宇宙エース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇宙エース
ジャンル SFアニメ
アニメ
原作 吉田竜夫
監督 笹川浩
脚本 丸山健二(吉田健二)、笹川浩、天馬正人
九里一平広瀬正鳥海尽三、若林一郎
キャラクターデザイン 九里一平
音楽 小森昭宏
アニメーション制作 竜の子プロダクション
製作 竜の子プロダクション、読売広告社
放送局 フジテレビ
放送期間 1965年5月8日 - 1966年4月28日
話数 全52話
エース
タツノコ博士
アサリ
ヤドカリ記者
イボ
モンゴメリー博士
ナレーター
白川澄子
家弓家正
向井真理子
愛川欽也
内海賢二
大山豊
藤岡琢也
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

宇宙エース』(うちゅうエース)は、1965年5月8日から1966年4月28日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビアニメである。竜の子プロダクション(現・タツノコプロ)と読売広告社の共同制作。全52回。

タツノコプロが初めて手掛けたテレビアニメである。当時はテレビのカラー放送があまり普及していなかったため、モノクロで制作された。放送時間は、第1話から第48話までは毎週土曜 18:15 - 18:45、第49話から第52話までは毎週木曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

本作の放送と並行して、吉田竜夫による同名の漫画作品が『少年ブック』に連載されていた。

あらすじ[編集]

人が住めなくなり、爆発四散したパールム星。パールム星人たちは宇宙船団を組んで脱出し、新しい星を探す旅に出た。

パールム星人の王の息子・エースは、航行中の宇宙船団からはぐれてしまい、21世紀の地球にやってきた。そんな彼の地球での親代わりを務めるのがタツノコ博士であり、その娘のアサリはエースが心を許せる姉もしくは妹のような存在である。また、パールム星人に捨てられたロボット・イボは、当初はエースに復讐しようとするが、タツノコ博士に改造されて可愛らしいイヌ型ロボットに変わり、エースの良きパートナーとなって活躍する。エースは平和を守るため、勇気と知恵とパールム星人としての特殊能力で悪人や怪物たちに立ち向かうのであった。

物語の後半では、タツノコ博士は光子ロケット「シー・ホース号」を開発し、エースやアサリたちとともに広大な宇宙空間に乗り出し、エースははぐれた父やパールム星の仲間を探しながら、悪の宇宙人オリオン星人などの強敵に立ち向かう。

パールム星人[編集]

パールム星人の身体はゴム質の物質で出来ており、伸縮自在である。その特徴に加え、空気中のエネルギーを集結させて人差し指から円環状のエネルギー体「シルバー・リング」を発することも可能。シルバー・リングは武器として敵に投げつけるほか、縁につかまったり、サーフボードのように上に乗って空を飛ぶことができる。さらに、エースが危機に陥ると額の部分から強力なエネルギーを持つ「プラチナ光線」が発射され、敵を倒す。

タツノコ博士はパールム星人のエネルギー源をチューインガム状にし、このガム(劇中では「スペース・フーズ」と呼称)を噛むことでエースはエネルギーを補給する。これは、スポンサーがカネボウハリス(事業を引き継いでいるのはクラシエフーズ)だったことに由来しており、番組中に流されるフーセンガムのコマーシャルにもエースが登場していた。

登場人物[編集]

エース
- 白川澄子
パールム星人の宇宙船団からひとり逸れてしまった「パールム星大統領の腕白息子」。タツノコ博士と、その娘のアサリに助けられ、地球で正義のために活躍する。パールム星人としての超能力は、地球人と懸け離れた怪力、伸縮自在なゴム質の身体。
一番の特色&超能力は、空気中のイオンを集めて作る万能エネルギーの輪「シルバー・リング」である。大きさは自由自在で飛び道具にもなり、連続でいくつも作り上げて投げつけることが可能。その威力は加減することも可能のようで、敵にぶつけてダメージだけを負わせたりもする一方、ロボットや金属物質などを切断することもできる。またシルバー・リングは、それに捕まって飛行することも可能。飛行形態は、サーフボードのように上に乗って飛行するタイプ(スタンド・タイプ)と、スイミングボードに捕まったような姿で飛行するタイプ(スーパーマン・タイプ)がある。リングの形態を槍のように変えることにより、一層破壊力を増大することもできる。
絶体絶命のピンチに陥ると、額のVの字型のシンボルマークから「プラチナ光線」という強力なビームを放射する。当初は自分の意思と関係なく発射され、「宇宙の悪魔」と呼ばれる、あらゆる兵器が通用せずに制限無く増殖していく怪物を葬り去った。その後は、幾分意志によるコントロールが可能となる。
弱点としては、まずシルバー・リングを作り出す人差し指がある。この指にダメージを受けるとリングを作れなくなる。そしてお腹が空くと力が出なくなり、同様にシルバー・リングを作れなくなる。リングに乗って飛行している最中に空腹を覚え、リングが消滅して墜落してしまったこともある。アサリが作るチューインガム状の「宇宙食」(スペースフーズ)を食べると力を取り戻せるが、地球の食べ物は食べられない。
タツノコ博士
声 - 家弓家正
アサリ
声 - 向井真理子
ヤドカリ記者
声 - 愛川欽也
イボ
声 - 内海賢二
モンゴメリー博士
声 - 大山豊
ナレーター
声 - 藤岡琢也

スタッフ[編集]

各話リスト[編集]

データはGoogle Playで配信されている本作の動画リストからの参考。

話数 放送日 サブタイトル
1 1965年
5月8日
宇宙エース誕生
2 5月15日 復讐ロボット・イボ
3 5月22日 地球追放
4 5月29日 蟻人王国
5 6月5日 勇者の復活
6 6月12日 太陽マグネ(前篇)
7 6月19日 太陽マグネ(後篇)
8 6月26日 光る湖城
9 7月3日 原始巨人現わる
10 7月10日 宇宙海賊
11 7月17日 宇宙のピエロ
12 7月24日 宇宙の花
13 7月31日 見えない怪星
14 8月7日 人魚の歌
15 8月14日 にせものエース
16 8月21日 斗争好きの宇宙人
17 8月28日 四次元の抜け穴
18 9月4日 プラチナ光線
19 9月11日 魚人境
20 9月18日 冬眠人間
21 9月25日 摩天楼少年
22 10月2日 怪獣ギラー
23 10月9日 ギャラクターの挑戦
24 10月16日 月世界の対決
25 10月23日 シー・ホース号発進
26 10月30日 X-13号ステーション
27 11月6日 なぐりこみエース
28 11月13日 銀河系大会議
29 11月20日 七八番星作戦
30 11月27日 まぼろしの潜入者
31 12月4日 エコー・ロボット
32 12月11日 宇宙最大の悪魔(前篇)
33 12月18日 宇宙最大の悪魔(後篇)
34 12月25日 まぼろしの地球
35 1966年
1月1日
わんぱく革命
36 1月8日 太陽一周レース(前篇)
37 1月15日 太陽一周レース(後篇)
38 1月22日 狂った総統
39 1月29日 宇宙幽霊船
40 2月5日 火星S・O・S
41 2月12日 タイムマシン作戦
42 2月19日 指令・R-001号
43 2月26日 地球危機一髪
44 3月5日 失われた99時間
45 3月12日 応答せよ、第3惑星
46 3月19日 ギャラクターの逆襲
47 3月26日 土星脱出計画
48 4月2日 宇宙の密使
49 4月7日 テレキネシス星人
50 4月14日 魔の宇宙要塞
51 4月21日 サイボーグ艦隊
52 4月28日 大宇宙戦

放送局[編集]

同時ネット[編集]

遅れネット[編集]

映像ソフト化[編集]

2002年に、本作を収録したDVD-BOX全2巻がパイオニアLDC (現・NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)から発売された。第1巻は2002年6月25日に、第2巻は同年9月25日に発売。

備考[編集]

  • 1966年には本作の輸出用カラー版パイロットフィルムが制作されたが、これはタツノコプロではなくピー・プロダクションが制作したものである[1]。当時はタツノコプロにカラーアニメ制作のノウハウが無かったため、同社からの依頼でピープロが制作を代行した。ちなみにパイロットフィルムの内容自体は、第1話をそのままカラーで作り直したものである。
  • 本作のカラーによるリメイク版が企画され、NHK BS2でのオンエアも予定されていたが、突如白紙撤回された。
  • 主人公のエースは、1994年に発売されたOVAタイムボカン王道復古〜ヤッターマン タツノッコン王国で同窓会だコロン〜』にも出演している。エースは必携アイテムの「ピカリング」(同じタツノコ作品の『ゼンダマン』にも同名のアイテムがある)を手にし、本作の主題歌「星の炎に」(器楽曲)の導入部に合わせて登場するが、台詞は無く一言もしゃべらない。また、他のキャラクターがカラーで登場する中、エースのみがモノクロで登場し、トンズラー(声 - たてかべ和也)が彼を発見した際には「ゲゲッ、あいつ白黒でっせ」と驚きの台詞を発するなど、本作がモノクロ作品であったことをタツノコプロ自身がネタにしている。

脚注[編集]

  1. ^ 但馬オサム「うしおそうじ&ピープロダクション年表」、『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社2016年3月13日、 pp.102-109、 ISBN 978-4-8003-0865-8

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 土曜18:15枠
前番組 番組名 次番組
天兵童子
(1964年9月12日 - 1965年5月1日)
宇宙エース
(1965年5月8日 - 1966年4月2日)
フジテレビ系列 木曜19:00枠
忍者部隊月光
(1966年1月6日 - 3月31日)
宇宙エース
(1966年4月7日 - 4月28日)
ハリスの旋風
(1966年5月5日 - 1967年8月31日)
フジテレビ系列 カネボウハリス一社提供枠
-
宇宙エース
(1965年5月8日 - 1966年4月28日)
※土曜18:15枠 → 木曜19:00枠
ハリスの旋風
(1966年5月5日 - 1967年8月31日)
※木曜19:00枠