一度死んでみた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一度死んでみた
監督 浜崎慎治
脚本 澤本嘉光
製作 吉田繁暁
松崎薫
永江智大
山邊博文
出演者 広瀬すず
吉沢亮
堤真一
リリー・フランキー
小澤征悦
嶋田久作
木村多江
松田翔太
加藤諒
でんでん
柄本時生
前野朋哉
清水伸
遠山大輔
西野七瀬
城田優
原日出子
真壁刀義
本間朋晃
野口聡一JAXA 宇宙飛行士
佐藤健
池田エライザ
志尊淳
古田新太
大友康平
竹中直人
妻夫木聡
音楽 ヒャダイン
撮影 近藤哲也
編集 小池義幸
制作会社 ギークサイト
製作会社 松竹
フジテレビジョン
配給 松竹
公開 日本の旗 2020年3月20日
台湾の旗 2020年5月22日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

一度死んでみた』(いちどしんでみた)は、2020年3月20日公開の日本映画[1]。監督は浜崎慎治、主演は広瀬すず[2]

薬を飲んで仮死状態になった父親を火葬から救うべく、デスメタルバンドのボーカルである娘がゴースト社員である男性と協力して奮闘していく姿を描くコメディ[2]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

野畑七瀬
演 - 広瀬すず
売れないデスメタルバンド「魂ズ」のボーカルを務める女子大生。父親と2人暮らしだが、大の父親嫌いで存在自体を疎ましく思っている。
松岡卓
演 - 吉沢亮[2]
計の秘書。あまりの存在感の無さに「ゴースト」と呼ばれている。
野畑計
演 - 堤真一[2]
七瀬の父親で野畑製薬の社長。会社乗っ取りを企てるライバル企業のスパイ社員を炙り出そうと「2日間だけ仮死状態になる薬」を飲んだものの、ライバル企業の策略により2日後に火葬される事態に陥ってしまう。
火野
演 - リリー・フランキー[3]
計が「2日間だけ仮死状態になる薬」を飲んだのがきっかけで仮死状態になった際に現れた天国への案内人。
渡部
演 - 小澤征悦
野畑製薬に勤務する計の秘書。
田辺
演 - 嶋田久作
野畑製薬のライバル会社である「ワトスン製薬」社長。計を亡き者にしようと企てる。
野畑百合子
演 - 木村多江
計の妻および七瀬の母。
藤井
演 - 松田翔太[3]
計が飲んだ「2日間だけ仮死状態になる薬」を発明した研究員。
オタク
演 - 加藤諒
七瀬がいるバンド「魂ズ」を応援するオタク。
ラーメン店の店主
演 - でんでん
七瀬が足繁く通うラーメン店の店主。
野畑製薬の社員
演 - 柄本時生前野朋哉清水伸西野七瀬[4]
警備員
演 - 城田優
野畑製薬の警備員。
掃除のおばさん
演 - 原日出子
野畑製薬に通う掃除のおばさん。
ワトスン製薬の手下
演 - 真壁刀義本間朋晃
宇宙飛行士
演 - 野口聡一JAXA 宇宙飛行士
ボーイ
演 - 佐藤健[4]
高級クラブのボーイ。
あかね
演 - 池田エライザ[4]
高級クラブに勤務するキャバクラ嬢。
野畑製薬の社員
演 - 志尊淳[3]
同僚
演 - 古田新太
計の元同僚。
ジェームズ布袋
演 - 大友康平
音楽ディレクター。
坊主
演 - 竹中直人
百合子の葬儀で奇妙な読経を挙げる坊主。
支配人
演 - 妻夫木聡[3]
計の葬儀に使用される「クラウンホテル」の支配人。
魂ズ
桃子
演 - 安藤ニコ[5]
ギター担当。
念持
演 - スズキリクオ[5]
ドラム担当。
ほのか
演 - 鈴木つく詩[5]
ベース担当。
アナウンサー
演 - 久慈暁子(フジテレビアナウンサー)

スタッフ[編集]

関連商品[編集]

ノベライズ[編集]

  • 澤本嘉光・鹿目けい子(著)、幻冬舎文庫、2019年11月14日発売、ISBN 978-4-344429-15-4[6]
  • 澤本嘉光(映画脚本)・石井睦美(著)・榊アヤミ(絵)、角川つばさ文庫、2019年12月13日発売、ISBN 978-4-04-631943-2[7]

コミカライズ[編集]

  • 澤本嘉光(映画脚本)・葛目迅(作画)、『LINEマンガ』連載。

脚注[編集]

外部リンク[編集]