牧眞司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牧 眞司(まき しんじ、1959年- )は、日本のSF研究者、文藝評論家、書評家。日本SF作家クラブ日本古典SF研究会および日本推理作家協会会員。妻は「SFファン交流会」主催で、日本SFファングループ連合会議前議長の牧紀子。

高校時代からSFファン活動を行う。星新一のファンクラブ「大江戸エヌ氏の会」元代表。東京理科大学工学部工業化学科卒(東京理科大学SF研究会に所属)。システム開発会社、編集プロダクション勤務を経て、現在はフリーランス・ライター。SF研究家として雑誌のコラムや文庫の解説なども手がける。

年次SFイベント、SFセミナーの創始者でもある。1982年日本SF大会「TOKON8」事務局長。雑誌『SFアドベンチャー』で1986年から1992年までファンジン評記事「ファンダム・アクセス」を担当した。また、「ファンジン大賞」の審査員も長らく務めた。1990年、SFファン活動における功績により柴野拓美賞を受賞した。

2013年度~2016年度日本SF大賞選考委員。2015年、大森望と共同編集の『サンリオSF文庫総解説』で星雲賞ノンフィクション部門を受賞。2016年から、書評サイトシミルボンに関わり「牧眞司コラム大賞」を開催。

他に、John Clute & John Grant 編 "The Encyclopedia of Fantasy" の "Japan" の項目を担当した。

単著[編集]

  • 『ブックハンターの冒険―古本めぐり』学陽書房、2000年4月
  • 『世界文学ワンダーランド』本の雑誌社、2007年3月
  • 『JUST IN SF』本の雑誌社 2016年5月

編著・共著[編集]

  • 『ルーティーン: 篠田節子SF短篇ベスト』篠田節子著 編纂 早川書房(ハヤカワ文庫JA) 2013年12月
  • 『柴野拓美SF評論集 理性と自走性――黎明より』柴野拓美著 編纂 東京創元社 2014年4月
  • 『サンリオSF文庫総解説』大森望共同編集 共著 本の雑誌社 2014年9月
  • 『きまぐれ星からの伝言』星新一他著 編纂 徳間書店 2016年8月

翻訳[編集]

外部リンク[編集]