よしながふみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
よしなが ふみ
生誕 1971年????[1]
日本の旗 日本・東京都[1]
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1994年 -
ジャンル 青年漫画
代表作西洋骨董洋菓子店[2]
大奥[2]
きのう何食べた?』など
受賞 下記を参照
テンプレートを表示

よしなが ふみ1971年〈昭和46年〉 - )は、日本の女性[3]漫画家である。血液型はB型。

東京都出身で、東京都立富士高等学校[4]を経て、慶應義塾大学法学部卒業して大学院法学研究科を中退する。代表作は多く、ペンネームは女優の吉永小百合檀ふみから採った。同人サークル「大沢家政婦協会」の主宰者で、2006年以降活動を休止していたが2015年コミックマーケット89から活動を再開。
漫画雑誌『花音』1994年10月号にて『月とサンダル』でプロデビュー[1]。練りこまれた筋書きや綿密なストーリー構成を得意とする[2]。2001年にテレビドラマ化された『西洋骨董洋菓子店』を皮切りに、複数の作品が多様にメディア展開されている。

作風[編集]

ベルサイユのばら』や『スラムダンク』などの影響を受けながら、二次創作の同人活動を皮切りに青年誌・少女誌などで幅広く活躍する。ビブロス芳文社などボーイズラブ (BL) 誌で執筆し、ボーイズラブ小説の挿絵なども手がける。メガネが好きで、作品内にメガネをかけた人物を必ず一人は登場させている[5]

BL誌連載作品だけではなく、青年誌や少女誌連載作品にも、男性同性愛者(ゲイ)が登場する作品が多い。同人活動で、男性同性愛をモチーフとした創作JUNE系などの作品群を発表している[2]。商業誌で活動してからは、自身の商業作品の後日談を同人誌として発表した[2]。一部の作品はまとめて単行本化され、第1巻は比較的穏やかで2巻で性描写が多発する作品もある。『1限めはやる気の民法』は連載「第1巻」と同人「第2巻」として発売されている。

作中には料理やスイーツが多く登場し、描写から食にこだわりが感じられる[6]。『愛がなくても喰ってゆけます。』における食事シーンのキャラクター描写について、「官能的ですらある」「表情もまた見事」「人間関係の微妙なアヤを浮き彫りにしている」などと評し、食欲が性欲以上に「根源的でエゴイスティック」で「食べ方や食の嗜好には人間性が」表れることにきわめて自覚的である、と断定している[7]

影響[編集]

よしながが「最初に萌えたキャラクター」は、池田理代子ベルサイユのばら』のアンドレ。以降、読者として「主人公に嫉妬をしないで『損得抜き』で応援する」「どこまでもへなちょこな」アンドレ的な立ち位置のキャラクターを探し続けていると述べている[8]

ローカス賞を受賞したアメリカの女性ファンタジー作家N・K・ジェミシンは、よしながの影響を公言しており、『大奥』がジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞を受賞する以前から愛読していた[9]

受賞歴[編集]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

エッセイ・その他[編集]

  • 愛がなくても喰ってゆけます。
    • YながFみ31歳を主人公とした、フィクションともノンフィクションとも付かないグルメエッセイ。オススメする料理店が登場する。
  • あのひととここだけのおしゃべり
  • 仕事でも、仕事じゃなくても 漫画とよしながふみ
    • 編集者・ライターの山本文子によるインタビュー本

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 辻調理師専門学校: 小説を食べよう!・アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜”. 辻調理師専門学校. 2013年6月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e 伊藤真広、村中宣彦(編)、2006、「【プロ作家】→【同人名義】データベース」、『ゲームラボ特別編集「現代視覚文化研究」』、三才ブックス ISBN 4-86199-061-0 p. 192
  3. ^ ほぼ日刊イトイ新聞 - 嘘つく商売は、人より自由。[対談]よしながふみ × 糸井重里”. 東京糸井重里事務所. 2013年6月15日閲覧。
  4. ^ 偉人館展示 | 都立富士高校100周年「大人の文化祭」”. fuji100th. 2020年12月26日閲覧。
  5. ^ "学園コメディ「フラワー・オブ・ライフ」を特集します。 - NO COMIC NO LIFE". Webだよ。. コミックとらのあな. 2008年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月15日閲覧取材日:2005年4月25日。協力:新書館「ウィングス」編集部。
  6. ^ 南 2013, p. 54.
  7. ^ 南 2013, pp. 52–54.
  8. ^ 「大奥」「パレス・メイヂ」特集 よしながふみ&久世番子対談 コミックナタリー
  9. ^ A・U「解説」N・K・ジェミシン『空の都の神々は』早川書房、2011年
  10. ^ 佐野元春さんに大臣賞 21年度芸術選奨、濱口竜介監督も(写真=共同)”. 日本経済新聞 (2022年3月9日). 2022年3月9日閲覧。
  11. ^ よしながふみ、さまざまな“好きのかたち”を描くオムニバス新連載がココハナで」『コミックナタリー』ナターシャ、2022年11月28日。2022年11月28日閲覧。
  12. ^ 兵藤育子「江戸時代から現代まで…『大奥』『きのう何食べた?』作者による、連作オムニバス『環と周』」『an・an 2014年1月17日号』第55巻第2号、マガジンハウス、2024年1月17日、140頁、ASIN B0CQJGRMPN2024年1月18日閲覧 

参考文献[編集]