広瀬正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(ひろせ ただし、1924年9月30日 - 1972年3月9日)は、日本小説家SF作家推理作家ジャズサックス奏者、クラシックカーモデル製作者。時間をテーマにしたSF作品を多く残し、「時に憑かれた作家」とも呼ばれる。本名は(ひろせ しょうきち)。

略歴[編集]

  • 1924年 - 東京市京橋区(現在の東京都中央区)に生まれる
  • 1942年 - 日本大学工学部建築科に入学
  • 1952年 - ジャズバンド「広瀬正とスカイトーンズ」を結成
  • 1960年 - 「広瀬正とスカイトーンズ」、借金のため解散
  • 1961年 - デビュー作『殺そうとした』が『宝石』臨時増刊号に掲載される。また同年、同人誌『宇宙塵』に参加
  • 1963年 - 日本推理作家協会会員となる
  • 1965年 - 『宇宙塵』に処女長編『マイナス・ゼロ』を連載。また、この頃、パロディ創作集団「パロディ・ギャング」を水野良太郎伊藤典夫豊田有恒と結成。のちに豊田・伊藤が抜け、片岡義男小鷹信光が加入。さらにのちにしとう・きねおが参加した[1]。竜の子プロダクションのアニメーション『宇宙エース』の脚本を執筆。
  • 1966年~1968年 - 友人の鳥海尽三鈴木良武らとの三木瀬たかしもしくは三木瀬隆の合同ペンネームを用いて、テレビアニメのシナリオを執筆。
  • 1970年 - 『マイナス・ゼロ』刊行、作家活動に復帰。河出書房新社での担当編集者は龍円正憲。『マイナス・ゼロ』により第64回直木賞候補に推されたが落選。
  • 1971年 - 『ツィス』、『エロス』刊行。『ツィス』により第65回、『エロス』により第66回の直木賞にそれぞれ推されたが、ともに落選。『マイナス・ゼロ』に続き、いずれの回も司馬遼太郎のみが激賞したが、他の委員がすべて反対して、受賞にいたらなかった。
  • 1972年 - 3月9日心臓発作により急逝、享年47。「三月九日の昼過ぎ、広瀬正は赤坂の路上をいそぎ足に歩いていた。少し時間に遅れていたからだ。(略)同時刻、赤坂の路上にいたある人は、自分の前をいそぎ足に歩いていく肥り気味の中年男性が、突然、崩れるように歩道の上にのめりこんでいくのを目撃した。(後略)」(筒井康隆編『'72 日本SFベスト集成』解説より[2])「葬儀は小雨の中で行われ、SF作家のほとんど全員が列席した。彼の棺には「タイム・マシン搭乗者」と書かれていた。」(『'71 日本SFベスト集成』収録「二重人格」解説より) 同年6月『鏡の国のアリス』『T型フォード殺人事件』が刊行された。
  • 1973年 - 短編集である『タイムマシンのつくり方』が刊行。日本SF大会において『鏡の国のアリス』が星雲賞日本長編部門を受賞したことが発表された。

エピソード[編集]

日活時代の藤田敏八が、『マイナス・ゼロ』を映画化しようとして、広瀬と共同で脚本まで執筆したという。だが、過去の銀座のセットを作るのに予算がかかりすぎるため、企画は没となった。脚本は棺に納められたという[3]

テレビ[編集]

脚本[編集]

原作[編集]

作品リスト[編集]

2015年1月現在、以下の全作品・短編集は集英社文庫版が再版を続けており、購入可能である。

  • 単行本
    • マイナス・ゼロ』河出書房新社、1970年9月
    • ツィス』河出書房新社、1971年4月
    • エロス』河出書房新社、1971年11月
    • 鏡の国のアリス』河出書房新社、1972年6月
    • 『T型フォード殺人事件』講談社(新鋭推理作家書下しシリーズ)、1972年6月
      • 『T型フォード殺人事件』講談社(ロマン・ブックス) 1973年
    • (短編集)『タイムマシンのつくり方』河出書房新社、1973年3月
  • 全集
    • 広瀬正・小説全集』全6巻、河出書房新社、1977年3月~8月 のち集英社文庫 1982年2月~7月

脚注[編集]

  1. ^ 「パロディ・ギャング」については『小説すばる』2009年1月号の牧眞司による年譜より(P.159-160)
  2. ^ '72年版には広瀬正の作品は収録されていない
  3. ^ http://channel.slowtrain.org/movie/column-isan/isan_bn/isan1112.html

参考資料[編集]

外部リンク[編集]