岩本ナオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩本 ナオ
生誕 日本の旗 日本岡山県[1]
活動期間 2004年(平成16年) -
ジャンル 少女漫画
受賞
テンプレートを表示

岩本 ナオ(いわもと ナオ、1月10日[1] - )は、日本漫画家岡山県出身[1]血液型はO型[1]

概要[編集]

経歴[編集]

2004年、「その彼女の存在」で第10回月刊フラワーズコミックオーディション金の花賞を受賞し、『月刊フラワーズ』(小学館)2004年5月号に掲載されデビュー。以降、同誌や『凛花』(小学館)で作品を発表。2007年から『月刊フラワーズ』で『町でうわさの天狗の子』を連載しており[注 1]、同作で第55回(平成21年度)小学館漫画賞少女向け部門を受賞。2016年に『金の国 水の国』にて、「このマンガがすごい!2017」オンナ編1位受賞[2]

作風[編集]

「自分が育った土地を舞台にした作品しか描けない」・「連載するのに自分の知らない土地を長期間舞台にするのは緊張する」と公言しており、田舎を舞台にした作品が多い。『Yesterday, Yes a day』に登場する家屋は自身の実家をモデルにしている。

作画には、以下の道具を使用している。(『季刊エス』インタビューより)

  • モノクロ
    • 原稿用紙はIC135g
    • ペン先はゼブラ丸ペンの固いタイプ
    • スクリーントーンはデリータ
    • インクは、人物がデリータの六番、背景はPILOT製図用。
  • カラー
    • 主線はデリータの三番、ペン先はモノクロと同じ
    • 着彩はウィンザー&ニュートン(Winsor & Newton

作品リスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年1月現在。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 小学館コミック -フラワーズ- 岩本ナオ PROFILE”. 小学館. 2013年2月6日閲覧。
  2. ^ 【インタビュー】岩本ナオ『金の国 水の国』【祝!『このマンガがすごい!2017』オンナ編1位!!】 ”. このマンガがすごい!WEB. 宝島社 (2016年12月10日). 2017年3月12日閲覧。
  3. ^ GIANT KILLINGムック連載のサッカー観戦コミックエッセイ。
  4. ^ 岩本ナオがモーニングに登場、野球部を舞台にした新作読み切り”. コミックナタリー (2015年9月24日). 2015年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]