ハーモニー (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーモニー
著者 伊藤計劃
発行日 2008年12月18日
発行元 早川書房
ジャンル SF
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 354
コード ISBN 9784152089922
ISBN 9784150310196(文庫版)
ISBN 9784150311667(新装版)
テンプレートを表示

ハーモニー』 <harmony/> は、伊藤計劃の長編SF小説。2008年12月にハヤカワSFシリーズ Jコレクションの一冊として刊行。第40回星雲賞(日本長編部門)および第30回日本SF大賞受賞。「ベストSF2009」国内篇第1位。2010年12月文庫版が刊行。

2015年にフジテレビノイタミナムービー」第2弾「伊藤計劃プロジェクト」として『虐殺器官』と共に劇場版アニメ化されることが発表されている[1]。映画公開に先駆けて、2014年8月8日にはredjuiceが手掛けた新ビジュアルカバーの新装版が『虐殺器官』と同時に早川書房から刊行された[2]

また、月刊ニュータイプにて創刊30周年記念企画として『虐殺器官』と共にコミカライズがされる事が決定した[3]

ストーリー[編集]

2019年アメリカ合衆国で発生した暴動をきっかけに全世界で戦争と未知のウィルスが蔓延した「大災禍(ザ・メイルストロム)」によって従来の政府は崩壊し、新たな統治機構「生府」の下で高度な医療経済社会が築かれ、そこに参加する人々自身が公共のリソースとみなされ、社会のために健康・幸福であれと願う世界が構築された。ザ・メイルストロムから半世紀を経た頃、女子高生の霧慧トァンは生府の掲げる健康・幸福社会を憎悪する御冷ミァハに共感し、友人の零下堂キアンと共に自殺を図ったが、途中で生府に気付かれ失敗し、ミァハだけが死んでしまう。

13年後、WHO螺旋監察事務局の上級監察官として活動していたトァンは、ニジェールの戦場で生府が禁止する飲酒・喫煙を行っていたことが露見し日本に送還されてしまう。日本に戻ったトァンはキアンと再会し昼食を共にするが、そこでキアンは「ごめんね、ミァハ」という言葉を残し自殺する。同時刻に世界中で6,582人の人々が一斉に自殺を図る同時多発自殺事件が発生し、螺旋監察事務局が捜査に当たることになった。トァンは事件に死んだはずのミァハが関係していると考え、ミァハの遺体を引き取った冴紀ケイタの許を訪れた。そこでトァンは、父親である霧慧ヌァザが人間の意志を操作する研究を行っていたことを聞かされ、ヌァザの研究仲間ガブリエル・エーディンがいるバグダッドに向かおうとする。その際、トァンは自殺直前のキアンがミァハと通話していたことを知り、ミァハが生きていたことに驚愕する。

バグダッドに向かう途中、トァンはインターポール捜査官のエリヤ・ヴァシロフから接触を受け、生府上層部に人間の意志を操る「次世代ヒト行動特性記述ワーキンググループ」という組織があり、同時多発自殺事件に関与していることを聞かされる。また、空港に向かう車内で同時多発自殺事件を実行した犯人の犯行声明がテレビ放送され、「健康・幸福社会を壊すため、1週間以内に誰か1人を殺さなければ、世界中の人間を自殺させる」と宣言した。トァンは犯人の思考がミァハと同じことに気付き、バグダッド行きの飛行機に乗り込む。

バグダッドに到着したトァンはエーディンと面会するが、その日の夜に「次世代ヒト行動特性記述ワーキンググループ」の中心人物である父ヌァザからの接触を受ける。ヌァザはトァンに人間の意志を制御しザ・メイルストロムの再来を防ぐ「ハーモニー・プログラム」のために研究を行い、その実験体としてミァハをバグダッドに連れて来たと語った。しかし、ヌァザは「研究の副作用として、"ハーモニー・プログラム"を実施した場合、人間の意識が消滅してしまう」として、同時多発自殺事件は「ハーモニー・プログラム」を実行するために急進派のミァハが仕組んだことだと伝えた。そこにミァハの仲間のヴァシロフが現れヌァザを拘束しようとするが、トァンと相打ちになって重傷を負い、トァンをかばったヌァザは死んでしまう。トァンはヴァシロフから「ミァハはチェチェンで待っている」と聞かされ、チェチェンに向かう。

1週間の期限を迎えた日、チェチェンの山奥にある旧ロシア軍基地でトァンに再開したミァハは「生府の健康・幸福社会によって居場所を失った多くの人々が自殺している」として、「人間の意識を消滅させて世界を“わたし”から救う」と真意を語った。トァンはキアンとヌァザの復讐のため「ミァハの望む世界を実現させるけど、それを与えない」と伝えミァハを射殺する。復讐を果たしたトァンは息絶える寸前のミァハと共に基地の外に出て、「人間の意識=わたし」が消滅する世界に別れを告げる。

登場人物[編集]

霧慧 トァン(きりえ トァン)
WHO螺旋監察事務局の上級監察官の女性。少女時代は親密さを強要する社会に逼塞し、反社会的なミァハに心酔していた。そのミァハの提案によりキアンと共に自殺を試みるも失敗、その後は螺旋監察官となり世界中の紛争地帯に出向くことになる。健康監視システムの情報を欺瞞し、戦場で不法に入手した「不健康な嗜好品」を嗜んでいる。
御冷 ミァハ(みひえ ミァハ)
トァンの友人だった少女。孤独を好む性格と独特の言動により周囲から孤立していたが、同じく周囲と馴染めなかったトァンとキアンとは親密な関係になる。明晰な頭脳と医療社会への反抗心を持ち、社会をいかにして破壊するかを模索していた。「社会への反抗」としてトァンとキアンと共に自殺を試み、結果彼女一人だけが死亡したとされていたが、「ハーモニー・プログラム」によって一命を取り留め、以降は「次世代ヒト行動特性記述ワーキンググループ」の一員として活動する。
零下堂 キアン(れいかどう キアン)
トァンの友人だった女性。トァンと共にミァハに心酔、ミァハたちと自殺を試みるが、最終的に自殺を生府に密告したため失敗した。その後は一般的な市民として生活していたが、世界同時多発自殺事件により命を落とす。
霧慧 ヌァザ(きりえ ヌァザ)
トァンの父親。医療分子技術で高い功績を残している研究者だが、研究に没頭し家族を顧みなかった。
冴紀 ケイタ(さえき ケイタ)
ヌァザの友人であり研究仲間。ヌァザと共同で医療分子技術の研究論文を書いた。事件の後トァンに失踪したヌァザの行方のヒントを与える。
オスカー・シュタウフェンベルク
螺旋監察官を統括している首席監察官。トァンの上司。実年齢は72歳だが高度な医学的処置と厳しい節制により30代後半の美貌を保ち続けている。
エリヤ・ヴァシロフ
インターポールの捜査官。事件を追いトァンに接触する。廃れて久しい名刺を渡してトァンに自己紹介をした。
ガブリエル・エーディン 
SEC脳医学研究コンソーシアムの研究員。ヒトの意識モデルに関する研究をしている。
ウーヴェ・ヴォール
螺旋監察官。チェチェン・ロシアの紛争地帯での生命権監察に従事しているが、事件を追うトァンに捜査協力をする。トァンと同じく監察官の特権を利用して飲酒などの不摂生を行っている。

用語[編集]

Emotion-in-Text Markup Language(etml)
HTML/XMLを思わせる、架空のマークアップ言語。物語全体がこれのバージョン1.2を用いて記述されている。
大災禍(ザ・メイルストロム)
2019年に発生した北米を中心とする英語圏での大暴動とそれに続く世界規模での騒乱。これによりアメリカ軍RRWが第三国に流出、アメリカ本土を含め世界中の紛争で核兵器が使用された。核戦争の影響で突然変異したウィルスが世界中に蔓延し健康被害が深刻化、後の高度医療社会と生府の構築につながる。
生府(ヴァイガメント)
大災禍の後に生まれた医療合意共同体。医療サーバーを介して市民へ医薬品を提供したり生府参加員達のセッションを行う場として働いている。国籍や地理的な制限が無く1つの生府に世界中の人間が参加しており、逆に同じ国籍でも所属する生府が違うことが多い。一方で旧来の政府は縮小しており、治安維持など統治機構としての最低限の役割を担っている。
生命主義(ライフイズム)
大災禍の世界で広く支持されている政治思想。社会学的には「構成員の健康の保全を統治機構にとって最大の責務と見なす思想」と定義されており、生府の基本理念となっている。
WatchMe
生府に普及している恒常的体内監視システム、またはその役割を担うナノマシンの通称。
拡張現実(オーグメンテッド・リアリティ)
『虐殺器官』で登場する「オルタナ(副現実)」と同等のウェアラブルコンピュータ。

評価[編集]

SF書評家・評論家の大森望は、筋立ては『虐殺器官』と重なり、意識をめぐるアイディアは短編「From the Nothing, with Love」と共通だが、結末の衝撃は『万物理論』級で、ある意味、21世紀最高の比類なき恐怖小説かもしれないと激賞する[4]

展開[編集]

英訳[編集]

2010年7月にビズメディアの翻訳SFレーベルHaikasoruから英訳版が刊行され、2010年フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞した。

漫画[編集]

コミック百合姫
コミック百合姫誌上でコミカライズ版の連載が予定されており、同誌編集長の中村成太郎によると、百合作品ファンと伊藤計劃ファンが互いに良い影響を与えあえるようにしたいとのことであった[5]
月刊ニュータイプ
月刊ニュータイプ創刊30周年記念企画としてコミカライズが決定され[3]、『月刊ニュータイプ』2015年5月号より連載中[6]。連載に先駆けて同年3月10日発売の『月刊ニュータイプ』4月号にてメインキャラクターのイラストが公開された[6]。作画は三巷文が担当する。

劇場アニメ[編集]

ハーモニー
監督 なかむらたかし
マイケル・アリアス
脚本 山本幸治
原作 伊藤計劃
出演者 沢城みゆき
上田麗奈
洲崎綾
榊原良子
大塚明夫
三木眞一郎
チョー
森田順平
音楽 池頼広
主題歌 EGOIST「Ghost of a smile」
編集 重村健吾
制作会社 STUDIO 4℃
配給 東宝映像事業部
公開 日本の旗 2015年12月4日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

フジテレビノイタミナムービー」第2弾「Project Itoh」の一環として2015年12月4日に公開予定。

監督は『AKIRA』の作画監督などを務めたなかむらたかしと、『鉄コン筋クリート』の監督を務めたマイケル・アリアスの共同監督で、アニメーション制作は『鉄コン筋クリート』のSTUDIO 4℃が担当する[7]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 伊藤計劃早川書房刊)
  • 監督 - なかむらたかしマイケル・アリアス
  • 脚本 - 山本幸治
  • キャラクター原案 - redjuice
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 田中孝弘
  • 作画監督 - 竹内一義
  • メカデザイン・エフェクト監督 - 渡部浩二
  • 色彩設計 - 成毛久美子
  • 美術監督 - 新林希文、鋏田修
  • 美術設計 - 冨永拓生、菱山徹
  • シーン美術監督 - 伊藤裕之小倉宏昌、林浩輔
  • 演出・CGI監督 - 廣田裕介
  • 編集 - 重村健吾
  • 音楽 - 池頼広
  • 録音演出 - 名倉靖
  • 音響デザイン - 笠松広司
  • アニメーション制作 - STUDIO 4℃
  • 制作 - Project Itoh

主題歌[編集]

「Ghost of a smile」
歌 - EGOIST

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 伊藤計劃 :「虐殺器官」「ハーモニー」が劇場版アニメ化”. まんたんWEB. 2014年3月22日閲覧。
  2. ^ 伊藤計劃『虐殺器官』、『ハーモニー』redjuiceによる新装版刊行”. KAI-YOU.net (2014年8月1日). 2014年12月15日閲覧。
  3. ^ a b コミカライズ情報”. Project Itoh (2014年11月27日). 2014年12月15日閲覧。
  4. ^ 大森望「新刊めったくたガイド - 本年度国内SFベストワン候補が早くも登場!」『本の雑誌』2009年2月号 p.38
  5. ^ コミック百合姫Vol.21、206頁。
  6. ^ a b 伊藤計劃の『虐殺器官』『ハーモニー』がコミカライズ、『月刊ニュータイプ』5月号から連載”. ITmedia eBook USER (2015年3月6日). 2015年3月7日閲覧。
  7. ^ ノイタミナムービー第2弾“Project Itoh”の『虐殺器官』と『ハーモニー』のスタッフが明らかに 『屍者の帝国』劇場アニメ化が決定”. ファミ通.com (2014年11月27日). 2014年12月15日閲覧。

関連[編集]

  • 虐殺器官 - 本作の前史と思われる世界を描いた、伊藤計劃の第一長編小説
  • 生政治

外部リンク[編集]