小林泰三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 泰三こばやし やすみ
誕生 (1962-08-07) 1962年8月7日
日本の旗 日本京都府
死没 (2020-11-23) 2020年11月23日(58歳没)
日本の旗 日本大阪府
職業 小説家
最終学歴 大阪大学大学院修了
活動期間 1996年 - 2020年
ジャンル SFホラーミステリ
主な受賞歴 日本ホラー小説大賞短編賞(1995年)
S-Fマガジン読者賞国内部門(1998年)
星雲賞日本長編部門(2012年)
デビュー作 『玩具修理者』
公式サイト 小林泰三の不確定領域
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

小林 泰三(こばやし やすみ、1962年[1][2]8月7日 - 2020年11月23日[3])は、日本小説家SF作家ホラー作家推理作家

経歴・人物[編集]

京都府生まれ[1][2]洛南高等学校大阪大学基礎工学部卒業。大阪大学大学院基礎工学研究科修士課程修了[2]三洋電機ニューマテリアル研究所で開発者として勤務。日本推理作家協会宇宙作家クラブの会員である[1][2][4]。元日本SF作家クラブ会員[5][6]

1995年、「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞[1][2]。1996年、同作を収録した短編集『玩具修理者』で単行本デビューする。同作は単行本だけで15万部を超えるベストセラーとなり、田中麗奈主演で映画化された[7]

2006年(第8回)と2007年(第9回)の2年間、日本SF新人賞の選考委員をつとめた[8][9][10]

S-Fマガジン』2006年4月号で発表された「'06オールタイム・ベストSF」の国内短編部門で、「海を見る人」が11位に「酔歩する男」が14位に選ばれた。

同じく関西在住作家の田中啓文牧野修田中哲弥と合わせて「まんがカルテット」と呼ばれる。

2020年11月23日5時56分、がんのため大阪府内の病院で死去[11]。58歳没。

文学賞受賞歴[編集]

  • 1995年 - 「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞受賞。
  • 1998年 - 「海を見る人」で第10回S-Fマガジン読者賞国内部門受賞。
  • 2012年 - 『天獄と地国』で第43回星雲賞日本長編部門受賞。
  • 2014年 - 『アリス殺し』で2014年啓文堂大賞(文芸書部門)受賞[12]
  • 2017年 - 『ウルトラマンF』で第48回星雲賞日本長編部門受賞。
  • 2021年 - 第41回日本SF大賞功績賞受賞。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 玩具修理者(1996年4月 角川書店 / 1999年4月 角川ホラー文庫
    • 玩具修理者:『野性時代』1995年4月号
    • 酔歩する男:書き下ろし
  • 人獣細工(1997年6月 角川書店 / 1999年12月 角川ホラー文庫)
    • 人獣細工:書き下ろし
    • 吸血狩り:書き下ろし
    • 本:書き下ろし
  • 密室・殺人(1998年7月 角川書店 / 2001年6月 角川ホラー文庫 / 2014年1月 創元推理文庫
  • 肉食屋敷(1998年11月 角川書店 / 2000年9月 角川ホラー文庫)
  • 奇憶(2000年10月 祥伝社文庫
  • AΩ(2001年6月 角川書店)
    • 【改題】AΩ 超空想科学怪奇譚(2004年3月 角川ホラー文庫)
  • 海を見る人(2002年5月 早川書房 / 2005年5月 ハヤカワ文庫JA
    • 時計の中のレンズ:『S-Fマガジン』1997年10月号
    • 独裁者の掟:『NOVEL21 少女の空間』
    • 天獄と地国:『S-Fマガジン』1999年5月号
    • キャッシュ:書き下ろし
    • 母と子と渦を旋る冒険:『S-Fマガジン』2000年2月号
    • 海を見る人:『S-Fマガジン』1998年2月号
    • 門:『S-Fマガジン』2001年2月号
  • 家に棲むもの(2003年3月 角川ホラー文庫)
    • 家に棲むもの:『憑き者 A-NOVELS』
    • 食性:書き下ろし
    • 五人目の告白:『野性時代』1995年7月号
    • 肉:書き下ろし
    • 森の中の少女:『小説新潮』2000年4月号
    • 魔女の家:『小説新潮』2002年7月号
    • お祖父ちゃんの絵:書き下ろし
  • 目を擦る女(2003年9月 ハヤカワ文庫JA)
    • 目を擦る女:『小説すばる』1999年12月号
    • 超限探偵Σ:『SFバカ本 天然パラダイス篇』
    • 脳喰い:『夢魔 異形コレクション』
    • 空からの風が止む時:『S-Fマガジン』2002年4月号
    • 刻印:『蚊―か―コレクション』
    • 未公開実験:書き下ろし
    • 予め決定されている明日:『S-Fマガジン』2001年8月号
  • ネフィリム 超吸血幻想譚(2004年8月 角川書店 / 2007年9月 角川ホラー文庫)
  • 脳髄工場(2006年3月 角川ホラー文庫)
    • 脳髄工場:書き下ろし
    • 友達:『小説non』1998年10月号
    • 停留所まで:『YOU&I SANYO』1999年5月 - 7月号
    • 同窓会:『YOU&I SANYO』1998年1月号
    • 影の国:『小説non』1997年9月号
    • 声:『YOU&I SANYO』1999年1月 - 3月号
    • C市:『秘神界 ―現代編―』
    • アルデバランから来た男:『YOU&I SANYO』2000年1月 - 11月号
    • 綺麗な子:『玩具館 異形コレクション』
    • 写真:『YOU&I SANYO』1998年11月号
    • タルトはいかが?:『血の12幻想』
  • 忌憶(2007年3月 角川ホラー文庫)
    • 奇憶:『奇憶』
    • 器憶:書き下ろし
    • 垝憶:書き下ろし
  • モザイク事件帳(2008年2月 創元クライム・クラブ
    • 【改題】大きな森の小さな密室(2011年10月 創元推理文庫
      • 大きな森の小さな密室:『ミステリーズ!』vol.03 WINTER 2003 - vol.04 SPRING 2004
      • 氷橋:『ミステリーズ!』vol.13 OCTOBER 2005
      • 自らの伝言:『ミステリーズ!』vol.15 FEBRUARY 2006
      • 更新世の殺人:『ミステリーズ!』vol.17 JUNE 2006
      • 正直者の逆説:『ミステリーズ!』vol.19 OCTOBER 2006、vol.21 FEBRUARY 2007
      • 遺体の代弁者:『ミステリーズ!』vol.23 JUNE 2007
      • 路上に放置されたパン屑の研究:書き下ろし
  • 天体の回転について(2008年3月 早川書房 / 2010年9月 ハヤカワ文庫JA)
    • 天体の回転について:『S-Fマガジン』2005年2月号
    • 灰色の車輪:『S-Fマガジン』2001年11月号
    • あの日:『教室 異形コレクション』
    • 性交体験者:『SF Japan』2003年秋季号
    • 銀の舟:『YOU&I SANYO』1997年1月 - 11月号
    • 三〇〇万:『S-Fマガジン』2008年2月号
    • 盗まれた昨日:『S-Fマガジン』2007年2月号
    • 時空争奪:書き下ろし
  • 臓物大展覧会(2009年3月 角川ホラー文庫)
    • プロローグ:書き下ろし
    • 透明女:書き下ろし
    • ホロ:『心霊理論 異形コレクション』
    • 少女、あるいは自動人形:『クリスピー物語』
    • 攫われて:『ミステリ・アンソロジーII 殺人鬼の放課後』
    • 釣り人:YOU&I SANYO 1999年9月 - 11月号
    • SPR:『稲生モノノケ大全 陽之巻』
    • 十番星:『Newtype』1995年11月号
    • 造られしもの:『小説すばる』2003年3月号
    • 悪魔の不在証明:書き下ろし
    • エピローグ:書き下ろし
  • セピア色の凄惨(2010年2月 光文社文庫
    • 探偵と依頼人:書き下ろし
    • 待つ女:書き下ろし
    • ものぐさ:書き下ろし
    • 安心:書き下ろし
    • 英雄:書き下ろし
    • 依頼人と探偵:書き下ろし
  • 人造救世主(2010年8月 角川ホラー文庫)
  • 完全・犯罪(2010年9月 東京創元社 / 2012年7月 創元推理文庫)
    • 完全・犯罪:『ミステリーズ!』vol.39 FEBRUARY 2010
    • ロイス殺し:『密室と奇蹟 J・D・カー生誕百周年記念アンソロジー』
    • 双生児:『ミステリーズ!』vol.35 JUNE 2009
    • 隠れ鬼:『ミステリーズ!』vol.37 OCTOBER 2009
    • ドッキリチューブ:書き下ろし
  • 人造救世主 ギニー・ピッグス(2011年2月 角川ホラー文庫)
  • 天獄と地国(2011年4月 ハヤカワ文庫JA)
    • 天獄と地国:『S-Fマガジン』1999年5月号
    • 頭上の大地、眼下の星海:『S-Fマガジン』2006年8月号
    • 巨神覚醒す:『S-Fマガジン』2008年11月号
    • 巨神たち:『S-Fマガジン』2009年2月号
    • ワイバーン:『S-Fマガジン』2009年5月号
    • エクトプラズム:『S-Fマガジン』2009年8月号
    • カルラ:『S-Fマガジン』2009年11月号
    • シャヘラザード:『S-Fマガジン』2010年3月号
    • ナタ:『S-Fマガジン』2010年6月号
    • アルゴスの目:『S-Fマガジン』2010年9月号
    • コクーン:『S-Fマガジン』2010年11月号
    • 大攻撃:『S-Fマガジン』2011年2月号
  • 人造救世主 アドルフ・クローン(2011年9月 角川ホラー文庫)
  • 惨劇アルバム(2012年5月 光文社文庫)
  • 見晴らしのいい密室(2013年3月 ハヤカワ文庫JA)
    • 超限探偵Σ:『SFバカ本 天然パラダイス篇』
    • 目を擦る女:『小説すばる』1999年12月号
    • 探偵助手:『数学セミナー』2009年4月号
    • 忘却の侵略:『NOVA1 書き下ろし日本SFコレクション
    • 未公開実験:『目を擦る女』
    • 囚人の両刀論法:『S-Fマガジン』2010年2月号
    • 予め決定されている明日:『S-Fマガジン』2001年8月号
  • アリス殺し(2013年9月 創元クライム・クラブ / 2019年4月 創元推理文庫)
  • 百舌鳥魔先生のアトリエ(2014年1月 角川ホラー文庫)
    • ショグゴス:『Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち 異形コレクション』
    • 首なし:書き下ろし
    • 兆:『絆』
    • 朱雀の池:『京都宵 異形コレクション』
    • 密やかな趣味:書き下ろし
    • 試作品三号:『未来妖怪 異形コレクション』
    • 百舌鳥魔先生のアトリエ:『逆想コンチェルト 奏の2 イラスト先行・競作小説アンソロジー Inspired by Yoshimi Moriyama's Illustrations』
  • 幸せスイッチ(2015年4月 光文社文庫)
    • 怨霊:書き下ろし
    • 勝ち組人生:書き下ろし
    • どっちが大事:書き下ろし
    • 診断:書き下ろし
    • 幸せスイッチ:書き下ろし
    • 哲学的ゾンビもしくはある青年の物語:書き下ろし
  • 記憶破断者(2015年8月 幻冬舎):書き下ろし
    • 【改題】殺人鬼にまつわる備忘録(2018年10月 幻冬舎文庫
  • 世界城(2015年12月 日経文芸文庫):冒頭部分は『生本 ―NAMABON―』2002年11月号 - 2003年8月号に加筆修正
  • 安楽探偵(2016年2月 光文社文庫)
    • アイドルストーカー:Web光文社文庫 2015年8、9月
    • 消去法:Web光文社文庫 2015年9、10月
    • ダイエット:Web光文社文庫 2015年10、11月
    • 食材:Web光文社文庫 2015年12月
    • 命の軽さ:書き下ろし
    • モリアーティー:書き下ろし
  • 失われた過去と未来の犯罪(2016年5月 KADOKAWA / 2019年8月 角川文庫):『文芸カドカワ』2015年7月号 - 2016年4月号
  • クララ殺し(2016年6月 創元クライム・クラブ / 2020年2月 創元推理文庫):『ミステリーズ!』vol.71 JUNE 2015 - vol.76 APRIL 2016
  • ウルトラマンF(2016年7月 早川書房 / 2018年10月 ハヤカワ文庫JA):『S-Fマガジン』2015年12月号 - 2016年6月号
  • 因業探偵 新藤礼都の事件簿(2017年6月 光文社文庫)
    • プロローグ:書き下ろし
    • 保育補助:Web光文社文庫 2016年11、12月
    • 剪定:Web光文社文庫 2016年12、2017年1月
    • 散歩代行:Web光文社文庫 2017年1、2月
    • 家庭教師:Web光文社文庫 2017年2月、3月
    • パチプロ:書き下ろし
    • 後妻:書き下ろし
  • わざわざゾンビを殺す人間なんていない。(2017年6月 一迅社
  • ドロシイ殺し(2018年4月 創元クライム・クラブ):『ミステリーズ!』vol.81 FEBRUARY 2017 - vol.86 DECEMBER 2017
  • パラレルワールド(2018年7月 KADOKAWA / 2019年9月 ハルキ文庫):Webランティエ 2017年6月 - 11月
    • お父さんとお母さんとヒロ君:Kizuna:Fiction for Japan (a charity anthology)(2011年9月)
  • 因業探偵リターンズ 新藤礼都の冒険(2018年12月 光文社文庫)
    • ユーチューバー:Web光文社文庫 2018年2、3月
    • メイド喫茶店員:Web光文社文庫 2018年3、4月
    • マルチ商法会員:Web光文社文庫 2018年4、5月
    • ナンパ教室講師:書き下ろし
    • 鶯嬢:書き下ろし
    • 探偵補佐:書き下ろし
  • 人外サーカス(2018年12月 KADOKAWA / 2021年1月 角川ホラー文庫):『文芸カドカワ』2018年2月号 - 9月号
  • C市からの呼び声(2018年12月 創土社
    • C市に続く道:書き下ろし
    • C市:『秘神界 ―現代編―』(2002年9月 創元推理文庫)
  • 神獣の都 京都四神異譚録(2019年6月 新潮文庫nex):書き下ろし
  • 代表取締役アイドル(2020年6月 文藝春秋):『別冊文藝春秋』2017年11月号 - 2018年5月号
  • 杜子春の失敗 名作万華鏡 芥川龍之介篇(2020年6月 光文社文庫)
    • 杜子春の失敗;光文社文庫サイトYomeba! 2019年10月 - 11月
    • 蜘蛛の糸の崩壊:光文社文庫サイトYomeba! 2019年11月 - 12月
    • 河童の攪乱:光文社文庫サイトYomeba! 2020年1月 - 2月
    • 白の恐怖:書き下ろし
  • ティンカー・ベル殺し(2020年6月 創元クライム・クラブ):『ミステリーズ!』vol.94 APRIL 2019 - vol.99 FEBRUARY 2020
  • 未来からの脱出(2020年8月 KADOKAWA):『カドブンノベル』2019年11月号 - 2020年6月号

アンソロジー[編集]

「」内が小林泰三の作品

  • 絆(1996年8月 カドカワノベルズ
    • 【改題】 ゆがんだ闇(1998年4月 角川ホラー文庫)「兆」(『百舌鳥魔先生のアトリエ』収録)
  • 現代の小説1998(1998年5月 徳間書店)「時計の中のレンズ」(『海を見る人』収録)
  • 舌づけ(1998年7月 祥伝社ノンポシェット)「影の国」(『脳髄工場』収録)
  • 屍者の行進 異形コレクション(1998年9月 廣済堂文庫)「ジャンク」(『肉食屋敷』収録)
  • 十の恐怖(1999年3月 角川書店 / 2002年1月 角川ホラー文庫)「十番星」(『臓物大展覧会』収録)
  • 推理小説年鑑 ザ・ベストミステリーズ1999(1999年6月 講談社)「獣の記憶」(『肉食屋敷』収録)
  • 密室 + アリバイ=真犯人 ミステリー傑作選40(2000年2月 講談社文庫)「獣の記憶」(『肉食屋敷』収録)
  • 憑き者 A-NOVELS(2000年3月 メディアワークス)「家に棲むもの」(『家に棲むもの』収録)
  • 血の12幻想(2000年4月 エニックス / 2002年4月 講談社文庫)「タルトはいかが?」(『脳髄工場』収録)
  • ゆきどまり(2000年7月 祥伝社文庫)「友達」(『脳髄工場』収録)
  • NOVEL21 少女の空間(2001年2月 徳間デュアル文庫)「独裁者の掟」(『海を見る人』収録)
  • 夢魔 異形コレクション(2001年6月 光文社文庫)「脳喰い」(『目を擦る女』収録)
  • 玩具館 異形コレクション(2001年9月 光文社文庫)「綺麗な子」(『脳髄工場』収録)
  • SFバカ本 天然パラダイス篇(2001年11月 メディアファクトリー)「超限界探偵Σ」(『目を擦る女』、『見晴らしのいい密室』収録)
  • 蚊―か―コレクション(2002年2月 電撃文庫)「刻印」(『目を擦る女』収録)
  • ミステリ・アンソロジーII 殺人鬼の放課後(2002年2月 角川スニーカー文庫)「攫われて」(『臓物大展覧会』収録)
  • 秘神界 ―現代編―(2002年9月 創元推理文庫)「C市」(『脳髄工場』収録)
  • 教室 異形コレクション(2003年9月 光文社文庫)「あの日」(『天体の回転について』収録)
  • 青に捧げる悪夢(2005年3月 角川書店 / 2013年2月 角川文庫)「攫われて」(『臓物大展覧会』収録)
  • 稲生モノノケ大全 陽之巻(2005年5月 毎日新聞社)「SRP」(『臓物大展覧会』収録)
  • 本格ミステリ05 2005年本格短編ベスト・セレクション(2005年6月 講談社ノベルズ)「大きな森の小さな密室」(『大きな森の小さな密室』収録)
  • あなたが名探偵(2005年8月 東京創元社 / 2007年4月 創元推理文庫)大きな森の小さな密室」(『大きな森の小さな密室』収録)
  • クリスピー物語(2006年4月 ネスレ文庫プロジェクト)「少女、あるいは自動人形」(『臓物大展覧会』収録)
  • 密室と奇蹟 J・D・カー生誕百周年記念アンソロジー(2006年11月 東京創元社 / 2020年8月 創元推理文庫)「ロイス殺し」(『完全・犯罪』収録)
  • 心霊理論 異形コレクション(2007年8月 光文社文庫)「ホロ」(『臓物大展覧会』収録)
  • 未来妖怪 異形コレクション(2008年7月 光文社文庫)「試作品三号」(『百舌鳥魔先生のアトリエ』収録)
  • 京都宵 異形コレクション(2008年9月 光文社文庫)「朱雀の池」(『百舌鳥魔先生のアトリエ』収録)
  • 大きな棺の小さな鍵(2009年1月 講談社文庫)「大きな森の小さな密室」(『大きな森の小さな密室』収録)
  • 本格ミステリ09 2009年本格短編ベスト・セレクション(2009年6月 講談社ノベルズ)「路上に放置されたパン屑の研究」(『大きな森の小さな密室』収録)
  • 年刊日本SF傑作選 超弦領域(2009年6月 創元SF文庫)「時空争奪」(『天体の回転について』収録)
  • NOVA1 書き下ろし日本SFコレクション(2009年12月 河出文庫)「忘却の侵略」(『見晴らしのいい密室』収録)
  • 逆想コンチェルト 奏の2 イラスト先行・競作小説アンソロジー Inspired by Yoshimi Moriyama's Illustrations(2010年8月 徳間書店)「百舌鳥魔先生のアトリエ」(『百舌鳥魔先生のアトリエ』収録)
  • Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち 異形コレクション(2010年9月 光文社文庫)「ショグゴス」(『百舌鳥魔先生のアトリエ』収録)
  • 逃げゆく物語の話 ゼロ年代日本SFベスト集成<F>(2010年10月 創元SF文庫)「予め決定されている明日」(『目を擦る女』、『見晴らしのいい密室』収録)
  • 不思議の扉 ありえない恋(2011年2月 角川文庫)「海を見る人」(『海を見る人』収録)
  • 空飛ぶモルグ街の研究 本格短編ベスト・セレクション(2013年1月 講談社ノベルズ)「路上に放置されたパン屑の研究」(『大きな森の小さな密室』収録)
  • NOVA9 書き下ろし日本SFコレクション(2013年1月 河出文庫)「サロゲート・マザー」
  • SF JACK(2013年2月 角川書店 / 2016年2月 角川文庫)「草食の楽園」
  • 教えて下さい、あなただけが知ってる「怖い話」 〜upppiホラー小説コンテスト優秀作品集〜(2013年3月 キリック)「掌の上の宇宙」(電子書籍)
  • ホラー短編傑作選 兇〈惨〉(2013年3月 キリック)「侵略の時」(電子書籍)
  • 日本SF短編50 IV(2013年8月 ハヤカワ文庫JA)「海を見る人」(『海を見る人』収録)
  • SF宝石(2013年8月 光文社)「シミュレーション仮説」
  • 二十の悪夢 角川ホラー文庫創刊20周年記念アンソロジー(2013年10月 角川ホラー文庫)「逡巡の二十秒と悔恨の二十年」
  • 超時間の闇 The Hommage to Cthilhu(2013年11月 創土社)「大いなる種族」
  • [ガラシャ物語3]花も花なれ、人も人なれ(2014年4月 京都フラワーツーリズム)「花も花なれ、人も人なれ」(電子書籍)
  • ガラシャ物語全集(2014年4月 京都フラワーツーリズム)「花も花なれ、人も人なれ」(電子書籍)
  • 多々良島ふたたび ウルトラ怪獣アンソロジー(2015年7月 早川書房)「マウンテンピーナッツ」
  • こんなのはじめて(2016年2月 興奮社マッパノベルズ)(同人誌)「玩具」
  • みんなの怪盗ルパン(2016年3月 ポプラ社)「最初の角逐」
  • 毒殺協奏曲(2016年6月 原書房 / 2019年1月 PHP文芸文庫)「吹雪の朝」
  • 彼方からの幻影(2016年7月 創土社)「此方より」
  • 関西魂 〜五の祭り〜(2016年9月 関西魂出版)(同人誌)「漢」
  • OUT TO LAUNCH(2016年11月 興奮社)(同人誌)「易者」
  • 年刊日本SF傑作選 行き先は特異点(2017年7月 東京創元社)「玩具」
  • 大沢在昌 選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎010(2017年9月 講談社文庫)「獣の記憶」
  • だから見るなといったのに―九つの奇妙な物語―(2018年9月 新潮文庫)「自分霊」
  • revisions 時間SFアンソロジー(2018年12月 ハヤカワ文庫JA)「時空争奪」(『天体の回転について』収録)
  • NOVA 2019年春号(2018年12月 河出文庫)「クラリッサ殺し」

単行本未収録[編集]

  • 変身(『YOU&I SANYO』1998年3月号)
  • 作家誕生(『YOU&I SANYO』1998年5月号)
  • 環境裁判(『YOU&I SANYO』1998年7月号)
  • 漂流者(『YOU&I SANYO』1998年9月号)
  • きらきらした小路(『S-Fマガジン』2002年7月号)
  • 虹色の高速道路(『S-Fマガジン』2003年4月号)
  • 単純な形(『S-Fマガジン』2003年6月号)
  • 流れの果て(『アレ!』2011年10月号)
  • 量子密室(『小説新潮』2013年8月号)
  • 二人を繋ぐ夢(『小説新潮』2014年1月号)
  • 愛玩(『小説新潮』2015年3月号)
  • イチゴンさん(『小説新潮』2015年8月号)
  • 食用人(『小説新潮』2015年11月号)
  • 強いAI(『人工知能』2016年11月号)
  • メリイさん(『ジャーロ』No.58 2016 AUTUMN-WINTER)
  • 名作万華鏡 太宰治篇
    • 古典風の怪奇(光文社文庫サイトYomeba!)
    • メロスの疑念(光文社文庫サイトYomeba!)

メディア・ミックス[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 詳細な経歴”. 小林泰三の不確定領域 (2017年7月22日). 2020年5月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e 会員名簿 小林泰三|日本推理作家協会”. 2020年5月18日閲覧。
  3. ^ 作家・小林泰三先生ご逝去のお知らせ (2020/11/25)”. 早川書房 (2020年11月25日). 2020年11月25日閲覧。
  4. ^ SAC メンバーリスト(宇宙作家公式サイト)” (2013年10月16日). 2020年5月20日閲覧。
  5. ^ 会員名簿 SFWJ”. 2014年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月20日閲覧。
  6. ^ 一般社団法人 日本SF作家クラブ 会員名簿 - SFWJ”. 2020年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月20日閲覧。
  7. ^ 「玩具修理者」のDVDとビデオを5月25日発売 - バンダイビジュアル
  8. ^ 『SF Japan』2007年SPRING(3月号)
  9. ^ 『SF Japan』2008年SPRING(3月号)
  10. ^ 日本SF新人賞受賞作・候補作一覧1-11回|文学賞の世界” (2015年10月17日). 2020年5月20日閲覧。
  11. ^ "作家の小林泰三さん死去 58歳 代表作に「玩具修理者」「アリス殺し」など". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 25 November 2020. 2020年11月25日閲覧
  12. ^ 2014年 文芸書大賞が決まりました |啓文堂書店
  13. ^ 角川ホラーシネマ オフィシャルサイト
  14. ^ 世にも奇妙な物語 〜21世紀 21年目の特別編〜

外部リンク[編集]