる[22]。その後、高校3年生のときにコスプレを始め[23]、現在に至る。
樺倉 太郎(かばくら たろう)
声 - 杉田智和[9][10]
誕生日:11月9日 / 星座:さそり座 / 身長:180センチメートル / 体重:72キログラム / 血液型:O型
宏嵩の同僚。28歳のサラリーマン。
強面だが、真面目で面倒見がよい[24]。オタク趣味の持ち主だが、そのことは基本的に周囲に隠している[24]
小柳とは高校在学中、部活動の関係から争いを繰り広げていた間柄であるが[19]、樺倉が高校を卒業した日から交際を開始し[25]、現在に至る。現在も小柳とは喧嘩が絶えないが、一方で密かにお揃いのペンダントを着用しているという一面もある[12]
二藤 尚哉(にふじ なおや)
声 - 梶裕貴[9][10]
誕生日:4月21日 / 星座:おうし座 / 身長:177センチメートル / 血液型:AB型
宏嵩の弟。19歳の大学生。
兄とは対照的に社交的で表情豊かだが[26]、非オタでゲームは下手。成海たちの職場の近くにある喫茶店でアルバイトをしている。一条良樹、三井健介という友人がおり、2人とは幼稚園時代からの仲である[27]
桜城 光(さくらぎ こう)
身長:170センチメートル / 血液型:A型
尚哉と同じ大学に通う学生。
ゲームオタク。内向的な性格でコミュニケーションは苦手[28]。女性であるが男性と間違われやすく[28]、尚哉からは「こーくん」と呼ばれている。

特徴[編集]

作風[編集]

本作では、成海と宏嵩の2人と、その周りの人物の恋愛模様やオタクっぷりが、オタクらしさ全開で描かれている[29]。作中にはインターネットスラングや実在するゲームのネタなどが登場し[12]、またオタクの共感を呼ぶエピソードが多数描かれている[13]。同時に、幼馴染との恋愛や社内恋愛といった、読者をときめかせる要素も手広く盛り込まれており[30]、ライターの山王さくらこは本作について、「ヲタ系の言葉やシチュエーションに幻惑されがち」だが、実際には「誰にでも思い当たる心の動きを描いた恋愛マンガ」である、と評している[31]

作者は、自身の得意な漫画は「1ページでオチがあるギャグ」であると発言しており[32]、本作も1ページから数ページのショートストーリーを組み合わせた形で構成されている[33]

プロモーション・ビデオ[編集]

本作に関する情報は、プロモーション・ビデオを用いて告知が行われることが恒例となっている[34]。本作の発行元である一迅社は、視聴者の予想を裏切るユニークなCMを手掛けることで知られるが[35]、本作のプロモーション・ビデオでは、キャラクターの掛け合いによって情報を告知する、というスタイルが採られている[36]。なお、プロモーション・ビデオの脚本は、作者のふじたが執筆している[37]

制作背景[編集]

作者は、漫画家としてデビューする前にデザイン専門学校に通っており[32]、本作の制作には専門学校時代の学友たちが大きく関係している[38]。作者によると、当時の学友には様々なジャンルのオタクがおり、そこに男女の恋愛を絡めつつ、ギャグ要素を強くした漫画を描いたら面白いのではないか、と考えたことが、本作の着想のきっかけであったという[39]。また、学友たちとは、互いにキャラクターを作って、そのキャラクターを基に話を考えるという遊びをよくしており、学友と話しながらブラッシュアップした結果、成海と宏嵩の話が面白くできあがったため、学友の許可を得て漫画化したのだという[40]

作者は、本作を執筆したきっかけについて「マンガのリハビリのような感じ」だったと発言している[41]。当時、作者は専門学校を卒業して上京するも、漫画の企画が通らないという状況が続いていた[32]。そのような状況下で、次第に「マンガってどうやって描いたら楽しかったのか」ということが分からなくなってしまったため、それを思い出すために、作者自身が楽しいと思う漫画として描かれたのが本作であった[41]

なお、一迅社の担当編集者によると、書籍化の話は、本作が次にくるマンガ大賞で「本にして欲しいWebマンガ部門」の1位になる前から持ち上がっていたという[41]

テレビアニメ[編集]

2017年7月、本作を原作としたテレビアニメの制作が発表された。発表にあたっては複数のプロモーション・ビデオが用いられ、まず7月13日に公開されたプロモーション・ビデオにて、7月20日19時に本作に関する告知があることが発表された[10]。その後、7月20日19時から、東京・新宿アルタビジョンにてプロモーション・ビデオが放映され、その中で本作のテレビアニメ化が発表された[10]。アニメーションの制作はA-1 Picturesが担当し、2018年4月から、フジテレビの「ノイタミナ」にてテレビアニメが放送される予定である[42]

評価[編集]

ライターの山脇麻生は本作について、ゲームやアニメのネタに加えて恋愛描写も随所に盛り込まれているという「間口の広さ」が、読者の支持を得ることに繋がったと述べている[33]

music.jpニュースのコラムでは、本作は「綺麗な絵で恋愛マンガ要素が強くどちらかというと女性向け」と紹介されており[43]、実際に一迅社によると、本作は特に20歳代の女性から支持を得ているという[44]。ライターの粟生こずえは、恋愛を一番には考えていないオタク2人が少しずつ恋人らしくなっていくという本作の展開は、王道の恋愛漫画に通じるものがあると評している[8]

賞歴・ノミネート歴[編集]

発表年 部門 対象 結果
2014 第1回次にくるマンガ大賞 本にして欲しいWebマンガ部門 ヲタクに恋は難しい 1位[45]
2015 このマンガがすごい!2016 オンナ編 1位[46]
2015 コレ読んで漫画RANKING BEST50 11位[47]
2016 全国書店員が選んだおすすめコミック2016 8位[48]
第6回 NEXTブレイク漫画RANKING BEST50 6位[49]
2017 全国書店員が選んだおすすめコミック2017 9位[50]
第41回講談社漫画賞 一般部門 ノミネート[51]
WEBマンガ総選挙 一般部門 1位[52]

商業的評価[編集]

コミックス第1巻の発行部数は、初版8万部からスタートし、2016年3月1日の時点で100万部を突破した[44]。また、第2巻と第4巻はオリコンチャートの週間コミックランキングで1位を獲得しており[53]、第4巻までのコミックスの累積売上部数は262.1万部にのぼる[54]

日本出版販売の調査によると、コミックス第1巻は発売3週目にほぼ完売し、重版が行われた後も売上は高止まりしていたという[55]コルクの代表・佐渡島庸平は、本作について、第1巻が発売される前からインターネット上で話題になっていたことが、第1巻の売上増加に繋がったと分析している[56]

本作は電子書籍の分野でも実績を残している。電子書籍レンタルサイト「Renta!」が発表したジャンル別売り上げランキングにおいて、本作は2015年から2年連続で少女漫画部門の1位を獲得している[57]

書誌情報[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ふじた (2014年4月17日). “ヲタクに恋は難しい”. pixiv. 2017年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  2. ^ a b c ヲタク同士の恋描くWEBマンガ「ヲタクに恋は難しい」書籍化決定”. コミックナタリー. ナターシャ (2015年4月17日). 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  3. ^ 小間井藍子 (2016年8月5日). “ウェブで人気 単行本化続々”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞社. 2017年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  4. ^ 三木美波. “ヲタクに恋は難しいのか? ヲタップル声優と作者が和気あいあいトーク”. コミックナタリー. ナターシャ. p. 3. 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  5. ^ 一迅社×pixivのWebマンガ誌・comic POOL誕生、「ヲタ恋」など連載”. コミックナタリー. ナターシャ (2015年10月30日). 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  6. ^ マンガ好き27692人が選んだ「本にして欲しいWebマンガ」ベスト10 【次にくるマンガ大賞】”. ダ・ヴィンチニュース (2014年12月24日). 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  7. ^ このマンガがすごい!2016:「ダンジョン飯」「ヲタ恋」が選出”. MANTANWEB. 毎日新聞社 (2015年12月10日). 2017年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  8. ^ a b 『このマンガがすごい!2016』 『このマンガがすごい!』編集部、宝島社、2015年、33頁。ISBN 978-4-8002-4731-5
  9. ^ a b c d e ふじた 『ヲタクに恋は難しい 2』 一迅社、2016年、126頁。ISBN 978-4-7580-0899-0
  10. ^ a b c d e f g 『ヲタクに恋は難しい』TVアニメ化 来年4月”ノイタミナ”で”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年7月21日). 2017年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  11. ^ ふじた 『ヲタクに恋は難しい 1』 一迅社、2015年、18頁。ISBN 978-4-7580-0846-4
  12. ^ a b c d e f ヲタク同士の不器用な恋愛を描くマンガ『ヲタクに恋は難しい』”. music.jpニュース (2016年8月25日). 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  13. ^ a b c pixivから生まれた人気コミック『ヲタクに恋は難しい』を読むべき3つの理由”. music.jpニュース (2016年3月3日). 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  14. ^ 『このマンガがすごい!2016』 『このマンガがすごい!』編集部、宝島社、2015年、31頁。ISBN 978-4-8002-4731-5
  15. ^ ふじた 『ヲタクに恋は難しい 1』 一迅社、2015年、19頁。ISBN 978-4-7580-0846-4
  16. ^ ふじた 『ヲタクに恋は難しい 2』 一迅社、2016年、104-105頁。ISBN 978-4-7580-0899-0
  17. ^ a b ふじた 『ヲタクに恋は難しい 1』 一迅社、2015年、37頁。ISBN 978-4-7580-0846-4
  18. ^ ふじた 『ヲタクに恋は難しい 3』 一迅社、2016年、33頁。ISBN 978-4-7580-0934-8
  19. ^ a b ふじた 『ヲタクに恋は難しい 1』 一迅社、2015年、29頁。ISBN 978-4-7580-0846-4
  20. ^ ふじた 『ヲタクに恋は難しい 4』 一迅社、2017年、42-43頁。ISBN 978-4-7580-0951-5
  21. ^ ふじた 『ヲタクに恋は難しい 4』 一迅社、2017年、50頁。ISBN 978-4-7580-0951-5
  22. ^ ふじた 『ヲタクに恋は難しい 4』 一迅社、2017年、86頁。ISBN 978-4-7580-0951-5
  23. ^ ふじた 『ヲタクに恋は難しい 4』 一迅社、2017年、93頁。ISBN 978-4-7580-0951-5
  24. ^ a b ふじた 『ヲタクに恋は難しい 1』 一迅社、2015年、36頁。ISBN 978-4-7580-0846-4
  25. ^ ふじた 『ヲタクに恋は難しい 1』 一迅社、2015年、96頁。ISBN 978-4-7580-0846-4
  26. ^ ふじた 『ヲタクに恋は難しい 2』 一迅社、2016年、31頁。ISBN 978-4-7580-0899-0
  27. ^ ふじた 『ヲタクに恋は難しい 4』 一迅社、2017年、113頁。ISBN 978-4-7580-0951-5
  28. ^ a b ふじた 『ヲタクに恋は難しい 3』 一迅社、2016年、96頁。ISBN 978-4-7580-0934-8
  29. ^ 月乃雫 (2015年4月30日). “pixivで大人気! ヲタク同士の恋愛を描く『ヲタクに恋は難しい』がついに書籍化!!”. ダ・ヴィンチニュース. 2017年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  30. ^ 高橋紗也子 (2016年4月11日). “リア充爆発しろ!ヲタクじゃない人にこそ捧げたい王道 (?) 胸キュンラブストーリー『ヲタクに恋は難しい』”. マンガHONZ. 2016年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  31. ^ 山王さくらこ (2015年6月3日). “『ヲタクに恋は難しい』(ふじた)ロングレビュー! 腐女子とゲーヲタが三次元で恋愛ってワロスwwwww”. このマンガがすごい!WEB. 宝島社. p. 2. 2017年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  32. ^ a b c pixiv発「本にしてほしいWEBマンガ」部門1位! ふじたインタビュー”. ダ・ヴィンチニュース (2015年2月13日). 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  33. ^ a b 『このマンガがすごい!2016』 『このマンガがすごい!』編集部、宝島社、2015年、59頁。ISBN 978-4-8002-4731-5
  34. ^ 「このマンガがすごい! 2016」オンナ編1位『ヲタクに恋は難しい』最新巻が今冬発売決定”. ダ・ヴィンチニュース (2016年9月7日). 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  35. ^ ヲタクに恋は難しい:ピクシブ発の人気ウェブマンガ 異色のPVとCM公開”. MANTANWEB. 毎日新聞社 (2015年4月17日). 2017年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  36. ^ 天汐香弓 (2017年7月21日). “『ヲタクに恋は難しい』テレビアニメ化決定 ノイタミナ枠で2018年4月放送”. おたくま経済新聞. 2017年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  37. ^ 三木美波. “ヲタクに恋は難しいのか? ヲタップル声優と作者が和気あいあいトーク”. コミックナタリー. ナターシャ. p. 4. 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  38. ^ ふじた 『ヲタクに恋は難しい 1』 一迅社、2015年、126頁。ISBN 978-4-7580-0846-4
  39. ^ 三木美波. “ヲタクに恋は難しいのか? ヲタップル声優と作者が和気あいあいトーク”. コミックナタリー. ナターシャ. p. 1. 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  40. ^ ふじた (2015年12月15日). ふじた『ヲタクに恋は難しい』インタビュー 【祝!「このマンガがすごい!2016」オンナ編1位!!】 マジレスすれば、ヲタクでなくても恋って難しいものでしょ. インタビュアー:粟生こずえ. このマンガがすごい!WEB.. オリジナルの2017-06-24時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170624221651/http://konomanga.jp/interview/50166-2 2017年10月9日閲覧。 
  41. ^ a b c 粟生こずえ (2015年12月12日). “ふじた『ヲタクに恋は難しい』インタビュー 【祝!「このマンガがすごい!2016」オンナ編1位!!】 恋愛より趣味重視のヲタク同士の不器用ラブにニヤニヤときどき胸キュン”. このマンガがすごい!WEB. 宝島社. 2017年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  42. ^ 「ヲタクに恋は難しい」2018年4月スタート、アニメ化決定記念PVも公開”. コミックナタリー. ナターシャ (2017年7月21日). 2017年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  43. ^ 今年も残りわずか!2015年のトレンド「WEB漫画の逆襲」って?【連載第3回】”. music.jpニュース (2015年10月18日). 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  44. ^ a b ヲタクに恋は難しい:ピクシブの人気ウェブマンガがコミックス100万部突破 一迅社が社名変更後初のミリオン”. MANTANWEB. 毎日新聞社 (2016年3月1日). 2017年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  45. ^ 【次にくるマンガ大賞】『本にして欲しいWebマンガ部門』結果発表!”. 次にくるマンガ大賞チャンネル (2014年12月19日). 2017年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月23日閲覧。
  46. ^ 『このマンガがすごい!2016』 『このマンガがすごい!』編集部、宝島社、2015年、26頁。ISBN 978-4-8002-4731-5
  47. ^ エンタミクスが今年のマンガBEST50を発表、1位は「僕だけがいない街」”. コミックナタリー. ナターシャ (2015年12月19日). 2017年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月23日閲覧。
  48. ^ 全国書店員が選んだマンガランキング2016、1位は「ダンジョン飯」”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年2月4日). 2017年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  49. ^ 書店員が選んだNEXTブレイク作品50、1位は咲坂伊緒「ふりふら」”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年7月20日). 2017年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  50. ^ 1位は「からかい上手の高木さん」!書店員が選んだマンガランキング2017”. コミックナタリー. ナターシャ (2017年2月1日). 2017年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  51. ^ 「第41回講談社漫画賞発表」、『週刊少年マガジン』第59巻第30号、講談社2017年7月12日、 469-473頁。
  52. ^ WEBマンガ総選挙、「ヲタクに恋は難しい」「うらみちお兄さん」が受賞”. コミックナタリー. ナターシャ (2017年9月9日). 2017年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  53. ^ TVアニメ化決定「ヲタクに恋は難しい」4巻がシリーズ通算2作目のコミック部門首位獲得”. music.jpニュース (2017年8月3日). 2017年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  54. ^ 「ヲタ恋」、アニメ化発表で注目度高まる”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年9月21日). 2017年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  55. ^ 「次にくるマンガ大賞」の受賞作品は本当に「きた」のか検証してみた”. ダ・ヴィンチニュース (2016年1月13日). 2016年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  56. ^ 角野信彦 (2015年11月30日). “「売れた第1巻」の法則について考える!!Vol.01”. マンガHONZ. 2016年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  57. ^ 『逃げ恥』がヤングレディース部門1位 - Renta!年間売り上げランキング発表”. マイナビニュース. マイナビ (2016年12月9日). 2017年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。

一迅社WEB[編集]

以下の出典は『一迅社WEB』(一迅社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ ヲタクに恋は難しい (1)”. 2017年4月23日閲覧。
  2. ^ ヲタクに恋は難しい (2)”. 2017年4月23日閲覧。
  3. ^ ヲタクに恋は難しい (3)”. 2017年4月23日閲覧。
  4. ^ ヲタクに恋は難しい (4)”. 2017年10月9日閲覧。

外部リンク[編集]

フジテレビ ノイタミナ
前番組 番組名 次番組
ヲタクに恋は難しい
-